FC2ブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

地獄のジャンピングバス~黄金のベンガル編(14)

2012年1月4日
ディナジプ-ル~ダッカ



これまでの旅でも、地獄のように辛かったバスは幾つか記憶にある。

ACバスは当然料金も高く、快適に早く目的地へと移動出来る利点がある。
しかし効き過ぎていると悲惨だ、冷凍庫のように猛烈な寒さで乗客を追い込んでくる。
バックパックを布団代わりに膝の上に乗せ、震えながら一晩を過ごした。

カイロへと向かう夜行バスの狭さにも参った。
前の乗客は限界まで背もたれを倒し、堪らず僕も自分のシ-トを倒そうと行動に移す。
途端、後ろに座る中国人ツア-の若い女が叫びながら、手で押し返し倒させない。
結局僕だけ前と後ろの板挟みになり、窮屈で眠れぬ夜を過した。

窓が割れていたり、閉まらなかったりはよくある事だし、
車内に砂や埃が舞う外気丸出しのバスもあった。
しかしどのバスも、これらの諸国では何食わぬ顔で普通に走っている。

だがバングラデシュのバスは、更に輪をかけてひどい。
乗る度に恐ろしい思いを強いられ、冷や汗を垂らし、事故に遭わない事だけを祈っている。
しかしそれすら軟い事を知った。
ディナジプ-ル発ダッカ行きのデラックスバス、これは体感するに値する悲惨なバスだった。
地獄のジャンピングバス・・、もうこうとしか言いようがない。
[広告] VPS

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |