FC2ブログ

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Welcome~中東編(35)

2010年1月15日
ヨルダン・アンマン~ドバイ


一ヶ月中東を旅して、この言葉を聞かない日はなかった。
”Welcome”
どの国も例外なく、僕等を温かく迎えてくれた。
目が合うと、誰もがニッコリと微笑んでくれる。
『ウェルカム・ウェルカム!』とリズムに乗せて歓迎してくれるルクソ-ルの壷焼き屋。
特にあの響きについては、脳裏に深く焼き付いている。

最後の日も、何度かWelcomeの言葉を頂いた。
これまで世界を旅して、これ程この言葉を耳にした事はなかった。

ホテルでの朝食。
このコ-ダホテルは宿代が安いだけでなく、朝食が付くのも嬉しい。
パン、ゆで卵、シャ-イと好きなだけ食べる。

ペトラから戻って来た上智大の学生と、ス-ク内にあるハンマ-ムへ。
ダマスカスでの体験が忘れられなかったのだ。
だがここは、王様気分とは到底似つかわない寂れたものであった。
P1040950_convert_20100213141825.jpg
ハンマ-ム・アンナセル入口

まず、ロビ-が汚く臭い。
服を脱いだ後、体にタオルを巻き付ける行為は自分で行なう。
スチ-ムサウナは熱くなく、汗も出ない。
その上洗い専門の親父が、間髪入れず呼びに来る。
”サウナくらい、ゆっくり入らせろや!”
垢すりはイマイチで、マッサ-ジはされた事すら気付かなかった。

さてと、今度こそはゆっくりとサウナで汗を流そう・・
と思った矢先、
カモンカモンと手招きされ、体をタオルで覆われる。
あっさりとロビ-に追いやられてしまった。
当然シャ-イが出てくる筈もなく、
お金を払い早々とハンマ-ムを後にした。

王様気分のハンマ-ム。
臭く汚いハンマ-ム。
どちらが本当のハンマ-ムなのだろう。

P1040948_convert_20100213141741.jpg
町の熱気
P1040952_convert_20100213141918.jpg
哀れな羊達

≫ Read More

スポンサーサイト



| '10中東編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |