FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とっても美味そうな毒キノコ

先日妻と上宝の山奥で測量をした時のこと。林道2㌔にも及ぶ測量を数日かけてようやく終えようとした矢先、山斜面に入った妻が何やらキノコを見つけた。僕はこの現場に通い出した頃、キノコを意識してポケットガイドを持ってこようかと思ったが、荷物になるので携行はやめ、じっくり一読し頭に叩き込んでおいた。そしてその瞬間はふいに訪れた。目の前には点々と群がるキノコ達。きっとこれは『ナメコ』ではなかろうか・・。キノコの知識は全くないが、『野生のナメコ(成菌)は完全に傘を広げ、市販品との違いに驚く』と書かれていたガイド本のフレ-ズが頭に残っており、これこそがナメコだ!と僕は半ば強引に決めつけた。見るからに美味しそうな茶色をしているし、匂いもキノコ独特のいい香り。仮にナメコでないとしても、食べれることは間違いないだろう。以前ス-パ-で天然ナメコを見たと言う妻も、僕の意見に同調した。そして僕らは誰もいない深い山奥でしばし夢中になってキノコを採取した。現場での用事を全て済ませ、測量道具を背中に担ぎ、林道を30分歩いてゲ-ト手前の車へと戻ってくる。やっぱ、山の現場は楽しいな!昨年はアケビむかごが沢山採れたし、今年は山椒とナメコが採れた。今日はキノコ鍋で決まりだな。僕は一人舞い上がっていた。
DSC01779_convert_20191107124903.jpg
現場で美味しそうなキノコを発見!
DSC01780_convert_20191107124914.jpg
それもたくさん
DSC01783_convert_20191107124924.jpg
きっとナメコだろう・・と僕は半ば確信

自宅に戻り、母に収穫したナメコを自慢げに見てもらう。しかし予想外のリアクションが返ってきた。昔爺ちゃん(母の父)がよく山でナメコを採って来たそうだが、それとはどこか違うような・・と母は言う。当然食べる前には調べるつもりではいたが、一気に不安になり、早速図鑑の写真と見比べてみる。しかし未だに、これだ!という確信には至れていない。『ナメコ(労菌)』だという希望も捨てきれないでいるが、おそらく『カキシメジ』だろうと思う。だとすると毒キノコであり、中毒事故の多い代表格となる。確かに美味しそうだし、これは騙されてもおかしくはない。図鑑の写真では『ナラタケ』や『エノキタケ』にも似ており、だとすれば、このキノコは食べることが出来る。或いはこれが『チャナメツムタケ』だとすれば食用だが、『キヒダマツシメジ』だと有毒。マツタケくらいなら僕でも容易に見分けがつくが、今回採ってきたキノコは図鑑やWEB情報の力を借りてもさっぱり分からない。特定出来ない以上、一か八かで食べてみるなんて恐ろしいことは出来ず、心惜しいが敢え無く処分することにした。
DSC01800_convert_20191107124934.jpg
よし今日はキノコ鍋だ!と意気込んでいたが
DSC01801_convert_20191107124946.jpg
どうやらこのキノコ、毒っぽい
スポンサーサイト



| キノコ | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワラビのついでに、ウド見っけ!

毎年恒例の某イベントに家族で出かけてきた。子供や妻らを連れて行くからには本来の目的は別にあるが、僕的にはこの時期大量に採れるワラビが一番のお目当てだった。その為家族とは終日ほとんど別行動となったが、今年も狙い通り大量のワラビを採ることが出来た。ワラビに満足した後は1時間程山を歩き、故障中につき走れない埋め合わせをしてきた。そこで偶然目にしたのが、ウド。いつか採りたいとずっと頭にはあったが、今回こうして運良く野生のウドに遭遇。初めて自生するウドを見たが、直ぐにこれがウドだと分かった。最初の1本は採り方が分からず、肝心の白い根元の部分を取り損なてしまった。しかし2本目以降は多少は上達し、周りの土を除け丁寧に掘り起こすことが出来た。生えていそうな場所も何となく分かってきたけど、来年以降もそうそう目にすることはないだろうなと内心思う。
IMG_0541_convert_20190529185325.jpg
初めて見つけたウド  ※おっ、これがウドか!
IMG_0543_convert_20190529185416.jpg
槍穂高連峰  ※槍ヶ岳(左端)、奥穂高岳(右端)
IMG_0547_convert_20190529185433.jpg
乗鞍の峰々
IMG_0548_convert_20190529185448.jpg
黒部五郎岳(中央やや左)、笠ヶ岳(中央やや右)


IMG_0561_convert_20190529185500.jpg
この日(2019.5.26)収獲したワラビは2袋
IMG_0567_convert_20190529185557.jpg
結構採れたな
IMG_0563_convert_20190529185512.jpg
ついでにコシアブラ  ※標高が高い為、まだ採れた
IMG_0569_convert_20190529185608.jpg
ウド  ※一度見つけたら目が慣れてきた

≫ Read More

| ウド | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワラビと淡竹の創作料理

野辺山ウルトラマラソンでの死闘を終え、翌日(月曜)の夜、ひどい筋肉痛と故障した右脚を引きずり、近所の温泉でリフレッシュしてきた。大会直後は風呂に入れなかったので久々の湯舟が気持ち良かったが、日焼けした肩や腕がピリピリして身に染みた。そして入浴とサウナを終え、脱衣所で体重計に乗ってビックリ。何と体重が66kgもあった。通常は62kgくらいだったと思うし(温泉くらいでしか計らない)、走り込んでいる時なんかは60kgも切っていた。この日の朝3時半にすき家で牛丼(並)を2杯食べたからだろうか。それとも大会前夜、一人車で宴会し、揚げ物ばかり食べていたからだろうか。はたまた大会前の1週間走れず、全く運動が出来なかったからだろうか。いずれにせよ100㌔も走ったのだから、普段より体重は落ちていると思っていただけにかなりショックだった。現在右脚の故障を抱え、この先2週間(次の100㌔の大会まで)はまず走れないだろう。そうなると食生活を見直すしかない。夜の炭水化物はやめておくかと誓った次の日(火曜夜)、母が山菜料理を作ってくれた。そして僕はアホみたいに、丼ぶり飯2杯を食べてしまった。ヤバいぞ、俺!何ごとも制限しない性分故、このまま行ったらきっと70kgの大台に乗ってしまう。これが都合のいいカ-ボロ-ディングになればいいのだが。

IMG_0504_convert_20190522183541.jpg
2019.5.21の夕食  ※ワラビ、淡竹(ハチク)、フキ、タラノメ、コシアブラ、折り菜
IMG_0506_convert_20190522183620.jpg
淡竹ご飯
IMG_0509_convert_20190522183630.jpg
ワラビの味噌汁
IMG_0516_convert_20190522183744.jpg
天婦羅(タラノメ、淡竹、ワラビ)  ※追加でコシアブラ
IMG_0523_convert_20190522183858.jpg
淡竹とワラビの煮物
IMG_0510_convert_20190522183702.jpg
ワラビの白和え
IMG_0514_convert_20190522183732.jpg
フキの煮物
IMG_0518_convert_20190522183819.jpg
ワラビのマヨネ-ズ和え
IMG_0512_convert_20190522183712.jpg
淡竹のマヨネ-ズかけ
IMG_0521_convert_20190522183829.jpg
ワラビの醤油漬け

| ワラビ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワラビ料理

DSC00588_convert_20190507191152.jpg
2019.5.6の夕食  ※ワラビ、コゴミ、タラノメ、コシアブラ、タカノツメ、リョウブ、折り菜
DSC00596_convert_20190507190719.jpg
ワラビの味噌汁  ※汁物にワラビは外せない
DSC00613_convert_20190507191102.jpg
天婦羅(ワラビ、コシアブラ)  ※ワラビも意外といける
DSC00599_convert_20190507190847.jpg
ワラビの辛し味噌  ※ぬめり感がいい
DSC00603_convert_20190507190859.jpg
ワラビのマヨ明太子和え  ※これはマジやばい!
DSC00614_convert_20190507190909.jpg
ふりかけを混ぜたらしいが、ナイスアイデア!

| ワラビ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと虚しいワラビ採り

普段走る峠周回コ-スを車で辿ってきた。今が旬のワラビ採りが一番の目的ではあるが、走れないが故のリハビリウォ-キングも兼ねている。1週間後に野辺山100kmを控えていると言うのに、2日前に右ふくらはぎを痛めてしまった。痛めた日は歩けない程苦しんだが、今では回復しつつある。峠へと車で向かう途中、バックを背負ったペアのウォ-カ-が峠目指して歩いていた。格好からしてこのペアも山菜狙いかなと瞬時に悟ったのも束の間、今度はその先に車を停めた単独女性が手にワラビを沢山抱えていた。これはヤバイ!きょうはライバルが多いぞ・・。急いで峠に駐車し、そこから歩いてワラビ採りを開始。出だしに車で通りかかったタッちゃんに会い、今程位山を20km走ってきたと言う。

後方から確実に迫りくるペアに恐れる僕、つい急ぎ過ぎたのがいけなかった。ふいに左足首を挫いてしまい、思わずその場に倒れ込む。痛くて立つことも困難だったが、それ以上にペアの追い上げが気になっていた。ここは我慢し、そのままビッコを引いて歩き出す。先程見かけた単独女性に全て採られていないだろうかと心配したが、やはりランナ-目線のポイントは車では探れないようで、幸い沢山採ることが出来た。一通り採り終え、見落としたワラビを採りながら峠へと歩いて戻る。その際ペアと擦れ違いざまに挨拶を交わしたが、どうやらワラビには全く感心がないようだった。結局僕一人が焦っていただけで、捻挫までして急いだのが何だか馬鹿馬鹿しくなってきた。その後後ろから軽トラが僕を追い越し、目の前の空き地に停まる。結局この夫婦もワラビ採りだった。

場所を変え、先程以上によく採れるポイントに到着。しかしここは車通りも多く非常に目立つ場所なので、やはり知る人は多い。大概は既に採られていたが、それでもそこそこ収獲は得た。今日は快晴の日曜日。ランバックを背負ったランナ-の姿がやたら目に付く。きっと来月に迫った飛騨高山100kmに向けた走り込みだろうと、そのへんは訊かなくても推測は出来た。そんな中、車を使って呑気にワラビ採りをしている自分のことが、何だかとても哀れに思えてきた。

更に場所を変え、最後のポイントへと移動。ここはおそらく誰も知らないだろうし、どおりで人が入った形跡は一切ない。ここではワラビとコゴミを採り、駐車地では偶然タラの群生を発見。ただ、採り頃はとうに過ぎていて、ほとんどは50cm程に伸びていた。それは誰も入っていない証拠ではあるが、何せ採り難く、紐を駆使しても何本かは諦めた。山菜ランナ-らしく、ここでもきっちり外傷を負い、峠での捻挫を含め、リハビリのつもりが余計に故障箇所を増やしてしまった。
DSC00670_convert_20190513113346.jpg
タラ採りでまた外傷
DSC00671_convert_20190513113357.jpg
峠周回での収穫 2019.5.12
DSC00682_convert_20190513113453.jpg
この日採ったワラビ  ※結構採れたかな

≫ Read More

| ワラビ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT