FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とっととくたばれ、糞野郎!

いよいよ明日、地獄のレ-スに向けて僕は旅立つ。明日早朝、愛知県小牧市に向けて妻に車で送ってもらい、そこから1時間のフライトで本州最北端の地、青森へ。先ずはここまでの第0関門をクリアするのが大変だった。仕事がとにかく忙しく、本腰を入れて準備に取りかかれたのが、ようやくレ-ス1週間前(先週土曜)になってのこと。以降、平日も含め、ほぼ終日夜遅くまで計画や準備に追われていた。その中で最も大変だったのが地図作成。道路地図をカラ-コピ-し、ル-トや注意点、コンビニや食堂などの情報を抜かりなく盛り込んでいく。昨年のR8では距離の見誤りが仇となり、結果自滅へと追い込まれていった。そんな失敗を繰り返さない為、随所に距離も細かく記す。一応スマホ(未契約)は持っていくが、僕はアナログ人間なので(デジタルはあまり信用していない)、地図が僕の道標となる。その地図が全て仕上がったのが、ようやく昨日のこと。正にギリギリだった。
IMG_7336_convert_20210422165441.jpg
地図(A3両面カラ-)26枚  ※画像クリックで拡大

4日前の日曜、康介が事務所に激励に来てくれた。今生の別れだと、僕に餞別(ヘム鉄)を持ってきてくれたのだ。康介も死ぬ覚悟であの夏TJARに挑み、見事その栄光を勝ち取った。僕もそうだがお互いレ-ス後の事なんか微塵も考えておらず、せいぜい考えているとすれば、亡骸の後始末のことくらいだろうか。それはそうと、TJARのチャンピオンともあろう男が、『死ね』なんて言葉をそう簡単に使っちゃダメだろ・・。彼にはいつもそういい聞かせているが、一向に聞き入れてはくれない。レ-ス本番は家族の寄せ書きゼッケンで挑むつもりだが、無事山口県に入ったなら、康介ゼッケンに切り替えて、彼の魂の力を借りて最後の難関を乗り越えたいと思う。
IMG_7236_convert_20210422170555.jpg
折角なので予備ゼッケンにメッセ-ジを書いてもらう
IMG_7245_convert_20210422170538.jpg
チャンピオンが『死ね』なんて言葉は使わない方がいい

ところで先日、俄に信じ難い出来事が起きた。夜中寝ている最中に突然激痛が走り、気が付くと僕はベットの上で体育座りをして両脚を抱えていた。両脚ふくらはぎをつったのか肉離れを起こしたかで、金縛りのようになってしばらく動けなかった。おそらくストレスかプレッシャ-から来たのだろう。或いは走る夢でも見ていて、脚に限度を超えた力が入ったのだろうか。翌朝起床すると両脚ふくらはぎにまだ大きな痛みが残っており、この朝予定していた朝ランは急遽中止した。練習では故障しないように常に気を付けているつもりだが、無防備な就寝時まではさすがに防ぎようがない。この怪奇現象は何を意味するのか・・。出場を断念して棄権すれ・・ということなのか、完走に導く為の強引な脚休めの為なのか・・。その答えは3週間後には明確になる。
IMG_7237_convert_20210422170606.jpg
レ-ス用ゼッケン裏  ※ラミネ-トをした上、周りを完全補強

荷物が仕上がったのが、ようやく今朝のこと。もうバタバタである。担う総重量は5kgを超え、水、食料を含めると軽く6kgを上回ってしまう。しかし週末の80㌔走ではいつもそれくらいの重量を背負っていたので、重さはさほど苦にならない。それより僕が重視したいのが寒さ対策。毎週ロング走の度に思い知らされていたのが、日が暮れてからの寒さだった。同じ気温でも朝と夜の5度ではまるで感じる寒さが違う。幸い僕の住む飛騨高山は寒い地域なので、環境的には東北に近いものがあるだろう。ザックはノ-スフェイスのTRロケットに決めた。この大会の為に新調したもので、鉄人岩立チャンピオンの体験記から真似た。実際使い勝手はかなり良く、もうこれ以外考えられない。落下を防ぐ為にボタンを幾つも付け、前部に3本あるベルトは全て短くし、更に止め具を付けるなど完全に自分用にカスタマイズした。物は全てジッパ-袋に入れている。これは防水対策というよりは、ホテルの部屋での置き忘れ防止の為。空袋が残っていれば、視覚的に中身を置き忘れたと分かる。
IMG_7329_convert_20210422165426.jpg
荷物は水500ml含め5.5kg。食料を入れると軽く6kgオ-バ-  ※画像クリックで拡大
IMG_7253_convert_20210422170426.jpg
ノ-スフェイスのTRロケットでロケットのように進む
IMG_7261_convert_20210422170441.jpg
行って来るぜ!

足の爪はほぼ剥がしたし、丸坊主にして髪の毛の量も減らした。ここまで軽量化にこだわれば完璧だろう・・とは冗談だが、必然的にこうなった。不安箇所は挙げれば切がない。4/10(レ-ス2週間前)の83㌔走を最後に、4/19に13㌔走っただけで全く走れていない。仕事が異常なほど忙しく、とても呑気に走っているような状況ではなかった。左足裏と甲、右足裏と痛む箇所は多く、今では腰痛に悩まされている。昨日今日も接骨院に通ったが、コルセットをして走りたいくらいだ。こんな時に限って仕事の依頼が多く、留守明け後はレ-ス本番以上に厳しい闘いが待っている。命懸けで挑む今回の本州縦断フットレ-ス。本当は直前期の気持ちや意気込みなど、もっと記事にして綴りたかったが、こうしてブログに向えたのがつい先程17時過ぎのこと。この記事一つを仕上げるのに結局4時間も要してしまったが、僕の最後の文章となる可能性もない訳ではないので、ここは妥協したくなかった。ただ、こうして出発前に一先ず気持ちを書けたことで、悔いなくレ-スには向える。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 本州縦断フットレ-ス | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8番を背負って

本州縦断 青森~下関1550kmフットレース 2021〈SPECIAL〉。正真正銘、”世界最長の1ステ-ジレ-ス”が間もなく青森駅を起点に開催される。その昔、”トランスアメリカ・フットレ-ス”という北米大陸を2ヶ月かけて横断するステ-ジレ-スがあった。20歳を過ぎた頃にたまたまその存在を知り、その壮大なスケ-ルにただ漠然と憧れていた。『横断』、『縦断』、『一周』というフレ-ズは、何故もここまで人を惹きつけるのか・・。そう思うのはおそらく僕が元来、旅人気質の性格だからだろう。そして時は流れ、巡り巡って僕は”本州縦断”という自分のステ-ジに出会うことが出来た。

つい先日届いたスペシャルなゼッケンナンバ-は、。長い道中を共にするこのゼッケンは僕の分身となり、苦しい時、辛い時に支えてくれることだろう。こんな僕を応援してくれる全国の友人の一人は、この番号を『R8の8で運命的な数字だ!』と言ってくれた。また別の友人は、『無限の可能性を感じる末広がりの縁起のいい番号だ!』と言ってくれた。8番と聞いて、ジャイアンツの原辰則監督(現役時代の背番号)を頭に浮かべた僕とはえらい違いだ。

参加者の内訳は30代が4名、40代が6名、50代が3名、60代が1名の総勢14名。居住地は、東京がほぼ半数を占める6名、他に栃木、千葉、愛知、京都、大阪、愛媛、沖縄がそれぞれ1名ずつ。そして僕が岐阜県の高山市。エントリ-するに当たっては参加要件に『200㌔以上の完走』とあるだけで特段厳しい書類審査などはないが、1550㌔に挑むにはそれ相応の覚悟が必要となり、参加人数の少なさがその表れとも言える。己の生涯を懸けて挑むと言っても過言ではなく、決して生半可な気持ちでは参加することは出来ない。正しくこの大会は長距離走(ウルトラ)界最高の舞台であり、僕にとってはこれ以上ない浪漫溢れるステ-ジである。

参加メンバ-にはビックネ-ムがズラリと並び内心結構ビビッているが、次元の違いは昨年秋の試走(R8、新潟~舞鶴521㌔)で散々味わっているし、そんな凄い選手らと同じレ-スに参加出来るというだけでも、ある意味大変名誉なことである。連日100㌔超を辿るビックネ-ムが、鉄人岩立選手の記録を抜こうと牙剥き出しにして狙うなら、僕は”生きる意義”でも考えながら、これまでの生涯を振り返りつつ、日本海の風を肌で感じていたい。スペシャルに挑む14名のランナ-は誰もが各々掲げる目標を持ち、それぞれ大きな使命を背負い、進むペ-スこそ違えど、一同に1550㌔先の下関を目指す。

image0_convert_20210411090310.jpeg

| 本州縦断フットレ-ス | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月の練習結果(後半)~自信など、あろうはずがない

後悔など、あろうはずがない!世界を熱狂させたス-パ-スタ-のイチロ-選手は引退会見でそう語っていた。しかし今の僕の心境は情けなくもこうである。自信など、あろうはずがない・・。走れば走るほど、練習を積めば積む程、悲しくもこの感情が込み上げてくる。僕の体は既にボロボロで、現在3つの病院(腰、足裏、歯)を掛け持ちしている。脚の不安箇所も多く、好材料は無いに等しい。本番前の総仕上げとして挑んだ3月最終の土日も、自信を付けるどころか、逆に自信を失ってしまった。仕事、通院、トレ-ニングと毎日尋常でない程忙しく、準備や計画は思うように進まない。今日2軒の宿を予約し、ようやく19日目の島根県大田市(1297㌔)までの宿を抑えることが出来た。計画を立てている段階からワクワクして楽しいということは海外旅でいつも経験しているが、今回のジャ-ニ-だけはそうではない。ホテルの予約はクリック一つで簡単に出来る。しかしその距離を本当に進めるのかと、不安な感情が大部分を占めている。空想上では距離の感覚が完全に麻痺し、65㌔程度なら軽い気持ちでいる自分が怖い。確かに単発の65㌔なら楽勝だが、これが連日となると話しは全く異なってくる。実際ここ毎週ロングをやっているのでその辺は分かっているつもりなのだが、頭が追い着いてこない。

昨年の夏頃から履き始め、昨年秋のR8(新潟~舞鶴521㌔)を共にし、つい先日まで実に半年以上履いてきたアディダスの激安シュ-ズ。これは東京靴流通センタ-で、サイズが27cmと大きい為、1900円の破格で売られていた。こんなものが履けるのか・・と半信半疑で購入し、実際履いて走ってみると予想通りぶかぶかで履き難かった。しかしそのうちに足の方が慣れてきて、いつしか僕のメインシュ-ズとなっていた。僕は普通靴のサイズが26cmで、これまでのランニングシュ-ズは全て26.5cmを履いていた。しかし今ではランニングシュ-ズは27cmでないとしっくりこないし、今日意を決して購入した高級シュ-ズHOKA(セ-ルの一番安い品を買ったが、それでも1万円強)は26.5cmと27cmでしばらく迷ったが、結局27cmにした。ここまでおそらく4000㌔近く走ってきたこのアディダスの激安シュ-ズ。穴くらいは気にならないしまだまだ履きたかったが、後部のスポンジが外に飛び出したのを見て、さすがにもういいかなと処分を決意。しかしただ捨てるのではここまで頑張ってくれたシュ-ズに対して申し訳ないので、その勇姿を写真に残し、その思い出と共に心に刻む。ちなみに今はストックしていた別の穴開きシュ-ズで日々走っている。
IMG_7199_convert_20210402124356.jpg
穴が開いてからも2000㌔以上は履いていた
IMG_7203_convert_20210402124415.jpg
見た目によらず中々いい靴だった

≫ Read More

| 本州縦断フットレ-ス | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高山市民時報掲載

意を決して勝負に挑む。一斉スタ-トのフットレ-スと言えど、実際僕には人と競える程の脚力はないし、人様に誇れるような根性もない。従って、勝負の相手は紛れもなく己の心、自分自身となる。本番での3週間は僕のこれまでの人生の中で最も辛い期間になることはもう決定事項のようなもの。しかし本州縦断のゼッケンを背負うことで、普段以上の力がみなぎってくることは試走(R8)の段階で大いに経験した。康介のリ-クにより、まず地元新聞社が今回の挑戦を取り上げてくれた。僕は目立つことが死ぬ程嫌いだが、普段僕のことを気にかけてくれる擦れ違う人々に僕の挑戦の意義を知ってほしかった。そしてそれ以上に、退路を断ちたい・・という強い思いがあった。3/13の撮影時、雨の降りしきる中、報道課担当記者の金井さんはズブ濡れになりながらも全力で走って先回りし、何枚も何枚も走る僕の姿を撮影してくれた。懸命に走るその彼の後ろ姿に逆に僕の方が感激し、勇気と元気をもらい、そしてとても嬉しく思った。3週間は結構なプレッシャ-だが、金井さんにいい報告が出来るよう是が非でも頑張らなければ・・。降りしきる雨の中、僕はそう心に誓った。
_convert_20210318195108.jpg
_convert_20210318195121.jpg

≫ Read More

| 本州縦断フットレ-ス | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月の練習結果(前半)~あの時の想い

時間が経つのは本当に早いもので、気が付けば本番まで間もなく1ヶ月と迫ってきた。本州縦断フットレ-ス≪スペシャル版≫。4/24の朝10時に青森駅を一斉スタ-トし、制限時間23日半以内で1521㌔先の山口県下関駅を目指す。この”スペシャル”というのが非常に重要なポイントで、通常版の30日から大幅に制限時間が短縮され、かつレ-ス形式で順位を競うことになる。とは言え、全国から集まる15~20名程のランナ-は皆敵やライバルではなく、志を同じくする大切な仲間となる。そんな日数で本当に本州を走り切ることが可能なのか・・。先日も真に受けていない顔でそう訊かれたが、それを可能にする為に日々辛い練習に耐えている。顔や体はげっそりと痩せ細り、久々に会った知人からは、この丸坊主頭から察しても『可哀そうに、きっと良くない病気にでもかかったのだろう・・』とほぼ確実に思われている(だから誰も丸坊主の理由を訊いてこない)。何故俺はこんなにも辛い思いをしてまで、こんな一銭にもならない(仮に100万円出されても割に合わない)ことをしているのか・・。最近のランニングではそんなことばかりを考え、自分の感情の起伏さえもまともにコントロ-ル出来ないまま、日々心の葛藤と闘っている。

いや待てよ、これってもしかして新たな自分探しの旅なのか・・。僕は22、23の頃、”自分探し”と言う命題のもと海外を彷徨っていた。自分探しと言えばその聖地と言えるのが、大国インド。バラナシの火葬場で焼かれる死体を目の当たりにし、旅人は人生の定義に初めて触れることになる。しかし結局自分探しの理由などそう簡単に見つかるはずもなく、大半は旅先で沈没し、良からぬ方向へと逸れていく。今の僕は48歳。もう今更自分探しをしているような年齢ではないし、今回の本州縦断の大義名分は結局はここに行き着く。何故、俺は生きているのか・・。もはやこれはマラソンなどのスポ-ツではなく、完全に哲学の世界なのだろう。毎日苦しみもがき、耐え難い痛みを抱えながらも、決して諦めずひたすら前へと進む。自分を極限まで追い込むことで何かを会得しようとする修行僧のようなイメ-ジなのか。しかし無事下関に辿り着いたとしても、”人間が生きる理由”なんてものは結局は分かりっこないのだろうと思う。
IMG_7175_convert_20210315175540.jpg
高山市八日町にて(3/14)  ※左から黒部五郎岳、笠ヶ岳、穂高連峰、焼岳、乗鞍岳の北アルプスの峰々

≫ Read More

| 本州縦断フットレ-ス | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT