2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Mt.Fuji~前編

日本人なら一度は登っておきたい国内最高峰。観光客が登る山というイメ-ジが捨て切れず、今まで敬遠していた。実際六合目より上の斜面では、ブルド-ザ-が当たり前のように登山道脇を闊歩している。山頂でのお針巡りの途中、工事業者やパワ-ショベルを目にした時はさすがに驚いた。何なんだこの山は、ここは麓の町か・・。観光名所だけあり外国人の登山者も多く、案内板に外国語の併記も目立つ。併せてジ-ンズ・スニ-カ-姿で荷物なしのカップルの姿も見かけた。完全に散歩の延長。当初抱いていたイメ-ジと何ら変わる事はなかった。こんな初めての富士山、僕等は歴史ある街道で辿ってみた。北口本宮富士浅間神社を基点とする吉田口登山道。富士山の偉大さを体感するには充分過ぎるル-トであった。日本一の高さを誇るだけあり、麓から17時間半かけて日帰りした山行は今迄の中で最も疲れるものとなった。まさしく修行道。そんな行程にも係らず小学5年の岳登はまだ余力を残しているのには大変驚いた。何なんだこの子は・・。そして富士山、何やかんや言ってもやはり日本一の山はとてつもなく大きかった。


より大きな地図で 富士山 を表示



【山域】富士山(3776m)
【日時】平成22年9月4日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小5)、僕


北口本宮富士浅間神社(2:40)  前夜久々の高速に乗り富士を目指す。休日上限1000円の適用を受けるべく、河口湖IC手前の谷村PAで車中泊。翌朝登山口へ移動、20分程で神社駐車場到着。暗闇の中、広い境内を彷徨う。大鳥居、太郎杉、拝殿と順調に進むが、その先の登山門が見つからない。出だしからいきなり試練だ。神社の抜け方が分からず、ウロウロと無駄な時間を費やしてしまう。何とか登山門を見つけたが、暗闇と同調していて気付かなかったようであった。
P1070621_convert_20100906102248.jpg
大鳥居と拝殿の灯り
P1070623_convert_20100906120054.jpg
登山門

登山門をくぐり無事神社脱出。舗装道に出たら左に進む。すると左手に吉田口登山道の大きな案内板が出てくる。右手には遊歩道入口の看板が目に入る。暗闇では遊歩道を歩く意味はないので車道を進む。やがて県道にぶつかり、進路を右に取る。ところどころ進む先の上空に光る点。あれは北斗七星ではなく、おそらく富士山の山小屋だろう。最初は車道脇の歩道を歩いているが、やがて歩道は途切れ車道を歩く事になる。両脇は水路が切れ落ち危ないので道路中央を歩く。たまに車が来る時だけ注意して脇に寄る。道路標識が現れた。五合目まで続くスバルラインは右折するようだが、ここは直進。やがて最初の関門、中ノ茶屋に到着。休憩していると車が数台やって来て道を訊かれた。『スバルラインなら来過ぎたようですね・・』
P1070624_convert_20100906102417.jpg
県道合流前の舗装道
P1070626_convert_20100906102712.jpg
案内板  ※看板中央のル-ト表示一番下の赤枠が現在地
P1070633_convert_20100906102814.jpg
雪中登山の碑
P1070634_convert_20100906111031.jpg
道路標識  ※直進が吉田口登山道、右折が富士スバルライン

中ノ茶屋(3:46、3:56)  ここは湧水で作った蕎麦が有名らしい。静まり返った暗闇で最初の休憩。ここからは割れた舗装道となる。ガタガタしていて少し歩きにくい。両脇は深い林。その林の先で暗闇に光る2点を岳登が見つけた。その光はじっとこちらに向けられている。鹿か何かの野生動物のようだった。出くわさないように鈴を鳴らし、ストックで地面を叩き音を出し、存在をアピ-ル。車道は勾配を徐々に増し、辛い登りとなる。今日は水6ℓの他、食料はいつもより多めに持参した。おにぎり特大7個、梨2個、キュウリ4本、ゼリ-飲料4個、菓子多数・・。今日は一気に高度を上げる為、高山病対策に小まめに口に運ぼうと思う。その結果日帰りの軽装と言えど、2人共かなりの重量を背負うことになった。
P1070636_convert_20100906103128.jpg
中ノ茶屋
P1070641_convert_20100906103235.jpg
大石茶屋バス停跡

馬返(4:50、5:10)  馬返到着。”ここから先は道が険しくなり馬を引く事が出来ない”、この名が付いた由来だ。富士山は麓から頂上までを”草山、木山、焼山”と三区分し、ここはその草山と木山の境にあたるそうである。この馬返までは車で来る事が出来、広い駐車場には車が数台停まっている。簡易トイレも設置されている。ここに来てようやくヘッドライトから開放され、休憩の後、木山に飛び込む。
P1070642_convert_20100906103328.jpg
馬返

≫ Read More

スポンサーサイト

| '10山行記録 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |