FC2ブログ

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

白山

【山域】大倉山(2038m)、白山(2702m)
【日時】平成22年10月2日
【天候】晴れ
【岳人】穂乃花(小3)、僕


平瀬道登山口(6:15)  前夜、道の駅飛騨白山に到着。誰もいない道の駅、足湯に浸かり菓子をつまみ酒を飲む。翌日夜明け前に起床、空には満点の星。今日の天気は期待出来そうだな。穂乃花は寝かせたまま大白川の登山口まで移動。駐車場は多くの登山者で既に満杯状態。今週も怪我が完治しない岳登を諦め、やる気満々の穂乃花を引き連れての山行となる。僕自身白山は二度目だが、昨年岳登と登った時は終日雨風が強く、楽しい思い出が何一つない。いきなり急登の連続。穂乃花は順調にグイグイ飛ばして行く。時折振り返ると、先週登った乗鞍が雲の上に浮かんで見える。今日は大気が澄んでいるのか、遠く離れた飛騨の名峰がくっきり神秘的に見て取れる。標高が上がるにつれ樹木は紅葉を成し、やがて右前方に目指す白山がその雄姿をはっきりと現した。登山道脇にある大倉山山頂の標識。ここまで来れば避難小屋も近い。
P1080197_convert_20101004124148.jpg
平瀬道登山口
P1080202_convert_20101004124445.jpg
乗鞍と御嶽
P1080203_convert_20101004124527.jpg
槍穂高  ※中央の窪みが大切戸
P1080207_convert_20101004124644.jpg
白山が見えた
P1080212_convert_20101004124748.jpg
大倉山

大倉山避難小屋(8:27、8:43)  避難小屋は土間とベンチ、板敷きで形成され、携帯用トイレの使用専用ブ-スがあり、その部屋には携帯トイレが積まれている。専用のゴミ箱も屋外に設置されており、使用者は定額の利用料を木の箱に納める。又、現在平瀬道の登山道整備が行なわれているようであり、工事看板や工事道具が至る所で目に付いた。平瀬道を黙々と歩いていると、周囲で荒れた山肌が2つ程目に付いた。その一つは別山だと分かったが、もう一つは最後まで明らかにならなかった。位置的に三方崩山ではないだろうか、名前からしても・・。雪の無いカンクラ雪渓を過ぎ、痩せた尾根を慎重に通り越す。昭文社の山の地図で”危険”と記された箇所の事だろうが、注意さえすれば何も問題はない。痩せ尾根から30分程で、賽の河原。森林限界を越え、低い樹木は完全に秋の色に染まっていた。
P1080222_convert_20101004124839.jpg
大倉山避難小屋
P1080224_convert_20101004124932.jpg
三方崩山かな・・
P1080228_convert_20101004125040.jpg
別山を左に従え
P1080230_convert_20101004125159.jpg
賽の河原

室堂(10:10、10:40)  ようやく室堂の建物が見えてきた。トンビ岩コ-スの分岐道標のすぐ先に水場があった。冷たい水を飲み、顔を洗う。登山道から聞き覚えのある声が飛んできた。同じ町で調査士業を営むK先輩だった。最近山登りにはまったらしい。白山に行きたいと言っていたので、今日当たり会う様な気はしていた。温厚で人懐っこい先輩と記念写真を撮り別れた。流石は人気の白山。ビジタ-センタ-前のベンチでは多くの登山者が秋晴れの下、思い思いの過し方をしている。センタ-内で休憩後、鳥居をくぐり目の前にそびえる白山最高峰・御前峰へ向かった。登るにつれ、次第に眼下に広がる室堂平。色づき始めた広葉樹がハイ松の緑と調和して、秋の高原を彩っていた。室堂の後方石川県側は雲の絨毯に覆われ、まるでここ室堂が神の領域かのように思えてくる。絨毯から一際高く舞い上がる積乱雲、やがて視界の効いた別山までも激しく包み込んでしまった。
P1080237_convert_20101004125308.jpg
水場1
P1080243_convert_20101004125423.jpg
室堂ビジタ-センタ-
P1080244_convert_20101004125525.jpg
鳥居の先に御前峰

御前峰(11:13)  そして山頂到着。穂乃花お疲れ、今日も良く頑張ったな!広い山頂は既に多くの登山客で溢れ返っていた。
P1080255_convert_20101004125921.jpg
霊峰白山 御前峰  ※眼下に室堂、奥は別山

≫ Read More

スポンサーサイト



| '10山行記録 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |