FC2ブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

蕎麦角山

【山域】蕎麦角山(1222m)
【日時】平成22年10月30日
【天候】雨
【岳人】穂乃花(小3)、岳登(小5)、僕


薬師堂下ゲ-ト(8:08)  怪我が完治した岳登とやる気満々の穂乃花を引き連れ、飛騨市宮川町を訪れた。国道471号線を北上。西忍の信号を左折し、二股分岐手前に路肩駐車。今日は終日雨の予報。まだ雨は降っていないが、最初から雨具を着用して歩き始める。二股の右、ゲ-トを潜り山頂を目指す。情報に乏しいこの山、やたら林道分岐が多いとの評判を得た。見落とさないように慎重に歩く。
P1080613_convert_20101101123948.jpg
薬師堂下ゲ-ト

林道分岐1(8:25、8:29)  舗装の効いた快適な車道を歩いていると、最初の分岐が現れた。一見ここは直進とも思えるが、先人の情報を信ずるしかない。すると直左手に古びた梯子が目に付くが、これは無視しよう。 
P1080615_convert_20101101124037.jpg
分岐1は右へ  ※看板等ないので見落とし注意
P1080616_convert_20101101124125.jpg
左手の梯子は無視

舗装終わり(8:35)  最初の分岐から約5分で舗装終了。その先は未舗装とは言え、それ程悪路ではない。しかしこれだけの林道が縦横無尽に張り巡らされているのに、何故ゲ-トで進入を拒んでいるのだろう。  
P1080617_convert_20101101124211.jpg
舗装が終わる

林道分岐2(8:43、9:00)  林道は行き当たり、ここで左右に分かれる。朝食休憩をした後、進路は左に取る。道路には見事なまでに朴葉が散乱していた。進む方向左手の森の中から何とも不気味な声が聞こえて来る。ウ~、グ~。何と表現していいのか分からないような低い唸り声。気のせいかなとも思ったが、子供達にもその不気味な声は届いていた。最近やたら熊が多いので熊かもしれない。だけど、熊ってあんな鳴き声だったかな・・。いずれにしても正気ではない事は確かだ。ザックからラジオを取り出し、最大音量で流す。しかし山の雑音に掻き消され、あまり効果はないようだ。熊除けの鈴の音も今日はイマイチ響かない。非常に怖くなり引き返そうか悩んだが、行くも帰るも熊に出会う確立は同じか・・。3人固まり大声で大合唱しながら歩く。『ある~日(ある~日)、森の中(森の中)、熊さんは(熊さんに)、居ません(出会った)。すたこらさっさっさ~のさ~。すたこら、さっさっさ~のさ~♪』 KYな(空気の読めない)穂乃花。僕がせっかく『熊さんは居ません!』と臨機応変に修正したと言うのに、『熊さんに出会った!』なんて糞真面目に叫んでしまう。コラ穂乃花、本当に熊に出会ったらどうするんだい!
P1080619_convert_20101101124309.jpg
分岐2は左へ
P1080620_convert_20101101124402.jpg
朴葉

林道分岐3(9:19)  3つ目の林道分岐は道なりに直進。それにしても噂通り分岐がやたら多い。曲がる曲がらないの判断は先人の情報に委ねるしかない。
P1080621_convert_20101101124448.jpg
分岐3は道なりに直進

林道分岐4(9:59)  4つ目の分岐は右へアクションを起こす。ここは真直ぐ行ってしまいそうだが、先人を信じて右に折れる。するとあっけなく林道終点に到着。何とも奥の深い林道であった。事前に情報を良く調べておいたから迷う事は一切なかったが、この作業を怠ったらまず終点に辿り着かないだろう。この林道、分岐は異常に多いが看板は一切無い。
P1080622_convert_20101101124533.jpg
分岐4は右へ  ※ここが一番間違えやすいかも

林道終点(10:05)  林道終点はちょっとした広場になっている。その奥に古びた赤布と真新しいピンクテ-プが目を引く。その足元に踏み跡があり、ここから薮道となる。薮はそこそこ深いが、踏み跡は一応分かる。その踏み跡が消えても、新旧のテ-プが異様に多い。赤布、青や黄色、白のテ-プは各々の時代に活躍したであろう残骸。現役であろうピンクテ-プは今年取り付けられたのか、切れる事無く、軽やかに尾を引き風にたなびいている。これだけあれば迷う方が逆に難しい。山を登り切ると、平坦な森歩きが始まる。ここは踏み跡も薄くテ-プに導かれる。そして最後の登りを経て、蕎麦角山山頂。
P1080625_convert_20101101124621.jpg
林道終点  ※ちょっとした広場になっている
P1080627_convert_20101101211437.jpg
林道終点の奥から薮道  ※踏み跡は明確 
P1080631_convert_20101101124914.jpg
新旧のテ-プが異様に多く
P1080632_convert_20101101125005.jpg
薮漕ぎも何のその

蕎麦角山(10:44、11:40)  山頂には三角点と山頂を示す標識が2枚木に掛けられていた。周囲は高い木々に囲まれ眺望はない。この先尾根道が2方向に延びている。両方とも道はしっかりしており目印のテ-プも付いている。つい進んでみたくなるが、どこに出るのかは全く分からない。小雨舞い仕切る中、昼食のおにぎりを食べ、ポテトとジュ-スで無事の登頂を祝う。
P1080636_convert_20101101125124.jpg
蕎麦角山
P1080639_convert_20101101125237.jpg
寂しい山頂

≫ Read More

スポンサーサイト



| '10山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |