FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タ-ジ・マハル~インド編(7)

2010年12月27日
ア-グラ-



今日は終日、タ-ジと共に過した。
昨夕に引き続き、宿泊するシャンティロッジの屋上レストラン特等席を陣取り、
360年前のシャ-・ジャハ-ンに想いを重ねてみた。

僕等は相変わらず飲み物なしのベジチョ-メンとベジフライドライスのみ。
これが最も安い料理だが、それでも値は張りそれぞれ60Rs。
だがここで飲むウィスキ-、デリ-の酒屋で仕入れた激安ボトルだが実にいい味を出す。
僕も岳登もここで書く日記はぐいぐいとペンが進み、
ふと顔を移せば、正門を従えたタ-ジ・マハルが目の前にある。
P1090166_convert_20110201164208.jpg
屋上から望むタ-ジ

昨夜は風邪の影響もあってか、夜中悪寒に震える場面もあった。
しかし風邪薬(バファリン)が効いたのか、比較的朝までゆっくりと眠れ体調も回復。
屋台でサモサとチャイの軽い朝食を済ませ、
いよいよタ-ジ・マハル、その南門へと向かった。
P1090083_convert_20110131124845.jpg
町のチャイ屋

入場の際、荷物検査がやたら厳しく、ガイドブックや幾つか小物が検査に引っ掛かってしまう。
余分な物は宿に置いて来たつもりが、ガイドブック始め持ち込めない物が実に多い。
セキュリティを通過した岳登を中に置き、遠く離れたロッカ-まで荷物を預けに行く。

しかしここが預かり料20Rsと有料の上、信用も出来そうにない。
駆け足で宿に戻り、パスポ-ト、財布、カメラ以外の物は全て部屋に置いてきた。
再び駆け足で南門へと急ぐ。
今度は荷物検査も無事通過し、岳登と合流。

15年前の入場料は100Rsだったが、今ではなんと破格の750Rs。
インド政府も随分欲を出してきた事が伺える。
南門を抜け広い敷地内を歩く。
さすがにインド一番の見所とあって、インド人や外国人等、実に様々な人種で溢れている。
正門が視界に入った。

門の向こうには、手入れされた庭や池を従えた通路が真直ぐと延び、
道の果てには堂々と、且つ均整の取れたタ-ジ・マハルが、
哀愁を漂わせた表情で、薄っすらと浮かび上がっていた。
P1090087_convert_20110131130714.jpg
世界一美しい墓
P1090098_convert_20110131130954.jpg
タ-ジ・マハル

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11インド編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |