| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

攻略この山、もう大満足です

笹の子の採れるこの時期、休日を跨ぐと収穫量に雲泥の差が出てくる。どうせ採りに行くなら、どれだけでも多く採りたい。ここは自営業(自由業)の特権を生かし、本日(5/20)金曜、早朝から正午にかけ再度あの山を目指した。僕の性格上、やり出したら止まらない。2日前にまずまずの収穫を得ていたが、どこか心に満足出来ない部分が残っていた。今日は納得のいくまで、思う存分採る気でいる。だから少しはない頭を絞り、戦略を立てる必要があった。

無限にステ-ジのある稀な笹山ではあるが、狩人の辿る道筋はだいたい似たり寄ったりとなってくる。それは安全上(遭難防止上)、ある程度はやむを得ない。しかしそれでは前客の採り残しか、その後に成長した笹の子くらいしか期待出来ない。結局は先手必勝の闘い。しかし今回僕が目指したのは、まだ誰も踏み入れていない聖域。そんな藪の楽園に出会えさえすれば、探す手間は一気に省け、ひたすら機械的に笹の子をへし折るだけの単純作業で済む。誰も行かない場所・・。それは危険な場所であり、遭難の可能性が極めて高い場所。そうでなくても周囲一帯はどこも藪、藪、藪で、方向感覚はまるでない。
006_convert_20160520175624.jpg
これくらいが丁度よい↑↓
002_convert_20160520182350_2016052018394906a.jpg
※画像クリックで拡大

前回は一般的な斜面で採っていたが、今回は少し勝負に出た。かと言って、一か八かの賭けではなく、地形を充分念頭に置いた上での、石橋を叩いて渡る作戦である。・・結果、見事大当たり。僅か1時間半で、早くも前回の収穫量を超えた。まだ時間はあるし、これで終わる訳にはいかない。車で移動し、場所を変えた。ここは複雑そうなのであまり無理はせず、そこそこの収穫で良しとする。これで既に杭バックには入り切らなくなっているが、まだ満足はしていない。再び車で移動し、更に場所を変えた。
009_convert_20160520175639.jpg
直ぐにこれくらい

そして、僕が追い求めていた楽園がこんな所にあった。確か2日前、僕は同じ場所に車を停めているが、こっちに進むという発想はなかった。誰しも見通しの利く斜面を一旦下り、道路に向けて笹の子を探しながら登り返してくる。この楽園の地形は単純で、奥へ奥へと進んでも不安は全くない。しかし簡単にどれだけでも採れることで、欲が溢れ、潮時を定めるのが一番辛かった。今シ-ズンまだ誰も入っていないことは明らかで、片手で持ち切れなくなるのに1分とかからなかった。ズボンの両ポケットに入れた袋は直ぐに一杯になり、背中のバッグもみるみる重たくなってきた。久々に右肩の脱臼が1回、ズボンは無残にも切り裂かれた。しかし久々にスカッとする大収穫に、貪欲な僕もようやく満足出来た。
017_convert_20160520175921.jpg
本日4時間での収穫  ※笹の子多数、缶6本、ペットボトル1本、ゴミ少々
021_convert_20160520175949.jpg
そらズボンも破れるわ
002_convert_20160520181412.jpg 015_convert_20160520181446.jpg
ゴ-グルは良し悪し                      楽しかったな

≫ Read More

スポンサーサイト

| 笹の子 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事務所を抜け出し、堪らず出陣

5月17日、ある事務所で司法書士の先生と話をしていた。その中で気になる話が出てきた。先週土曜に某山で笹の子(根曲り竹)を採ってきたらしく、車は30台ほど停まっていたそうだ。『へぇ~、もう出ていましたか。あの山は随分早いのですね・・』。そんな何気ない返答をしておいたが、いつも僕が入る山は後2週間後くらいが採り頃となってくる。そして翌日の昼を迎え、考えれば考える程、僕は落ち着かなくなってきた。昼食後迷わず事務所を抜け出し、僕は某山へと車を走らせていた。この山には何度か登頂目的で登ったことはあるが、笹の子目的で登ったことはない。一体どこで採れるんだ・・。情報はなく、不安は大きかった。そして30分で現地に到着。さすがは平日だけあり、車は数台しか見かけない。林道沿いに車を1台見つけ、この辺りで採れるのかと推測を立てる。見渡せば、辺り一帯が骨太の笹斜面。カ-ブを幾つか過ぎ、僕も空地に駐車した。そして意を決して藪に突入。
005_convert_20160518143721.jpg
この山、スゴっ!  ※噂には聞いていたが・・

不安は瞬く間に、驚きへと変わった。何だこの山、凄いじゃないか!探さずとも次から次へと笹の子が目に飛び込んでくる。目の前の笹の子を手でもぎ採る前から、既に次の笹の子が何本か視界に入ってくる。あまりにもそれが続き、次の笹の子はどこだっけ、と忘れる程だ。笹の子は本来、探さずに採るものだ。いいもの(太くて短くて赤っぽいもの)が1本あれば、周りには何本でもあるはず。いわゆる、探さずとも笹の子の方から勝手に目に飛び込んでくる。”笹の子を探す”というより、”まだ誰も入っていない場所を探す”、これが大収穫のコツだろう。そしてこの山は、そんなポイントがどれだけでもあった。採りに来る人は多いが、受け皿がそれをも上回っている。いつも僕が通っている山は採れる範囲が限られ、その上、ポイントに辿り着くまで山登りも必要となる。先日のコシアブラもそうだが、笹の子も近場のこちらに切り替えようと思う。
023_convert_20160518144227.jpg
笠ヶ岳(左)から大キレット、穂高連峰(右)

このまま山に入ってさえいれば、まだどれだけでも採れそうだ。しかし疲れてきたし、いい加減あぐんで(飽きて)きた。それに夕食の準備の都合もあることだし、3時間で潔く収穫を切り上げた。山頂からは飛騨山脈(北アルプス)の一通りの名峰が見渡せ、しばしその光景に見とれていた。最近覚えたホタルイカ捕りは読み切れない要素が多いが、同じ自然相手でも笹の子採りは戦略が立てやすい。それに空振りはまずないし、何せ海は遠いが山は直ぐそこに幾らでもある。平日思いつきで事務所を抜け出したくらいだから、それなりの成果は絶対に得てくるつもりでいた。しかし思った以上の成果を前に、家族は皆大喜びだった。近いうちに、もう一度この山に出かけようと思う。
026_convert_20160518144219.jpg
乗鞍岳
019_convert_20160518144354.jpg
御嶽山
017_convert_20160518143849.jpg
白山
029_convert_20160518144404.jpg
杭バックは3時間で満杯に
032_convert_20160518144556.jpg
本日の収穫  ※久々に探さず採れた
041_convert_20160518144805.jpg
まずまずの上物も多い
005_convert_20160519084627.jpg
淡竹(ハチク)  ※収穫場所は異なる

万能食材の淡竹と比べ、笹の子は何かと効率が悪い。採りに行くのも採るのも大変ならば、その後の料理(下準備)にも面倒がかかる。僕は採る専門なので料理の大変さは体験していないが、どちらが大変かと問われれば明らかに料理の方が大変だと思う。数十本程度なら、皮剥き作業はきっと楽しいだろう。しかしこれが数百本ともなれば、収穫時間の何倍もの時間が簡単に流れてしまう。夕食時実家に家族が集まった時は子供が手伝ってくれたからいいものの、僕等が帰り、母は深夜0時まで黙々と皮を剥いていたそうだ。今回、突如思いつきで採ってきたこともあり、品数は少なかったが、定番メニュ-を中心にとても美味しく味わえた。
042_convert_20160518144907.jpg
笹の子は剥くのが一番大変だ
065_convert_20160518145148.jpg
夕食は笹の子料理のフルコ-ス
049_convert_20160518145017.jpg
笹の子ご飯
068_convert_20160518145243.jpg
味噌汁
071_convert_20160518145253.jpg
笹の子の天ぷら
053_convert_20160518145030.jpg
淡竹の天ぷら  ※淡竹の方が断然美味いし、何もかも楽
057_convert_20160518145122.jpg
茹でもの(下)とホイル焼き

≫ Read More

| 笹の子 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出勤前に笹の子山へ

今年もこの季節がやって来た。効率の良い淡竹(はちく)に熱が移ってはいるが、やはり笹の子には笹の子の魅力が(たぶん)ある。僕はそう願っている。移動に費やす時間と燃料代、採取に流す汗、潜む危険性、料理の手間・・。これらを重々承知の上で、今年もいつもの笹の子山に入った。1年に1回くらいは・・。このノルマ的な考えが大半を占めているが、あの見つけた時の喜び、ポキッとへし折る時の感触が、僕を未だに引き寄せているのだろう。
004_convert_20150531135035.jpg
山頂から望む飛騨の山々  ※笠ヶ岳(写真左端)、大キレット、穂高連峰(右端)

土日を跨ぐと誰かに荒されそうだったので、金曜日の朝、山に入った。5月29日、朝4時起床、4時50分入山。この日僕が一番乗りだったが、下山までの間に2名の男性と山中で会った。いずれも地元風の年配者で、見るからにプロの井出達。今年はどうや・・とは最初の方。昨年と違って今年は丁度いいですよ・・と返す僕。今年は少ないな・・とは次の方。そうですか、結構ありますよ・・と返す僕。そこはさっき僕が入った場所です・・とは言えなかった。まだ荘川の方が採れるな・・と仰っていたが、あまり遠い所までは行きたくない。移動に時間さえかければ、わんさか採れる場所も僕は知っている。それでもしぶとく4時間採取に励み、まずまずの収穫量を得た。
011_convert_20150531135052.jpg
4時間の収穫
014_convert_20150531140818.jpg
比較的豊作だった

餅は餅屋ということで、僕は採取に専念し、料理は全て母に任せている。しかし端的に言って、採取の手間くらいは別に大したことはない。その先料理の手間にかなりの時間がかかるようで、夕食の時間までほぼ1日がかりの大仕事となっている。やはりこの点も、完全に淡竹の方に軍配が上がる。何せ笹の子は小さ過ぎて、コストパフォ-マンスが悪過ぎる。食べるだけの人はスリムな笹の子の方を好むだろうが、採る人、料理を作る人にとっては、結構厄介な位置付けにある。
019_convert_20150531135239.jpg
山の恵みに感謝

≫ Read More

| 笹の子 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の笹の子はいかに

今年2度目の笹の子(姫竹、根曲がり竹)採り。今春は余程寒かったらしく、前回はほとんど収穫はなかった。折角休日に娘2人を連れて行ったのに、非常に残念だった。その10日後に時期を延ばし、平日の早朝再び山に入った。4時起床。荷物や身支度を整え、35分かけての車移動。峠の空地に駐車し、5時入山。母は山登りや竹藪との格闘が相当しんどいようで、又、淡竹採りとのギャップも重なり今年は来ていない。駐車地には前回と同じ場所に、その時と同じ軽トラの姿があった。僕も前回と同じ、その軽トラの隣りに車を停める。まずは山頂目指し、息を切らして駆け登る。確かに運動不足の身には、かなり辛い勾配だ。母が嫌がるのも無理はない。

山頂周辺の斜面を這うように探す。前回よりは笹の子の姿はあったが、思うように見当たらない。結局、これは既に先客が足を踏み入れたことが要因である。しかしその事に気が付くのは、いつもこうして後になってから。集中していると時間が経つのは本当に早いもので、1時間半があっという間だった。山頂でおにぎりを食べ、少し休む。そして食後は下山しながら、適当な斜面に入り込んだ。道中、藪から出てきた軽トラのおじさんに会う。おじさん曰く、マムシに出くわし、生かしておくと危ないので首の骨を折って仕留めた・・という。こんな話や採取のコツを聞き、やはりただ者ではなかった。8時半駐車地発、自宅に戻ってきたのは9時だった。
CIMG0607_convert_20140605101758.jpg
わらび(6/1採取)  ※ハエや蟻がたかっている
CIMG0633_convert_20140605101237.jpg
今年の収穫は少なめ、上物も少ない(6/4採取)

前々日実家裏で2度目の淡竹採取(その日も、僅か数分でダンボ-ル1箱分の収穫)を行なっていた。その淡竹と本日苦労して採取した笹の子、それに先週末に乗鞍近郊で採っていたわらび1袋を使い、今晩はわらびと竹の子(淡竹、姫竹)のフルコ-スを味わった。天婦羅は『美味い!』の一言。ヤバイくらい本当に美味い。初めて試したわらびの天婦羅も大変美味しかった。わらびの明太子マヨは想像通り美味い、これは明太子マヨの功績がかなり大きいだろう。メンマはまずまずかな、今度ラ-メンに入れてみたいと思う。山菜満載の味噌汁や炊き込み御飯は、山菜料理には絶対に欠かせない。
CIMG0663_convert_20140605095517.jpg
わらびと淡竹の天婦羅(写真手前)、姫竹の茹でもの(奥)
CIMG0657_convert_20140605100003.jpg
わらびの明太子マヨ
CIMG0647_convert_20140605095757.jpg
山菜満載の味噌汁(写真手前)と竹の子ご飯(左奥)
CIMG0645_convert_20140605100657.jpg
淡竹と鶏肉の煮つけ
CIMG0643_convert_20140605100333.jpg
山菜(わらび、淡竹、姫竹)と油揚げの煮物
CIMG0656_convert_20140605094147.jpg
わらびのお浸し
CIMG0659_convert_20140605094938.jpg
淡竹のメンマ
CIMG0665_convert_20140605095255.jpg
わらびのたたき

”笹の子”と”淡竹(はちく)”。どちらがベタ-かと問われれば、僕は後者を挙げるかもしれない。採取は数分で済むし(環境にもよるが)、皮剥き作業や調理も手軽に済む(僕はやったことがないが)。それに何より食べて美味しい。あえて欠点を挙げるとすれば、皮を被った見た目が悪いくらい。淡竹がすぐそこに沢山あるのに、山の準備、早起き、移動、ガソリン代、山登り、竹藪との格闘、労力、時に脱臼、まむしに遭う危険性、遭難のおそれ、皮剥き作業等、幾つものリスクを負ってまで笹の子にこだわるメリットはないかもな・・。母ではないけれど、僕もそのことに薄々感じ始めてきた。
CIMG0639_convert_20140605102302.jpg
わらびと竹の子のフルコ-ス

| 笹の子 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再びこの山へ

6月6日、明日は我が家の第6子タイ君の1歳の誕生日。その記念すべきお祝いに華を添えようと、一人夜明け前の山に向かった。先週の笹の子だけではどうも満足仕切れず、シ-ズン終了前にどうしてももう一度山に入りたかった。前回来た時はあまり笹の子が見えず、手を動かしているより目や足ばかり動かしていた。結果、時間ばかりが刻々と過ぎていく。しかしここは笹の子山、絶対にまだ沢山ある筈だ。今朝も3時半起床、そして4時半には山に入った。今回はやる気満々で来ている、その為ザックの中の余計な荷物は家に置いてきた。笹の子だけでザック2つの容量を満たし、家に帰るつもりだ。
P1140344_convert_20130606113445.jpg
今日は採れるかな・・

さてと今日はどうかな・・。いつもと視点を変え、まずは中腹の左斜面に飛び込んでみる。笹の子は小さく見つけにくい。目が山の色に順応するまでには、少し時間がかかる。だが、目が慣れてくればもうコッチのもの。落葉に身をひっそりと潜めている笹の子達が、次から次へと僕の目に入ってきた。今日は足を動かさずして、目で探さずして、何とか採取出来そうだな。笹の子は探すものではない・・、確か誰かが言っていたっけ。1本良質な笹の子があれば、その周りには沢山笹の子が眠っている。折り跡の近くに残っているようなものは、せいぜい先客の採り忘れくらい。まだ誰にも侵されていない今シ-ズン未踏の場所を探し当てるのが、短時間で大量収穫する最善の策となる。深い竹藪の中に落ちていた鈴や携帯電話の落し物が、ハ-ドな竹藪漕ぎを物語っている。誰も歩きたくないような密集極める極藪は大概敬遠され、未踏である事が多い。
メインのザック大は拠点に置き、ザック小を背負い藪に突入。採れると確信した箇所を見つけたなら、そこにザック小も下ろし、匍匐前進で周囲一帯を這いずり廻る。この山は地形が単純で迷子の心配はないが、何せ密集した極藪地帯。足や手は当然ながら、頭部や顔面、時には目にまで木の枝が突き刺さってくる。掛けていたメガネに数度目を守られたが、かなり際どかった。来年からはゴ-グル(透明のもの)をしてこようと思う。こうして今回も4時間、山で心地良い汗を流してきた。前回母と2人で4時間かけて収穫した時よりも、今回の方が明らかに多い。笹の子採り・・、それは”未踏の地を探しあてること”に尽きる。
P1140347_convert_20130606114558.jpg
朝の収穫
P1140351_convert_20130606114408.jpg
今年も楽しかった

image_20130606153804.jpg
仕込み、は採るより大変だ ※後は妻に任せた

| 笹の子 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT