FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レゴランド JAPAN

DSC01452_convert_20191022114337.jpg
LEGOLAND JAPAN

名古屋市港区にある、レゴランド・ジャパン(LEGOLAND JAPAN)。休日は混み合うようなので、あえて平日を狙い、子供3人を連れてやって来た。いつか行きたいとは以前より思っていたが、先日新聞で東海4県限定チケットがあるということを知り、息抜きも兼ねて今回思い切って訪れることにした。それに今年の冬の旅ではマレ-シアのレゴランドにも足を延ばす予定なので、その予行にも丁度良い。今は”オフピ-ク”ということで、1日入場券は5100円(ピ-ク時は7100円)。東海4県在住者はこれが4500円(小学生3300円)となるが、7日前までにオンラインでチケットを買うと誰でも4600円になるそうで、これに関してはそれ程お得感はなかった。しかし娘の療育手帳のお蔭で、付き添いの僕は入場料が無料になり、その上、駐車料金1000円までもが無料になった。
DSC01455_convert_20191022114353.jpg
象と猿がお出迎え
DSC01473_convert_20191022114452.jpg
ドラゴン
DSC01516_convert_20191022115745.jpg
スフィンクス
DSC01517_convert_20191022115758.jpg
かなりリアル
DSC01520_convert_20191022115812.jpg
ベンチ

入場チケットはブ-スで待ち時間なしで買え、購入後入場ゲ-トの列に並び、開園10時を待たずして入場。先ずは目玉の『ザ・ドラゴン(ジェットコ-スタ-)』に、待ち時間なしで乗っておく。その後アトラクションは次第に混み出し、30分から60分程の待ち時間が大半となってきた。明日が祝日の為(知らなかった)、休日に挟まれた平日(本日10/21)は混み合うと、インフォメ-ションへの問い合わせで事前に聞かされてはいた。比較的待ち時間の短いアトラクションを回り、内容より数に重きを置く。乗り物は大人や中高生には若干物足りず、せいぜい小学校中学年くらいまでがいいとこだろう。しかし至るところに配置されたレゴのモニュメントが好奇心をそそり続けてくれ、意外と飽きることはなかった。午後は生憎雨がぱらつき、休止するアトラクションも出てきた。そんな中、60分待ちは間違いないと敬遠していた『ザ・ドラゴン』が予想外に空いており(回転率がいい)、閉園間際の駆け足3連荘を含め計5度搭乗。その他印象に残ったものとして、水しぶきや風まで感じられる『パレス・シネマ(4Dム-ビ-)』、実際に自由に運転出来る子供対象の『ドライビング・スク-ル(ゴ-カ-ド)』など。
DSC01464_convert_20191022114436.jpg
ロイド・スピン術・スピナ-  ※ボタンを押すと360度、前に後ろに回転する
DSC01524_convert_20191022115824.jpg
ドライビング・スク-ル(6~13歳対象)

僕的に最も感動したのが『ミニランド』で、穂乃花も興味深く写真を撮っていた。出来ればゆっくり鑑賞していたかったが、『早く何か乗ろうよ・・』と小1の大志(初遊園地)にせかされ、思うように見学させてもらえなかった。ここには名古屋だけでなく日本各地の観光名所がレゴブロックで見事に再現され、さながら日本全国を旅した気分に浸ることが出来た。外観をざっと見ただけでも充分楽しめたのだが、その凄さは細部に施された表現にあることを後に知ることになる。4、5年後、一花が小学生になった頃、今度は是非妻も連れて来たいと思った。開園は10時と遅いが、閉園は17時と早い。しかし結局アトラクションの終了が17時なのであって、ギフトショップ(滅茶苦茶高い)なんかは17時以降から逆に繁盛し始め、実際18時頃まで結構な賑わいが続いていた。ライトアップされたミニランドも中々見応えがあるが、その夜景は閉園時刻を過ぎてからでないと見ることは出来ない。
DSC01479_convert_20191022114520.jpg
札幌テレビ塔
DSC01490_convert_20191022115016.jpg
東京駅
DSC01502_convert_20191022115622.jpg
レインボ-ブリッジとスカイツリ-
DSC01510_convert_20191022115704.jpg
ナゴヤド-ム
DSC01494_convert_20191022115028.jpg
オアシス21(名古屋・栄)
DSC01495_convert_20191022115118.jpg
フェリ-
DSC01499_convert_20191022115132.jpg
セブンイレブン
DSC01512_convert_20191022115717.jpg
大阪道頓堀
DSC01514_convert_20191022115733.jpg
平安神宮
DSC01475_convert_20191022114505.jpg
姫路城
DSC01503_convert_20191022115643.jpg
厳島神社
DSC01540_convert_20191022115912.jpg
浅草雷門
DSC01542_convert_20191022115925.jpg
お台場のガンダム
DSC01548_convert_20191022120022.jpg
渋谷スクランブル交差点  ※後ろには東京タワ-とスカイツリ-
DSC01553_convert_20191022120102.jpg
東京の夜景
DSC01557_convert_20191022120120.jpg
スカイツリ-
DSC01543_convert_20191022115941.jpg
フジテレビ社屋
DSC01549_convert_20191022120034.jpg
かに道楽
DSC01537_convert_20191022115901.jpg
通天閣
DSC01546_convert_20191022120008.jpg
金閣寺
DSC01560_convert_20191022120141.jpg
一応17時閉園だが、18時頃まで滞在

≫ Read More

スポンサーサイト



| 日本の旅 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アウシュヴィッツ強制収容所~中欧周遊編(23)

・・前回の続き


DSC08610_convert_20190816171044.jpg
世界遺産 アウシュヴィッツ、ナチス・ドイツの強制絶滅収容所1940-45 (1979年登録)


ナチス・ドイツの強制収容所、アウシュヴィッツ。
第二次世界大戦が始まり、ポ-ランドがナチス・ドイツの支配下に置かれていた1940年、この収容所はポ-ランド人の政治犯を収容する為に造られた。
次第にユダヤ人やロマ、ソ連軍捕虜をも収容し、施設は拡大され、一大殺人工場と化していく。
今回の旅で僕が最も訪れたかったのが、この”アウシュヴィッツ”となる。
実際この場所に来てみると、想像を遥かに超える、言葉では言い表せない衝撃に包まれた。
それは子供のナナにしても同様である。

何故『ユダヤ人』というだけで、何の罪もない人たちが、散々苦しめられた挙句、無惨にも殺されなければならないのか。
人を人と扱わないナチスの残酷な行動に腹が立ち、言葉を失い、吐き気すら感じていた。
二度と戦争を起こしてはならない・・。
1940年代の、たった74年前の出来事とはとても思えなかった。
もし日本も南京大虐殺で似たようなことをしていたとすれば、これは他人事では済まされない。
DSC08662_convert_20190816172005.jpg
痩せ細った少年
DSC08689_convert_20190816172704.jpg
ここに連行されたら、もう逃げ場はない

≫ Read More

| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死の門~中欧周遊編(22)

2019年1月9日
クラクフ~アウシュヴィッツ、ビルケナウ~クラクフ



DSC08583_convert_20190816121606.jpg
世界遺産 ビルケナウ、ナチス・ドイツの強制絶滅収容所1940-45 (1979年登録)


アウシュヴィッツ強制収容所から2km離れた所に、第二強制収容所ビルケナウが建設された。
面積1.4k㎡の広大な敷地に300棟以上のバラックが並び、アウシュヴィッツよりも更に大規模な一大殺人工場として機能していく。
1941年に建設が開始され、1945年にソ連軍によって解放されるまでに、実にここで百数十万人もの尊い命が奪われた。
輸送列車に乗せられ運ばれてきた人々は、『死の門』と呼ばれる進入門をくぐり、ここビルケナウの敷地へと導かれる。
ただ”ユダヤ人”というだけで何の罪もない人々、中には子供や女性の姿も目立つ。
この先待ち受けている地獄の毎日を、幼い子供たちは予測出来ていたのだろうか。
むごい、むご過ぎる・・。
生々しい当時の写真を前に、僕は一人の人間として言葉を失ってしまった。
DSC08594_convert_20190816134944.jpg
犠牲者追悼碑  ※脇には23言語のプレ-トが並ぶ

≫ Read More

| '19中欧周遊編 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古都クラクフ~中欧周遊編(21)

2019年1月8日
~ポ-ランド・クラクフ



DSC08507_convert_20190816092633.jpg
世界遺産 クラクフ歴史地区 (1978年登録)


ここクラクフは11世紀から1596年までの約550年間、ポ-ランド王国の首都として栄えた都。
特に1386年から1572年まで続いたヤギェウォ王朝の時代に最盛期を迎え、当時のクラクフはボヘミアのプラハ、オ-ストリアのウィ-ンと並ぶ文化の中心であった。
河畔の丘に建つヴァヴェル城には歴代のポ-ランド王が住み、大聖堂では14世紀から18世紀までの約400年間、国王の戴冠式が執り行われていた。
また、大聖堂は国王の墓所でもあり、歴代の各王は今もここで眠っている。
ポ-ランドの他の都市が第2次世界大戦で壊滅的な打撃を受けたが、クラクフにはドイツ軍の司令部が置かれた為、戦災を免れたと言われている。
DSC08524_convert_20190816092920.jpg
ヴァヴェル大聖堂

≫ Read More

| '19中欧周遊編 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブラチスラヴァ城~中欧周遊編(20)

2019年1月7日
ウィ-ン~スロヴァキア・ブラチスラヴァ~



DSC08390_convert_20190814133815.jpg
ドナウ川の畔にて


オ-ストリアの首都ウィ-ンから列車で1時間、ここはスロヴァキアの首都ブラチスラヴァ。
ドナウ川の畔にそびえるブラチスラヴァ城に上り、対岸の夜景を眺めている。
この城は、四角い建物の四隅にそれぞれ塔が設けられた独特の外観から、『ひっくり返したテ-ブル』などと呼ばれたりもする。
18世紀には女帝マリア・テレジアの居城となった時期もあるが、政治の中心が再びウィ-ンやブタペストに移ると、この城の地位も下がってしまう。
やがて1811年に起きた大火災によって荒廃し、復旧されたのは第2次世界大戦後のこと。

22:10発の夜行列車まで、時間はまだたっぷりとある。
純白のブラチスラヴァ城は、一面の雪景色と相まって、そのコントラストが実に美しい。
そして振り返れば、ドナウ川の夜景が黄金色に輝いている。
本日2度目となる黄昏ワイン、もちろん目の前には、ブラチスラヴァ城。
この町にはこの城しかないが、城を眺めているだけで僕は何時間でも過ごせそうだ。
DSC08414_convert_20190814134401.jpg
ここはスロヴァキアの首都、ブラチスラヴァ

≫ Read More

| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT