FC2ブログ

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

常念岳(1)

【山域】常念岳(2857m)、横通岳(2767m)
【日時】平成22年9月19日~9月20日
【天候】晴れ、雨後曇り
【岳人】穂乃花(小3)、僕


1日目

一ノ沢登山口(6:20)  出発直前、三角巾姿となった岳登との山行は止むを得ず中止。急遽妹の穂乃花を代替要員に大抜擢し、常念を目指す事になった。穂乃花にとって燕岳以来のテント泊。突然巡ってきた出番に随分嬉しそうな笑顔を見せた。前夜、堀金の道の駅にて車中泊。敷いた布団に横たわり、満点の星を眺め、夜遅くまで旅の思い出話で盛り上がる。共通の思い出があると話も弾むもんだ。翌朝起床後、ヒエ平まで移動。かなり下の方から駐車する車で溢れていたが、登山口すぐ下の中電管理地が期間開放されていた。登山口にはトイレや水場、登山ポスト、休憩所がある。準備運動をし、いざ出発。あれ!穂乃花のズボンが変わっているのは何故?
P1070900_convert_20100922082841.jpg
中電管理地
P1070901_convert_20100922083016.jpg
一ノ沢登山口
P1070905_convert_20100922083145.jpg
山の神

一ノ沢下部(6:53、7:15)  最初に登山道と沢が出合う場所で朝食休憩とする。穂乃花今回の一番の頑張り所は、間違いなくその背負う荷物だろう。食料の一切や調理道具等、小屋泊の大人にも負けない位の重量を彼女に託した。 
P1070907_convert_20100922083317.jpg
一ノ沢

烏帽子沢(8:10、8:22)  大滝の道標から45分程で烏帽子沢に到着。ここで距離にして約半分。
P1070911_convert_20100922085656.jpg
烏帽子沢
P1070913_convert_20100922085827.jpg


一ノ沢上部(9:32、9:55)  この先どこで水が汲めるのか分からないので、ここでタンクの水を全て満たす。笠原沢の道標を越え、胸突八丁の急登に入る。穂乃花にとってはここからが正念場。沢側が切り立つ危険箇所を慎重に通過。最終水場(2250m)の水量は充分だ。このル-トはかなり上まで水が取れるようだ。穂乃花最後の登りに苦戦。3つのベンチを過ぎ、今か今かと願う乗越は中々姿を見せてはくれない。一切弱音を吐かない穂乃花。しかし相当疲れているようだ。その足取りは重く、半歩半歩少しずつ前に進む。
P1070917_convert_20100922083505.jpg
胸突八丁
P1070919_convert_20100922083615.jpg
危険箇所  ※『お譲ちゃん、重い荷物背負って偉いね!』
P1070925_convert_20100922083730.jpg
奮闘中
P1070929_convert_20100922085600.jpg
さぁラスト!

常念乗越(11:40)  そしてようやく乗越まで登り切った。お疲れ、よく頑張ったな!
P1070935_convert_20100922085443.jpg
常念乗越

≫ Read More

スポンサーサイト



| '10山行記録 | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |