| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

栗の木2号全壊、ヒイラギとソヨゴ半壊

今年(2014.12-2015.3)の冬は雪が多かった。この地に家を建て、3度目の越冬。積水ハウスの我が家は断熱性に優れ、冬でもほとんど暖房はいらない。信じ難いこの事実は、実際に住んだ者しか分からない。家もかなり頑丈で、大雪や大地震が来てもびくともしないだろう。地震が来たら家に逃げ込むのが一番安全だと思う。しかし弱点もある。屋根の庇は丈夫なのだが、雨樋の強度に確信が持てない。今年の大雪でも結果的に何ともなかったが、へし曲がらないかと冷や冷やして見ていた。余程屋根に上がろうかとも思ったが、既に北屋根の雪はガリガリに凍り付いていたし、下手に下ろすと直下のシャラや垣根のロビンに直撃する可能性も高い。

車庫の耐雪も確か1mくらいまでは問題なかったと思うが、今年は12月でかなりの積雪があった。1ヶ月間留守にすることもあり、夜中ヘッドライトを付けて車庫の雪を下ろした。しかし、これがいけなかった。狙いを定めて、下ろす場所はよく考えたつもりだったけど、雪の量が想像を遥かに超えていた。ヒイラギ(小)、ソヨゴ(大)、クリ(中)の3本の木々は、脇に下ろした雪に押され、結果的に埋もれる格好となった。・・そして4月。ようやく雪が解け、3本の姿は悲しくも痛々しかった。こんな大雪は何十年に一度あるかないかだろうけど、この大雪から何かを学ばなければならない。
029_convert_20150416211000.jpg
車庫の雪下ろしで全壊  ※この後、鉢のイチジクを移植した
031_convert_20150417100303.jpg
半壊したヒイラギとソヨゴ(奥)
032_convert_20150416210804.jpg
ナナ7歳


≫ Read More

スポンサーサイト

| | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丹沢の栗

♪♪大きな栗の木の下で・・

10月3日、庭に栗の木を植えた。何か実のなる木が欲しいとは以前より思っていたが、たまたま立ち寄ったホ-ムセンタ-で偶然目にし、即購入。背丈1m足らずの丹沢の栗。他に桃や柿、ブル-ベリ-やタラの木まであったが、散々迷った挙句、一番育て易そうな栗の木2本で落ち着いた。時期が過ぎ、半額(1000円→500円)の値札が付いていたのが、購入の決め手となる。
翌日、現場(仕事)が一段落した夕刻、母を迎え、植樹に挑戦。将来大きくなる事を考え、隣りに迷惑がかからぬよう、視界避けになるよう、念入りに2本の配置を考えた。芝をめくり、スコップで穴を掘る。苗は根を崩さず、そのまま穴に入れ、埋め戻す。造園業者に貰っていた残り物の竹を使い、竹三本支柱工でひ弱な苗を固定。暗くなった為この日の作業はここまでとする。そして翌朝、芝を戻し、カッタ-で円状にカット。お~、中々様になっているではないか。早く大きくなっておくれ・・。無事根付いてくれる事を祈って、目一杯栗の木に水を与えた。
P1120791_convert_20121010130049.jpg
植樹
P1120929_convert_20121010130231.jpg
栗の木1号
P1120932_convert_20121010130346.jpg
栗の木2号

| | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |