FC2ブログ

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

川向こうのベンガルマン~黄金のベンガル編(24)

2012年1月13日
チッタゴン



ショドル・ガットより渡し舟に乗ってカルナプリ-川を渡り、対岸の町へと散策に出かけた。
この渡し舟、向こう岸に渡るだけの目的にしては勿体無い程の代物である。
カルナプリ-川の川幅は広く、7Tkばかしの乗船代にしては、結構な船旅が楽しめる訳だ。

木製のエンジン付きボ-トが群がるガットを出て、川の中心部へと波を切る。
”CHITTAGONG”と船尾に書かれた何隻もの中型船が、同間隔を保ち、川中で停滞している。
渡し舟から荷を積み込む作業員、石鹸で全身を洗う乗組員、実に様々な光景がそこにあった。

更に進んで行くと今度は大型船が、申し合わせたような一定間隔を保ちズラリと並んでいる。
その佇まいは霞む彼方まで続き、まるで大都会に建立する高層ビルを想わせる威圧感だ。
P1070947_convert_20120402162506.jpg
宿泊ホテル(右から2軒目の白いビル)
P1070951_convert_20120402162620.jpg
停滞する貨物船
P1070953_convert_20120402162715.jpg
対岸への渡し舟

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |