FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

朝靄のフマユ-ン廟~インド編(5)

2010年12月25日
デリ-



デリ-の朝は遅い。
連日震える寒さに負け、6時前には勝手に目が覚めてしまう。
そんな僕とは対照的に、岳登はいつだってどこだって熟睡している。
1時間程かけ前日の日記を書き終えた頃、岳登を起こし外に出る。

日中賑やかなメインバザ-ルはひっそりと静まり返り、
所々チャイを沸かす屋台が点在するくらいで、昼間のざわめきが嘘にさえ思える。
ここで暮らすインド人は、屋台の焚き火を囲み、
1杯のチャイをチビチビとすすりながら、チャイに浸したパンやクッキ-をかじる。
これがインド流、朝食の取り方のようだ。
その為、どのチャイ屋台にも食パンやクッキ-が山積みされている。
しかしこれくらいでは、腹は全く満たされず、駅前の食堂で再度朝食を取り直す事になる。
P1090009_convert_20110129100534.jpg
ド-サ25Rs(クレ-プ風パンにカレ-が3種)、揚げパンは各5Rs

駅からプリペイドリクシャに乗り、世界遺産フマユ-ン廟へ向かった。
ここはムガル帝国第2代皇帝フマユ-ンの廟であり、1565年に妃が建造した。
デリ-では連日早朝から正午にかけ、霧のような朝靄が立ち込める。
その為見る物一帯がとても幻想的に映り、インドという異国の地にいる事を肌で実感。
このフマユ-ン廟は後に建造されたタ-ジマハルにも影響を及ぼしているだけあり、
中央にド-ムを抱いた左右対称の建築様式はどことなくタ-ジを連想させ、
廟へと続く門越しに見えた瞬間、思わず声を張り上げてしまった。
P1090023_convert_20110129140558.jpg
フマユ-ン廟
P1090017_convert_20110129140406.jpg
作業員
P1090024_convert_20110129140653.jpg
門の先

≫ Read More

スポンサーサイト



| '11インド編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |