FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガンジス河でバタフライ~インド編(11)

2010年12月30日
バラナシ



聖なる大河、ガンジス河(ガンガ-)。

ガンガ-の下に生を受け、
ガンガ-と共に暮らした人々は、
やがて灰となり、ガンガ-の下へ返っていく。
P1090308_convert_20110206150740.jpg
ガンジス河

人々はこの河で髪を洗い、体を洗い、歯を磨き、洗濯をする。
死者は遺族や見物客等の目前で火葬され、灰となり、ガンガ-に流されていく。
生涯を全うしなかった幼子は、重しを付けられガンガ-の河底に沈められる。
P1090285_convert_20110206150538.jpg
髪を洗う婦人

お供えの花が流れ、
ゴミが流れ、
動物の糞までもがガンガ-の流れへと導かれていく。
ヒンドゥ-教徒だけに留まらず、全ての人間にとってこの河は大きな意味を持つ。
P1090284_convert_20110206150426.jpg
祈るサドゥ-

この町にはインドの他の観光地のように、人間が作り上げた歴史的遺産はない。
しかしここバラナシはデリ-やア-グラ-をも遥かに超える活気で溢れ、
野良牛や野良犬等の動物も伸び伸びと生き、その数も明らかに多い。
人間を含め命ある全ての生き物が、ガンガ-と共に今を生きている。

ガンガ-沿いには幾つものガ-トGhat(堤)があり、
人々は沐浴し、ガンガ-の大河に祈りを捧げる。
その中でも最も有名なのが、通称メインガ-トと呼ばれるダシャ-シュワメ-ド・ガ-ト。
インド人にとっても、ここだけは特別な意味を持つようで、
入場するには軽いセキュリティ検査を通過しなければならない。
先日の爆弾テロ事件の影響で警戒を強めているのかもしれない。
P1090303_convert_20110206150241.jpg
壁側面の修復箇所が生々しく事件を物語っている

雨季の時期にはガンガ-の水嵩もかなり増すらしく、
ガ-ト上に建つ建物の壁にはかなり上部まで砂跡が残っていた。
P1090304_convert_20110206150050.jpg
本来ピンク色である建物の中央付近まで氾濫の砂跡が残る

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |