2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

剱岳

【山域】剱岳(2999m)
【日時】平成21年8月8日
【天候】雨、曇り
【岳人】岳登(小4)、僕

馬場島(2:50)  念願の早月尾根日帰りにようやく挑戦。前夜現地入り、フィット泊。翌朝ヘッドライトを着け出発。このル-トは日帰り組が多いようだ、僕らの前に1組出発。天気は微妙。標高差は2200m、黙々と高度を稼ぐ。
試練と憧れ
石碑-試練と憧れ

1600m道標(5:05)  このル-トには200m毎に立派な道標があり、大変励みになる。

1920m三角点(5:44、5:50)  女性の単独行を抜いたり抜かれたり。共に日帰り。今日は何度かお会いしそうですね。
三角点
三角点

早月小屋(6:30、6:55)  小屋手前から雨が強くなってきた。走って小屋に逃げ込む。ここまでは小雨程度で済んでいたが、なんだ今日も雨なのか。小屋の主人、宿泊客、皆口を揃えてこう言う。「今日は大雨注意報が出ているからこの先はやめた方がいいよ!」
早月小屋
早月小屋

2600m道標(8:09、8:17)  僕らは剱岳を目指していた。本当に危ないと思ったらそこで引き返せばいい。人の言葉とは時には有難いのだが、時には志にネックになる。岳登の事を普通の子供と思ってのアドバイスだったのだろう。

2800m道標(9:04、9:10)  これが最後の道標だ。ここから岩場、鎖場が連続する。岳登よ、気合を入れて行け。間もなく先程の女性の単独行がもう山頂を経て帰ってきた。随分健脚である。心配していた岩場は乾いており、鎖場も思った程ではない。どこがシシ頭、カニのハサミなのか分からない程。全く心配には至らずあっさり山頂到着。剣山荘から来たというツア-客に紛れ感慨に浸る。
2800m道標
2800m道標
いざ
いざ剱へ
鎖場1
鎖場
鎖場2
連続する鎖場

剱岳(9:46、10:04)  今日も景色は皆無。まだ、雨風がないだけマシだ。ツア-客によると昨日は天候が悪く1泊山荘で停滞したそうだ。さて下山と帰路に向うが、ひとつ肝心な事を忘れていた。剱岳点の記の-点-を見るのを忘れていた。その三角点は祠より少し離れ寂しそうにたたずんでいた。立山のそれとは随分違う。標石を担ぎ上げて来るだけでも精一杯だったのだろう。
剣岳
剱岳
剣岳三角点
剱岳三角点

早月小屋(12:35、12:40)  下りは慎重に降りてきた。ここまで来ればもう安心。天候も回復に向かい、小屋やテント場は大盛況。
テン場
テント場

1920m三角点(13:22、13:30)  

1600m道標(13:57、14:05)

馬場島(15:30)  無事登頂し馬場島に帰って来た。早月小屋で引き返さずに本当に良かった。特に危険と感じる箇所も無く、距離的にもそれ程ハ-ドではない。少しガックリしたが、岳登と剱岳を登った・・・それに勝る喜びはないだろう。
馬場島
馬場島



 ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

| '09山行記録 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |