FC2ブログ

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サ-ンチ-の大ストゥ-パ~インド編(23)

2011年1月8日
~ボ-パ-ル



・・前回の続き

朝6時、ボ-パ-ルの駅を出て暗闇の町に繰り出した。
こんな時間にホテルなど開いているのだろうか・・。
町のメインストリ-トとなるハミディア・ロ-ド、”HOTEL”の看板を頼りに不安な宿探し。
しかしどこも玄関には厳重な鉄柵が掛けられ、開いている気配は全くない。
P1090690_convert_20110305091851.jpg
駅の連絡通路で眠るインド人

すぐさま背後からリクシャの声がかかる。
10Rsのリクシャ代で、開いているホテルまで連れて行ってくれると言う。
『ノ-ル-ム、ノ-マネ-!』
その上ホテルが見付からなかった場合、リクシャ代もいらないそうだ。
これは願ってもないチャンス。

僕が希望する200Rsから300Rsの安宿を探し、リクシャマンは4軒程当たってくれた。
だが、どこも満室か僕の希望する金額より高いようだ。
このリクシャマン、たった10Rsの乗車賃で本当によく頑張ってくれた。
メインロ-ドから外れた小さな路地に入りホテルを探し回ったり、
眠っている受付を大声で叩き起こし、料金を交渉してくれたりした。

ツ-リストも全くおらず何の情報もないこの町で、思うような安宿は期待出来そうもない。
結局、5軒目に連れて行かれた600Rsのホテルを500Rsで勘弁してもらいイン。
200Rs前後の安宿にばかり泊まっている僕等にすれば、かなり痛い出費となる。

このホテルはインドでは珍しく24時間のチェックアウトシステムを取っている。
要するに、このまま朝6時半にチェックインすると、チェックアウトは明日朝の6時半。
それは大変だ!
チェックインの時刻を遅くする為、外で時間を潰してくる旨告げるが引き止められる。
受付の男は僕の思惑を理解し、受付簿にチェックインの時刻を8時と記入してくれた。
ホテル側としても、貴重な客人を逃したくないようだ。

何はともあれ、まずは3日ぶりのシャワ-だ。
料金が高いだけあり、広い室内には大きなベットが2つとソファ-、
それにテ-ブルにテレビまであり、シャワ-とトイレはインサイド。

シャワ-の蛇口をひねるが肝心のお湯が出てこない。
代わりに出てきたのが、赤い水。
長らく使われていなかった為に管が錆付いているのだろう、しばらく水を流し様子を伺う。
しかし色は変わらない。
それなら、と洗面台の蛇口もひねってみる。
ここも赤い。
更には水洗トイレの流し水も赤い。
それらの全てを出し放しにして透明になるのを待つ。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |