2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カミサマカウカ・・~インド編(10)

2010年12月29日
~バラナシ



”神様買うか?”

耳に残るフレ-ズであった。
と同時に懐かしい映像を見れば、一人の少年の顔が思い浮かぶ。


少年の名は”ムケ”。
劇的紀行・深夜特急で沢木耕太郎に、バラナシのガ-トで声を掛けてきた少年である。
その少年が今、僕の目の前にいる。
P1090220_convert_20110202125713.jpg
岳登とムケ

ア-グラ-カント駅で長らく待った夜行列車は、ほぼ定刻通りア-グラ-の駅を発った。
スリ-パ-(SL)と呼ばれる寝台車両は上中下段のベットが3つ、
それが向かい合い、1ボックスは計6人6ベットとなっている。
日中は中段のベットを倒し、下段の背もたれとなる。
他に通路を挟んだ反対側には上下のベットが2つ、こちらは構造上弱冠狭く感じる。

満杯の寝台車両、この中段と上段が僕等の今宵の寝床となった。
上段は他の段に比べ座った時の天井高が最もあり、快適に座って過す事が出来る。
その上、簡単に人の手が届かない分、安全面でもかなり優れている。
すなわち”寝台車両での特等席”とも言えるだろう。
インドの列車はどこでも軽く20両は越えており、これも鉄道大国インドの象徴となる。
さて、ベットに寝転がりバックを枕代わりに足を伸ばしてみる。
寝返りも打て、そこそこ快適だ。
P1090204_convert_20110202130819.jpg
寝台車両の上段

≫ Read More

スポンサーサイト

| '11インド編 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |