| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

岩茸の絶品料理

11月3日祝日、文化の日。生死差ながらの寒い稜線ではあったが、生き生きとした岩茸を摘まずにはいられなかった。晴天時の干されたパリパリの岩茸と違い、天候が悪ければ悪い程、岩茸は大きく胴体を広げいい具合に反り返っている。その為、嬉しいくらいに採り易い。だが何せ寒い。凍えてカチカチの手を強引に動かし、何とか貪欲に採取に励む。本当は呑気にこんな事をしている場面ではないのだけれど・・。岳登は既にスキ-手袋を装着し、採る気は更々ない。思う存分採取に時間を削れる訳もなく、悔いを残し僕等はその場を後にした。
P1150423_convert_20111104152039.jpg
上質の岩茸

まさかこの時期になっても岩茸が採れるとは思わなかった。しかし良く考えれば、雪さえ被っていなければ岩茸採りに季節は関係ないのだろう。天候と岩茸の係りも少しは学べ、満更無駄な山行ではなかったようだ。以前採った岩茸を乾燥保存させているストックは充分あるのだが、苦労さながら採取したこの岩茸で作った茶碗蒸しとお吸い物、これをどうしても食べてみたかった。とにかくこの2品、かなりの絶品なのだ。今回は共に鶏肉を入れてみた。何ともいいダシが出て、味は更に美味しくなった。初めて試した大根おろし和えも、食感が際立ち実にヘルシ-。一緒に辛い稜線を歩いてきた岳登には、是非とも温かいお吸い物を沢山飲んでもらいたかった。しかし彼は岩茸とは関係のない自家製カボチャのピザにはまったらしく、嬉しそうに何枚も一人で平らげていた。
P1150431_convert_20111106121320.jpg
岩茸の茶碗蒸し
P1150439_convert_20111106121513.jpg
岩茸の大根おろし和え
P1150446_convert_20111106122233.jpg
岩茸とカボチャの天婦羅
P1150434_convert_20111106122320.jpg
岩茸と鶏肉のお吸い物
P1150445_convert_20111106121827.jpg
自家製カボチャのピザ
スポンサーサイト

| 岩茸 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩茸山行と創作料理

最近頻繁に山に通う目的として百高山達成の他に、岩茸採りがある。3000m級の稜線ともなればどこの稜線にも岩茸は大抵多かれ少なかれ着生し、見つける度に足を止めては一向に目的地に辿り着けない。ある時は徹底的にあり、ない時はどこを探してもない。先日歩いた南アルプスの稜線が、正にこの前者であった。時間に追われているのにも係らず、岩茸を見つけては足を止め、しばし岩茸採りに没頭。面白い程岩茸は採れるのだが、本来の山行目的すら変更しかねない状況となってきた。同じ1枚の大岩でも陽の当たる面によって、岩茸の育ち具合や採れ易さは大きく異なってくる。乾燥したものは脆く崩れ易く、しんなりした岩茸が程度もよく採り易い。それらを親指の腹や指先を駆使して採っていく。親指の腹は2日目に擦り切れ、10本の指先は採取3日目終に深爪となり全滅した。もうこれ以上、岩茸が目の前にあっても指が使いものにならない。それなりの覚悟が必要となる。
P1130511_convert_20110730181800.jpg
稜線の岩茸
P1130476_convert_20110730181535.jpg
大自然の恵み
P1130444_convert_20110726165411.jpg
山行初日
P1130512_convert_20110726175222.jpg
山行2日目
P1130586_convert_20110726185047.jpg
山行3日目

中々の上物が沢山採れた。僕の採った大きさで岩茸の10年ものくらいだろうか・・。岩茸は成長が非常に遅く、1年に2~3mm程度しか育たない。手の平サイズともなれば、実に100年ものとなってくる。大自然から与えられた大いなるこの恵みに対し、心して向かわなければならない。決して興味本位だけで採る事が許されるような、そんな軽いものではない。採取には常に危険が付きまとい、本格的な岩茸採りともなればロ-プ1本を使った命懸けの採取となる。稜線の岩茸採りにしても、転倒や滑落、落石等の危険は常に隣りに潜んでいる。その上、調理にかかる前の下処理は、採取の時間や苦労をも遥かに上回る一日がかりの大仕事となり待ち構えている事も忘れてはならない。
P1130621_convert_20110731094200.jpg
収穫した岩茸は干して乾燥
P1130614_convert_20110731085741.jpg
上物が多く採れた

≫ Read More

| 岩茸 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稜線の岩茸採り

前週の木曽山脈の稜線に続き、今週は赤石山脈の稜線でも岩茸(いわたけ)を多く目にした。別に探していた訳でもないので、縦走初日の往路は全く目に入らなかった。しかし気持ちにゆとりの持てた縦走最終日の復路、恐ろしい程の群生が僕の意欲を急激に刺激。玄人好みのこの稜線ではあるが、毎日毎日多くの登山者が脇を通過して行く。ここを通る誰もがまさかこれが食べれる高級食材とは知らないのだろうか・・。あるいは、質が悪いからあえて採らず、それを喜んで採っている僕がお粗末なのか・・、それは分からない。
P1130237_convert_20110720073735.jpg
稜線の岩茸採り  ※この黒い苔、全て高級食材の岩茸
P1130239_convert_20110719145350.jpg
登山道脇の大岩に、びっしり張り付くこの根性

断崖絶壁に着生する岩茸であるが故、本来岩茸採りは命綱一本を使った命懸けの採取となる。これが”仙人が好む幻の高級食材”と言われる所以でもある。しかしここは稜線の登山道、別段命を落とす恐れもない。その命の引き換えがないからなのか、採取時期が影響しているのか、採れるものは脆く崩れやすい小ぶりばかり。しかしこれが気持ち悪いくらい1枚の大岩にびっしりと張り付いている。先週頭をかち割り緊急下山に追いやられた岳登も、僕と一緒に採取に精を出す。結局長い稜線上意識して歩いてみたが、岩茸が沢山取れたのはこの場所の2枚の大岩だけだった。おそらくこの場所を再び訪れる事はないだろうが、次の稜線歩きが何だか待ち遠しくなってきた。
P1130246_convert_20110719145205.jpg
岩茸を見つける度に足を止める
P1130268_convert_20110719145515.jpg
大収穫

採取わずか20分程で袋一杯の岩茸を収穫した訳だが、あれだけ小ぶりのものを果たして調理出来るのだろうか。いささか不安ではあったが、料理の得意な母の手により見事立派な岩茸料理が完成した。岩茸はぬるま湯にしばらくつけ石突きやゴミを取り除く等の下処理がかなり面倒だが、それを怠るとガリガリした食感に嫌な思いをし全てが台無しとなる。手間隙をかけた岩茸は見事な高級食材に大変身。小ぶりの岩茸は掻き集め天婦羅にすればいい。どの品も大変美味しいのだが、特にお吸い物の味は正に格別であった。
P1130288_convert_20110720072547.jpg
岩茸の天婦羅
P1130276_convert_20110720073036.jpg
岩茸の三杯酢
P1130278_convert_20110720072801.jpg
岩茸の煮付け
P1130284_convert_20110720073506.jpg
岩茸のお吸い物

| 岩茸 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幻の食材 岩茸

容易に人を寄せ付けない断崖絶壁に着生し、仙人が好むと言われる幻の高級食材”岩茸(イワタケ)”。菌類と藻類からなる共生生物である地衣(ちい)類の一種であり、茸という文字は付くが、茸(きのこ)類には入らない。
梅雨も明けた7月のある日、桂小場から将棊頭山、木曽駒ヶ岳、三ノ沢岳を目指し、息子と日帰り登山に出掛けた。稜線を縦走中、息子にアクシデント発生。急遽緊急下山する事態に陥ってしまう。これら木曽山脈の北端に聳える将棊頭山(2730m)、この頂から下る稜線上にこの岩茸は生えていた。1体の大きな岩に、黒い岩茸が体をしならせ何枚もへばり付いている。ル-ト上である為、採取に命を張る危険もない。負傷した息子を休ませ、しばし採取を試みる。しかしこれが非常に小さく、その上乾燥しすぎていて脆く崩れやすい。上手く剥ぎ取るのは、正に至難の技であった。
P1130016_convert_20110713140031.jpg
岩茸
P1130017_convert_20110713140409.jpg
将棊頭山を振り返る

呑気に岩茸採りをしている状況ではなかった事、小ぶりの岩茸しかなかった事もあって、帰宅後調理にかかっても、酢の物くらいしか作りようがなかった。しかしこれは間違いもなく、大変貴重な食材である。今度どこかの山で見かけたなら是非沢山採り、お吸い物や天婦羅等も作ってみたいものである。
P1130082_convert_20110714082107.jpg
岩茸の酢味噌和えと夏野菜カレ-

| 岩茸 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |