FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジャガイモからトマト?

梅雨真っ盛りのこの時期、雨が上がった休日ともなれば、畑や庭や植栽(囲い)の手入れに目を回すほど忙しい。雨のおかげで水遣りの手間は省け、水道代も助かり、庭木や芝、花や野菜たちは活気付いてくれる。まさに”天の恵み”とでも言おうか。しかし反面、雑草が凄いことになっている。庭では世帯主の”芝”を余所に、訳の分からぬ雑草が勝手に住みついていて、芝の居場所を奪おうとしている。敷地を囲うレッドロビンは成長が著しい為手入れが本当に大変で、剪定や落葉拾いはどれだけやってもその繰り返し。レッドロビンの手入れだけで軽く1日は潰れるが、果たして僕が万が一早死にしたら、残された妻にこの面倒が見れるのかと今から心配している。そして、畑。僕だけではとても手が回らない為実家の母が主だった作業はしてくれるが、日々の草取りや水遣りなどは当然家主である僕の仕事となる。そんな慌ただしい休日のある日、ふと菜園のジャガイモに僕は釘付けとなった。

『なんで、ジャガイモの葉にトマトが成っとるの』 

これってどう見てもジャガイモの葉だし、実際根元にはしっかりとジャガイモが実を付けている。花は咲いても葉に実が付くなんて話はこれまで聞いたことがない。これは母とて同様。もしこの実が本当にトマトだったら、これは大変なことだ。奇跡の新種誕生だ!世紀の大スク-プだ!と僕と母は勝手に盛り上がる。これは絶対に世間に公表しなければと、地元新聞社への持込み用として一先ず子供を入れて写真を撮っておく。『○○在住の土地家屋調査士○○さん宅の畑にて、奇跡の新種発見!』、との朝刊の大見出しを想定して・・。しかしただの勘違いだと恥ずかしいので、この不思議な実に赤なり黄なり色が付き、確実にトマトだと断言出来るまでは経過観察とし、はやる気持ちを抑えしばらく様子見とした。この現象が起きたのが2種類植えたジャガイモのうち、品種『北あかり』の一部のみで、『男爵』にはこのような実は付かなかった。
DSC01021_convert_20190715111937.jpg
家庭菜園のジャガイモ  ※こちらの区画は『北あかり』
DSC01022_convert_20190715111948.jpg
ミニトマトだろうか
DSC01018_convert_20190715111926.jpg
新聞社への持ち込みを想定して、一先ず記念撮影  ※大志、ナイス笑顔!

しかし便利な世の中は、僕のはかない夢と希望を瞬時に沈め、正しき答えを直ぐに導いてくれた。数時間後、ネットで『ジャガイモ トマト』と検索してみたら、驚くことに僕と同じ体験をした人が何人も出てきた。『メークイン』や『男爵』では実は付かないようだが、『北あかり』では別段普通のことらしく、この実には『漿果(しょうか)』という名前まであるそうだ。結局ジャガイモもトマトもアンデス原産となり、同じナス科ナス属の植物なので特に珍しいことではないのだと言う。ただこの実(漿果)には、芽などに含まれるものと同じ中毒要素『ソラニン』が含まれているので、食べることは避けた方がいい。しかし本当に赤くならないのかは、未だに気になるところではある。しばらく観察してみようと思う。
IMG_0850_convert_20190808105325.jpg
中はこんな感じ

≫ Read More

スポンサーサイト



| 家庭菜園 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミズトクサ~大自然の縮図

毎年この時期になると、自宅玄関へのアプロ-チに大きな水鉢を置いている。昨年はホテイソウとメダカとタニシを入れていたが、いつしかメダカはいなくなり、ホテイソウの成長も全然ダメだった。メダカがいなくなったことでボウフラ(蚊の幼虫)が大量発生し、何の楽しみもない最低最悪のビオト-プだった。ちなみに『ビオト-プ』とはギリシャ語の『Bio(生命)』と『Topos(場所)』を組み合わせた造語で、”多様な動植物が共生できる場所”のことを言う。ホ-ムセンタ-では睡蓮もよく見かけるが、実際育てて花が咲いた試しがない。そんな折、シマヤで水生植物のミズトクサ(水砥草)を見つけた。値段も410円と安く、多年草というお得感も僕の気を引き、迷わず購入。他の店でメダカとホテイソウも併せて買い込み、今年のビオト-プを完成させた。ミズトクサはスギナの仲間らしく、確かに見た目はスギナそっくりだ。耐寒性もあるらしいが、飛騨の冬は極寒なので、冬期は鉢毎家の中に入れ、玄関先で越冬させようと思う。以前同じようにメダカも玄関先で越冬させたことがあるが、餌はたまにパンの切れ端くらいしか与えていなかったが、翌春まで生き抜いた生命力にはかなり驚いた。
IMG_0787_convert_20190617200629.jpg
今年のビオト-プ

ホテイソウの根はメダカの産卵床ともなるが、卵を確認したら別の鉢に移さないとメダカに食べられてしまうらしい。自分で産んでおいて食べるとは何とも意味不明だが、この知識がなかった為、以前は産卵を確認したがそこまでだった。今年買ったメダカは3匹(計97円)。そもそも雄と雌なのか確認しなかったので、無事産卵に至るのかさえも分からない。ただ、毎朝出勤前に水鉢を覘き、メダカが涼しげに泳ぐ姿を見るのは本当に気持ちいい。それに子供と眺めていると、心底癒されている気がする。ホテイソウがメダカに酸素と産卵床を提供し、メダカはボウフラなど水面に来た虫を食べ、糞は植物の栄養にもなる。後はどこかでタニシを獲ってきて入れるだけだ。タニシはメダカの食べ残しを片付けてくれ、ビオト-プを綺麗に保つとされている。そんな大自然の縮図が、こんな小さな水鉢の中で営まれている。僕はこういうのに浪漫を感じ、何時間でも眺めていられる。


| ビオト-プ | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリに蟻が群がっていたら・・

今年はキュウリやトマトが不作と言われている。確かにス-パ-でもトマト1個100円だったりして、驚くほどの高値に目が点になっている。日替わりの特売で”1家族2個迄に限り、なんと1個80円!”なんて見ると、『ケッ、これのどこが特売なんだ・・』と内心笑ってしまう。しかしそんなご時世の中、我が家では今年もキュウリとトマトはアホみたいに出来ている(今年はナスが全然成らない)。苗として買った市販品はもちろん、母が昨年の収穫分の種から育てた回し者までが、形は不格好だが非常にたくさんの実をつけてくれる。キュウリは毎朝大抵5本以上。トマトは2、3個くらい、ミニトマト(赤、黄)は大概10個程は毎朝採れている。トマトは冷凍にしておいて、溜まったところで妻がトマトスパゲティを作ってくれる。キュウリは少々飽き気味だが、母がキュウちゃん(漬け物)を大量に作ってくれ保存している。

そんな大豊作の我が家のキュウリだが、ある朝、一畦のキュウリだけに大量の蟻が発生していることに気付く。しかし見た感じでは、葉にも茎にも、ましてや実にも全く影響はないようで、あまり心配はしていなかった。しばらくの間は様子見とし、そのうちに居なくなるだろうと安易な考えでいた。しかし毎朝これだけの蟻を見ていたら、さすがに心配になってきた。念の為、早速WEBで調べてみることに。『何、まさか奴だと・・』。そして翌朝、問題のキュウリをじっくりと観察する。『葉はどう見ても綺麗だし、実も花も犯されていない。やはり気のせいか・・』。ふと葉の裏を見てみると、やはりそこに奴がいた。出たな、アブラムシ!毎年庭の紅葉(3本)には必ず大量発生しており、今年も春先だったかに既に退治している。そして次の翌朝、早速スミチオンを5リットル散布しておいた。
047_convert_20180809171744.jpg
ある日、我が家の菜園の一畦のキュウリに
040_convert_20180809171724.jpg
突如大量の蟻が発生していた
050_convert_20180809171815.jpg
しかし見た感じキュウリには影響はないようで
036_convert_20180809171645.jpg
しばらく放っておいた
037_convert_20180809171654.jpg
しかし念の為WEBで調べるてみると嫌な予感が
045_convert_20180809171735.jpg
出たな、アブラムシ!
056_convert_20180809171825.jpg
翌朝、早速スミチオンで撃退!
059_-_繧ウ繝斐・_convert_20180809172034
登園前のちび達(第6子、第7子)も興味津々

そして、散布の翌朝。問題のキュウリを見てみると、アブラムシはまだ付いているものの(たぶん死んでいる)、蟻は見事に1匹残らず綺麗に退散していた。蟻は現れ始めると何十匹でも気持ち悪いくらい出てくるが、用事がなくなると消えるのも早い。では、蟻とアブラムシはどのような間柄なのか。アブラムシは植物の汁を吸い、排泄物として甘い汁を出す。そして蟻はこの甘い汁が大好物なのだ。つまり、『蟻がいればアブラムシを疑え!』と言うこと。紅葉で散々体験しているくせに、この知識を援用出来ていなかった。蟻はアブラムシから甘い汁をもらう代わりに、アブラムシの天敵であるテントウムシを追い払い、互いにWinWinの関係を保っている。
061_convert_20180809172108.jpg
散布の翌朝、蟻は退散していた

ところで、今年もトマトにはテントウムシダマシが大発生した。このダマシはアブラムシ以上のくせ者で、放っておくと必ずトマトは痩せ細り破滅する。これは既に経験済みなので、今年も毎朝のダマシ潰しがランニング後の日課となっていた。毎朝20、30個は手で潰す。指は黄色く汚れるが、そんなことを気にしていてはトマトは守れない。ダマシも実にセコイ生き物で、僕が手を差し伸べると、死んだふりをして自ら土に落下する。その見え見えの根性も気にくわない。毎朝の駆除を数週間続けたことが功を奏し、今ではテントウムシダマシの姿は見かけなくなった。ひどい時には幼虫まで付き始めたら、いよいよ手作業だけでは手に負えない。そんな時はスミチオンの出番となるが、そのまま摘んで食べたいトマトやキュウリには出来れば農薬は使いたくない。

| 家庭菜園 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

只今、成長期真っ盛り!

この時期のレッドロビンは成長が驚くほどに凄まじい。容赦なく上に伸び横に伸び、2週間も放っておくと、それはもう大変なことになっている。つい先日剪定したばかりだと油断していると、剪定前にも増してヤバイ状況に。ロビンは手をかければかける程、必ずしや世話人の期待に応えてくれる。異常なまでに単純明快なこの植物は、理想の形に仕上げることは実に容易い。余所のロビンを見ていると、羨ましい程立派なものもあれば、可愛そうなくらい葉の付いていないものもある。この盛りの時期に真っ赤な新芽を付けているか否かは、春先の農薬散布に尽きる。この土地に越してきて、ロビンを植えて間もなく6年。最初の頃こそ僕も病気のことなどいざ知らず、周りの立派なロビンを見かけては嫉妬ばかりしていた。しかし一度失敗を味わってからは、僕も少なからず樹木の病気について学び、今では春先になるとトップジンとベンレ-トを半月ごと交互に、2ロ-テンション程散布している。レッドロビンに褐斑病はつきものだが、対策としては手間をかけるしかない。町で細々としたロビンを見かけると同じオ-ナ-として悲しくなり、手入れの無さを想像してしまう。
DSC04682_convert_20180528205345.jpg
発育旺盛な我が家のレッドロビン

ロビンはゴミ(剪定後の枝木、落葉)の量がハンパではなく、その処理にいつも困っている。畑や庭の雑草や台所で出る生ゴミは畑の一画で腐らして土に返しているが、さすがに枝木までは枯れないだろうし、結局は細かくして可燃物に出すしかない。燃やせれば楽だが、住宅地では消防署に通報されるのが関の山だ。落葉拾いは特に深刻な問題で、まともに一人で拾っていたものなら、毎週の休日はそれだけで終わってしまう。生育が著しい為、ご近所さんにも気を遣う。もし今後、新たに垣根を作りたいと考えている人がいたとすれば、住宅地でのレッドロビンは僕はあまり勧めない。赤芽はとても美しく、垣根としての役目は満点だが、剪定と落葉拾いには相当な覚悟が必要である。この先梅雨を迎え、夏を過ぎた頃にはきっとロビンとの押し問答も一段落ついているだろう。もしロビンを人間に例えるならば、『成長期真っ盛りの腕白坊主』といったところだろうか。頑丈で逞しく、成長を見守るのは本当に楽しいが、常に心配を抱え冷や冷やし、目を離すと何をするか分からない。だけど、それだから愛着が湧き、人間と植物以上の関係が成り立っている。
DSC04680_convert_20180528205311.jpg
どれだけ伐っても追いつかない
DSC04681_convert_20180528205332.jpg
落葉拾いも大変  ※珍しく妻が手伝ってくれた
DSC04687_convert_20180528205356.jpg
花が咲いた
DSC04690_convert_20180528205412.jpg
家庭菜園
DSC04697_convert_20180528205425.jpg
水路で遊ぶ下2人(第6子と7子)
DSC04706_convert_20180528205439.jpg
子供の落葉拾いは半強制

| レッドロビン | 09:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家のハ-ブ園

何を隠そう、僕の一番の趣味は顔に似合わずハ-ブなんだろうと思う。何かと広く浅く手を出してはいるが、毎年子供を連れて行く海外旅行(バックパッカ-)は、僕のライフワ-ク。ウルトラマラソンは目標をさくら道としてしまったが故の試練。山登りはその練習と子育ての一環。家庭菜園は食費節約の為。山菜採りやホタルイカ捕りは近くにあるから。ハ-モニカは最近全然。・・そう考えると、やっていて一番楽しいことは必然的にグリ-ン系となる。外国もウルトラも山も辛いことが大半なのに対し、グリ-ン系は楽しいことでしかない。それはハ-ブだけでなく、観葉植物にしても同様だ。土を構うことは嫌いではないし、植物を眺めているだけで幸せな気分になれる。かと言って、別に花が好きな訳ではない。ハ-ブや観葉植物に共通して言えること。それは強い生命力と、恐ろしい程の繁殖力。何だか自分に似ている気がする。一度苗を買ってしまえば、放っておいても何年でもきっと何十年でも楽しめてしまう。そんなお得感が好きなんだろう。
006_convert_20170619155600.jpg
我が家のハ-ブ園  ※眺めているだけで幸せになれる

数年前に母が持ってきたレモンバ-ムのことを、僕は『ハ-ブ』という名前だと思っていた。いつしかそのハ-ブは庭のそこら中に蔓延し、やがて、それは『ハ-ブ』という名前ではなく、『ハ-ブの一種』であることを知った。続いてアップルミントとペパ-ミントが持ち込まれ、同じく増え続けていく。カモミ-ルやスイセンノウについても同様で、無造作に散らばり見苦しくなっていることに頭を抱えていた。そしてこれらを一箇所にまとめようと、数年前に枕木を買い、念願のハ-ブ園を造った。・・それから数年、今ではかなり多くの品種が揃っている。ハ-ブは眺めていても楽しいが、何より匂いを嗅いでいてすごく癒される。料理に使う程まだ深入りはしていないが、それでも十分に楽しめている。地元で売られているものには限りがあるが、ウルトラで遠征に行った際、珍しいものを見つける度につい買い込んでしまう。
027_convert_20170619160041.jpg
チャイブ  ※花期は終わったが、今年ようやく花が付いた 
015_convert_20170619155713.jpg
ク-ルミント  ※匂いが実にク-ルで、爽快感抜群
017_convert_20170619155726.jpg
ラムズイヤ-  ※ふわふわの葉が羊を連想させる
021_convert_20170619155736.jpg
センテッドゼラニウム  ※匂いはいいが耐寒性がなく、冬は鉢に移して室内で管理
023_convert_20170619155746.jpg
カモミ-ル  ※1年草だが、種がこぼれて毎年畑に散乱(それを移植)
025_convert_20170619160019.jpg
アップルミント  ※繁殖力が凄まじいので、適時除去しないと追いつかない
066_convert_20170619161316.jpg
ペパ-ミント  ※これも繁殖力が凄まじく、少々迷惑
028_convert_20170619160052.jpg
オレガノ・ケントビュ-ティ-  ※ピンクの小花が可愛い
032_convert_20170619160105.jpg
コモンタイム(中央)とクリ-ピングタイム(枕木上)  ※這うように伸びていく
038_convert_20170619160133.jpg
パイナップルミント  ※斑点模様が可愛く、他のミントより格が上
046_convert_20170619160721.jpg
ロ-ズマリ-  ※僕はこの匂いが堪らなく好きだ
045_convert_20170619160711.jpg
ラベンダ-  ※この匂いも大好きで、吊るしてドライにも
048_convert_20170619160736.jpg
イタリアンパセリ  ※最近毎日(昼食時サンドイッチで)食べている
052_convert_20170619160747.jpg
スイセンノウ  ※ラムズイヤ-にそっくり、かなり増えて困る程
055_convert_20170619160759.jpg
レモンバ-ム  ※ハ-ブの代表格。レモンの匂いが心地良く、氷水やお湯やワインに入れて飲む
058_convert_20170619160811.jpg
チェリ-セ-ジ・オ-キッド
062_convert_20170619160823.jpg
チェリ-セ-ジ・ピ-チ
064_convert_20170619160836.jpg
スピ-ドリオン  ※ハ-ブではないが隅の縁取りに
070_convert_20170619161327.jpg
スイ-トハ-ブメキシカン  ※耐寒性がなく鉢で管理
073_convert_20170619161345.jpg
ブル-キャットミント  ※紫色の花が綺麗で、葉も面白い
074_convert_20170619161357.jpg
ワイルドストロベリ-(右)  ※果実(小イチゴ)は食べれるが、耐寒性がなく鉢で管理
077_convert_20170619161407.jpg
ハ-ブ寄せ植え(左)

≫ Read More

| ハ-ブ | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT