FC2ブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御前山

【山域】御前山(1646m)
【日時】平成22年11月13日
【天候】晴れ
【岳人】穂乃花(小3)、岳登(小5)、僕


桜洞登山口(8:00)  早朝自宅を出発。国道41号を萩原で折れ、JRの踏切を越える。要所要所に道標があり一切迷う事なく水洞平まで到着。ここには広い駐車場や東屋、水場がある。上村登山口へはこのまま広域基幹林道を3km直進、桜洞登山口へはここから未舗装の桜洞林道に入り1km進んだ先となる。桜洞登山口には舗装された駐車場やアンケ-トBOXがあり、ここは既に四合目となる。桜谷に架かる橋を渡り登山開始。標識によると”山頂まで約3時間、2.5km”とある。登山道脇の観音様に見送られ、何度か橋を渡る。この登山道には各合目毎に立派な石標が埋設され、傍らには観音様が祭られている。突如現れる木製の鳥居を抜け5分で六合目、”山頂まで約80分、1.3km”とある。
P1080745_convert_20101114114436.jpg
桜洞登山口
P1080753_convert_20101114114608.jpg
五合目
P1080754_convert_20101114122138.jpg
桜谷
P1080755_convert_20101114114708.jpg
鳥居

六合目(8:37、9:00)  穂乃花を先頭に歩いているが、随分いいペ-スのようだ。標識を基に計算すると、桜洞登山口から100分かかるこの地点まで37分で来た事になる。丁度近くで水も取れ都合も良い、ここで朝食休憩とする。岳登は富士山の北口日帰りで燃え尽きたのか、楽ばかりしようと荷物は妹の穂乃花に任せっぱなし。谷沿いの登山道は石や木が湿気っており、非常に滑り易く安易に気を抜けない。標高1400mくらいから雪がチラホラ顔を出す。隊列の最後尾を離れて歩いているのは、手ぶらで散歩気分の岳登。彼は嬉しそうに雪玉を作っては、真面目に荷物を背負い歩いている僕等目掛けて投げてくる。かなりタチが悪い坊主だ。谷沿いの道は八合目上まで続いた。九合目の石標には”標高1500米、頂上へ700米”とある。安全祈願の観音様に手を合わせ、僅かな登りで稜線が見えてきた。
P1080757_convert_20101114114754.jpg
六合目
P1080764_convert_20101114115339.jpg
屏風岩
P1080765_convert_20101114115431.jpg
八合目
P1080766_convert_20101114115513.jpg
八合目上
P1080769_convert_20101114115712.jpg
観音様

御前山(10:29)  戦国時代織田信長が岐阜城を築城する際、鬼門除けとして御前山に観音様を奉ったという逸話が残っている。山頂からは目の前にそびえる御嶽山の雄姿が印象的だ。祠の脇の巨岩に登ってみると展望は一段と増し、飛騨山脈や木曽山脈の峰々をも一望出来た。ところでこの先どうしよう。時間も随分ある事だし、このまま桜谷を下っても物足りなさそうだ。急遽予定を変え、上村コ-スへ下ってみる事にした。
P1080772_convert_20101114115803.jpg
御前山  ※後方は御嶽
P1080774_convert_20101114115854.jpg
御嶽山
P1080775_convert_20101114115936.jpg
飛騨山脈(黒部五郎、笠、槍穂高、乗鞍)

≫ Read More

| '10山行記録 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT