FC2ブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

地番区域

土地家屋調査士の扱う客体には土地と建物がある。
土地には地番、建物には家屋番号が付され、
その1筆の土地、あるいは1個の建物毎に登記簿が備付けられている。

土地には地番区域毎に番号が付され地番となっている。
地番区域を越えれば当然同じ地番は存在する事になり、
その為『所在と地番』を以ってその土地を特定する。

土地家屋調査士はこの地番を法律的に扱う表題登記を生業とし、
土地分筆登記をすれば新しい地番を付し、
土地合筆登記をすれば不要な地番は削除する。

1筆の土地には当然の如く隣接地があり、
その隣地の地番、地目、地積、所有者といった登記情報も明らかになっている。
・・普通は。

国有林の分筆登記をしていると、実に面喰うケ-スが多々ある。
1筆の土地が非常に広大過ぎて、
地番区域である字(あざ)の中には地番が1筆や2筆しか存在しない。
『高山市奥飛騨温泉郷神坂字○○』
この地番区域には幾度となく苦しめられている。
具体的に言うならば、
『奥穂高岳~南鎌尾根~槍山荘~西鎌尾根~樅沢岳~弓折岳~笠ヶ岳を繋ぐ稜線』
昨年の夏、岳登と歩いた稜線が正にこの地番区域界であった。

この稜線沿いの図面作製をしていると大変困惑してしまう。
何せ隣接地がどれだけ調査しても分からないのだ。
地積測量図には隣接地番も表示する事になっているが、
法務局の登記官共々、止むを得ず根を揚げてしまう。

Googleア-スと林班図を駆使し、飛騨山脈南部の稜線に線を引いてみた。
なるほど、なるほど。
三俣蓮華岳は岐阜県、長野県、富山県の3県の県境。
槍穂の稜線は岐阜県と長野県の県界線。
これらは薄々承知していた。

東鎌尾根が長野県の松本市と大町市の行政区画界。
弓折岳から笠ヶ岳へ延びる稜線はそのどちら側も高山市。
意外に気付いていなく、図面を見て妙に納得。

業務上(半分興味津々で)このような図面を作るに至ったが、
今後の分筆登記にも多いに役立つであろう。
そして今後再びこの稜線を歩く時には、
この地番区域を充分に念頭に入れ、
ただ稜線を歩くのではなく、
境界線を意識して歩いてみようと思う。
区域界
↑画像クリックで拡大
スポンサーサイト



| 土地家屋調査士 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |