| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年も奴が現れた~2016年ジャガイモの収穫

037_convert_20160711200845.jpg
土壌改良に石灰を撒く
071_convert_20160711200859.jpg
種イモの植え付け(4/9)

2016年7月10日。梅雨の切れ間を狙って、ジャガイモの収穫をした。昨年の教訓を生かし、僕の頭の中は片隅どころか大半が彼らで占められていた。その正体は、見るも憎たらしい気色悪い面構えを持つ夏野菜の天敵、テントウムシダマシ。テントウムシになり切れない、偽物の害虫のことだ。見かけたら、即駆除!洗脳されたようにそう心掛けていたが、奴らは僕より一枚上手だった。見つかれば殺されることが分かっているらしく、奴らはそうそう表には出てこない。確かに成虫のダマシのずる賢さには敵ながらアッパレである。目立つ色彩の成虫のダマシは、捕獲される寸前、死んだふりをして自ら葉っぱから地表へと落下する。この死んだふり作戦に最初こそ戸惑うが、こちらとて既に被害2年目。相手の作戦は既にお見通し済みで、容赦はしない。地表で土ごと押し潰し、はいサヨウナラと葬るのだ。

大食漢のテントウムシダマシの幼虫は、いつしかジャガイモの葉をほとんど食い潰していた。そうなる前に気が付いていれば良かったが、まさか奴らの仕業だとは夢にも思わなかった。もしや・・、と思った時には既に遅い。今年得た教訓・・、ダマシは見つけてから駆除するのでは遅い。イモの葉が枯れ出したら、ダマシを疑わなければならない。せめて、被害をこれ以上広げたくない。食い潰されたジャガイモは高い授業料だと諦めて、遅植え分や他の夏野菜に飛び火する前に、何とか奴らを全滅させておきたい。早速、晴天の朝に農薬スミチオンを5㍑散布した。翌朝その後の状況を確認すると、大量の幼虫が、見事に地表に転げ落ちていた。すごいな、スミチオン!モミジに発生するアブラムシやレッドロビンのマイマイガ等、この殺虫剤の効果は絶大である。
003_convert_20160711201110.jpg
こうなる前に気付かないと
005_convert_20160711201125.jpg
テントウムシダマシの幼虫(6/18)

そしてしばらく、てっきり全滅したと思っていたダマシ達は知らぬ間にちゃっかり成虫になり、再び僕の前に颯爽と現れた。それも大量に。しかし奴らの張り付く場所は大概決まっており、何故か区画手前の分かり易い所ばかり。馬鹿だな、お前ら・・。そんな場所じゃ目立つだろうし、直ぐに殺されてしまうのに。毎朝ジョギング後に20匹、30匹を指2本(素手)で押し潰しては、壊滅を計っていた。しかし一向に減る気配はなく、ゾンビのようにその数は日に日に増しているかのように見えた。お前ら、一体どこにいたんだよ。僕もいい加減に呆れ果て、次の晴天の朝、再度スミチオンを5㍑散布した。既にジャガイモの横ではキュウリが身を付けており、キュウリに農薬がかかることを恐れ、極力この時期の農薬散布だけは避けたかった。しかし、あまり綺麗言ばかりも言ってられない。そして翌日確認すると、今回もまた、ダマシは見事に散ってくれた。
001_convert_20160711201358.jpg
テントウムシダマシの成虫(7/2)  ※お前ら、ゾンビか!

こうして今回収穫したジャガイモは、37kg。今年もダマシに葉を食い潰されたので、小粒ばかりが目立っている。しかし遅植え分があるから、被害のない収穫も充分に期待出来る。野菜作り全般に言えるが、やはり野菜は時期をずらして二度植えた方がいいと思う。害虫による全滅も避けれるし、長期間に及んで収穫出来るのも嬉しい。今の時期、キュウリがよく採れる。トマトはまだ色はついていないが、ナスやピ-マンは既に収穫に入っている。昨年はこれら夏野菜にもダマシが大量発生して困ったが、今年は今現在、ほとんどダマシの姿は見かけない。ジャガイモの被害は痛かったが、最悪の事態だけは避けれたようだ。来年こそは・・。1年経つと忘れてしまうのが、僕の弱点でもある。
003_convert_20160711201747.jpg
ジャガイモの収穫(7/10) 
009_convert_20160711201801.jpg
ちびっ子2人大活躍  ※競い合って掘っていた為、相乗効果大
018_convert_20160711201830.jpg
本日の収穫は37kg
019_convert_20160711201841.jpg
大きいものは少ない
021_convert_20160711201853.jpg
遅植えは被害なし

≫ Read More

スポンサーサイト

| 家庭菜園 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玉葱は『トウ立ち』したが、ニンニクはいい匂い

6月19日、タマネギとニンニクの収穫をした。飛騨高山ウルトラマラソンを挟んだせいで、今年も収穫が遅れてしまった。ニンニクは茎が枯れた頃がちょうど収穫時。しかし枯れ過ぎて、茎がどこにあったのかよく分からないものも多々ある。ナナに丁寧に掘り出してもらい粒を見てみると、どれも順調に育っていたのでホッとした。ス-パ-で売られているものより、掘りたては新鮮で純白が眩しい。匂いもプンプンと漂ってきて、口にしなくても明らかに美味しそうだと分かる。この収穫したニンニクを3つ程残しておき、来年の収穫用にと、今年の秋に植え付けることになる。
007_convert_20160622161341.jpg
ニンニクはス-パ-で3個98円の食用、中国産  ※この日収穫した各種カボチャ(宿儺、坊ちゃん、雪化粧)
014_convert_20160622161410.jpg
ニンニクの粒植え付け(前年9/28)
012_convert_20160622161359.jpg
一粒づつ土に埋けるだけ
016_convert_20160622161422.jpg
前年の取りこぼしから芽が出ていた
046_convert_20160622161901.jpg
一冬越し順調に育っている(4/9)  ※右はネギとニラ、左はジャガイモ植え付け準備中

今年はタマネギが問題だった。一冬を跨ぎ、春先順調に育っているかに思えていた。昨年は収穫時期を逃した為、ひもをくくり付ける茎を失ってしまう。今年はそうならないようにと、周辺農家の畑を観察しつつ、収穫時期には特に気を配っていた。しかし一向に茎が倒れてくれない。これを『トウ立ち』と呼ぶらしい。毎月送られてくるJAの紙面によると今年はトウ立ちが多かったようで、原因は苗の大きさや植え付け時期、水や肥料の不足などが挙げられる。発育を妨げないようにと、坊主(先端の蕾)はこまめに取り除いていた。これで坊主や茎がネギのように食べれれば理想だが、タマネギに関してはそうは出来ないようだ。しかしナンヤカンヤ言っても、今年も無事収穫出来たので、しばらくは困らないだろう。更なる問題はジャガイモ・・。気付くと今年も奴が現れていた。
005_convert_20160622162040.jpg
順調かに思えたが(5/22)
009_convert_20160622162151.jpg
トウ立ち、トウ立ちで
011_convert_20160622162203.jpg
一向に倒れない(6/18)  ※通常は倒れた頃に収穫となる

≫ Read More

| 家庭菜園 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サツマイモの収穫

10月24日、子供達とサツマイモの収穫をした。5月17日に植えた粗悪苗は、10本で108円。見るからに元気がない枯れ気味のもので、普通あまり好んで買う人はいないだろう。しかしサツマイモはこんな苗でも充分育つし、そもそもまともな苗を買ったことがない。僕からすれば、毎年出回るこれら粗悪品はかなり狙い目だ。手間暇をかけずとも勝手に育ってくれるのが嬉しい。今年は収穫が遅かったようで、根こそぎ取ろうとしたが直ぐ切れた。しかし、さすがはイモ系。予想外の出来に、子供達も大喜びだった。
013_convert_20151026144417.jpg
イモを掘り起こす子供達
015_convert_20151026151218.jpg
大きいのが採れたよ
023_convert_20151026144435.jpg
今年の収穫分  ※108円でこれだけ出来れば上等

畑の雑草や庭の落葉、台所で出た生ゴミは、畑の一画に積み上げている。そうするとミミズ君が程よく分解してくれ、見事な土となってくる。畑で出たものは畑に還っていく。この世に無駄なものなんて何もない、そんな自然の営み。それを痛感する瞬間だ。栄養抜群の堆肥として畑にばら撒いてもいいし、腐葉土として畑を広げてもいい。
026_convert_20151026145903.jpg
ブロックで囲った区画は、全て雑草や生ゴミから作った土  ※サツマイモ収穫後
025_convert_20151026144452.jpg
雑草、落葉、生ゴミ置場  ※ミミズのお蔭で、これらは全て土になる

サツマイモはつるが伸び、その役割がよく分からないほど周囲一体を覆い尽くす。このつるを定植し多収を見込むことも出来るようだが、これは今後の課題。土中のサツマイモ自体とは別に、実は地表に出ている葉や茎も立派な食材となる。栄養価も高いとなれば、利用しない手はないだろう。
006_convert_20151028155005.jpg 007_convert_20151028155058.jpg
サツマイモの葉と茎のツナ炒め               サツマイモの葉とピ-マン、チクワ炒め
010_convert_20151028155112.jpg 016_convert_20151028154932.jpg
サツマイモの茎とコ-ンのきんぴら風           サツマイモの葉パスタ

≫ Read More

| 家庭菜園 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015夏野菜の総括

今年は本当に夏野菜がよく採れる。豊作、当たり年、こんな表現がぴったりだ。春。折り菜はよく採れたが、ジャガイモはテントウムシダマシにやられ収穫は今一だった。そして初夏。このダマシがトマトやキュウリ、ナスに飛び火し、正直背筋がゾッとした。毎朝出勤前に40、50匹は駆除していただろう。夏野菜の葉はダマシに幾分食い潰されて僕も随分心配していたが、さほど問題はなかった。何せ、キュウリやトマトの生育はダマシの繁殖能力を遥かに上回っていた。そしていつしかテントウムシダマシは姿を消し、ようやく平穏な日々が戻ってきた。
063_convert_20150827193321.jpg
本日(8月27日)の収穫  ※1日おきにこれくらい採れる

今年はオクラ(8本)が特に印象的だ。例年こんなに採れた記憶はないが、今年は次から次へと可憐な花が咲く。気付けばオクラが巨大化して、驚くようなサイズになっている。しかも未だに衰えは見えず、これからも間違いなく沢山採れるだろう。あれだけ細くヒョロヒョロの幹は今では樹木並みに野菜の中で一番太くなっている。キュウリは買った6苗が間もなく終焉を迎える。かなり収穫させてもらい、近所数軒に何度かお裾分けしたがとても食べ切れる量ではない。これから秋にかけては収穫種から育てた遅植えが25本ある。既に収穫量は異常なほど多く、家族には嫌がられている。ピ-マン(3本)やナス(9本)も、近頃いい感じになってきた。この2種だけが、小学校の給食でどうしても食べれなかった。
003_convert_20150827193223.jpg 009_convert_20150827192745.jpg
オクラ                              キュウリ
015_convert_20150827191554.jpg 011_convert_20150827191540.jpg
ピ-マン                            ナス

セロリは試しに1苗植えているが、これも次々と伸びてくる。僕しか食べないから、これくらいで充分だ。トマトは当初5苗とミニトマト(黄)2苗を買って植えたが、終焉も近い。これもよく採れた。今ではミニトマトの収穫が追い付かず、時期を逃しほとんど割れているか落ちている。この他、収穫種から育てた遅植えが8本とミニが12本。キュウリもそうだが、種から育てたものは、さすがに本数が多い。収穫量も出来も市販の苗と大差はない。トマトは朝ランの後、口を潤すように食べまくっている。シシトウは当初2本苗で買い、昨年の収穫分から23本を遅植えした。シソ(大葉)はどこにでも繁殖し、若干困っている。
016_convert_20150827191608.jpg 021_convert_20150827191623.jpg
セロリ                              トマト
024_convert_20150827191726.jpg 029_convert_20150827191743.jpg
シシトウ                             シソ

ミョウガは僕は食べれない。モロヘイヤは中々いい食材だ。茹でて御飯にかけて食べれば納豆のように味わえる。なめ茸を混ぜればもう最高だ。上の方を幹ごとちぎれば、次々と又伸びてくる。畑の隅に数十本まとめて植えているので収穫量も半端ない。勿論これも昨年の収穫種から栽培している(全て母)。サツマイモはヨレヨレの粗悪品(10本108円)を買ったが、充分期待に応えてくれそうだ。カボチャは雪化粧6本、坊ちゃん3本、宿儺5本を植えている。こちらも全て昨年の収穫種。今年は先を見越し、上手く這わせている。サツマイモとカボチャの収穫はもう少しの辛抱。
030_convert_20150827191857.jpg 035_convert_20150827191912.jpg
ミョウガ                             モロヘイヤ
037_convert_20150827192043.jpg 043_convert_20150827192056.jpg
サツマイモ                           カボチャ

ネギはもう何年も使い回している。僕はネギの白い部分が嫌いなので、妻に白ネギを要求されない限り自分からは掘り起こさない。代わりに緑の葉の部分は大好物で、我が家ではかなり重宝している。細かく刻んで冷凍しておき、味噌汁に入れると最高だ。横綱ラ-メンを真似て乾麺にネギをどっさり入れたりもする。ニラも何年も植えっ放しだが、このネギとニラにはホント頭が下がる。切っても切ってもゾンビのように直ぐに伸びてきて、それが毎年楽しめる。こんなコスパの高い野菜は他にはないだろう。ジャガイモを収穫した後、試しにホウレンソウとチンゲンサイの種(100均で2袋100円)を蒔いてみた。連日の猛暑のせいか、出来は良くなかった。やはり秋野菜は夏には適さない。これまた試しに収穫したばかりのジャガイモを半分に切り、空いた一画で二期作を試している。しかし未だ芽は出てこず、やはり無理なのか。しかし植えていないはずのカボチャが数本勢いよく育ってきた。おそらく昨年の化身か、カボチャの生ゴミがヒットしたのだろう。
047_convert_20150827192329.jpg 051_convert_20150827192343.jpg
ネギ、ニラ                           チンゲンサイ

パセリはプランタ-2つと地植え1本がある。最初の頃はよく摘まんで食べていたが、もう収穫は厳しい。このイタリアンパセリの種はどこかの貰い物。バジルは10本以上あるが、匂いがかなり強烈だ。バジルソ-スを作っておき、鶏肉やジャガイモ、ニンジンと絡めればBBQのメインになる。とにかく野菜作りにはお金は極力かけない。苗の購入は最低限に抑え、前年の収穫分を使い回す。畑名人(節約名人)の母の知恵があってこそ成せる業である。僕も早く覚えていかなければならない。
052_convert_20150827192424.jpg 061_convert_20150827192805.jpg
パセリ                              バジル

≫ Read More

| 家庭菜園 | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急いでジャガイモを掘り起こせ

034_convert_20150703185528.jpg
種イモの植え付け 4月12日
020_convert_20150703192752.jpg
発芽確認 5月2日

4月12日、菜園の一年はジャガイモの種植えから始まった。母が取っておいてくれた昨年の収穫イモを半分にカットし、糸を張り丁寧に大地へと戻す。子供達はこの手の仕事が大好きで、いつも率先して手伝ってくれる。畑の右半分をジャガイモにあてがったが、種イモはまだ多く残っている。隅の無難な区画を確保し、そこも急遽ジャガイモ畑にした。5月2日、発芽確認。力強い新芽達は頑丈な土を掻き分け、春の日光を求めてきた。

002_convert_20150703185438.jpg
青々としたジャガイモ畑 6月7日  ※右からニラ、ネギ、ニンニク
004_convert_20150703185505.jpg
畑の左半分

手間をかけずとも勝手に成長してくれるのが、ジャガイモのいいところ。いつものような青々した光景が初夏の訪れを物語っていた。そして青々としていた畑が枯れた茶色に変わったら、その時が収穫時。そろそろ収穫も近いな・・。そう思っていた矢先、思わぬ光景に衝撃が走った。テントウムシダマシ。僕は初めて知った(初めて見た)が、春先のジャガイモ畑を狙っている悪い奴らのようである。ジャガイモの隣にナスやキュウリ、トマトを植えるのがよくないことも今頃になってようやく知った。

何とも気持ちの悪いこの黄色い物体は、テントウムシダマシの幼虫とのこと。既にイモの葉は喰い尽くされ、これ以上、イモの成長は期待出来ない。それよりも、どうにかしてこれから始まる夏野菜を守らなければならない。例年より収穫が半月ほど早かったが、急遽ジャガイモの本収穫に踏み入った。葉を喰い潰されたことで土中のイモに養分が行き届かず、気持ち小ぶりな気もした。しかしこうして並べてみると(既に一部収穫済)、例年並みの収穫量のようにも思えた。早速、農薬スミチオンの出番だ。生で食べるトマトやキュウリ等以外、全てに入念に振り撒いた。
018_convert_20150703184011.jpg
本収穫 6月30日

このテントウムシダマシ。青(緑)けりゃ、何でもいいらしい。トマトやキュウリ、ナスなどに群がってくるのはまだ分かるが、枝豆や、終いにはハ-ブにまですごい勢いで群がっていた。さすがにこの光景を目にした時は、畑にいた全員が悲鳴を上げた。最近では成虫も多く目にする。毎朝、軍手をはめて指で20、30匹潰すのがここ数日の日課となっている。おかげで軍手の2指だけ異様に黄色い。来年からはこうならないよう、ジャガイモには早々に農薬を散布しておこうと思う。
012_convert_20150703183955.jpg
ジャガイモに隣接するキュウリとトマトは
004_convert_20150703183926.jpg
根は幼虫に
003_convert_20150703183911.jpg
葉は成虫に
009_convert_20150703183942.jpg
その向こうのナスまでも
020_convert_20150703184024.jpg
終いにはハ-ブまでダマシに侵されていた

≫ Read More

| 家庭菜園 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT