FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

焼岳を味わい尽くせ(2)~硫黄卵

2006-8-6_convert_20190709172717.jpg
2006年夏、長女(当時小3)らと  ※よく卵パックで割れなかったなと今思う
2008-9-28_convert_20190709172704.jpg
2008年秋、穂乃花(当時小1)と  ※6個の内5個は娘に食べられた



・・前回の続き


込み合う北峰山頂でしばしの休憩を取る。予定より早く着くことが出来たし、今日は行程自体が長くないので、時間には比較的余裕がある。飛騨側に開けた斜面の下部に座り、正面に槍穂高、左手に飛騨の名峰笠ヶ岳を眺めながら昼食におにぎりを食べる。最近海苔は食べる時に巻くようにしているので、パリパリ感がこれまた堪らない。昨夜シマヤで買ってきた半額の唐揚げやポテチをつまみ、子供と至福の一時を過ごす。今日は雲が多いながらも眺望は良く、北ア南部の峰々を存分に楽しむことが出来た。しかし悲しくも乗鞍と笠と槍以外、あの山が何という山なのか、ある程度目星はつくものの、この時点で完全に断言出来るには至らなかった。
DSC00958_convert_20190709155840.jpg
火口湖と南峰  ※昔は普通に火口湖に下りていたが、今では公衆的に宜しくない
DSC00957_convert_20190709155819.jpg
焼岳噴火口  ※昔は覘いたりしていたが、今では『奴は馬鹿か!』と軽蔑される
DSC00959_convert_20190709155852.jpg
込み合う北峰山頂
DSC00960_convert_20190709155910.jpg
乗鞍剣ヶ峰(左)
DSC00963_convert_20190709155944.jpg
槍穂を前に束の間の一時
DSC00970_convert_20190709160024.jpg
おそらくこの位置は岐阜県側(高山市)
DSC00971_convert_20190709160038.jpg
双六岳(左)、水晶岳(中央奥)、鷲羽岳(右)
DSC00972_convert_20190709160052.jpg
野口五郎岳
DSC00978_convert_20190709160121.jpg
飛騨の稜線を一望
DSC00980_convert_20190709160139.jpg
穂高連峰
DSC00981_convert_20190709160151.jpg
槍穂高

横になって寛ぐ登山者もいる中、僕らももう少しゆっくり休んでいたかったが、この後噴煙地でも時間を割くことになる為、山頂を程々に切り上げ下山にかかる。無事肩まで下り、ここで新中の湯コ-スとは道を分けることになる。中尾峠を目指し、岩と砂地主体のガレ場に入る。右手が崖となっており、幾分注意が必要だ。僕やナナにとってはたいしたことのない斜面ではあるが、小1の大志にとっては充分怖いらしく、その要因がこの急勾配なのか、滑り易い砂地なのか、切り立った崖なのかは定かではない。所々尻を付け、超安全に下る大志。附随して時間ばかりがかかってしまい、時間の割には全然進んでいない。ナナも完全に呆れていたが、この異常なまでの用心深さは、もしかしたら大志も僕と同じ極度の高所恐怖症なのかもしれない。
DSC00977_convert_20190709160109.jpg
下山者多数
DSC00982_convert_20190709160205.jpg
立つんだ大志!  ※転んでるのではなく、怖いらしい

同じくペ-スの遅い男女ペアと何度か前後しながら、何とか噴煙地まで下りてきた。ザックを岩肌に下ろし、先程セットしておいた卵を回収する。やはり噴気は確実に弱くなっており、木の棒を使わなくても、素手で網を回収出来た。”噴気が弱い”ということは”火力に乏しい”ということになり、茹で上がり具合が心配だった。しかし大志のノロノロペ-スが幸いしたのか、いつものような完全なゆで卵に仕上がっていた。往路時にセットし、山頂を経てここまで2時間半。ここでの仕上がりは”ゆで卵”しか記憶にないが、果たして何分で取り上げればこの噴煙地で”温泉卵(白身とろり黄身半熟)”が出来るのだろうか。通りかかる登山者は誰しも僕らの卵が気になっていたようだ。子供二人はたいそう喜んで食べてくれたが、2つはあえて残し、まだ食べたことのない妻らの土産とした。以前はソ-セ-ジやキャベツなんかも茹でていたが、卵の殻のようなガ-ドがない為、これらはやらない方が無難だろう。
DSC00984_convert_20190709160217.jpg
どれどれ出来たかな
DSC00985_convert_20190709160233.jpg
噴気が弱いので心配だったが
DSC00989_convert_20190709160254.jpg
中々の茹で具合  ※昔はソ-セ-ジや野菜も茹でていたが、お勧め出来ない
[広告]


無事中尾峠まで下り、ここで上高地コ-スともお別れとなる。この中尾峠以降大志の脚取りは復活し、ようやく通常ペ-スで歩けるようになり、先程まで呆れ果てていたナナもここに来て安堵した表情を見せた。秀綱神社まで快調に下り、ここで休憩。休むにはまだ早いが、ここを逃すと休憩に適した場所がしばらくない。焼岳の余韻にふけりながらしばしの休憩を終え、いよいよラスト前の行程に入る。往路時は林道終点広場からここまで一気に来れたので、次の目的地は必然的に林道終点広場となる。”鍋助横手”や”ヒカリゴケ”、”白水の滝”と順に要所を通過。白水の滝まで来たら、目指す広場は直ぐだった。
DSC00995_convert_20190709160316.jpg
秀綱神社のイスとテ-ブルは
DSC00997_convert_20190709160329.jpg
快調な二人  ※子供の無駄話が面白かった
DSC00998_convert_20190709160340.jpg
サワラ  ※樹木名を記した看板がとても勉強になる

林道終点からは舗装された林道を下ろうかと当初思っていたが、かなり遠回りのような気もしたので、そのまま山道を直進。ここには”近道”と書かれた道標もある。大志とナナは中尾峠以降、二人でくだらない話ばかりしている。僕は最後尾でその話をニヤニヤ聞いている訳だが、話の内容はゲ-ムやアニメがほとんどで、いかにも子供らしいと思った。これが子供にとっての世間話なのだろう。2週間前の常念の時は僕と大志だけだった為、実に静かなものだったが、今日は大志に話相手がいた為か、下山時大志の口から弱音は一切出なかった。沢の音が聞こえ、やがて沢に出会う。冷たい沢水で顔を洗い、喉を潤す。ここはほぼ登山口なので、道中の水場としては頼れない。ゴ-ルとなる登山者駐車場に着くと、満杯とまではいかないが、そこそこの車が停まっていた。
DSC00999_convert_20190709160353.jpg
唯一の水場はほぼゴ-ル
DSC01002_convert_20190709160411.jpg
登山者駐車場

活火山焼岳を象徴する、硫黄臭。山頂に近付くにつれ、先ず匂いが鼻に入ってくる。やがて荒々しい噴煙が目に留まり、耳で蒸気の濁音を聞く。その蒸気で茹でた硫黄卵を口に入れ、その後、平湯温泉街で改めて本物の温泉卵を食す。そして締めは、ひらゆの森。この温泉には出来た当時から足しげく通っているが、何せこの温泉の匂いは、焼岳登山で味わう硫黄臭と全く同じだ。体全体で硫黄臭を徹底的に浴び、ようやくこれにて焼岳山行は完結。先程下山の際、擦れ違った軽トラの地元男性に登山道の状況を訊かれた。こういう地元の方々が登山道の草刈りなど手入れをしてくれるおかげで、僕ら登山者は気分良く山行を終えることが出来る。
DSC01009_convert_20190709160444.jpg
平湯温泉街で温泉卵  ※ナナは何故か黄身が嫌いらしい

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19山行記録 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼岳を味わい尽くせ(1)~絶景!

焼岳。これ程お手軽に登れて、且つ非現実的な気分に浸れる場所は他にないだろう。何よりあの強烈な硫黄臭が登山者の脳や感覚を麻痺させ、温泉好きには堪らなく応える。その上、眺望も抜群に良いときた。焼岳はおそらく僕がこれまで一番多く登った山であり、これまで20年以上で数え切れないほど登ってきた。我が子の初アルプスは大概この山だし、最近では僕は奥穂焼槍焼など北ア周回でこの山を帰路の峠として使っている。そんな使い勝手の良い”道”としての機能も有する焼岳ではあるが、焼岳登山の醍醐味は何と言っても、『嗅ぐ、食べる、浸かる』の三要素を全て堪能することだろう。そのうちどれか一つ欠けても焼岳を味わい尽くした気にはなれないし、そうなると必然的に中尾発着でないと目的は達成出来ない。硫黄臭を目、鼻、耳、口、そして体全体で浴びることこそが、本来の焼岳登山なんだと僕はいつも思っている。
2006-8_convert_20190708160229.jpg
第2子岳登(当時小1)と第1子長女(当時小3)  ※2006年夏、中尾より
2009-10-4_convert_20190708214533.jpg
第4子嶺花(当時年長)と第3子穂乃花(当時小2)  ※2009年秋、新中の湯より


【山域】焼岳北峰(2444m)
【日時】令和元年7月6日
【天候】晴れ
【岳人】大志(小1)、ナナ(小6)、僕


先週に続き、再び焼岳にやって来た。何せ登山口の中尾は同じ高山市内なので、市内のちょっと遠い所に行くような気軽な感覚ではある。本来ならランをからめた50㌔程度のロング山行をしたいところだが、未だ脚の調子が戻らない為、仕方なく子供連れのリハビリ山行とした。朝5時前に家を出て、1時間で中尾登山口に到着。準備を済ませ、予定通り6時にはスタ-トを切る。今回僕の相手をしてくれる大志(小1)とナナ(小6)はともに保育園年中の時に新中の湯登山口から日帰り山行しており、今回の山行の目的は登頂とは別にある。
DSC00882_convert_20190708153420.jpg
登山届を提出  ※第5子ナナ(小6)と第6子大志(小1)
DSC00884_convert_20190708153437.jpg
林道ゲ-ト  ※昔はこの手前に停めていた
DSC00885_convert_20190708153449.jpg
焼岳登山口
DSC00887_convert_20190708153503.jpg
白水の滝  ※落差45m

林道終点との合流広場で一度朝食休憩を取り、2限目に入る。そして火山標識の辺りで、ふいに僕の右脚が悲鳴を上げた。先月の飛騨高山で終えたウルトラ3連戦の故障(右脚ふくらはぎ肉離れ)がこの場に及んで再発したのだ。今日は大志のペ-スに合わせた緩々登山の予定だっただけに、全く予想外の事態だった。しかしここまでの子供の頑張りを思うと、引き返そうとは到底思えなかった。僕の脚はこの先どうなるのだろうか・・。痛む右脚を引きずるように歩く。スキ-ストック(山ストックはコスパが悪過ぎる為、僕は一切持たなくなった)がある分、脚の負担を幾分腕に分担させられてはいる。気のせいかもしれないが、右脚を意識した瞬間にいつも再発しているような感覚が若干気がかりだ。子供を二人連れてくると山行的には効率が良く、ナナの後ろを追うように大志はヘボなりにも頑張っている。休む適当な場所もなく、結局一気に秀綱神社へ。ここまで来ればもう峠は近い。
DSC00890_convert_20190708153514.jpg
焼岳は噴火警戒レベル1の活火山
DSC00895_convert_20190708153622.jpg
ヒカリゴケ  ※看板とは別の岩下で見つけた
DSC00898_convert_20190708153642.jpg
秀綱神社

意外とすんなりと峠まで来れた。これはナナが一緒に来てくれたことが一番の要因だ。当初第7子の一花を背負子で背負って連れて来ようと思っていたが、荷物の負担がナナ一人にかかる為、仕方なく一花は家に置いてきた。中尾峠まで登ると、正面に笠ヶ岳が望める。どの方角も雲がたなびいているが、雲は山頂部より下で流れている為、より神秘的な情景となっていた。焼岳と言えば、僕は真っ先にノアザミを思い出す。眺望がなくなることを恐れ、峠での休憩は程々に直ぐに山頂へと向かう。霞む行く手に北峰乏しき山頂部が見えた。ゴ-ルが見えている分ナナはポジティブに捉えることが出来るが、小1の大志にとってはまだその発想がない。まだあんなにも・・と言うネガティブな感情は、2週間前の常念乗越の時と重なる。
DSC00899_convert_20190708153656.jpg
中尾峠、焼岳小屋分岐
DSC00901_convert_20190708153708.jpg
ノアザミ
DSC00904_convert_20190708153732.jpg
中尾峠
DSC00905_convert_20190708153744.jpg
霞む山頂部
DSC00910_convert_20190708153953.jpg
笠の稜線
DSC00911_convert_20190708154009.jpg
中尾峠(手前)から中尾への下山路が左に延びている
DSC00912_convert_20190708154023.jpg
休み休み
DSC00913_convert_20190708154257.jpg
雲上の穂高連峰
DSC00914_convert_20190708154314.jpg
西穂~奥穂間は国内最難関の一般路  ※好き好んで行きたくはない
DSC00916_convert_20190708154328.jpg
北峰と火口

今日は大志の相手役がいるおかげで、僕は意外と自由にさせてもらっている。荷物を持たない身軽な子供二人に対して、水3.5㍑、おにぎり12個を含む結構な重さを背負った僕は、出だしから一人大汗を掻いている。高度を上げるにつれ槍穂の眺望は一層迫力を増す反面、いつ隠れてしまうか分からないという不安もあり、僕は写真撮影に余念がない。そして今日の目的地とも言える”噴煙地”に到着。僕は海外放浪時代(22~23歳)のネパ-ル(ポカラ)で山を知り、その後24歳で子供を授かったことを機に飛騨へと戻り、山登りを始めた。旅人が山にはまることは必然的なことであり、康介も確か同じ理由だ。地元(飛騨)にもこんなに山があったのか・・。一度飛騨を離れたからこそ知り得た衝撃の事実だった。その頃は中尾ばかりから登っていたので(たぶん新中の湯コ-スはなかった)、その都度この噴煙地で硫黄卵を作り楽しんでいた。しかしここ最近では新中の湯コ-スを使うことが多く、おそらく11年ぶりくらいの硫黄卵となる。早速噴煙口に卵をセットし、引き続き山頂を目指す。山頂を経て戻って来た頃が丁度食べ時、茹で上がった頃となる。
DSC00917_convert_20190708154340.jpg
噴煙地にて
DSC00918_convert_20190708154353.jpg
11年ぶりの登場
DSC00920_convert_20190708154406.jpg
卵セット完了  ※焼岳の蒸気は年々確実に弱まっている
DSC00925_convert_20190708154513.jpg
左から、槍ヶ岳、大喰岳、中岳
DSC00926_convert_20190708154524.jpg
笠ヶ岳(左)、抜戸岳(右)
DSC00927_convert_20190708154537.jpg
穂高連峰

前日までの天気予報は今一不安なものだったが、今朝自宅を出る前の予報では雨の心配は完全になくなっていた。僕のような地元民はその日の気分や天候次第で気軽にサクッと来れるので、わざわざ雨の日に登る必要など全くない。都会の人が休みを取り、高い交通費をかけてまでやって来る登山者あこがれの聖地に、僕ら飛騨人は全くお金を掛けずに来ることが出来る。この特権があるが故、僕は事前に日程を固めてしまうことはせず、天候ありきで山行を考えている。その為、融通の利く単独行か子供としか基本山に入らない。
DSC00930_convert_20190708154548.jpg
中尾コ-スは新中の湯コ-スに比べ行程は長いが、眺望は抜群
DSC00937_convert_20190708154702.jpg
滑落注意
DSC00941_convert_20190708154717.jpg
ガレ場が続く
DSC00944_convert_20190708154832.jpg
槍穂高を一望
DSC00945_convert_20190708154849.jpg
岩場
DSC00948_convert_20190708154901.jpg
イワカガミ
DSC00949_convert_20190708154912.jpg
稜線直下のお花畑

そしてようやく焼岳の北峰に立った。大志は2回目、ナナは3回目の登頂となる。中尾からの登山者は数人しかいなかったが、山頂は驚くほどの登山者で溢れかえっていた。焼岳は元々人気がある山だったが、年々登山者の数は確実に増えている気がする。先週は韓国人グル-プがいたが、今日は上高地からのガイドツア-だろうか欧米系の外国人パ-ティ-の姿があった。旅行ついでに登る山としては確かにこれ以上適した山はないだろうし、これに温泉でも絡めれば思い出作りとしては完璧だ。火山には不思議と魅力めいたものを感じるが、以前岳登と旅したフィリピン・レガスピのマヨン火山も僕の中では思い出深い。
DSC00951_convert_20190708154925.jpg
最後の岩場を越えたら
DSC00955_convert_20190708155002.jpg
焼岳北峰(標高2444m)  ※以前の標柱には確か”標高2393m”と書かれていたが・・


つづく・・

| '19山行記録 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常念岳(1)~僕にとってのス-パ-アドベンチャ-

信州の名峰、常念(じょうねん)岳。この山は僕が一番好きな焼岳と同じくらい、我が家にとってはかけがえのない名峰となっている。僕には子供が7人いるが、その分当然思い出も沢山ある。第1子(長女)とのテント行から始まり、第2子岳登、第3子穂乃花、第5子ナナと、この山で忘れがたい思い出を数多く築かせてもらった。その中でも長女とのテント行(2005.6.27)、それに年長で挑んだナナの日帰り山行(2013.7.21)が特に印象に残っているだろうか。今日の主役は我が家の次男坊主、第6子大志(小1)。昨年登る予定だったが、僕のウルトラや山が忙しくつい登りそびれてしまった。40半ばを過ぎたオッサンの1年なんて大した価値はない。それなのにたった一度きりしかない息子の貴重な年長時代を無駄にしてしまったことが、今では悔み切れないでいる。そうとは言え、この常念を小1で日帰りする子はほとんどいないだろう。大志よ!1年猶予を与えてやったんだ。常念くらい、軽く片付けてくれよ。
20056_convert_20190625092632.jpg
長女との思い出(2005年夏)  ※画像クリックで拡大


【山域】常念岳(2857m)
【日時】令和元年6月23日
【天候】晴れ
【岳人】大志(小1)、僕


前夜、道の駅堀金にて車中泊。翌朝3:15に起床し、その後登山口へと向かった。三股登山口が蝶ヶ岳への登山口であることは当然知っていた。しかし蝶槍を経由する縦走路ばかりが頭に浮かび、直接常念へと向えることは忘れていた。時折現れる看板に『常念岳』の文字があった為、そのうち三股方面とヒエ平方面に分岐するのだろうと油断していたのだ。又、目指すヒエ平も、三股同様”ほりでーゆー四季の郷”を通るものと勘違いしていたことも、ミスの一因だった。そして三股登山口も差し迫ったと思われる頃、ようやく地図を見て誤りに気付く。この出遅れはかなり堪え、このまま蝶ヶ岳に登ろうかとも、思い切って燕岳に変更しようかとさえも思った。しかし大志のやる気と体力に全てを懸け、多少下山が遅くなろうと再び出直すことに。そして今度こそ、無事ヒエ平に到着。予定より1時間弱遅れてしまったが、登山届を提出し、早速山行を開始する。
DSC00768_convert_20190624174552.jpg
一の沢登山口(ヒエ平)  ※誤って三股に向ってしまい、出発が遅れてしまった
DSC00771_convert_20190624174607.jpg
大志久々の登山
DSC00772_convert_20190624174619.jpg
山ノ神にお参り  ※無事山行を終えれますように
DSC00774_convert_20190624174629.jpg
雨でも行く!とやる気満々で挑む
DSC00775_convert_20190624174639.jpg
大滝

金曜日の時点で天気予報は半分雨だったが、直前になって予報は回復し、今日は晴れ曇りの予報となった。雨でも登る気ではいるので、例え雨が降ろうと二人とも心づもりは出来ている。僕一人なら1時間で標高600mアップは堅いが、子供のペ-スなので良くて300m程だろうと目論んでいる。子供との登山はこの”標高稼ぎ”が特に重要で、僕は休憩の一番の目安としている。さすがに今日の大志はやる気満々(自称)だけはあり、滑り出しの歩き様は実に圧巻だった。普段泣き虫の大志が一切弱音を吐かず、後ろを歩く僕がそのハイペ-スを抑制する程の歩き振りだった。ここは騙し騙し一気に標高400、500mは稼ぎたかったが、さすがに大志にも次第に疲れが現れ始めた。適当に区切りのいい場所で、初めての休憩とする。
DSC00776_convert_20190624174650.jpg
最初の休憩  ※1時間12分歩き、標高380mアップ
DSC00780_convert_20190624174831.jpg
笠原沢
DSC00782_convert_20190624174846.jpg
稜線が見えた  ※大志は喜ぶかと思ったが、『まだあんなにも・・』と逆効果

水気の無い三股コ-スと比べ、一の沢コ-スは沢水豊富で飲み水には困らない。しかし反面、登山道に水が溢れている箇所もあり、子供が早々に靴を濡らすとロクなことはない。急な階段や岩場を一つ一つ無難にこなし、子供はバラエティ-に富んだコ-スをアスレチック感覚でそれなりに楽しんでいる。ここまで沢には丸太の橋が掛けられていたが、ここに来て渡渉箇所が現れた。大人であれば飛び石で難なくこなせるが、子供にはそうはいかない。前を行く大志に大声で注意を促したが、その忠告が川の音で聞こえなかったらしく、大志は最後の石が越えられず、両足を川にドボン。ほら言ったこっちゃない・・と僕にも叱られ、大志泣きじゃくり、ただの濡れ損となった。
DSC00783_convert_20190624174858.jpg
渡渉  ※ここまで靴を濡らさずに順調だったが、ここで両足をドボン
DSC00786_convert_20190624174910.jpg
山菜だろうか

しかし立ち直りの早い大志は直ぐに泣き止み、その後はしばらく順調に高度を上げていた。そんな時、再度アドベンチャ-が現れ、今度は”雪渓”という新たなアトラクションが目の前に立ちはだかった。そう言えば家で荷造りしている時、確かにアイゼンは目に入っていたが、あえて持ち込もうとは思わなかった。そのことを後悔しつつも、ノ-アイゼンで雪渓を進む。かかとの頑丈な登山靴を穿いているし、ストックもある。僕だけなら特に問題はないのだが、初めての大志は歩けば転び、一向に進めないでいる。直ぐに泣きが入り、『帰りたい・・』と言い出した。上から下りてきた単独行の青年はアイゼンを付け、アイゼンの必要性を訴えていた。しばらく大志と手を繋ぎ、支えるように登っていく。その時、ふと思った。通常雪渓は登りより下りが危険だ。登ったはいいが、果たして無事下れるだろうか・・。心配になり僕一人試しに下り、その安全性を確かめてみる。結果見た目程危うくもなく、そのまま登り続けることに。雪渓は更に上部に延びているが、ここで胸突八丁に取り付く。先程の男性は確か最終水場の辺りまで雪渓があると言っていたが、気のせいだったようだ。
DSC00788_convert_20190624175102.jpg
想定外の雪渓出現  ※大志は泣き出すし、引き返すべきか一瞬悩んだ
DSC00789_convert_20190624175116.jpg
無事、胸突八丁に合流
DSC00792_convert_20190624175129.jpg
さすがにまだ6月、意外と雪は残っている

胸突八丁の高度感抜群の階段を登り、危うい高所地帯を大志の手を握り慎重に歩く。この辺り、子供だけで歩かせるのはかなりリスクが高い。ふいに再び雪渓に出た。見た目からしてこちらも危うそうに思え、やはり引き返すべきなのか・・と又も撤退が頭を遮る。しかし実際斜面に取り付くとこちらは先程のようにクレバスもないし、斜度も幾分緩やかだった。雪渓を途中まで登り詰めると、最終水場に出た。やはり先程会った単独行男性の言葉は正しかったようだ。両手をコップ代わりにして喉を潤し、汗ばんだ額を冷やす。雪解け水なのか、水はとてつもなく冷たく、何秒も手を付けていられなかった。これでもう雪渓はないようなので、取りあえずは一安心。若干帰りが心配だが、これで何とか山頂へは立てそうだ。
DSC00794_convert_20190624175143.jpg
再び雪渓  ※やはり引き返すべきか、又も悩む
DSC00798_convert_20190624175155.jpg
次第に慣れてきた
DSC00799_convert_20190624175217.jpg
最終水場

この山域、森林限界がよく分からないが、腕時計が示す標高からして稜線が近付いていることは間違いない。ここまで時折思い出したように弱音を吐いている大志だったが、ここでも『もう帰ろう・・』と繰り返していた。子供との登山はいかに子供を騙し励ますかが全てであり、親にはその役割がある。結局小1とは言え、大人よりも余程体力はある。毎週のように100㌔を走っている僕ですら何故かこの山行の翌日筋肉痛になっていたが、対照的に大志はピンピンとしていた。時に厳しく、時に厳しく・・。山行を終えるまでは、僕は一切甘やかさない。子供の要求ばかり鵜呑みにしていたら、日帰り山行なんてとても出来たもんじゃない。
DSC00800_convert_20190624175308.jpg
第1ベンチ
DSC00802_convert_20190624175322.jpg
第2ベンチ
DSC00805_convert_20190624175349.jpg
第3ベンチ  ※もう直ぐそこなのに、泣き顔

乗越直下にあるベンチを3つ通過し、ついに稜線へと登り上げた。そこには槍穂高の絶景が、雲に隠れることなく、僕らを待っていてくれた。槍穂もまだ雪が多そうだし、夏山はもう少し先になりそうだな。梅雨時の夏山シ-ズン前と言うこともあり、普段は込み合う人気の常念だが、乗越に人の気配は全くなかった。ここまで見かけた登山者も数える程で、シ-ズン前、シ-ズン後のひっそりとした時期がやはり一番いいなと改めて実感。ここのテント場での思い出も絶えないが、久しくテント行はしていない。ここまで頑張って登ってきた大志もこの眺望にはご満悦のようだったが、道標の示す先、高く聳える常念岳を目の当たりにして、達成感は失意へと変わった。『え~、まだあんなにあるの・・、もう帰ろう・・』。ここからあの頂まで子供を騙し励まし、引き上げる。今度は僕が知恵を振り絞る番だ。
DSC00807_convert_20190624175402.jpg
ついに着いたか
DSC00810_convert_20190624175532.jpg
常念乗越  ※この眺望に大志も一瞬喜ぶが・・


つづく・・


| '19山行記録 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |