FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

輪廻転生~インド編(12)

2010年12月30日
バラナシ



・・前回の続き

ダシャ-シュワメ-ド・ガ-ト。
ガンジス河で最も込み合うこのメインガ-トには、小さなボ-トが何隻も停留し、
ボ-トマンが客引きに精を出している。
せっかくなので、交渉の後1時間100Rsのボ-トに乗ってみる事にした。

ボ-トは非常にスロ-なペ-スでガンジス河を下っていく。
時折ボ-トの方向を修正する以外、ボ-トマンはオ-ルに頼る事はない。
ガ-ト沿いをゆっくりと、河の流れだけに身を任せ進む。
P1090292_convert_20110207181138.jpg
ボ-ト漕ぎ

数多く点在するガ-トでは、実に様々な光景が繰り広げられている。
沐浴し祈りを捧げる人、
泡まみれになり体を洗う人、
忙しそうに洗濯をしている人、
水遊びを楽しむ子供達、
ガ-トに座る人、
ガ-ト沿いを歩く人、
暇そうな野良牛、
それらを眺める観光客・・
そんな光景をぼんやり河上より観察していると、時間はゆったりと過ぎていった。
P1090295_convert_20110207181246.jpg
入浴する人
P1090300_convert_20110207181530.jpg
洗濯屋

ふと腕時計に目を移す。
『やばい、約束の1時間まで残り10分しかない!』
ボ-トマンは時間を気にしていないのか、延長料金を取ろうと企んでいるのか分からないが、
急いで戻るよう、慌てて指示を出した。

帰りはオ-ルを使いまともに漕ぎ出すと、ボ-トは逆流にも負けず進み、
1時間を少し過ぎるくらいでメインガ-トに戻る事が出来た。
約束の100Rsを払い地上へと降りた。

ボ-トから見たガ-トの日常風景は地上で見るものと違って見え、
その一つ一つを演じるインド人アクタ-の行動を対面のスクリ-ンで見ているかのようであり、
かなり鮮明に僕の脳裏に刻まれた。
河上からの眺めに気のない岳登は、終始汚く濁ったガンガ-の水面を目で追っていた。
死体を探していたらしい。

P1090305_convert_20110207181635.jpg
ガ-トに多い見事な壁画
P1090310_convert_20110208123843.jpg
お調子者  ※そんなポ-ズを取ったって、金はやらないよ!
P1090311_convert_20110208123943.jpg
クリケットを楽しむ若者

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |