FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2020ホタルイカ~爆湧きを信じて

令和2年3月25日(水)。新月を前日に迎え、日中快晴の南風。今夜行かずして、いつ行くというのか。数日前の爆湧き情報に悔しい思いもしたが、その日は完全にノ-マ-クだった。僕は富山県民ではないので、平日出陣となれば徹夜覚悟で向かわなければならない。当然頻繁に通うことも出来ず、高いガソリン代を出してまで遥々遠出するからには、絶対獲れると見込んだ日にしか基本行かない。ただ昨年は、その獲れるという見込みは、ほとんどが見込み違いに終わっていた。浜の借りは、浜で返す。昨年シ-ズンの借りを今日一日で返すべく、意気揚々と現地へと向かった。揺るぎない自信を抱え、今日はいつものク-ラ-ボックス(大)の他に、発砲スチロ-ルの箱も2つ用意した。勿論、ク-ラ-ボックスは当然満杯になるという前提の話である。

21時半、現地に到着。平日だと言うのに人出は多い。誰しも考えることは同じようだ。長靴を履き、浜へ偵察に出ると、既に獲れているようだった。急いで車へと戻り、直ぐにウェ-ダ-を履き、いざ出陣。海に入るなり、立て続けに数匹ゲット。その後もぷかぷか泳ぐホタルイカを金魚掬いの要領で確実に捉え、20匹くらいは直ぐに獲れた。一先ず昨年のような悲惨な結末だけはこれで回避出来た。ホタルイカがどれだけ出ても、これだけ人が密集していては、絶対数的に自分の取り分が激減してしまう。混み合う場所を避け、東へと向かう。捕獲のペ-スはばったりと落ちてきた。穴場と見ていた縦のテトラで少し居座ったが、1匹たりとも獲れなかった。一度岸に上がり、ここまで獲った分を沖漬けにしておく。
DSC03651_convert_20200326094402.jpg
平日だと言うのに凄い人出  ※今夜は条件が全て揃っている

深瀬の最前列では気合いの入った常連らが、次元の違う明かりを灯しながら、ひっきりなしに手を動かしている。そんなにいるのか・・と僕もそのラインに並んではみたが、海底すら見えず、僕の実力(ライト)では全く太刀打ち出来なかった。その場を離れ、しばらくはその周辺の浅瀬をうろうろし、着実に捕獲数を延ばしていく。浮きカゴにある程度溜まってきたら、一度岸に上がり、沖漬けにする。昨年新調した充電式のライトはここまで調子が良かったが、どうも見え難いと思っていたら、もう電池が消耗したようだ。車に戻り、コ-ヒ-とポテチで少し休憩。未だに車の来訪は絶えないようだが、既に停める所はなく、擦れ違いも出来ず立ち往生している。そんな悲惨な光景を眺めながら、ライトを電池式に変え、再び浜へと向かう。

深瀬のラインの空いたスペ-スに立ち、濡れないように両肘を上げ、海底の様子を伺う。海面の揺れや海中で舞い上がる砂埃で時折見難くはなるものの、何とか底に張り付くホタルイカを確認出来た。次第に目が慣れ、面白いように連続して獲ることが出来るようになってきた。なるほど、これが深瀬の獲り方か・・。これまでは初心者レベルの金魚掬いだったが、そこから脱却した瞬間だった。この日の満潮は3:40。満潮が来る前にホタルイカの姿はばったりと見えなくなり、併せて深瀬に立つ人も数人しかいなくなった。結局この日は22時前から翌3時まで5時間海に入り、結果108匹でジエンド。最低1000匹、出来ればその倍は獲るつもりでいただけに、またもや完敗だ。しかし久々に獲る楽しさを味わい、数には現れない満足感はある。
DSC03665_convert_20200326094612.jpg
108匹と惨敗
DSC03658_convert_20200326094920.jpg
タッパー2個分は現地で沖漬け  ※撮影後、タッパーに戻した
DSC03663_convert_20200326094932.jpg
今年は大きくて色艶がいい

3時半に浜を発ち、帰路の運転は眠くて危うかった。センタ-ラインを越えることもしばしばで、時間からして対向車がいないことが幸いしたが、何度かヒヤッとして正気に戻る。1時間持たずして力尽き、ダム湖の畔で車中泊。毛布2枚では寒くて眠れず、1時間で目を覚ました。無事家に着き、贅沢な朝食に子供共々大満足。最高級の富山産ホタルイカ。それも獲れたてのぷりっぷりは、言うまでもなく最高に美味しかった。数が少ない時はフライに限る。生のまま衣を付けて揚げる為、縮むどころか、衣の分だけ大きさは増し、食べごたえは抜群。酢味噌を付けて食べたら、味噌カツのようで美味しかった。ノカンゾウとのコラボは3月限定の一品。4月ではノカンゾウが大きく成り過ぎているだろう。茹で上げ(ボイル)はシンプルで美味しいが、フライのようにご飯のおかずにはならないので、少ない時は勿体なく感じる。僕の目はしょぼんとしているが、胃袋は満たされた。おそらく今晩も狙い目だろうが、2晩続けて出陣する程僕はタフではない。
DSC03676_convert_20200326095116.jpg
徹夜明けの朝食  ※41匹使用
DSC03681_convert_20200326095229.jpg
ホタルイカとノカンゾウの酢味噌和え  ※この時期限定の一品
DSC03682_convert_20200326095306.jpg
茹で上げは生姜醤油で
DSC03685_convert_20200326095508.jpg
ホタルイカのフライ  ※数が少ない時はこれに勝る調理法はない
DSC03692_convert_20200326095518.jpg
ハ-ブ(レモンバ-ム)ティ-  ※時期が早い為、まだ香りは弱い
スポンサーサイト



| ホタルイカ | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

令和元年は惨敗で幕

今年4回目のホタルイカ獲り。3月5日は1匹、その4日後は47匹、4月4日は29匹。そして5月3日の夜、これまでの全てを挽回しようと意気込み富山入りした。1日待てばちょうど新月に当たる上、天気予報もいい。しかし今日も日中悪くない天気だったし、ならば条件はたいして変わらないと、都合のいい今夜海に向った。自宅を出る直前に妻のスマホで掲示板をチェックすると、どうやら現地では波が高いとの情報(少し嫌な予感)。明日に延ばした方がいいのだろうか・・。多少悩んだ末、予定通りこのまま向かうことにした。波は深夜に向けて治まるだろうと予想したからだ。

そして、2時間近くかけて現地に到着。今日こそはさすがに湧くだろうし、ナナには是非とも”青く光るホタルイカ”という神秘的現象を見せてやりたかった。早速海に偵察に出てみると、確かに波は高い。そのせいか、未だほとんどの人が車で待機しているようだ。満潮は2時半なので、勝負は0時頃からだろうと思っていた。車で横になり少しでも眠っておこうとしたが、一切寝付けなかった。眠るのを諦め、夜食を食べ英気を養う。そして1時前、ウェ-ダ-に着替え入水。思惑通り波は穏やかになっているが、どうも濁りが強過ぎ、まるで海中が見えない。頑張って東の果てまで歩いてみたが、ホタルイカの姿は1匹たりとも見えなかった。カゴを浮かした多くの常連客でさえ、ほとんど中は空っぽのようだ。浜辺で椅子に座り、しばらく様子見とした。
DSC00517_convert_20190506152915.jpg
未だに捕獲体験を味わえていないナナ  ※全く湧く気配がなく、今回ナナはほとんど椅子で寝ていた
DSC00519_convert_20190506152927.jpg
波は治まったが、未だ濁りは消えず

満潮が近付いてきたので、再び海に入ってみる。しかし状態が芳しくないことは、海に入らなくても周りの状況から分かっていた。波は既になくなり、濁りも幾分良くなっているようにも思えた。満潮かそれ以降に、絶対に一度くらいは湧く・・。そう信じていたが、今日は全くダメだった。それは僕だけでなく、この浜に居た誰もがほぼボウズに近かった。1匹獲れればいい方で、多くても2、3匹。朝まで粘ろうかとも思ったが、粘った挙句1匹では虚しいだけなので、明るくなる前の4時前には車へと戻る。結局この日はどの場所も散々だったようで、やはり今年は無理だったのか・・と、うなだれながら帰路に就いた。
DSC00529_convert_20190506152936.jpg
無念の朝  ※この結果は全く予想していなかった

睡魔により仮眠予定の道の駅まで辿り着けず、手前のダム湖駐車場で車中泊。3時間爆睡した後、車の外で缶コ-ヒ-を飲んでいたら、ホタルイカ帰りの男性が声をかけてきた。郡上から来たと言うこの男性、岩瀬で4日間泊まり込んでいたらしい。その男性も昨夜はボウズで、その前の3日間で計150匹と撃沈。僕なんて1日ボウズなだけでもかなり落ち込んでしまうというのに、この男性はかなりメンタルが強いなと感心した。1時間弱駐車場で話をして、この方から色々学ばせてもらった。川水の流れとホタルイカの関係、獲れる曜日、自作カゴや使えるヘッドライトなど、どれも興味深く大変参考になった。今回海では何一つ得るものはなかったが、唯一成果を挙げるとすれば、この男性との出会い。強いては、それによって得た知識だったのかもしれない。この男性曰く、今日も風が強いようなので、状況は昨日と同じだろう。・・しかし翌朝提示板を見ると、結局湧いていた。おそらくあの男性も、今頃掲示板を見て発狂しているだろう。
DSC00530_convert_20190506152947.jpg
郡上の男性お勧めライト  ※某ホ-ムセンタ-で買えるらしい
DSC00531_convert_20190506152957.jpg
力作のカゴはかなり見事  ※一輪車のチュ-ブを活用

| ホタルイカ | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜は獲れると思ったのに・・

4月4日(木)の夜、今年3度目のホタルイカ出陣。今夜は新月だし、日中天気も良かった。今夜は間違いなく沢山獲れると確信し、前2回のリベンジを果たすべく嶺花と富山へと向かった。明日も平日なので当然仕事だが、こんな好機を絶対に逃してはならない。今夜も徹夜覚悟の強行軍となる。20時半に自宅を出て、2時間弱で現地到着。平日だというのに車の数は相変わらず多い。今夜の満潮は2:26だが、いつもの浜に到着すると既に海は多くの明かりで照らされていた。ある意味、どちらがホタルイカなのかよく分からない。ホタルイカは獲られる瞬間にしか光らないが、獲る側はイカ以上に終始輝いている。既にぼちぼち出始めているようだったので、ウェ-ダ-に着替え早速戦闘開始。今日は最低1000匹は獲る予定でいる。

今回初めて使用する、買い物カゴで作った自作のホタルイカ入れ。いつか作ろうと以前からずっと思っていたが、中々暇もその気もなく、今回まで先延ばしになっていた。しかしこのカゴが思いの外すごく有効だった。先ず網目から逃げないかと心配していたが、ホタルイカは網目の倍ほどの大きさで、まず穴からは逃げられない。次に最大の心配ごととしてあった、水嵩が増した時に上から逃げていかないかという懸念。しかし実際カゴの中に水が面辺りまで溜まっていても、イカは律儀に底を泳いでいたりして逃げる気すら感じない。それに浮きを付けているので、波が来てもカゴは上手く波に乗り、波如き簡単に交わしてくれる。そして買い物カゴの一番のメリットは生きたまま海で泳がせておくことで、砂出しにも効果がある。
DSC00304_convert_20190405182046.jpg
買い物カゴ初使用  ※今更ながらこれはいい

肩まであるロング手袋は、先日たまたまホ-ムセンタ-で見つけたもの。保温性は若干劣るが、これも中々良かった。これまで腕元が多少濡れるのが気がかりだったが、一切その心配はなくなった。今夜はとても寒く、深い所まで入って行くと、ウェ-ダ-の中が寒さで凍えた。ただこんな寒さの中でも挑戦的な若者は多く、ズボンやスカ-トのまま素足丸出しで、手袋もせず海に入っていた。カップルや若者同士といったホタルイカ獲りの体験組だろうが、あれは僕には真似出来ない。どこかのウェ-ダ-夫婦も言っていたが、あんな光景を見たら、ウェ-ダ-を穿いて手袋までしておいて、寒い寒い・・などと弱音を吐いてはいられない。
DSC00296_convert_20190405202147.jpg
嶺花仮眠中
DSC00297_convert_20190405182001.jpg
長丁場も大変

前半2時間強で14匹。全く獲れていないが、本命はこの先の満潮時。これからに期待して一旦車に戻り、来たる時に備えるとする。エンジンをかけ冷えた体を温め、巻き寿司や焼きそばの夜食を食べしばらく休憩。そして満潮1時間前、気合いを入れて再始動。海に入るなり連続で捕獲し幸先は良かったが、その後は思うように獲れず、結局後半戦は2時間弱で15匹。嶺花に至っては後半に入って全く獲れず、早々とイスに座って寝ていた。同じ浜でも獲れている人はそれなりにいるもので、結局そういう上級者は底に張り付いているイカを見つけてもぎ取っている。僕のようにプカプカ上っ面を泳いでいる獲物を狙う掬い組みは、やはりまだまだ初心者レベルなんだろう。ただその差はライトによる部分が大きく、今度こそは強力なヘッドライトを新調してくるつもりだ。
DSC00307_convert_20190405182100.jpg
今後は場所にもこだわろうと思う

それと大切なのが、おそらく場所選び。いつも通っているこの場所は何かと都合がいいが、何せイカ以上に人が多過ぎる。結果、湧いたとしても人の数だけ取り分は少なくなる。今後は人が少ない場所に狙いを定めていこうと思う。そしてもう一つ。これまでは”湧く湧かない”は時間帯の問題であって、場所を変えても動き損だと思っていた。ある浜で粘って出ないからといい、別の浜へ動いたとする。直後に前の浜で出たとしたら、悔し過ぎて後悔しきれない。そんな自分の性格も相まって、最初から最後まで一つの浜で留まる覚悟でいた。しかしこの考えも違っていたようだ。上級者はいくつも浜を移動し、それでも毎度確実に結果を出している。僕が29匹しか獲れなかった同じ浜で、ポイントこそ違えど3000匹とはどういうこと?ホタルイカ獲りは中々奥が深く、頭を使うスポ-ツだ。寒いし、眠いし、ほんとダリ-けど、チャンスと見れば懲りずにまた向かうんだろうな。
DSC00313_convert_20190405182129.jpg
4時間で29匹(内、嶺花2匹)とまたも惨敗  ※カゴで活かしておけば、生きたまま沖漬け出来る

| ホタルイカ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎度思うが、全く戦えていない

3月9日(土)の夜、高校受験を終え暇を持て余す嶺花(第4子)を連れ、今シ-ズン2度目となるホタルイカ捕りに向かった。今年の初陣はこの週の火曜夜だったが、見事惨敗。体調不良を押しての徹夜強行軍だったが、それが災いし、木、金と熱を出し自宅でダウン。どうやら第7子のインフルエンザがうつったようだ。しかしこんな時に限って、絶好のチャンスが到来。病気は完治していないが、このチャンスを逃したら絶対に後悔すると、懲りずに再び強行軍に出る。今日は日中快晴で、風向きも良い。曜日的に込み合うことは避けられないが、爆湧きの期待は大きい。出発前に仮眠しておこうとコタツで横になったが、興奮して結局一睡も出来なかった。実家を19時半過ぎに出ると、夜空には綺麗な星と三日月が上がっていた。なぬ、月だと・・。新月は2日前だったが、2日でこんなにも色が付くのかと、若干嫌な予感が頭を過る。

そして数日振りにやって来た、いつもの某海岸。車の数は尋常でない程多く、ひっきりなしに新たな車が続々とやって来た。今宵の満潮は3時45分なので、今日も勝負は日付けが変わってからだろう。長靴を履き、早速海岸に偵察に行く。既に海に入っている人は多少はいたが、やはりまだ早いようで、誰しも数匹しか捕れていないようだった。車に戻り、アラ-ムをかけ仮眠に入る。しかしここでも興奮からか、結局一睡も出来なかった。

そして0時頃入水。これまで見たことがない程の人の数で、深夜の富山湾は華やかに彩られていた。やはりテトラの辺りが最も捕れているようで、早速嶺花と深瀬へと向かう。波は穏やかで正に絶好のコンディション。御膳立ては整った、後は湧くのを待つだけだ。入水後直ぐに数匹ゲットし、今日の大漁を予感。常連客が集う深瀬ラインの最前列には、プロ級捕り師らが横1列に並んでいる。たまにその列に入り参戦したが、明らかに場違いだった。毎度反省ばかりすることになるが、やはり僕の装備では彼らとは対等に戦えない。最も捕れるこの場所は、浮かぶイカを掬うというより、海底に潜むイカを見つけもぎ取るのがメインとなる。水深がある為、底まではかなり見づらく、軟なヘッドライトでは上辺くらいしか見ることは出来ない。やはりこの強者らに混じるには水中ライトくらいは最低必要だなと感じた。その中でも先端にいる若者だけは、明らかに他の誰とも次元が違った。僕には1匹足りとも獲物が見えていないのに、この若者は常に忙しそうに一人タモを動かしていた。
DSC00176_convert_20190311190403.jpg
休日、かつ絶好のコンディションだけあり、凄い人出

嶺花も果敢に男達の舞台に混じり、プロ級捕り師らの後方で頑張っていた。街灯のように明るい特大ライトを首からぶら下げた人や、ク-ラ-ボックスを持ったまま海に入る人など、色々な人がいて実に楽しい。短パンで入る若者グル-プや素手の人もいたが、あれでは寒くて長くは入っていられないだろう。一度湧く気配を感じたが、敢え無く一瞬で終わった。今日は最低1000匹は捕るつもりで来ているが、思うように捕れず、最低100匹は捕りたい・・と下方修正。しかし4時までほぼ休まず海に入っていたが、結局2人で47匹に終わってしまう。嶺花はこの内7匹くらいだろうか。残念ながら娘に爆湧き体験はさせてやれなかったが、ホタルイカが青く光ったり、スミを吐いたりする場面が見れてそれなりに楽しんでくれたようだ。
DSC00178_convert_20190311190038.jpg
嶺花、初ウェ-ダ-

≫ Read More

| ホタルイカ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出陣欲に勝てず、惨敗覚悟で強行軍

毎年この時期が本当に待ち遠しくて仕方ない。3月の新月辺りは今一天気が悪く、捕るなら今晩(3/5-6)しかないだろうと数日前からずっとこの日を狙っていた。しかしこんな大事な時に限って子供(第7子)のインフルエンザがうつったのか、熱っぽく、体はだるく体調は最悪ときた。ちなみにこの日は午前中に第4子の中学校卒業式に出席しており、あの体育館の寒さが余計にいけなかった。しかしここは辛さよりも行きたい欲の方が勝り、解熱剤に身を任せ、多少無理してでも出かけることにした。以前似たような状態で100㌔走ったこともあり、それに比べればまだマシだと思えた。20時、子供に見送られ自宅を出発。その際、念の為現地の最新情報を探ると、いきなりオ-マイガ-。どこも波が高く、今晩は厳しいかも・・という投稿が多数。一瞬行くのを止めようかとも思ったが、ここまでしておいて引き下がるのもタチが悪い。しかし、だからこそ今日は捕れるかも・・。結局はこの都合のいい胸騒ぎだけに僕は賭けていた。

2時間弱かけて遥々やって来た、いつもの某海岸。車は少な目だった。長靴を履き、早速海岸へと偵察に出る。確かに波は高く、これでは今日は厳しいかもしれない。人の話は素直に聞くもんだ、と素直に反省。この時点で海に入っている人はまだおらず、皆車で待機か、浜辺で波の様子を伺っていた。今宵の満潮時刻は、日付が変わった後の1:44。勝負は0時半くらいからだろうと一旦車に戻り、狭い車中でアラ-ムをかけて仮眠に就いた。
DSC00161_convert_20190306091654.jpg
確かに波は高かった  ※情報は素直に信じた方がいい

・・・周囲のざわつきに反応し、0:15のアラ-ム設定よりも30分早く目が覚める。1時間半以上は眠れた。再び長靴を履き、浜辺に偵察へ。相変わらず捕れていないようだったが、満潮時刻に合わせるかのように捕り師らは既に海に入っていた。波は幾分穏やかに治まったように見える。浜辺に点々と置かれたバケツを覘いて歩くと、多くて4匹。水すら入っていないバケツも多く、1匹でも捕れていれば上等のようだった。あまり気は乗らなかったが、さすがにここまで来て海に入らずに帰宅する訳にもいかない。覚悟を決め、ウェ-ダ-を着用。今日はク-ラ-ボックスの出番はなさそうなので、バケツとタモだけ持っていざ参戦。

波打ち際は波が高くても、ある程度中に入って行けば波の直撃を受ける心配はない。幸いにも海に入って数秒で1匹目を発見!しかしいきなり捕り損ねるという失態を起こしてしまうも、何とか掬い直して捕獲成功。これはまずまずの滑り出しだと喜んだのも束の間、以降1匹足りともホタルイカは姿を現してくれなかった。テトラの裏辺りは波も穏やかで、海面もよく見える。いつ湧いてもおかしくないコンディションだったとは思ったが、次第に人の姿も減ってきた。朝まで粘る気力など更々なく、粘ってもハズレで終わる可能性の方が圧倒的に高い。結局2時間弱海に入り、捕れたのはホタルイカ1匹と名も知らぬ小魚。早々に帰り支度を済ませ、そのまま一気に帰宅しようかとも思ったが、折角布団を積んでいることもあり、途中の道の駅で3時間仮眠。体勢が悪くても眠ければ熟睡出来るものだと知った。実家で朝食を食べ、そして9時には仕事に就いた。
DSC00166_convert_20190312121911.jpg
出だしは良かったが・・  ※1匹捕れただけでもマシな方

[広告]


DSC00169_convert_20190312121923.jpg
貴重な1匹は母と半々で  ※待っとけよ子供ら。今度死ぬほど喰わしてやるで!

| ホタルイカ | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT