| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本人宿アンダンテ~東欧周遊編(18)

2018年1月5日
ブダペスト(センテンドレ)



013_convert_20180321173347.jpg
芸術の町センテンドレ  ※尖がり坊やが愛らしい
021_convert_20180321182922.jpg
丘の上のカトリック教会

伝説の日本人宿、アンダンテホステル。
『伝説』とは少し大袈裟に聞こえるが、世界にはこう言った日本人宿が少なからず存在する。
アンマンのマンス-ル、クスコのヤワタ、バラナシの久美子ハウス等、直ぐに浮かぶ宿は多い。
大概は日本人の経営で、日本人長期旅行者の溜まり場となっており、外国人の姿はない。
ロビ-には日本の漫画やガイド本が棚に並び、日本のテレビ番組だって見ることが出来る。
当然居心地は良く、何週間(何ヶ月)も滞在する長期旅行者、いわゆる沈没組が自分の家にでも居るかのように居座っている。

夜毎ロビ-に集まってくるのはそんな沈没組を中心に、大学を休学した若者、仕事を辞めて旅に出た社会人など、今も昔も大差はない。
ただ最近の学生はしっかりしており、40歳半ばの僕なんかより、余程知識も経験も豊富だった。
現在この宿で管理人をしている、金髪ロン毛のダイスケさん。
35歳の時に偶然訪れた本屋で世界を旅するバックパッカ-の存在を知り、それがきっかけで旅に出て早4、5年経つと言う。
それだけ長く旅していても、未だ帰国の予定すらないと言うのだから、実に羨ましい限りだ。
そして今夜はもう一人、とても興味深い男性が加わった。
僕の更に二回り上の方で、沢木耕太郎世代の古株旅行者であった。

スマホに全てを委ねる現代のバックパッカ-、これが100人中90人。
宿はスマホで事前に予約し、町では観光以上にブログの更新に忙しい。
次に、未だ『地球の歩き方』に頼る一昔前のバックパッカ-、これが100人中9人。
僕はここに属し、20年前と現在との違いは、カメラがデジタルになったことと、歩き方がカラ-になったことくらい。

そして最後に残るのが、100人中1人いるか否かの伝説の『深夜特急』世代のバックパッカ-。
ガイド本には頼らず、地図と現地で集めた情報だけを頼りに切り開いていく旅本来のスタイル。
この古株旅行者の方にしても、当然スマホなどは持っておらず、歩き方は一応持ってはいるがほとんど見ないらしい。
ただ何の為か(たぶん自己紹介と話題作り)、マッタ-ホルンに登った20代の頃の写真をレシ-トや航空券等とともにファイリングして持ち歩いていた。
この辺りの国のことは大抵知っており、政治のこと、外国情勢のこと、プロレスのこと音楽のこと等、何でも知っていてとても興味深い方だった。
046_convert_20180607210218.jpg
夜更かしは続く  ※伝説のバックパッカ-が力説中
002_convert_20180608162853.jpg
3月のライオン

≫ Read More

スポンサーサイト

| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドナウの真珠~東欧周遊編(17)

2018年1月4日
~ハンガリ-・ブダペスト



070_convert_20180321153005.jpg
世界遺産 ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラ-シ通りを含むブダペスト (1987年、2002年登録)

王宮の丘から眺めるペストの夜景は、正に、”ドナウの真珠”と呼ぶに相応しかった。
ライトアップされた『くさり橋』、国会議事堂や聖イシュトヴァ-ン大聖堂は強い光を放し、ライトを点灯した無数の車が、連なるホタルのように暗闇の中でうごめいている。
もともと独立した町であった『ブダ』と『ペスト』。
1849年ブダ側とペスト側は、10年の歳月をかけて完成したくさり橋によって初めて結ばれた。
そして1873年、オ-ブダ、ブダ、ペストの3市が合併され、現在のブダペストとなった。
038_convert_20180321164135.jpg
王宮の丘に建つ 国立美術館

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吸血鬼ドラキュラの居城~東欧周遊編(16)

2018年1月3日
ブラショフ~ブラン~ブラショフ~



041_convert_20180314153937.jpg
ブラン城  ※ドラキュラの居城のモデルとして知られる
028_convert_20180314153651.jpg
ヴラド・ツェペシュ(1431~1476)  ※ドラキュラのモデル、串刺し公の異名も持つ 


『吸血鬼ドラキュラ』の居城、ブラン城。
この城は1377年、ドイツ商人がワラキア平原から入ってくるオスマン朝の兵士をいち早く発見する為に築いたとされている。
14世紀末には、ワラキア公ミルチャ1世がここを居城とした。
ドラキュラのモデルとなったヴラド・ツェペシュ(1431~1476)は彼の孫。
ツェペシュはオスマン朝軍の兵士を杭で串刺しにして並べるという残虐さの持ち主であり、『串刺公』という異名もそこから来ている。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チキンフル2羽に挑戦~東欧周遊編(15)

2018年1月2日
ブカレスト~ブラショフ



053_convert_20180313182103.jpg
雨のブラショフ
063_convert_20180313182648.jpg
人生初のダブルフル


2日連続の肉。
想像以上に物価の安い東欧に来て、嬉しいことに昨日から肉ばかり食べている。
アルコ-ル、特にビ-ルがただ同然に安いのも、呑兵衛には嬉しい限りだ。
ブルガリアでのス-パ-マ-ケットにも驚いていたが、ル-マニアは更に上をいっていた。
旅の醍醐味は、何といってもチキンフル(鶏の丸焼き)。
日本では滅多にお目にかかれないが、海外では何かと食べる機会に恵まれている。

今日は近郊の世界遺産(プレジュメルの要塞教会)を訪れようと行動を起こしたが、1時間待っても結局バスは見つからず(来ず)、残念ながら行くことは出来なかった。
それならと、快適な宿での豪華宴会が、代わりにメインイベントとなってきた。
僕自身も初めてとなる、チキンフル同時2羽。
1人1羽なんていう大胆かつ豪快な発想はこれまで考えもつかなかったが、昨年のスリランカでの旅の思い出が、僕の常識を覆してくれた。

あの時、ナナは小学3年生。
ロ-カルレストランで夕食をとり宿へと戻る途中、偶然軒先で炙られるチキンフルを発見。
夕食直後だったけど購入欲が抑え切れず、フル1羽とバケットパンを買って帰り、部屋で美味しく頂いた。
2人とも食欲はかなり旺盛で、夕食後だったにも関わらず直ぐに完食。
その記憶が今回蘇えり、2羽くらいたいしたことないだろうとの結論に至った訳だ。

ここはブラショフにある、老舗の大型ホテル。
テ-ブルの上に大きな丸焼き2羽を並べ、口直しにも合うバケットパンは各々の手元に配置。
ヨ-グルトは、口直し用に更にいい。
宴会用にスナック菓子も買い込み、飲み物はビ-ルにル-マニア産の赤白ワイン、それにオレンジジュ-スなど。
テレビからいかした洋楽を流し、薄暗い明かりが、妙にこの場の雰囲気とマッチした。

そして17時半、ついに宴会が始まった。
これまでの人生の中で、一番嬉しい17時半だったと2人とも鼻息は荒い。
先ずはナナに恐竜喰いをさせ、恒例の記念撮影。
このパフォ-マンスは半分やらせだが、僕も堪らずカメラを置き、ガツガツとかぶりついた。
この上ない環境の中で、今宵酒もたらふく飲み、全て片付けてやろうと意気込んでいた。

しかし18時を過ぎ、ペ-スが明らかに落ちてきた。
結果、18時半まで持たずして、2人とも早々にギブアップ。
これ以上は苦しいだけで、既に美味しさを感じ取れなくなっていた。
昨年より1歳成長したナナの大食いに期待していたが、そもそも2羽は量的に無謀だった。
効き過ぎている暖房のせいか、腹が満たされたことで、眠たさも感じ始めている。

食べ過ぎて気持ち悪くなると、酒も全く進まない。
昨日ビ-ルを2.5㍑飲んでとても楽しかったが、今日は1㍑で充分だった。
ワインは1本空けるつもりでいたが、結局最初に注いだグラス1杯しか飲んでいない。
やはり何事も腹8分目が丁度良いと痛感した、ブラショフの夜であった。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケンタッキ-フライドチキン~東欧周遊編(14)

2018年1月1日
ブカレスト



049_convert_20180312182351.jpg
KFCのクリスマスバケット  ※まんまと誇大広告に騙された  
064_convert_20180312182702.jpg
元日の夜  ※ビ-ル(2.5㍑)片手にプラットホ-ム、駅前、宿と宴会は続く


ついに僕の夢、そしてナナの夢が元日の夜、ここブカレストにて叶った。
それは、ケンタッキ-・フライドチキン(KFC)のクリスマス・バケット。
写真とは随分異なっており、その誇大広告にはまんまと騙されてしまったが、いつかこの特大バケットとやらを是非とも食べてみたいとずっと思っていた。
日本では高くて手が出ないし、そもそも僕の地元にはKFC自体が存在しない。
今日は1月1日、今夜くらいは贅沢をしたってバチは当たらないだろう。

そして今日は、元日の町歩き程つまらないものはないということを、嫌と言うほど痛感した1日でもあった。
店があっても金がない・・。
金があっても店がない・・。
肉体的にも精神的にも参りかけていた僕らは、呪文のようにそう唱えていた。
今日は両替えに苦しまされ、さんざん歩かされた挙句、食事は朝の軽食以来、結局夕食のKFCまでとることが出来なかった。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT