FC2ブログ

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気になる情勢~反独裁民主戦線

明日から新たな旅が始まるというのに、又バンコクにやられた。
数年前も出発直前までバンコクの国際空港が占拠され、出発が危ぶまれた。

今回もバンコクでいつもの内輪揉めが行なわれている。
大手旅行会社もバンコクへのGWのツア-を早々と中止した。
それも無理はない。

心配になり調べてみると、デモ隊の集会地域は日本大使館やルンビニ公園等がある地域。
高級ホテルやデパ-トが数多く存在するバンコクで最も華やかな地区だ。
日本人にも有名なパッポン通りもこの近辺にある。
この地区にはデモ隊の検問地点も何箇所か設けられており、
たぶんこの地区を拠点とするツア-客は断念するのは当然だろう。

しかし、バックパッカ-の拠点であるカオサン通りはここから離れており、
デモ活動場所である「ラマ5世騎馬像」「戦勝記念塔」辺りに近づかなければ問題なさそうだ。
当初バンコクには2泊する予定だったが、
翌日チケットが買えたら、その日のうちにペナンに向け鉄道に乗り込もうと思う。

外務省の渡航情報も「十分注意して下さい」から「渡航の是非を検討して下さい」に引上げ。
しかしマレ-鉄道でタイからマレ-シアに抜ける際、もっと危険な地域がある。
タイ南部にはその一段上の「渡航の延期をお勧めします」の発令されている箇所があり、
列車で通過するだけだが、この箇所だけは祈るしかない。
ただ世界に名だたる豪華列車オリエンタルエクスプレスについても同じ線路を通るだろうけど。

タイ~マレ-シア~シンガポ-ル
マレ-半島を鉄道で縦断するのがこの旅の目的。
油断だけはせず、もちろん穂乃花共々無事帰ってくるつもりだ。


大きな地図で見る



ブログランキングに参加中。『子連れ旅行』バナ-のクリックをお願いします。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| '10マレ-鉄道縦断編 | 09:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |