FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

外輪船ロケット・スチ-マ-~黄金のベンガル編(4)

2011年12月25日
ダッカ~



3等デッキ・・。

階段を上った船内2階にある板敷の雑魚寝フロア、この船の中での最も安いクラスとなる。
ここの通路脇にチャダルを広げて何とか自分の場所を確保、静かに出航の時を待っている。
この船は通称、”ロケット・スチ-マ-”。
まるで外国の映画にでも出てきそうな、外輪船の定期路線である。

昨年インドのバラナシで買ったチャダルは、今回の旅でもあらゆる役割をこなし大活躍である。
マフラ-、マスク、枕カバ-、敷物・・。
この大きな布がなかったら、僕等二人の居場所を確保する事はかなり難しかっただろう。
乗り慣れたバングラ人は、各々持参の敷物を大きく広げ、既に寛ぎモ-ドに入っている。

退屈そうな表情を浮かべ敷物に横たわる男性、
一斉に立ち上がりコ-ランを詠み始めた白装束のムスリム集団、
カ-ドゲ-ムを楽しむ男女の若者達は兄弟姉妹なのだろうか。

隣りに座る10歳の少年と、互いに冴えない英語で言葉を交わす。
語学力は同レベルで、話し相手には丁度良い。
ペラペラ英語を操る人とは、気ばかり遣って疲れてしまうからな。

16時半に乗船して、現在18時。
後30分もすれば、次の目的地に向けこの船は出航する筈だ。
P1070104_convert_20120130151806.jpg
3等デッキは場所取りが大変

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |