FC2ブログ

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夕立~ラオス編(8)

2011年5月2日
ルアンパバ-ン



・・前回のつづき

ようやく目を覚ました穂乃花を連れ、メコン川に並行する川岸の道路をぶらぶらと散策した。
軒先で肉や魚を焼いている安食堂、ここで昨日に継いで朝食を取る事にする。
豚の串焼き、ソ-セ-ジ、子アヒルの丸焼き・・、
これらを細かく包丁で刻んでもらい、カオ・ニャオ(もち米)と共に頂く。

カオ・ニャオは堅く、手でつまみ取っても弾力性がある為崩れる事はない。
一握りの分量を手に取り、親指を中央に押し込んで窪みを作る。
そしておかずをこの窪みに入れ、自らの口へと運ぶ。
これがラオス流の食べ方、出来栄えはおにぎりのようなイメ-ジとなる。
この食べ方に一瞬ためらうかもしれないが、日本人だって手巻き寿司は手で食べている。
アメリカのハンバ-ガ-だってインドのカレ-だって、手で食べた方が断然美味しい。

トゥクトゥクを捕まえ、郊外の目的地を目指す。
行き先は片道1時間と遠く、僕等2人だけ乗せて走ったのでは割りに合わないのだろう、
ドライバ-は同じ行き先の観光客を探し、30分以上あちこち探し回っている。
しかし、いい加減もう時間切れ。
しびれを切らした僕は車から降り、他のトゥクトゥクの元に駆け寄り新たな交渉に踏み切った。
すると客を手放したくないドライバ-は、仕方なしに重い腰を上げ渋々出発してくれた。
”ヨシヨシ、まんまと演技に引っ掛かったな”、僕の作戦勝ちのようだ。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11ラオス編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |