FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

年越しはロ-カルパニで~黄金のベンガル編(10)

2011年12月31日
ラジシャヒ~ボグラ



A HAPPY NEW YEAR、2012年の幕開けである。
2011年はインドのバラナシで始まり、お隣バングラデシュのボグラで終わりを迎える事となる。
ここ数年毎年海外で年越しをしている分、それぞれ思い出に残るものとなっている。

前回2010年の年越しは、バラナシにて年越しチャイ。
日本時間の新年を迎え宿へと帰る途中、奇跡とも思える不思議な雨に大変驚かされた。

その前年は中東ヨルダンのペトラ。
岳登はついに体調を崩しダウン、無理に夕食に連れ出しケバブで年越しを祝った。

その前年はフィリピン北部の町バナウェイ。
川の向こう岸に打ち上げられた花火を眺めながら、レッドホ-スで年越しを祝った。

そして今回の年越し。
たまたま同じ宿に居合わせた日本人青年と共に、その瞬間を迎える事にした。
ここボグラは”ドイ”と呼ばれるヨ-グルトが有名な地。
町の至る所で、壺の容器に入ったドイが並べられている。

何かいい店はないかと探し回った末、食堂でマトンカレ-を食べ大晦日の晩餐とする。
いつもより値の張ったカレ-は確かに美味しかったが、岳登には辛かったようだ。

宿近くの店に入り直し、年越しの体勢に入った。
そこで念願のドイを頼む。
平らな容器に盛られた1ホ-ルのドイを3等分してもらい、チビチビと味わいながら口へと運ぶ。
味は想像通り、濃厚で美味い。
P1070376_convert_20120205122038.jpg
有名なボグラのドイ  ※1ホ-ル120Tkと値は張る

気が付くと日本時間の年越しの瞬間まで、後一分と迫っていた。
急いでチャ-を追加注文するが、間に合いそうもない。
仕方なしに目の前に置かれているロ-カルパニを手に取り、腕時計を眺めその瞬間を待つ。

そして時刻が23時59分59秒を過ぎた次の瞬間、グラスを3つ重ね、3人で声を合わせた。
『オメデトウ!』
意味の分かっていない店員に理由を説明、彼にも理解出来たようで笑みが見えてきた。

肝心な瞬間に間に合わなかったチャ-が遅れて僕等のテ-ブルに運ばれてきた。
コップを3つ重ね、再度乾杯を上げる。
『オメデトウ!』
とても感慨深い、新年の幕開けとなった。
P1070378_convert_20120205122117.jpg
有難う

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |