FC2ブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スリモンゴルの茶畑~黄金のベンガル編(16)

2012年1月6日
ダッカ~スリモンゴル



ダッカの朝は雨だった。

雷のような光が夜明け前の市内を襲い、早起きして部屋の電気を点けていたが停電に遭い真暗闇に一変。
バックから懐中電灯を手探りで取り出し、何無くこの災いからの脱出に成功。
部屋の大窓から眼下を見下ろすと、道路が光って見えるのは気のせいだろうか。
いやそうではない、どうやら外は雨が降っているようだ。

急いで屋上へと駆け上がり、干していた洗濯物を慌しく取り込んだ。
ホテルをチェックアウトし、リキシャを探す。
ダッカのリキシャは地方に比べ高く、目的地によっては乗車拒否も多々あり、使い勝手は悪い。

シレット方面へのバスが出るサエダバッドバスタ-ミナルまで、妥協して30タカで手を打った。
小雨舞う未舗装の泥道、リキシャは黙々と走る。
こんな天候時、リキシャの屋根は雨避けとなり都合はいいが、守れるのは腰から上だけとなる。

ようやくバスタ-ミナルに到着。
リキシャマンに約束の30タカを手渡そうとしたが、彼は突然40タカだと言い出し往生際が悪い。
30タカでも高いと思っていたのに、40タカも払う訳ないだろう。
声を張り上げるリキシャマンを無視し、躊躇わず彼に背を向けその場を足早に離れた。
P1070600_convert_20120305142657.jpg
サエダバッド・バスタ-ミナル

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |