FC2ブログ

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

笹の子一家

初夏の雨上がり、とある山に登った時の事。思いもよらぬ笹の子(姫竹)達が、僕等親子を大変喜ばせてくれた。急登に喘ぐ登山道沿いでは、青く(緑色)細長い収穫時期の過ぎた笹の子を度々目にしていた。どんどん高度が上がるにつれ、所々登山道で顔を見せていた笹の子はみるみる小さくなってくる。収穫に適した色合い、顔の出具合となっては来ているが、空気が薄いせいか何せ育ちが悪い。”ミニチュアの笹の子”といった感じ。きっと高所での彼等はこれが成長の限界であり、望んでいてもこれ以上大きくなれないのだろう。
P1120487_convert_20110613173224.jpg
登山道で生活する笹の子一家
P1120489_convert_20110613173847.jpg
たまに世の中に逆らってみたり
P1120494_convert_20110613174008.jpg
落葉の中に身を潜めたりする
P1120497_convert_20110613174111.jpg
色合いが良くなってきたが
P1120498_convert_20110613174205.jpg
何せ小さい

登山道の笹の子はついに山頂まで続いていた。彼等に感心のない人には目に入らない程、実にまわりの風景に溶け込み、さり気なく地味に存在している。きっと、気付かないほとんどの登山者に何度も何度も踏みつけられながらも、今日まで力強く生き抜いて来たのだろう。山頂の小さな広場では、栄養不足で育ち切れていない中指程の大人の笹の子が、奥さんや子供達、小指第一関節くらいの赤ん坊の笹の子等の大家族を支え、高所での厳しい環境の下、逞しく今を生きている。そんな大家族が幾つか存在し、山頂で一つの集落が形成されていた。
P1120522_convert_20110613191926.jpg
山頂では多くの笹の子一家が
P1120523_convert_20110613175521.jpg
厳しい環境にも負けず逞しく生きている

そして下山。登山道であれだけの笹の子があるのだから、登山道脇の笹薮に入ればたぶん立派なものがあるだろう。ほどよく高度を落とし、狙いを定めた辺りで一気に薮に突入。『ウォ-、すげぇ~!』 あるわあるわ、土から顔を出したばかりの笹の子の新芽達。伸び過ぎた青い笹の子は新芽程は美味しくない。茶色く太い最高級の笹の子を、子供と共に心行くまで採らせてもらった。大きなザックは笹の子でパンパンとなり、長い下山道は重さを増した荷物との戦いとなった。
P1120556_convert_20110613183539.jpg
ザックは笹の子でパンパン
P1120565_convert_20110613183842.jpg
2人で2時間弱の収穫
P1120570_convert_20110613184053.jpg
根元が白いのは土中にあったから
P1120574_convert_20110613184316.jpg
この白くて太い笹の子が採取の適期
P1120582_convert_20110613184219.jpg
今日はいいものが沢山採れた

採取した笹の子は直ぐに調理にかからないと、美味しさが山に逃げて行く。細いものや青いものは後で茹でる事にして、太くて根の白い最高の逸品は、ガステ-ブルのグリルで上下から炙り焼き。調理は最も簡単なのに、味は飛び抜けて美味い。食卓に出てきた熱々の焼きたてを、各々皮を抜き豪快に食べる。そのまま食べても充分美味しいのだが、子供達はマヨネ-ズを付ける方が好きなようだ。酒との相性も凄くいい。採ってきた人の特権と言わんばかりに、贅沢な丸焼きを飽きる事なく延々と食べ続けた。
P1120587_convert_20110613184528.jpg
笹の子の味噌汁
P1120589_convert_20110613184631.jpg
笹の子のちらし寿司
P1120592_convert_20110613184739.jpg
蕗のきゃらぶき
P1120593_convert_20110613184953.jpg
蕗と豚肉のきんぴら
P1120596_convert_20110613184850.jpg
蕗の葉の佃煮
P1120599_convert_20110613185258.jpg
笹の子の丸焼き
P1120601_convert_20110613185511.jpg
大きな逸品は、そのまま焼いて豪快にかぶりつく
P1120603_convert_20110613185134.jpg
茹で焼き
スポンサーサイト



| 笹の子 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |