FC2ブログ

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

祖国の先輩に花を捧ぐ~黄金のベンガル編(22)

2012年1月11日
クミッラ~チッタゴン



先の第二次世界大戦で亡くなった兵士を埋葬する墓地が、クミッラとチッタゴンにある。
綺麗に整備され、手入れもよく行き届いている、チッタゴン戦争墓地。
そこは喧騒とゴミにまみれたバングラデシュとは思えぬ程、異質な空間に包まれていた。
P1070872_convert_20120327181129.jpg
チッタゴン戦争墓地

連合軍のパイロット等、各兵士の所属や氏名、年齢が立派な金属板に刻まれ、両脇には美しい花が植え付けられている。
20歳前後で命を落とした若き兵士が多い事にも、驚きを隠せない。
そしてその整然と並んだ墓碑から少し離れた高台に、ひっそりと一つの墓碑が佇んでいた。

”JAPANESE SOLDIERS”と記されたその墓碑には、日本軍兵士の氏名が列記されている。
連合軍の一兵士一墓碑と異なり、離れたこの墓碑だけ複数兵士まとめて、という扱い。
氏名の記載には誤りが多く、日本人だったらロ-マ字の読みから間違いは容易に判別出来る。
きっと異国の人が作ったのだろう。
P1070875_convert_20120327181324.jpg
日本人戦死者が刻まれた墓碑

珍しくこの碑を訪れている僕等日本人に気を遣ってくれたのか、管理の男性が墓碑に付いていた汚れを水で洗い流してくれた。
ここに刻まれた18人の日本人兵士は戦時中捕虜となり、この地で生涯を終えたのだ。
さぞかし無念であっただろう、さぞかし辛かっただろう。
連合軍兵士の花を失敬して、祖国の為に命を懸けて下さった先輩達に花を捧げ、
両手を合わせ、目を閉じた。

遠く離れたチッタゴンの地で、いつまでも安らかにお眠り下さい・・

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |