FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蚊とプ-ル~インドネシア編(17)

2020年1月6日
ジョグジャカルタ~ムラピ山~ジョグジャカルタ



DSC02983_convert_20200302142618.jpg
ジ-プツア-  ※日の出登山を予定していたが、現在山頂3km圏内立入禁止ということで断念
IMG_1725_convert_20200302142109.jpg
ジャワを代表する活火山、ムラピ山(2911m)  ※別れ際、奇跡的に顔を出してくれた


昨夜は22時半には就寝したはずだが、その後少しは眠れたのか自分でも分からない中、体中がかゆい気がして夜中ふいに目が覚めた。
隣のベットでも、ナナが同じようにそこら中をボリボリと掻き、眠れない・・と嘆いている。
蚊は飛んでいないようだし、もしかしてダニ?
直ぐに3年前のスリランカ・マ-タラでのあの眠れない夜が頭に蘇り、再び悪夢の到来か・・と、ナナと二人絶望の淵に立たされた。

時計を見ると深夜0時を回っており、眠ることを諦めたあの時と似たような時間帯だった。
朝まではまだ先が長く、とてもこの先寝付けそうな雰囲気ではない。
隣の部屋でも宿泊客の男性1人、女性2人(2ベットなのに何故3人?)も外に出て、何やら神妙に話をしている。
おそらく僕らと同じ状況に、時を同じくして遭遇したようだ。
そもそもこの部屋、窓が開いたままで閉めきれない。
その上、玄関の天井ライトが夜通し灯った状態なので、必然的に蚊が集まり、部屋に進入する。
蟻には警戒していたが、まさか蚊が多いとは夢にも思っていなかった。

スマホを取り出し、『インドネシア 蚊』とキ-ワ-ドを並べ、すがる気持ちで検索してみた。
この国を訪れた同胞の先人達も、蚊には随分悩まされてきたようだが、情報はバリ島に関するものが多かった。
同じ商品の虫除けスプレ-が何度か出てきたので、早速明日買うことに決め、スクリ-ンショットに保存しておく。
日本から持ってきた100均の虫除けリングをバックから出し、ここに来て初めて使用してみる。
しかし5個ある全てのリングを、2人の手首足首に巻いて対処したが、全く効果はなかった。

無い知恵を振り絞り、蚊を吹き飛ばすという作戦をたて、卓上扇風機の威力を最大にする。
しかし安っぽい卓上扇風機は首が回らず、そもそもナナのベットまでは風が届かなかった。
失意の中、薄い掛け毛布をすっぽりと被り、蚊の接触を完全に遮断するという強行策に出る。
結果、この方法が最も確実だった。
ただ、風の届かないナナには気の毒で、全身を覆った毛布の中でびっしょりと汗を掻いていた。
いつしか僕は寝付けたが、結局ナナは一睡も出来ず、翌朝見ると、顔中が蚊に刺されていた。

この宿では『蚊とプ-ル』はセットのようなもので、プ-ルで至福の時を味わいたいなら、その代わりに、蚊の夜と闘わなければならない。
一夜を犠牲にするだけの価値が、このプ-ルにはあるのだろうか・・。
こんな面倒な境地に立たされるくらいなら、いっそのこと昨日までの宿の方が良かった。
プ-ルはないが、少なくても窓を開けても蚊はいなかったし、快適に眠ることは出来た。
しかし昨夜床に就くまでは最高に幸せだったし、結局これはただの結果論でしかない。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プ-ルのある宿~インドネシア編(16)

2020年1月5日
ジョグジャカルタ~プランバナン~ジョグジャカルタ



DSC02856_convert_20200302102722.jpg
世界遺産 ブランバナン寺院遺跡群 (1991年登録)


ここはジョグジャカルタの安宿、デルタ・ホ-ムステイ。
中庭にあるプ-ルを囲むようにゲストル-ムが幾つか並んでいるのが、この宿のセ-ルスポイントであり、特徴でもある。
部屋のドアを開けるとプ-ルへと通ずる専用の石畳があり、プ-ルまでは僅か4歩で到達。
『ドアを開ければ目の前はプ-ル』という贅沢な環境が、ここでは宿泊者に提供されている。
プ-ルは長さ10m程で、奥へ進むにつれて深くなり、最深で1.8mと僕では足はつかない。

部屋は値段によって4種類設けられ、僕らの部屋は勿論一番安いクラスの、共同トイレ・シャワ-のファン(扇風機)タイプ。
この町でエアコンは必要ないだろうし、プ-ル付きで1泊Rp.175000なら絶対にお値打ちだ。
ただ唯一難点を挙げるとすれば、蟻が多いことくらいだろうか。
雰囲気抜群の中、豊かな空間に身を浸し、僕らは今最高の居心地に触れている。

IMG_1685_convert_20200302104936.jpg
部屋の前で優雅にスイミング
DSC02944_convert_20200302104542.jpg
夜のプ-ルサイド

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サテを焼く老婆~インドネシア編(15)


・・前回の続き


IMG_1554_convert_20200228161456.jpg
ムンドゥッ寺院
IMG_1570_convert_20200228161606.jpg
アンドレとブディ(右)  ※ブディは以前日本人の奥さんがいたらしく、日本語が堪能

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仏教遺跡 ボロブドゥ-ル~インドネシア編(14)

2020年1月4日
ジョグジャカルタ~ボロブドゥ-ル~ジョグジャカルタ



DSC02742_convert_20200228131610.jpg
世界遺産 ボロブドゥ-ル寺院遺跡群 (1991年登録) 


世界遺産、ボロブドゥ-ル寺院遺跡群。
ここはインドネシアを代表する世界遺産で、東3kmのムンドゥッ寺院、東1.8kmのパオン寺院とともに、1991年世界文化遺産に登録された。
この3寺院は一直線に並んで立地することから、付近一帯がこれらを含む多数の寺院群で構成された巨大な仏教複合建造物群ではなかったか、とも推測されている。

780~830年頃、東南アジアの広い範囲で勢力を誇っていたシャイレンドラ王朝により、ボロブドゥ-ルは約50年かけて建造された。
やがて仏教を信仰するシャイレンドラ王朝が崩壊すると、ヒンドゥ-教国のサンジャヤ朝がこの地を支配することになる。
そしてボロブドゥ-ルは歴史の舞台から姿を消し、密林に眠る伝説へとなっていく。
しかし1814年、当時ジャワを支配していたイギリスから知事として赴任したト-マス・ラッフルズによって発見され、ようやく1000年にも及ぶ長い眠りから目覚めることになった。

IMG_1493_convert_20200228140257.jpg
世界最大の仏教遺跡
IMG_E1513_convert_20200228140820.jpg
レリ-フには1万人が登場し、総延長は5kmにも及ぶ

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古都ジョグジャカルタ~インドネシア編(13)

2020年1月3日
~ジョグジャカルタ



DSC02723_convert_20200226161049.jpg
ジョグジャのアトム


昨夜、定刻の21:45にジャカルタのパサ-ル・スネン駅を発った3等列車は、定刻ぴったりの6:07にジョグジャカルタのトゥグ駅に到着した。
エアコンの効いた車内は少し肌寒いくらいで、長袖シャツ、ダウンジャケットを着込み、短パンの上には毛布を掛けて寒さを凌いだ。
勿論車内にWifiなどは完備されていないが、窓際のテ-ブルには充電口が付いていた。
相向かいの2人掛けシ-トには台湾人の男性が一人居て窮屈だったが、窓際にもたれるなどして、何とか狭い空間での睡眠を確保する。
安全面からか、車内の電気は夜通し着けっ放しのままだった。

相向かいの台湾人は途中駅(2:47到着予定)で降りることは聞いていたので、しばらく我慢すれば横になって寝れるだろうと期待していた。
しかし彼が下車して直ぐ、途中乗車の夫婦が相向かいに座り、以前にも増して窮屈になる。
『これはもうダメだな・・』と諦めていたが、向かいの夫婦はしばらくして降り、その後の数時間だけは横になり眠ることが出来た。
バスと違い、列車は停車駅で現在地が把握出来るし、車内のアナウンスは明確で分かり易い。
トイレは清潔だし、やはり長距離移動でトイレがあるという安心感は計り知れない。
そして何より、運行時刻が日本並みに正確なことに驚いた。

≫ Read More

| '20インドネシア編 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT