FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夕暮れ時のポッダ川~黄金のベンガル編(8)

2011年12月29日
クルナ~ラジシャヒ


間もなく、ポッダ川に夕日が沈む。
お隣インドではこの川の事を、ガンジス河(ガンガ-)と呼んでいる。
二度と見る機会はないと思っていたこの大河を、一年ぶりに岳登と眺めている。
P1070255_convert_20120201183702.jpg
夕暮れ時のポッダ川

ここはラジシャヒ、バングラデシュ北西部の中心都市である。
整備された遊歩道の汚れたベンチに腰を下ろし、目の前の穏やかな情景に酔いしれている。
川の色はガンガ-程は濁っていないようだが、川岸にはゴミが目立つ。
『ポッダ川でもバタフライしてもいいぞ!』
岳登に冗談交じりで勧めてはみたが、その気は更々ないようだ。

ここは地元の若い男女の格好のデ-トスポットとなっており、カップルの姿がやけに多い。
隣りに座るカップルの若い男性が、意を決した顔つきで英語で話しかけてきた。
バングラ人の誰もが僕等に深い興味を抱いているようだが、
こうして話しかけてくるのは、英語を学んだ限られた人だけとなる。

青年に歳を尋ねると18歳だと言う。
我が家の長女とたいして変わらない。
同じ大人として年齢の差は特に感じなかったが、知らぬ間に僕だけ随分歳を取っていたようだ。

大河に沈む夕日は、これまで見たものとたいした違いはない。
ゆったりと哀愁を漂わせて流れゆく静かな水面、どこまでも果てしなく広がる地平線。
その上で強く輝いていた太陽は、次第にその輝きを失い、
やがて周りの空の色さえも一瞬にして他の色に変えてしまう。
目の前では服を着た山羊が忙しそうに草を摘む、この川沿いには何故か山羊が多い。
P1070260_convert_20120201183749.jpg
夕暮れ時が迫ってくると
P1070265_convert_20120201183836.jpg
どこからともなく鳥が集まり
P1070266_convert_20120201183924.jpg
太陽は最後の輝きを放し
P1070274_convert_20120201184018.jpg
やがて色を変え
P1070276_convert_20120201184106.jpg
地平線へと消えて行った

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |