FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岩茸と剣先イカ

先週今週の山行で、仲間と採ってきた岩茸。そんな岩茸の絶品料理を、初めて仲間に味わってもらった。幻の高級食材、岩茸。頻繁に山に通う登山者でさえも、おそらく名前すら知らない人がほとんどだろうと思う。そして大概の人はその生涯の中で、一度食べれればいい方だろうとも思う。僕の岩茸歴は長いが、長らく食べていなかったので久々の堪能となった。岩茸料理はとにかく下処理が大変で、採ってきた岩茸を一晩水に浸け(不要物を浮かせる為)、その後も手作業で念入りに不要物を取り除かなければならない。時間をかけてどれだけ取り除いたとしても、結局多少のジャリジャリ感は残ってしまい、そこは仕方ないとこれまでずっと諦めていた。しかし今回はその不快な感触が一切なく、友人に食べさせるからと、きっと母がいつもよりも念入りに下処理に時間を割いてくれたのだろうなと容易に想像が付いた。岩茸料理と言えば、『茶碗蒸し』と『すまし汁』が抜群に美味い。一度仲間にも食べさせてやりたいと思っていただけに、皆喜んでくれたので本当に良かった。
IMG_5236_convert_20200812130245.jpg
岩茸の茶碗蒸しと酢の物  ※岩茸は今週、先週の山行で採ったもの
IMG_5242_convert_20200812130442.jpg
自分らで採った岩茸だけに感慨深い
IMG_5238_convert_20200812130258.jpg
子育て奮闘中のタッちゃん
IMG_5245_convert_20200812130510.jpg
キュウリの上に岩茸を乗せて

今日も波宅にてBBQ。康介先生が子守で参加出来ず残念だったが、釣り師ほっしゃんが船釣りで獲ってきた剣先イカを、自ら刺身にして振る舞ってくれた。普段山菜やホタルイカなど頻繁に採ってくる僕ではあるが、僕の場合は採るだけで、調理はいつも実家の母に任せてしまう。しかし、本来はそうでない。調理、後片付けに至るまで全て行ってこそ、家族に(人に)喜んでもらえるのだと痛感させられた。期待していた鮎は釣れなかったようで、とても残念だった。昨年の年の瀬には釣りたての鰤(ブリ)を貰ったこともあるし、お世辞ではなく、釣り師ほっしゃんのことを僕は心から尊敬している。
IMG_5248_convert_20200812130520.jpg
牛肉とキノコ
IMG_5251_convert_20200812130537.jpg
調理までするのが本物の男

釣った剣先イカを自ら捌く
IMG_5254_convert_20200812130546.jpg
刺身
IMG_5262_convert_20200812130711.jpg
仮眠中

今日は13時に買い出し集合と前回より時間を早めたので、宴のお開きは深夜0時と決めていた。こうして無理にでも決めておかないと、結局朝まで飲み続けることになるので、ある程度の決め事は必要となる。僕がおもむろにハ-モニカを手に取った。登山を始めた20代の頃はよく山頂やテント場で恥じらいもなく吹いていたが、ここ10年以上は家でも全く吹いていなかった。その為少し練習してこの日に挑んだつもりだったが、やはり家で吹くのと、人様の前で吹くのとではまるで緊張感が違った。おかげで思うように演奏出来ず、何とも不甲斐無い結果に終わった。ガスコンロで湯を沸かし、ブリ(市販品)や剣先イカ、豚肉をしゃぶしゃぶにして食べる。昼間から食べ続けているが、柚子ポン酢がさっぱりして、この場に及んでも美味しく食べれた。そして出汁(残り湯)で、えのきだけや剣先イカの脚、卵などを入れて雑炊を作って食べた。仲間はポテトチップスも網の上で軽く炙って食べていた。仲間は翌深夜0時スタ-トで、新穂高から秘湯・高天原温泉を目指すのだという。標準CTで30時間弱。毎週のように地元北アを駆け回り、その山行などを振り返りながら、自然の恵みを存分に味わう。大山脈の麓で暮らす住人にとって、これ以上の過ごし方はないだろう。
IMG_5270_convert_20200812130725.jpg
豚しゃぶ
IMG_5273_convert_20200812130735.jpg
締めは雑炊

ハ-モニカ(故郷)
スポンサーサイト



| 岩茸 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏のヤブカンゾウを食べてみる

この時期になると大概どこの道端でも目にするのが、ユリにも似た多年草、カンゾウの花。ノカンゾウが一重咲きであるのに対し、ヤブカンゾウは八重咲きとなる。春先に群生するカンゾウの若芽は天婦羅や炒め物など万能野草として欠かせないが、夏の季節に咲くカンゾウの花や蕾も食材となることを知り、早速試してみた。
IMG_5047_convert_20200723155405.jpg
道端に咲き誇るヤブカンゾウの花
IMG_4856_convert_20200717190414.jpg
ヤブカンゾウの花と蕾

≫ Read More

| カンゾウ | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼岳周回と福地山(4)~ウドを頂く


・・前回の続き


今年の焼岳周回には嬉しいおまけが付いていた。少し時期外れとはなるが、思わぬウドの収穫に僕のテンションも上がりっぱなしだった。僕のバックは焼岳の登り下りを経て、直ぐにウドでパンパンになっていた。これではいつもの山菜ランニングと変わらないが、この日はまだロ-ド25㌔超と福地山登山(標準コ-スタイム4時間)をこなさなければならない。しかし僕にとって今年の初ウドとなっただけに、波ちゃん(改め、『康子』)と山の神には感謝したい。
DSC04197_convert_20200623170502.jpg
この日(6/20)収穫した山ウド
DSC04205_convert_20200623170513.jpg
ウドと卵のすまし汁  ※ウドがほんのり苦くて美味しい
DSC04214_convert_20200623170527.jpg
皮のきんぴら  ※ウドは捨てるところがない
DSC04215_convert_20200623170559.jpg
生ウドの酢味噌和え
DSC04216_convert_20200623170610.jpg
淡竹とウド(葉、芽)の天婦羅

| ウド | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山菜を食す


・・前回の続き


IMG_4044_convert_20200527164234.jpg
淡竹の天婦羅  ※笹の子とは違った味わいがある
IMG_4050_convert_20200527164257.jpg
淡竹と鶏肉の照り焼き  ※淡竹に味がしみ込み、堪らない美味しさ
IMG_4053_convert_20200527164334.jpg
ワラビの醤油漬け
IMG_4056_convert_20200527164342.jpg
ワラビの煮物
IMG_4058_convert_20200527164451.jpg
淡竹の炊き込みご飯
IMG_4062_convert_20200527164634.jpg
生テイレギの醤油がけ  ※ツンと効く辛みがご飯に合う
IMG_4066_convert_20200527164504.jpg
ワラビと淡竹のすまし汁
IMG_4067_convert_20200527164648.jpg
タラノメの天婦羅
IMG_4047_convert_20200527164245.jpg
コゴミの漬物

| オオバタネツケバナ | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山菜を食べながら峠を巡る

今日5/23のランニング(37㌔弱)は中々楽しかった。自宅発着で峠を二つ巡り、山頂にも一つ立てた。今日走ったコ-スの大半は標高1000m程なので麓より標高は高いが、時期的に山菜は期待していなかった。しかし場所によってはワラビやイタドリが旬を維持し、終わってみれば今日のバックも山菜でパンパンになった。十三墓峠を過ぎた辺りから、巣山林道、その後の神原峠に至るまで、シルバ-マ-クの車(飛騨ナンバ-)と幾度となく擦れ違った。山菜目当てのその老夫婦は、所々車を停めては、貪欲にワラビを採取していた。ある意味僕の今日のライバルなのだが、僕がワラビを摘んでいる素行も見られていたので、老夫婦としても僕のことは相当気になっていたに違いない。山菜だけで如何ほどのエネルギ-が得られるのかは知らないが、山菜ときめく4、5月だったら、水も食料も持たずとも1日中走っていられそうな気はする。水なんかは沢水を飲んでいればいいし、仮にお金なんか持っていても、そもそも使う場所がない。本当はコッヘルとガスと油等を担いで走り、山でウコギ(タラノメやコシアブラ等)の天婦羅でも作って食べれれば最高なのだが、それだと時間ばかりかかってしまいそうだ。
IMG_3950_convert_20200527171016.jpg
イタドリ  ※食べながら(皮を剥きながら)走る
IMG_3952_convert_20200527171026.jpg
十三墓峠を上り切り、林道入口で休憩  ※靴は既にボロボロだが、最低もう1年は履きたい
IMG_3955_convert_20200527171035.jpg
おりぎり(笹の子味ご飯)の口直しとして、イタドリをサラダ代わりに  ※マヨネ-ズを持ってくるべきだった
IMG_3956_convert_20200527171047.jpg
巣山林道  ※上宝から神岡へワ-プ出来る
IMG_3958_convert_20200527171237.jpg
道端でテイレギ発見  ※水の無い所にも有るんだと知った
IMG_3961_convert_20200527171248.jpg
川辺のテイレギ  ※元々生食がベストなので当然食べながら走る  ※今度は醤油も持って走ろう
IMG_3962_convert_20200527171257.jpg
とうげ(神原峠)
IMG_3973_convert_20200527171540.jpg
林道安峰~神原線
IMG_3976_convert_20200527171552.jpg
タラノメ  ※時期的に棘々だし、さすがに生食は無理
IMG_3978_convert_20200527171618.jpg
コゴミ  ※既に時期は終了しているが、茎を食べながら走る
IMG_3984_convert_20200527171733.jpg
安峰山(標高1058m)
IMG_3988_convert_20200527171744.jpg
飛騨古川を望む
IMG_4001_convert_20200527171900.jpg
沢辺のテイレギ  ※そのまま食べて美味しいし、結構どこにでも有る
IMG_4002_convert_20200527171913.jpg
弘法大師と安峰山
IMG_4016_convert_20200527172359.jpg
大休止  ※まだ5㌔あるのに、ビ-ルを2本飲んでしまった

≫ Read More

| オオバタネツケバナ | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT