FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

蝶ヶ岳(1)

【山域】蝶ヶ岳(2677m)、蝶槍、大滝山(2614m)
【日時】平成22年10月23日~10月24日
【天候】晴れ、曇り
【岳人】穂乃花(小3)、僕


1日目

三股駐車場(6:18)   前夜堀金の道の駅にて車中泊、翌朝三股駐車場へ移動。駐車場には既に車が多く停まっている。どうやらこの界隈の山小屋は、飛騨の山小屋と違い遅くまで営業しているようだ。その上、蝶ヶ岳は日帰りの登山者も多いようである。舗装された広い駐車場にはトイレや水場もあり大変立派。駐車場奥のゲ-トを抜け、ガタゴトの林道を歩いて行く。

三股登山口(6:30、6:37)  すると10分程で登山口到着。ここにもトイレがある。登山ポストに登山届を提出。登山道を歩くと、すぐに常念岳(前常念経由)への分岐が現れるが、ここは蝶ヶ岳方面へ。吊橋を渡る。沢沿いの平坦な道を進んで行くと、やがて力水の看板が目に入った。
P1080493_convert_20101025150713.jpg
三股登山口

力水(7:00)  豊富な水が流れていた。ここが最後の水場となるので、タンクの水を満たし2日分を確保。この先辛い急登が稜線まで続く。途中1600m地点での朝食休憩を経て、再び辛い登り。腕時計の標高表示と睨めっこしながら上を目指す。標高1900mのまめうち平まで後100m切ったかな・・。そんな事を考えていたら不意にベンチが現れた。嬉しい誤差だけど・・。
P1080496_convert_20101025150756.jpg
力水

まめうち平(8:39、8:49)  少し休憩を取りバナナをかじる。そして再び歩き始め25分程で標高2000mの標識。ここで距離にしてだいたい半分。

蝶沢(9:30、9:45)  水気のない蝶沢。沢の上部の方では何やら水のような音が聞こえる。沢をどれだけか登れば、水が汲めるかもしれない。今日は地元の人が非常に多い。天気が良いので日帰りで登っているそうだ。この辺りから右手に常念・前常念の稜線が望める。穂乃花、今日も重い荷物との我慢比べが続く。
P1080500_convert_20101025150925.jpg
蝶沢  ※水はない

2350mベンチ(10:27、10:38)  鼻水を垂らし、泣きべそを掻きつつも穂乃花は黙々と頑張っている。彼女の立派なところは、姉や妹と比べ一切弱音を吐かない事。静かに涙を流しながらも、歩みだけは緩めない。岳登の後継者に大いに期待しているゾ!このベンチでヒュッテまで1.7km、尚も辛い登りが続く。

最終ベンチ(11:25、11:36)  標高2500mの最終ベンチまで何とか登り切った。ヒュッテまでは残り0.9kmだ。ゴ-ルが見え、穂乃花も少しは元気になった。明日登る大滝山への分岐道標からは眼下に信州の町並が広がって見える。遅い森林限界を越え、心地良いハイ松帯をルンルンで抜ける。
P1080513_convert_20101025151129.jpg
最終ベンチ
P1080518_convert_20101025151252.jpg
乗越し

蝶ヶ岳ヒュッテ(12:02)  ついに登りきったぞ!穂乃花、良く頑張ったな。目の前には穂高・槍の稜線が鮮明に連なっている。先週笠の稜線から見た槍・穂高の逆並び。やっぱ蝶ヶ岳の眺めは抜群だな。先週秩父平からの眺望に泥酔したばかりだが、やはり蝶の方が上かな・・。
P1080521_convert_20101025151508.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテ

≫ Read More

スポンサーサイト



| '10山行記録 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |