FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-208km(2)~72㌔で転倒、完走危機!


・・前回の続き


大会当日、3時半に起床。僕的にはスタ-ト3時間前となる3時には起きておきたかったが、同部屋の皆に配慮して少し起床時刻を遅らせた。3時半に起きても周りは誰も起きる気配がなく、一人部屋を出てロビ-のソファ-で最近読み始めた小説(新田次郎の『槍ヶ岳開山』)を読みふける。ちなみに僕は文章を書くのは好きだが、本を読むのは大の苦手。小説1冊を読むのにどれだけ早くても1ヶ月、遅いと1年、しかし読み切ることは極まれで、途中で断念して諦めることが多い。昨年は沢木耕太郎の『凍』をこのタイミング(小学校運動会~佐渡)で何とか読み切った。4時を過ぎ部屋に戻ると、さすがに皆起きていた。準備を済ませ、5時から朝食。佐渡と言えばイカ刺が有名らしい。ご飯4、5杯は食べれたが、山盛り2杯でやめておく。
001_convert_20190927204546.jpg
朝食  ※ご飯、味噌汁はお代わり自由

トイレを済ませ、スタ-ト5分前に玄関へと向かう。例年出走前に階段に並び、主催者が集合写真を撮っているが、僕は映った試しがない。緊張感のないカウントダウンが始まり、6時、いよいよ長い旅が始まった。今回で佐渡3周目。何が楽しくて佐渡を3周もするのだろうと自分でも思う。スタ-ト時は一番後方にいたが、㌔6分を切るイメ-ジで列の脇を抜けていくと、直ぐに先頭集団に追い着いた。周りは皆GPS付きの時計のようで、1㌔毎に『ピッ!』と音が鳴っている。その音を耳にし、思っていたより少しペ-スが早いことを知った。最初の10㌔を㌔5分半で入ってしまい、その後は意識して少しペ-スを落としたが、それでも㌔6分は切っていた。尖閣(せんかく)湾辺りまでは浦安の男性と話しながら走っていた。彼は初200㌔らしく、100㌔はサブテン、マラソンはサブスリ-とのこと。出来れば27時間くらいで走りたいと言っていたが、次第に僕が疲れ、尖閣湾揚島遊園で握手をして彼を見送った。結局この男性、24時間を切り、見事総合2位に入っていた。
005_convert_20190927204558.jpg
スタ-ト直前  ※ここに戻ってくるのは1日半後か・・。そう思うとかなり憂鬱
007_convert_20190927204609.jpg
尖閣湾
009_convert_20190927204618.jpg
冷の甘酒  ※尖閣湾揚島遊園にて

3時間15分かけ、第1エイドの千本公民館(29.8km)に到着。ろくに走り込みもしていないくせに、出だし調子に乗ったツケが回り、既に脚は疲れ果てている。エイドの給食は昨年より質素になっており、どこか寂しさを感じた。ペットボトルに飲料を補充し、気は乗らないが先へと進む。昨年はもっと走れていたような気もするが、やはり僕は30㌔過ぎくらいで一度疲れのピ-クが来る。208㌔も走ろうとするにしては随分情けない気もするが、普段週末のロング走でもせいぜい30㌔しか走らない為だろう。目指す亀は少しずつは近付いている。Z坂手前のオアシスで待望のアイスをゲット。この日に備え、今年はマンゴ-とミカンのアイスキャンディ-が沢山冷凍庫に補充してあった。店内でスイカを数切れ頂いた後、軒先のベンチに座り、キンキンに冷えたアイスを頬張る。Z坂は走る気など更々ないので、激坂を目の当たりにしても悲壮感はない。
013_convert_20190927204633.jpg
第1エイド 千本公民館(29.8km)  ※昨年まであったおかずセットがなくなっていた
014_convert_20190927204643.jpg
飲物を補給
015_convert_20190927204651.jpg
佐渡市指定文化財 清水寺(せいすいじ)の大イチョウ
016_convert_20190927204701.jpg
亀が遠い
019_convert_20190927204715.jpg
マンゴ-バ-(75円)  ※Z坂前のオアシス、たにぐち商店
021_convert_20190927204725.jpg
黄金色の稲穂

いよいよ一つ目の亀が見えてきた。先ずは『大野亀』の登場だ。この岩山には登山道が付いていて山頂まで登れるようだが、大会中にわざわざ時間と体力を割いてまで登るアグレッシブさは僕にはない。大野亀ロッジでは待望のソフトクリ-ムを食べた。ついでに冷たいコップ水も数杯頂き、喉も存分に潤す。ここではカレ-ライスを食べるランナ-も多い。ここは数少ない貴重な休憩ポイントなのに、皆先立つのが早くて驚いた。ようやく重い腰を上げ、道路に出る。左手に『賽の河原』の看板は目にしたが、ここは迷わず直進。しかし少し進んでからどうも気になったので、地べたに座りこの日初めて地図を取り出す。やはり直進は間違いで、大野亀を出て直ぐに左折するのが正解だった。危なかった、先日の白山白川郷に続き、また思い込みでミスするとこだった。
023_convert_20190927204745.jpg
大野亀
027_convert_20190927204756.jpg
大野亀ロッジのソフトクリ-ム(350円)
031_convert_20190927204808.jpg
賽の河原
033_convert_20190927204818.jpg
二ツ亀

亀を越え、次に目指すは両津港。これまで出てこなかった地名が看板に現れ、次第に距離が縮まっていく感覚は嫌いではない。ようやく第2エイドの鷲崎ふれあいセンタ-(58.1㌔)に到着。エイドでは長居をしないよう心掛けてはいるが、靴を脱ぎ弁当を食べていると、結局20分くらい直ぐに過ぎてしまう。昨日の説明会では『ランナ-は右側を走るように』と言われていた。なるほどな、さすがランナ-目線の考えだこと。確かに前方から来る車は把握出来るが、後方から迫る車には気付けない。しかし実際今こうしてブログを書いていて思い出したが、よく考えれば歩行者は元々右側通行だった。
034_convert_20190927204831.jpg
次に目指すは両津港
037_convert_20190927204843.jpg
第2エイド 鷲崎ふれあいセンタ-(58.1㌔)

海と山以外景色の無い佐渡一周道路の右側山手の道路脇を黙々と走る。山側に寄り過ぎている為か、路面は土や草で覆われ、若干濡れて滑り易くなっていた。そんな時、ふいに足を掬われ思わず大転倒。この約72㌔地点で左膝を猛烈に強打し、しばらく立ち上がれなかった。その後何とか立ち上がれたが、あまりにも痛過ぎて全く走れない状態に陥った。これはヤバい、ただでさえ遅れているのに、これでは完走すら危うくなってきた。幸いにも歩くことは出来たのでしばらく徒歩で進み、血を垂らしながら21㌔先の仮眠所を目指す。この時点で選択肢は2つしかなかった。93㌔の仮眠所でリタイヤするか、48時間かけて最後まで歩き通すか。当然後者を選びたかったが、僕にはコ-ス上で2晩越す勇気がなかった。だとすると無念のリタイヤか・・。とうとう僕にも土が付く時が来た。深い悲壮感と絶望感が僕を包み込んでいた。
041_convert_20190927204911.jpg
72㌔で大転倒  ※左膝強打、痛くて走れなくなる
042_convert_20190927204922.jpg
両津が見えたが、まだ遠い

しかしこの最大の危機も、得意のしぶとさで何とか無事乗り越えた。しばらく歩いた後、痛みを我慢して恐る恐る走り出してみたら、痛いなりにも次第に走れるようになってきた。今更遅れた分は取り戻せないだろうが、これなら何とか40時間以内ではゴ-ル出来るかもしれない。微かな希望が湧いてきたが、脚の疲れは治まるはずがない。通行人すらいない寂しげな両津の商店街を一人駆け抜け、19:50、ついに仮眠所となる住吉温泉寿月館(93.3km)に到着。ここに辿り着くまで14時間弱もかかってしまったが、昨年と比べ50分遅れで済んだのだから、まだ良しとしたい。昨年同様仮眠は申し込んでいなかったが、間違えてお金だけ振り込んでしまったこともあり、今年はここでしっかり仮眠し、確実に完走狙いで行こうと決めた。既に時間的な目標はないが、出来れば40時間は最低でも切っておきたい。
046_convert_20190927205040.jpg
両津市内
048_convert_20190927205053.jpg
夜は点滅ライトがあり、比較的見つけ易い
049_convert_20190927205107.jpg
仮眠所 住吉温泉寿月館(93.3km)  ※昨年より50分遅い
050_convert_20190927205120.jpg
夕食弁当、豚汁、ビ-ル  ※今年は辛い闘いになりそうだ


つづく・・
スポンサーサイト



| | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国府ウルトラ忘年会2019~ドイちゃんを驚かせろ!

師走を迎え、今年も瀧さん宅に地元のウルトラ仲間が集まった。今年でおそらく3回目となる、国府ウルトラの忘年会。宴会は18時開始だが、僕の家に康介が迎えに来たのは18時直前。『お前意外と時間にル-ズだな・・』と内心思ったが、さすがはTJARのチャンピオンにまでなると遅れて登場した方がきっとカッコいいのだろう。どうやら康介は足を痛めているようで、彼のジョグするスピ-ドは、僕の早歩きと同じ速さだった。2㌔弱の道のりを、互いの近況を尋ね合いながら進んでいく。僕はスマホを持たないので、仲間が何をやっているのか知る由もない。『俺、もっと長い距離に進もうかと思っとるんや』、と僕が言う。康介は来年のTJARが終わったらやはり引退すんのか?と今度は僕が問うと、『実はさ俺、本州縦断フットレ-ス(1521㌔)に出ようかと思っとるんや』と康介はおもむろに言った。

『エッ、それさっき俺が言ったばかりや(僕はそれを意識して言っていた)。またパクったな』と僕は偶然の一致に驚きつつも、冗談交じりに喰いかかる。すると康介は、『さっきは”長い距離”としか言っとらんかったぞ、俺の方が先に大会名を言ったんや』と笑いながら返してきた。街灯もない暗闇の路上で互いにヘッドライトを照らし、パクった、パクられたの押し問答がしばらく続いた。康介は嫌がっているかもしれないが、『旅の延長』事件以来、僕はこのやり取りを結構楽しんでいる。3週間後、僕は毎年恒例1ヶ月の旅に出る。先ずはマレ-シアに入り、マラッカから海峡を船で越え、インドネシアのスマトラ島へと渡る。そこからジャワ島までは、最長48時間のバス移動。その後はバリ島へ。一通り僕の旅のプランを聞き終えた康介は、ニヤリと不気味な笑みを浮かべ僕に言った。『あっ、それ昔俺やった。完全に俺のパクリや』。康介とは何だか考えることがことごとく似ていて、とても他人とは思えない。ちなみに今年生まれた康介の第3子の名前は、以前僕が坊主(第2子、第6子)に付けようとしていた名前だ。

IMG_20191130_212053_convert_20191202225713.jpg

今日は特別参加のドイちゃんが遥々富山からやって来た。実は彼、TJARの大ファンであり、自ずとチャンピオン康介の大ファンともなる。そこで僕としては全く面識はないが、普段康介を応援してもらっている御礼を兼ね、彼を驚かせてやろうと一つドッキリ作戦をしかけることにした。

 『タイトル:ドイちゃんを驚かせろ!、監督:、主演:康介、音楽:熊ちゃん、照明:波ちゃん

ドイちゃんの到着を前に、康介に出窓に隠れてもらう。そして間もなくドイちゃん到着。一通り互いの挨拶を終えた後、康介は残念ながら今日は都合で来れなかった旨(嘘)を僕が告げる。残念がるドイちゃん。何か歌がないと寂しいな・・と僕がしらじらしく促し、熊ちゃんにスマホから歌を流してもらう。そこから流れたのは大音響のWe are the champions/ Queen。そしてサビが近付き、照明係の波ちゃんが電気を消した。なんだろ、なんだろ、と戸惑うドイちゃん。やがてサビのフレ-ズに合わせるかのように(実際全然合っていなかった)ドイちゃんの後ろの障子窓がゆっくり開き、ドイちゃんの両目を塞ぎ、『だ~れだ!』と康介がアドリブを交え優しく登場。ドイちゃんは僕らなりの歓迎を喜んでくれただろうか。ただ、あまりにも突然の出来事だったので、撮影のことまで頭が回らなかった。

その後も宴は刻々と進んでいく。熊ちゃんのTシャツの件(くだり)が実に面白かった。『このTシャツ、19,000円もしたんや!』と熊ちゃんが酔っぱらって言った。実はそれ、昨年の飛騨高山の参加賞。従って、ここにいる誰もが当然持っている。なのに皆知らんふりして、『いいシャツだな!』、『カッコいいな!』、『思ったより安いな!』、『どこに売っとるの?』等、適当な言葉でいじり、いいな、いいなと言って、脱がそうとする。笑いながら困惑する熊ちゃんを中心に、会場は賑やかな笑いに包まれていた。21時を過ぎ、何人かが都合により先にお開きということで、記念写真をパチリ。毎度この写真が国府ウルトラ唯一の存在の証となっている。

タッちゃんは珍しく24時を過ぎても元気で、結局1時半頃まで騒いでいた。宴は尚も続くが最終的に残る顔ぶれはいつもだいたい同じで、大概僕が誰よりも最後まで飲み続けている。深夜2時過ぎ、タッちゃんの件も面白かった。帰ったはずなのに、30分程して再び登場。何やらDVDを部屋に置き忘れたそうで、何のDVDかと尋ねたら、『ヤバイやつ』ということだった。ああアレね・・。何故そんな物を持って宴会に参加するんだ!失くしたら買うより高くつくぞ!など又も仲間にボロクソ野次を入れられていた。宴の終了は3時半過ぎ。そのまま部屋で仮眠をとり、朝8時走って帰宅。自宅では二度寝、三度寝と結局その日は一日中寝ていた。どうも僕は抑制が効かなくて駄目だ。いつも反省ばかりしている。

| 国府ウルトラ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-208km(1)~今を飲みまくれ!

今年もこの季節がやってきた。第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足208km。『えんそく』と書いて『とおあし』と読む佐渡ジャ-ニ-も、これで3回目の出場となる。今の僕の中ではこの大会が1年のメインであり、100㌔の大会数本は僕にとっては単なる練習に過ぎない。自分一人で100㌔くらい走れればわざわざ高い参加料を払う必要もないのだが、それだけの強い精神力が無いが為、仕方なく大会の力を借りている。今年は超ウルトラ初挑戦となる仲間の瀧さんとともに参加。瀧さんは今年飛騨高山100㌔の翌週に太平洋-日本海120㌔を走り、だんだんとこっち系になってきた。朝6時前に自宅を出て瀧さん宅に寄り、妻の車にて一路富山へと向かう。富山からは高速バスで3時間40分かけ新潟へ。新潟到着後は徒歩20分でフェリ-タ-ミナルへと移動。そしていよいよ佐渡汽船にて佐渡島へと向かう。
001_convert_20190926091801.jpg
富山高速バス 西上袋(アピタ前)停留所
003_convert_20190926091819.jpg
僕のバック(右)は重さ4.6kg  ※瀧さん、バック大き過ぎないか
006_convert_20190926091830.jpg
佐渡島が見えてきた
008_convert_20190926091840.jpg
両津港では貸し切りバスがお出迎え

自宅を出た時から既にジャ-ニ-は始まっているが、宿に付くと気分は一段と高まってきた。部屋はロビ-近くの103号室。部屋はおそらく申し込み順に振り分けられるので、どうせ申し込むなら断然早い方がいい。ロビ-が近いということは浴場や宴会場も近いということで、それにゴ-ル後疲れた脚での階段の上り下りは極力避けたいところだ。部屋は5人部屋で、今年は年齢層の近い楽しいメンツに恵まれた。一昨年一緒に走った福井の佐藤さんとも同部屋で、隣同士布団を並べた。10分で急いで入浴を済ませ、17時からは説明会。今年はA3地図1枚となる気がしていたが、その予感は見事的中。僕は昨年のA4地図24枚を持参しているので問題はないが、あの簡素な地図で果たして初参加のランナ-は無事進むことが出来るのか心配になった。シャンパンによる乾杯で説明会は締められ、引き続き18時から会場を大広間へと移し宴会(夕食懇談会)が始まる。
009_convert_20190926091850.jpg
説明会、決起大会  ※毎年、参加賞として地酒が頂ける

宴会場では部屋のメンバ-と席に着いた。今年は蟹が復活し、豪華さに華を添えていた。明日の朝食を含め、これで1泊2食付き8500円(昨年より500円値上がり)というのはかなりお得だと思う。今更遅いカ-ボロ-ディングに励み、佐渡のコシヒカリを茶碗山盛り3杯、味噌汁とともに頂く。明日のことは気にせず、ビ-ルも浴びる程飲んだ。僕の中では208㌔走ることと同じくらい、前後の宴会にも重きを置いている。その為一切妥協する気はなく、『程々に』という考えは全く持ち合わせていない。部屋のメンバ-も皆酒が強く、僕らの前にだけ瓶が何本も集まっていた。昨年少し一緒に走った新潟の岩野さんも加わり、宴は刻々と進んでいく。昨年はスタッフと最後二人きりになるまで飲んでいたが、今年はどこか追い払われるような雰囲気があった。
011_convert_20190926091900.jpg
夕食懇談会  ※ご飯、味噌汁おかわり自由、ビ-ルやワイン飲み放題
012_convert_20190926091907.jpg
翌朝のことは考えず、アホみたいに飲む
IMG_20190920_194650_convert_20190927170900.jpg
瀧さんと


つづく・・

| 2019 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(3)~人の群れ、避けるが無難

DSC01411_convert_20190924194636.jpg
青空を駈け下りる


・・前回の続き


天空尾根の終点、槍ヶ岳。しかし今さっきまで目指してきた槍の穂先には、尋常でない数の登山者が張り付いていた。先程槍ヶ岳山荘に着く直前、大きな叫び声が、大きな濁音とともに静寂の山域に響き渡った。『ラ~クッ~!』。穂先上部から下へと転がり落ちる落石。その転げ落ちる一つの浮石が、岩肌にぶつかり大きな音が生じる。『ラク~!』の注意喚起は何人もの登山者によって山びこのように下の者に伝えられていく。あれだけの数の登山者がいれば、誰か巻き添えを喰らっても何ら不思議ではなかったが、石の転げ落ちる方向が幸いしたのか、事故は発生しなかったようだ。登山者の最後尾は肩(稜線)まで延び、時間が経てど全く進んでいないように見える。おそらく少なく見積もっても、往復に2時間はかかるだろう。とてもそんな時間はないので既に登頂する気はなかったが、それ以上に今日は危うさが際立っていた。
DSC01391_convert_20190924215637.jpg
大混雑の穂先は登らない方が無難  ※画像クリックで拡大

一般ル-トには無数の登山者が身動きの取れないまま停滞し、今日は他面(写真左端)にまでクライマ-が点々と張り付いていた。一般登山者とクライマ-の共存は初めて見たが、これはかなり危ないことだと思った。クライマ-が登山者のいない岩峰を好き勝手に登る分にはいいが、これだけ登山者が群がっている密集地帯でのクライミングは避けるべきだったのではないだろうか。クライマ-がふいに落とした石ころが一般登山者の大行列へ転がったものならおそらく大事故は避けられないし、これはある意味充分予測出来ることだろうとも思う。石はどの方向に落ちていくか分からないし、当り所によっては方向は簡単に変わる。今回はたまたま事故が起きなかっただけのことであり、改めて写真を眺めていて恐ろしくなってきた。特に山頂直下のクライマ-(緑ウェア)の立ち位置が宜しくない。真下には一般登山者が多数おり、もしこのクライマ-が石を落とせば確実に2、3人は死傷する。
DSC01390_convert_20190924193916.jpg
クライマ-の中には子供の姿も
DSC01392_convert_20190924194044.jpg
一般ル-トに張り付く無数の登山者  ※山頂往復は推定2時間以上

西鎌分岐で腰を下ろし少し休みながら、相変わらず進んでいない最後尾を眺め、行かなくて大正解だったと改めて自分らの判断に納得。当初の計画では、槍の後は双六小屋へと向かうつもりでいた。しかしこの時点で僕の気持ちは既に奥丸山へと傾いていた。西鎌尾根を慎重に進み、千丈乗越まで下る。ここで主稜線から外れ、一旦飛騨沢方面へと下山。重荷を背負って登ってくる登山者が数名いたが、一体どこに行くのだろうかと気になった。滅多に見かけない光景だが、わざわざ西鎌から回り込むように槍を目指すというのか。或いは槍へは向わず、ここから西鎌尾根を縦走して双六へと向かうのだろうか。荷物の重さは30㌔程はあったようだ。
DSC01401_convert_20190924194152.jpg
西鎌尾根
DSC01403_convert_20190924194207.jpg
飛騨沢と奥丸山
DSC01407_convert_20190924194545.jpg
千丈乗越
DSC01408_convert_20190924194556.jpg
硫黄尾根
DSC01409_convert_20190924194608.jpg
小槍(左)の鞍部にもクライマ-がいた
DSC01410_convert_20190924194624.jpg
ここを詰めるのは珍しい

奥丸山への分岐道標は倒れていた。ここから先は一気に登山者が激減し、この日は結局誰とも出会わなかった。若干雲が出てきたが、眺望は未だ残っている。奥丸山が『飛騨の展望台』と言われる所以は、この辺りを進んでいれば充分感じ取ることが出来るだろう。弓折稜線や鏡平から眺める槍穂高も確かに素晴らしいが、中崎尾根は槍穂高に近い分、一層迫力があり、鮮明に細部まで捉えることが出来る。奥丸山でこの日最後の眺望をゆっくりと満喫したかったが、羽の生えた蟻が大量に飛び回り、とても寛げるような状況ではなかった。
DSC01412_convert_20190924194647.jpg
奥丸山分岐
DSC01414_convert_20190924194706.jpg
静かな中崎尾根
DSC01417_convert_20190924194720.jpg
大キレットと穂高連峰
DSC01421_convert_20190924194736.jpg
奥丸山(標高2440m)

奥丸山以降の登山道は結構荒れていた。今年の台風の影響か登山道には倒木がやたら多く、あれだけの巨木を根こそぎ捲りとる自然の驚異に心底驚かされた。多少時間的に余裕もあるので、中崎山分岐から中崎山を目指そうとも思ったが、仲間の水切れが心配で、ここは素直に左俣へと下る。奥丸山を目的地とする右俣左俣の周回コ-スは、程良い距離も稼げ、夏場のランニングにはいい練習場になる。
DSC01422_convert_20190924195016.jpg
たまに藪漕ぎ
DSC01424_convert_20190924195030.jpg
倒木多し
DSC01425_convert_20190924195043.jpg
中崎山分岐
DSC01426_convert_20190924195054.jpg
谷水

橋を渡り、いよいよ最後の区間、左俣林道(CT1時間25分)の登場となる。ただランナ-にとっては実質この区間は無いに等しいので、それ程気落ちすることはない。今日はさすが3連休の中日とあって、林道で見かけた登山者はかなり多かった。㌔5分程のペ-スで快調に飛ばし、わさび平小屋は脇目も振らずスル-。前の登山者が横に並んで道を塞いでいれば、早めに声掛け(挨拶)をして、自らの存在を知らせる。以前熊と間違われて驚かれたことからの教訓であるが、お互い快く擦れ違えるよう一応僕も心掛けている。林道も終わりに差し掛かった頃、メンバ-がいつしか4人に増えていることに気付いた。どうやら僕らの走る姿に触発された登山者が、大きなザックを背負い、知らぬ間についてきていたのだ。ゲ-トを抜け、更にペ-スを上げる。後を走っていたほっしゃんはどこからか逸れ、僕と波ちゃんに勝負をかけてきた。しかし僕らは更にスピ-ドを上げ、㌔4分半のスパ-トをかける。そして、ほっしゃんより一足先に新穂高に到着。
DSC01427_convert_20190924195110.jpg
小池新道分岐
DSC01429_convert_20190924195123.jpg
新穂高登山指導センタ-

左俣林道を気持ち良く走れたことで、少しは先週の無念を晴らせたかなと思う。しかし波ちゃんは今日も潰れなかった。最後の林道は結構スピ-ドを上げて追い込んだつもりだったが、一切離れることはなかった。持久力に加えてスピ-ドまでついてきたとすれば、もはや僕の手には負えない。是非とも3週間後の峨山道トレイルラン(77㌔)では上位入賞を果たしてほしいと思う。ちなみに今回辿ったこのコ-ス、前にも辿ったことがあるが、どう見ても『タツノオトシゴ』にしか見えない。
DSC01432_convert_20190924195138.jpg
中尾橋
KIMG2828_convert_20191001121346.jpg
下山後の夕食

≫ Read More

| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(2)~天空尾根を突き進め!

DSC01373_convert_20190918181657.jpg
これぞ、スカイランニング


・・前回の続き


南岳小屋のベンチに座り、少し休ませてもらう。補給物を摂りながら、昨夜のことを思い出し、3人でヘラヘラ声を出して笑う姿は明らかに浮いていた。先ずは南岳山頂へ。僕曰く、ここが天空尾根の始まりだ。”天空尾根”とは位山の”天空遊歩道”に対抗して僕が勝手に付けた呼称だが、これ程しっくりくる呼び方もないだろうと自負している。天空尾根を辿る(走る)なら、断然南岳から北に向かう方がいいだろう。槍を背に向けて走るのと、槍に向って走るのとでは、何せ気分の高まり感が違う。眺望の利かない日にわざわざ来る意味もないだろうし、快晴の日限定で訪れ、青空に映える槍ヶ岳目掛けて駆け抜けていきたい。今日はとても眺望がよく、遠くは富士山から、大概の山が一望出来た。来週は佐渡一周(208㌔)があるので来れないが、出来れば毎週山に登り、『先週あそこ登った』、『その前はあの山』と繋げていければ楽しいだろう。
DSC01362_convert_20190918193347.jpg
南岳(標高3033m)
DSC01364_convert_20190918193407.jpg
富士山
DSC01365_convert_20190918193419.jpg
常念岳(右)
DSC01367_convert_20190918193440.jpg
燕岳
DSC01368_convert_20190918193801.jpg
笠ヶ岳
DSC01369_convert_20190918193825.jpg
穂高連峰と南岳小屋

天空のスカイトレイルは、正に飛騨人だけの特権だ。長野県側は自家用車の入れない上高地があるが故、僕ら程気軽に来ることは出来ない。この尾根より左側(西側)は高山市であり、所詮市内、別段遠い所に来たという感覚はまるでない。自宅から5時間もあればこの場所に立つことが出来るので、『ちょっと天空まで行ってくるさ!』的な軽い感覚で、思いついたように足を運んでいる。元々僕は波ちゃんにこの景色を見せてあげたかった。彼女は昨年まで飛騨の稜線を知ることなく、天空遊歩道ばかり走っていた。同じ体力をかけるなら、どう考えたってこちらの方が楽しいに決まっている。トップの写真はほっしゃんに譲ったが、僕の走る姿も珍しく様になっている。ここに来れば最高のステ-ジが約束されているだけに、結局は誰が走っても様になるのだろう。
IMG_3695_convert_20190925105827.jpg
天空尾根を突き進め!  ※画像クリックで拡大

DSC01375_convert_20190918193851.jpg
ここは3000mの稜線
DSC01376_convert_20190918193903.jpg
中岳目指し
DSC01378_convert_20190918193926.jpg
槍へと続く一本道

中岳への登り返しが、この区間唯一の踏ん張りどころ。先程からほっしゃんに少し高山病の気が出ている。昨夜酒を飲み過ぎたので二日酔いかとも思ったが、様子を見ながら慎重に高山帯を進む。槍まで行けば、後は標高は下がるだけだし、最悪高山病の症状が重くなれば、飛騨乗越から下ればいい。高山病の対処法は唯一標高を落とすことだ。大喰(おおばみ)岳まで来れば、槍山荘は近い。この天空尾根には3000m峰が4座連なっているが、南アルプス程アップダウンがない為、スカイランニングには最適で、その上景色も抜群に良い。そして至福のトレイルも、いよいよ終盤へと入ってきた。これで雷鳥の親子でも出てきてくれたら最高だったが、二人は天空尾根を存分に楽しんでくれただろうか。ただ二人は明日、3週間後に迫った峨山道(77㌔)に向け、天空遊歩道の30㌔コ-スを2周するのだと言う。そらまた凄いな!と距離に対しては驚いたが、結局はやっぱそっちかよ・・とも思った。
DSC01379_convert_20190918193937.jpg
中岳(標高3084m)
DSC01380_convert_20190918193950.jpg
焼岳
DSC01381_convert_20190918194021.jpg
鷲羽岳(中)、水晶岳(右)
DSC01382_convert_20190918194035.jpg
大喰岳山頂部
IMG_3700_convert_20190918194402.jpg
大喰岳(標高3101m)
DSC01385_convert_20190918194108.jpg
岩稜帯を抜け
DSC01389_convert_20190918194126.jpg
槍ヶ岳山荘


つづく・・


| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT