| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

モミジニタイケアブラムシ

CIMG0344_convert_20140512140147.jpg
なんじゃ、こりゃ!

レッドロビンの衝撃を受け気を落としていたが、衝撃はそれだけに納まらなかった。あなた達、一体いつからそこにいるの・・。ヤマモミジの葉裏には、何やら不気味な黒い虫がそれも無数に、そのほとんどにびっしりと張り付いていた。ロビンの衝撃に触れなかったら、こうして気付くことはなかっただろう。彼等の存在は、常人の視野には一切入ってこない。意識して裏側を覗き込んでこそ、ようやくその存在に気付くことが出来る。それにしても気色悪い、本気で背筋がゾッとした。これでは安易に子供達を庭で遊ばせれないな、至急退治しなければなるまい。樹の上半分はこれから葉が付いてくるのかと思っていたが、もしやこのアブラムシ達が食い潰したのだろうか。
CIMG0351_convert_20140512140442.jpg
一体いつから
CIMG0361_convert_20140512140933.jpg
ヴォ~!
CIMG0356_convert_20140512140708.jpg
春なのに

判別の付きやすいその風貌、モミジに寄生するというその生態から、彼等の正体は直ぐに分かった。モミジニタイケアブラムシ。カエデ類の汁を餌とするアブラムシの一種で、カエデ類の葉裏に寄生している。頭部は黒色、体は赤褐色で、透明色の大きな翅(はね)をまとっている。そして何よりも、その圧倒的な数に思わず目が点になった。衝撃はレッドロビンより遥かに大きい。しかしもしやと思いヤマモミジの次に向かった先には、更に大きな衝撃が待っていた。ねぇねぇあなた達、どうしてこんな所に一斉に集っているの。ひょっとして、僕を試しているのかい。


つづく・・
スポンサーサイト

| ヤマモミジ | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |