FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪路


・・前回の続き


新聞少年は、やがて高校生になった。
『昭和』の時代が終り、時は新たな元号『平成』へと移り変わっている。
その移り変わりの日は、テレビでは昭和特集ばかりが流れ、子供にはとても退屈だった。

少年の家から高校までは、約20㌔の距離。
入学当初は他の学生と同じように汽車で通っていたが、いつの頃からか少年は自転車で通うようになっていた。
別に自転車が好きな訳でもないし、特別体力がある訳でもない。
家の長男坊だったその少年は、自分の家が貧しいということを子供心にも気にかけており、その経済的負担を減らそうと思ったのかもしれない。

そして少年が自転車通学に切り替えたもう一つの理由に、皆と同じように、毎日のほほんと汽車に揺られているのが心底嫌になったこともあった。
俺は俺、皆と一緒にしないでくれ・・という反骨心的な感情は、この頃から芽生え始めていた。
”その他大勢”ではなく、一つの個。
少年は決して人に流されることはなかった。

高校までは通常であれば片道1時間も自転車を漕げば着いたが、大変なのは冬場だった。
ここは雪国、豪雪地帯。
普通の感覚で言えば、冬に自転車に乗る人などいないし、そもそも乗ることすら出来ない。
しかし少年は片道2時間かけ、冬の間も自転車で通学した。
2時間のうち半分はサドルに跨ることなく、自転車を押し歩いていた。

冬の自転車通学の過酷さは、想像を絶するものがある。
歩道は完全に雪で埋まり、自ずと雪で狭まった車道を走ることになる。
しかしその車道ですら雪に覆われ、前後の車輪には直ぐに雪が詰まり、タイヤが回らなくなる。
その為、傘が必需品だった。
冬場の傘は差す為に持つのではなく、車輪に詰まった雪を先端で突き落す為のものである。

大雨の日も大雪の日も根気に自転車を漕ぎ続け、無事3年間の高校生活を終えた。
近所の爺さんや、少年の母親が勤める土建会社の社長さんは、少年が最後まで自転車で通い続けたことに感銘を受け、自分のことのように人に自慢していた。
少年にとって自転車通学は確かに大変だったかもしれないが、誰にも気兼ねすることもないし、少年の性格には合っていたのだろう。

サイクル



つづく・・
スポンサーサイト



| 思い出 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くさかべの爺ちゃん

昭和60年代、雪深い山間の町に一人の少年が母親、弟と狭い公営アパ-トで暮らしていた。
小5の時、突如母子家庭となったその少年は、中学生になると新聞配達を始めた。
果たしてそれが自分から言い出したことなのか、親に勧められたのかは定かではない。
ただ母親はフルタイムでの正社員の他に、毎夜日付けが変わるまで1個何円の内職をして家計を支えていた。
必死で働くそんな母親の姿をアパ-トの一室で見ていたから、きっと少年の方から新聞配達の話を切り出したのかもしれない。

新聞配達は見た目以上に大変な仕事だった。
雨の日も雪の日も休刊日以外に休みはないし、何より朝早いのが一番辛かった。
毎朝5時前には母親に起こしてもらい、眠気眼をこすりながら町の新聞店へと急いで向かう。
新聞は何種類かあり、どの家に何を配るのかを覚えるのが大変だった。
しかし少年はそれを3日で全て覚えた。
くさかべの爺ちゃんはそれを褒めてくれ、少年の心にはその時の嬉しさが鮮明に刻まれた。

当時、少年隊の『仮面舞踏会』という歌謡曲が流行っていた。
少年はその歌を口ずさみながら、来る日も来る日も無心で新聞を配っていた。
まだ寝静まっている、真暗な街道沿い。
新聞配達店の明かりと、少年の乗る自転車のライトだけが眩しく輝いていた。

毎朝頑張って働いても、1ヶ月の給料はせいぜい2万円程だったのだろうと思う。
子供心には大きなお金に見えていたが、今となればその金額の安さに滅入ってしまう。
少年は迷うことなく、その稼いだお金の全てを母親に渡していた。
生活の為に稼いだお金を自分の小遣いにするなんていう発想は微塵もなかった。
とにかく家族3人、生きるのに必死だった。

配達ル-トの一番奥にある家は、余程お金にゆとりがあるのか、中日スポ-ツを取っていた。
その家の子が家族で海外旅行に行ったと、学校の噂話で聞いたことがある。
この境遇の差は何なんだ・・と悔しくもなったし、絶対に負けたくないと思った。
それ以来、毎朝この家に中日スポ-ツを配る度に、言いようのない悔しさが込み上げてきた。
だから少年はいつまでもそのことを覚えていた。

その後大人になった少年は、母親が新聞配達の給料に全く手を付けていないことを知った。
お金は全て通帳に貯めてあった。
いくら生活が苦しいとは言え、子供が必死に稼いできたお金を、そう易々と使う訳にはいかなかったのだろう。
長男坊だった少年は中学3年の受験期を迎え、2つ下の弟にその役目を引き継いだ。
そしてその弟も、嫌な顔一つせず、毎朝くさかべの爺ちゃんの元へと元気に向かった。

_1200260_convert_20201222193055.jpg


つづく・・

| 思い出 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長女からの知らせ

IMG_6818_convert_20201210202905.jpg
長女(当時1歳)と妻(同25歳)

我が家の第1子(長女)から『私、妊娠した!』という知らせが来た。今年3月に大学を卒業し、この春『社会福祉士』として就職したばかりの23歳。僕ら夫婦がこの子(長女)を授かったのが24歳の時だったから、無事来秋に出産出来たとすれば、長女はぎりぎり23歳か24歳になったばかりでの初出産ということになる。同棲生活からの赤ん坊出来ちゃった・・は、僕らの時と全く同じ流れだ。僕は相手(娘の彼氏)のことを全く知らないが、どうやら高校教師という立派な職業に就いているようだから(元ラガ-マン)、少なくても海外を彷徨っていた当時の僕よりは余程堅実性があることは確かだ。僕は来年48歳となるが、終に名実共に”くそじじい”になる時が来た。来年5歳の一花(第7子)は若干保育園年中にして叔母さんデビュ-となる。出来れば僕らももう一人(8人目)くらい作ってもいいと思っているが、それは『叔母さんの方が姪より年下』という逆転の現象が気になるからだ。しかし実際この歳で更に子供を作れば自分の首を絞めるのは明らかで、僕的には子育てが全て終わったら、さっさと仕事を辞めて、妻と海外で自由気ままに暮らしたいと思っている。妻は心の底から嫌がっているのだが。
IMG_6700_convert_20201210202744.jpg

≫ Read More

| 思い出 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カッパの墓


カッパの墓参り

僕の家系には先祖代々伝わるカッパの墓がある。そして毎年盆の時期になると、カッパの墓、祖母方の実家の墓、祖父方(母の実家)の墓と、欠かさず3ヶ所の墓参りを行っている。一本松のたもとにある河童の墓は家系の言い伝えだけに留まらず、村の昔話としても何か書き物に残っている。そして我が家でも家庭菜園で採れた初物のキュウリは、祖先が交わしたカッパとの約束を守る為、毎年必ず近所の川に流している。それにしてもこの河童の墓は川の近くにある為、とにかく蚊が多くて嫌になった。短パン姿の大志は30ヶ所以上刺され、脚は見るも無惨な姿になっていた。
IMG_5285_convert_20200814130814.jpg
先祖代々伝わるカッパの墓  ※一本松のたもとにある
IMG_1970_convert_20200814130802.jpg
本家を継ぐ叔父さんに昼食をご馳走になった

≫ Read More

| 思い出 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

河童伝説

僕の家系には代々河童伝説が伝わっており、毎年、初収獲のキュウリは川に流すことが恒例となっている。実際、一本松のたもとには河童の墓が存在し、お盆の墓参りの際にはキュウリを持参し、河童の墓参りも欠かさない。そしてキュウリを差し上げる代わりに、僕ら子孫は水難事故から守られている。昨年の夏、チビらを連れて富山の海で海水浴をした。第7子の一花は乗り物型の浮き輪に足2本をすっぽりと入れ、海上を一人プカプカ漂っていた。・・そして僕や嶺花が目を離したほんの隙に、何故か転覆し横転。幸い直ぐに嶺花が気付き事故には至らなかったが、ヒヤリとした記憶が今でも残っている。
IMG_0636_convert_20200616155223.jpg
家庭菜園で成った今年の初キュウリ

そして今年の6月9日。この夜、ようやく育った初物のキュウリを持ち、近所の川へと向かう。『カッパさん、昨年は助けてもらって有難うございました!今年の初キュウリです。どうぞ食べて下さいな。そして今年も私達を守ってね!』。嶺花の音頭に合わせ、合唱するかのように声を揃え、そっと川へキュウリを流した。『1年に何回まで助けてもらえるの・・』、大志にそう訊かれたが、当然それに答えなどはない。ただ、この古き良き伝説は家系の宝でもあり、この子らが大人になって所帯を持ってからも、確実に孫へと受け継いでいってほしい。
IMG_0638_convert_20200616155211.jpg
大志(小2)と一花(年少)

| 思い出 | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT