FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コテ-ジで過ごす贅沢な休日

飛騨市河合町のコテ-ジ、アスク山王。僕らは地元民なので普段わざわざ泊まることはないが、今回豪華にもコテ-ジ1棟を借り切った。・・とは言え、負担したのはたった1500円のみで、実質フリ-に等しい。通常1棟借りるのに19500円するらしいが、コロナ対策の一環で、岐阜県民であれば飛騨市から1人当たり3000円の補助が出るとのこと。その為今回6名で利用したことにより18000円が割引され、自己負担は差額分の1500円となる。当初7人で利用するつもりで予約していたが、直前に1名がドタキャン。しかし仮に7名だったとしても結局は負担ゼロとまではいかないようで、最低1500円はどうしてもかかるらしい。ただ料金にはマスの掴みとり(1人1匹)が含まれており、マス代のことを考えれば、やはりコテ-ジ代としては実質タダに等しい。何ともお得なこの情報は月刊さるぼぼ6月号で知った訳で、小さな記事を目にした数時間後には予約の電話を入れておいた。我が家はこういうお得なイベントには大概参加しており、その積極性はおそらく飛騨圏内でもトップクラスだろう。
CIMG7922_convert_20200610180052.jpg
コテ-ジにチェックインするなり、全員Wifiに夢中

サブイベント的なマスの掴みとりだったが、これが思いの外楽しかった。僕は池には入らず撮影係に没頭していたが、子供達のキャッキャッと騒ぐ仕草を見ていると、これだけでも来て良かったと心から思えた。すばしっこいニジマスは中々思うように捕まってはくれず、完全に子供らの方がマスに遊ばれていた。年少の一花にだけ特別に網を持たせてあげると、早速1匹捕まえていた。魚としては散々追いかけ回された挙句、鋭く尖った包丁で内臓をもぎ取られ、全身を串に刺され、炭で炙られ、終いには人間に食べられてしまう。これが魚の宿命、自然の摂理とは言え、人間とは何と残酷な生き物なのだろう。やっていることはナチスのユダヤ人大虐殺とたいして変わらない。子供らが捕まえたニジマスと持参した鮎を食べ比べてみたら、意見は分かれたものの、やはり鮎の方に軍配が挙がった。鮎は頭から背骨、内臓、そして尾に至るまで全て食べ切れるのがいい。子供はさすがに頭や尻尾までは食べなかったので、それらは全て僕が残さず平らげた。綺麗に食べ切ることが、せめてもの魚への供養だと思った。
CIMG7934_convert_20200610191556.jpg CIMG7939_convert_20200610191243.jpg
CIMG7950_convert_20200610191303.jpg CIMG7936_convert_20200610191811.jpg
マスの掴みとり  ※皆すごく楽しんでいた



CIMG7962_convert_20200610180226.jpg
ニジマスの内臓を取り除く
IMG_0534_convert_20200610182727.jpg
炭火で炙り焼き
CIMG8008_convert_20200610180829.jpg
ニジマスと鮎の塩焼き  ※鮎はス-パ-の半額品
CIMG8021_convert_20200610185350.jpg IMG_0555_convert_20200610185249.jpg
CIMG8012_convert_20200610181139.jpg CIMG8014_convert_20200610181157.jpg
CIMG8017_convert_20200610181212.jpg CIMG8018_convert_20200610181238.jpg
ビ-ルを飲みながら輪になって食べる  ※僕が着ているのは、今年の野辺山Tシャツ

美味しい魚の塩焼きでビ-ル500mlを軽く飲み乾し、その後は皆でBBQの準備に取り掛かる。高床式コテ-ジの下には、大中の2つのテ-ブルが備わっており、白いチェアも沢山ある。ドラム缶型のBBQ台や網、トングについては、事前に頼んでおけば無料で貸してもらえる。炭は各自持参となるが、有料で用意もしてもらえる。念の為ヘッドライトを持ってきたが、投光器をやわっておいて(準備しておいて)もらえた。この冬バリで買っていた虫除けクリ-ムと蚊取り線香がこんな場面で役立った。コテ-ジは何棟もあるが、名古屋ナンバ-のカップルが遅がけに来た以外客はおらず、一帯はほぼ僕らの貸し切りだった。スマホからいかした音楽をガンガン流し、カエルの鳴き声を聴きながら、肉や野菜、ソ-セ-ジやハンバ-グなどを焼いて食べる。明日は大志(第6子)の8歳の誕生日。当初自宅の庭でBBQをして祝う予定だったが、思わぬコロナ効果で随分贅沢な誕生祝となった。
CIMG7979_convert_20200610180558.jpg
準備も楽しい
CIMG7975_convert_20200610180527.jpg
山水もある
CIMG8001_convert_20200610180816.jpg
数日前から買い溜めておいた食材
CIMG8032_convert_20200610181851.jpg
本日のメインはBBQ
CIMG8043_convert_20200610181731.jpg
夕方から寒くなってきた  ※車に積んであった作業用ジャンバ-で凌ぐ
CIMG8053_convert_20200610181908.jpg
周りに誰もいない僕らだけの空間 
IMG_4198_convert_20200610182934.jpg
和室1
IMG_4200_convert_20200610182946.jpg
和室2
IMG_4201_convert_20200610182956.jpg
ダイニングキッチン  ※大抵の料理器具は揃っているが、調味料はない

≫ Read More

スポンサーサイト



| 日本の旅 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Pondok Narita~インドネシア編(24)

2020年1月12日
サヌ-ル



IMG_1996_convert_20200414092106.jpg
今日は豪華にKFC  ※一応僕の誕生日なので

KFCについて感想を語る


Pondok Narita ホ-ムステイ。
サヌ-ルで安くてお勧めの宿に泊まりたいなら、この名前を覚えておいて損はないだろう。
僕らは結果的にサヌ-ルに4泊することになったが、それは、この宿の居心地があまりにも良過ぎたからである。
『サヌ-ルで4泊した』と言うよりは、『Pondok Narita に4泊した』と表現した方が適切だ。
そんな最高評価に値する、大変素晴らしい宿であった。

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペニダ島でスノ-ケリング~インドネシア編(23)

2020年1月11日
サヌ-ル~ペニダ島~サヌ-ル



DSC03388_convert_20200414183032.jpg
初めてのスノ-ケリング  ※計4ヶ所で潜水を楽しんだ

海は深いし、波は高いし、感動よりも怖さの方が上回っていた


初めて体験したスノ-ケリングは、46歳最後の日となった。
先日ブロモ山で二人とも死ぬ思いをしたのだから、そのご褒美に、せめて今日くらいは贅沢な一日を送ろうと決めていた。
しかしスノ-ケリングは、予想以上にハ-ドなアクティビティ-だったことを知る。
ペニダ島へと高速船で渡り、そこからボ-トに乗り換えてダイブポイントへ。
激しい荒波がしぶきを上げ、直ぐに全身水まみれになった。
凄まじい揺れに船酔いする者が続出し、20名程いた乗客の内、半分くらいは海に入ることなく、ただひたすらボ-トの上でかがみこみ、海に向かって吐いていた。

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海とプ-ル~インドネシア編(22)

2020年1月10日
サヌ-ル



IMG_1936_convert_20200413182749.jpg
赤実のドラゴンフル-ツは僕も初めて食べた  ※食べる前に是非知っておくべきことがある
IMG_1947_convert_20200413182843.jpg
プ-ルサイドで日向ぼっこ


バリ島で過ごす、優雅な休日
僕自身バカンスには全く興味がないが(家族は皆行きたがっている)、確かに海は綺麗だし(サンゴ礁がないのが残念)、物価は安いし(町中は高い)、プ-ル付きの宿にでも泊まれれば、最高の余暇を過ごすことが出来る。
ここサヌ-ルは、バリの南部リゾ-トで最も古くから愛されているエリア。
ビ-チ沿いには、専属の庭師によって見事に手入れされた大きな庭園や豪華なプ-ルを持つ高級ビラがずらりと並び、裏庭がビ-チの遊歩道と接している為、『敷地の目の前は海』という恵まれた環境が整っている。
しかしそんな贅沢をしなくても、メインストリ-ト沿いには安い宿も幾らかは存在し、中にはプ-ル付きの宿もある。
昨日の宿探しで無事6軒目に投宿したプ-ル付きの宿で、僕らは今南国ム-ドに浸りながら、自分らなりの格安バカンスを楽しんでいる。

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ、バリ島へ~インドネシア編(21)


・・前回の続き


IMG_E1922_convert_20200413174057.jpg
いざ、バリ島へ

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT