FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳳凰三山、高嶺

【山域】薬師岳(2780m)、観音岳(2840m)、高嶺(2778m)、地蔵岳(2764m)
【日時】平成21年9月27日
【天候】晴れ
【岳人】岳登(小4)、僕

青木鉱泉(4:00)  前夜山梨県入り、道の駅白州にてフィット泊。翌朝青木鉱泉へ移動。国道20号からは旧道(小武川林道)よりも桐沢橋、射撃場経由の新道の方が舗装されておりベタ-。前夜現地入りするとその日も駐車料金が取られるので注意。ヘッドライトを装着してスタ-ト。慎重に道標を探し、足を進めるが川原で立ち往生。小武川を渡渉し対岸に渡り崖をよじ登るが林道がない。何度かそれを繰り返すが、どこにも林道が見当たらない。辺りはまだ真暗、全身ずぶ濡れ。よわったな。岳登と川原に腰を降ろし緊急会議。日が昇ってから出発では遅すぎる、撤退して入笠山でも登って帰ろう・・。話がまとまり足を戻す。これが初めて訪れる南アルプスの洗礼か、厳しすぎるナ。今度はもっと日照時間が長い時期に出直そう。そう思いながら歩いていると偶然見つけた、地図看板に薬師岳の文字。
P1020850_convert_20090928190732.jpg
暗闇の川原で立ち往生

中道、ドンドコ沢分岐(5:11)  出発には遅い気がしたが最低三山、二山でもいいや。気を入れ直し再出発。遅れた1時間を取り戻せ!意外に道標はよく整備されている。青木鉱泉から林道に出て右に行くところを左に行った為起きた惨事。全く関係ない場所にあった地図看板がそれに追い討ちをかけた。橋を渡り、対岸の林道をせっせと歩く。

登山道入口(5:40、5:50)  ここからも飛ばすぞ!樹林帯の急登に喰らい付き黙々と高度を稼ぐ。

御座石(8:11、8:20)  見えたぞ巨石。ようやくここまで登り切った、後もう少しだ。
P1020861_convert_20090928191059.jpg
御座石

薬師岳(9:03、9:13)  ヨ-シ、一つ目到着。遅れた1時間はもう取り戻した。絶対今日一日で全部片付けるゾ!おお、あれが北岳か。さすがに近いな。ここからは楽しい縦走だ。
P1020868_convert_20090928191202.jpg
薬師岳、バックに北岳
P1020866_convert_20090928191418.jpg
観音岳へと続く縦走路、まるで北ア燕岳

観音岳(9:33、9:40)  あっという間に二つ目到着。お賽銭の小銭がたくさん石の上に置いてある。
P1020870_convert_20090928200041.jpg
観音岳 
P1020876_convert_20090928191851.jpg
山頂標識裏、このような方のお陰で記念写真が撮れる事に感謝

鳳凰小屋分岐(9:53)  最悪の場合はここから鳳凰小屋に抜け、ドンドコ沢を下る事も考えていたがその必要もなさそうだ。

赤抜沢ノ頭(10:25、10:35)  見事な地蔵岳のオベリスクが視界に入った。日帰りの人は大抵鳳凰三山くらいだろうが、僕等は更に百高山の高嶺まで足を延ばす。
P1020879_convert_20090928191940.jpg
地蔵岳のオベリスク

高嶺(11:08、11:18)  既に上空は雲に覆われ眺望は全くない。本当なら甲斐駒や白峰三山も間近に見られるのだろうに実に残念。
P1020884_convert_20090928192042.jpg
高嶺  

赤抜沢ノ頭(11:44)  

地蔵岳(11:54、12:00)  賽ノ河原には多くの地蔵仏が置かれている。時間もないのでオベリスクは遠慮。
P1020892_convert_20090928192320.jpg
地蔵岳
P1020895_convert_20090928192409.jpg
地蔵仏

鳳凰小屋(12:20、12:32)  今回初めての水場だ。この先ドントコ沢沿いでは給水に困ることはない。これから最後の長い下りだ。

五色滝(13:01、13:14)  ドンドコ沢は評判は悪いらしいが、そんな事は全くない。登山道も荒れておらず、道標もよく整備されている。その上、滝巡りも非常に楽しく苦しい下山もなんのその。この滝は唯一滝壺に降りられ、滝しぶきを直に浴びる事が出来る。是非お試しあれ。
P1020902_convert_20090928192831.jpg
五色滝
P1020907_convert_20090928192918.jpg
ドンドコ沢登山道

白糸滝(13:30、13:36)  迫力イマイチ。

南精進滝(14:21、14:30)  確かに大きい、だがあまりに遠すぎる。迫力があまり伝わってこない。この滝から30分程下ると、道が二手に分かれる。山沿いと川沿いのル-トだ。川沿い(右側)を選択するも、こちらが正解かもしれない。やがて林道に入り、どこかで見かけた地図看板が。今日の再出発に至った看板だ。完全に訳が分からなくなってきた。暗闇の中、方向感覚全くなしで彷徨っていた為、このあたりの位置関係が全く把握出来ていない。ま~いいか。無事全部登れたから・・・
P1020915_convert_20090928194057.jpg
南精進滝
P1020923_convert_20090928193319.jpg
正しい地図看板には道標の横板が2枚張り付いている、下流の地図看板はデマ


青木鉱泉(15:32)  思いの外、早く帰ってこれた。撤退しないで良かったという満足感と共に、狐にかまれたような不思議な気分が深く残った。車の窓にはしっかりと駐車料金催促の紙切れが差し込まれていた。
P1020930_convert_20090928193914.jpg
青木鉱泉



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| '09山行記録 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛騨山脈(3)

【山域】南岳(3032m)、中岳(3084m)、大喰岳(3101m)、槍ヶ岳(3180m)、樅沢岳(2755m)、双六岳(2860m)、弓折岳(2588m)、大ノマ岳(2662m)、抜戸岳(2812m)
【日時】平成21年9月20日~9月22日
【天候】晴れ、晴れ後曇り、雨
【岳人】岳登(小4)、僕

3日目

双六キャンプ地(6:00)  昨夜は前夜の反省を生かし夜8時睡眠。ありったけの服で全身を覆いシュラフに包まったが、やはり夜は寒かった。今日は朝から曇り、昨日夜見た満天の星は何だったのだ。テントを撤収し、双六を後に。大集団2組の後方をノソノソ歩く。ほんの一瞬槍の穂先が顔を出す。
P1020810_convert_20090923173210.jpg
双六を後に
P1020813_convert_20090923173254.jpg
槍の穂先

弓折乗越(6:54、7:03)  ここでほとんどの登山者は鏡平方面へ下山。もちろん大集団もしかり。あんな集団に狭い尾根を占領されても非常に困る。ここからは静かな世界。雨も降り出してきた。

弓折岳(7:15) 昨日までと違い本当に静か。笠方面から来る単独行や夫婦連れしかいない。天気が良ければ昨日歩いた槍穂の稜線を眺めつつの縦走になるはずが、今日は本当に残念だ。
P1020817_convert_20090923173341.jpg
弓折岳 

大ノマ乗越(7:25)  上り下りを何度か繰り返す。今日も雷鳥にたくさん出会った。静粛の中で山にとどろく雷鳥の鳴き声、忘れられない。
P1020820_convert_20090923173432.jpg
雷鳥

大ノマ岳(8:07、8:17)  山頂標識も三角点も何もない山頂に到着。丁寧に石が積んである。
P1020823_convert_20090923175126.jpg
大ノマ岳

抜戸岳(9:52、10:06)  念願の抜戸岳に到着。この山は百高山に入っており、どうしても登りたかった。昨年笠ヶ岳に登った時は百高山の存在を知らず眼中に無かった。大変視界も悪く、2度程偽抜戸岳に騙された。だけど本当の抜戸岳には分岐道標もあり、山頂標識も三角点もあった。
P1020834_convert_20090923173642.jpg
抜戸岳

杓子平(11:03、11:10)  恐怖の笠新道を下る。今日は調子がいい。岳登よ、一気に行くゾ。

1920m標識(12:17、12:28)  槍穂よ、一回くらい顔を見せてくれ。
P1020839_convert_20090923173733.jpg
1920m地点  

笠新道入口(13:18、13:28)  左俣林道に着いた。ここまで来ればもう安心だ。

新穂高(14:15)  計画通り終えたが、3日目の天候だけが心残り。新穂高起点の周回コ-スはとてもお勧め。体力と時間があれば奥穂高岳、笠ヶ岳を入れてもいい。ひらゆの森で汗を流し、回転すし屋で美味しい寿司をたらふく食べた。
P1020846_convert_20090923173826.jpg
左俣林道ゲ-ト



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村  

| '09山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛騨山脈(2)

【山域】南岳(3032m)、中岳(3084m)、大喰岳(3101m)、槍ヶ岳(3180m)、樅沢岳(2755m)、双六岳(2860m)、弓折岳(2588m)、大ノマ岳(2662m)、抜戸岳(2812m)
【日時】平成21年9月20日~9月22日
【天候】晴れ、晴れ後曇り、雨
【岳人】岳登(小4)、僕

2日目

南岳キャンプ地(6:15)  昨夜18時半には眠りに入った。おかげで地獄の長い夜と戦う羽目に。とにかく寒い夜だった。小屋の近くの常念平にて朝日を拝み、テント撤収。
P1020724_convert_20090923150807.jpg
朝を待つ人
P1020728_convert_20090923150916.jpg
常念と朝日

南岳(6:26)  昨日も来たので2回目だ。これから遠くに見える槍を目指す。左に笠、右に常念を眺めながらの最高のロケ-ション。笠ヶ岳のあたりに槍穂高の影が鮮明に映った。
P1020737_convert_20090923151011.jpg
南岳
P1020738_convert_20090923151108.jpg
影キレット

中岳(7:28、7:38)  今日は槍方面から来る登山者が多い。
P1020746_convert_20090923151244.jpg
中岳 

大喰岳(8:08、8:13)  これでも日本で標高10位の山。今日は百高山を一杯稼ぐぞ。 
P1020749_convert_20090923151400.jpg
大喰岳

槍岳山荘(8:40、8:47)  すごい人だ。大型連休の影響か、NHK『北アルプス大縦走』の影響かとにかくすごい人だかり。昨日来なくて良かった。登りのハシゴは大渋滞、全然前に進めない。昨日は往復2時間だとか。
P1020756_convert_20090923151508.jpg
槍の登り

槍ヶ岳(9:23、9:37)  なんとか山頂に到着。だが狭い山頂にも長い列が。祠での記念撮影に並び、再び下山のハシゴにも並ぶ。もう、うんざり。
P1020762_convert_20090923151856.jpg
槍ヶ岳
P1020766_convert_20090923152048.jpg
穂高連峰
P1020757_convert_20090923151609.jpg
笠ヶ岳
P1020759_convert_20090923151702.jpg
西鎌尾根
P1020769_convert_20090923152220.jpg
槍の下り

槍岳山荘(9:52、10:00)  西鎌尾根に入ると登山者も激減。完全に集団はいなくなり、本来の山を味わう事が出来た。山での集団は僕は大嫌い。気の利かない集団の後ろに着いたなら、ダラダラと何時間も後ろを歩く羽目になる。気の効いたリ-ダ-がいれば先に行かせてくれるが、これは稀。
P1020774_convert_20090923152809.jpg
前方に笠

千丈沢乗越(10:40、10:45)  やがて右側に綺麗な赤色をした赤岳が現れる。これはとても魅力的。いつか行ってみたいが自分には無理だろうな。やがて周囲はガスに包まれ、この先青空を拝むことはなかった。
P1020776_convert_20090923152524.jpg
後方に槍
P1020777_convert_20090923152612.jpg
赤岳

樅沢岳(13:23)  遠く感じたこの山頂、ここから一気に双六小屋へと下る。 
P1020783_convert_20090923152858.jpg
樅沢岳

双六キャンプ地(13:47)  小屋でキャンプ受付を済まし、テント設営。この小屋は水は無料、外トイレの数も多く大変気に入った。南岳小屋では外トイレは1つしかなく、用を足したくても長い列に並ばなくてはならない。  

双六キャンプ地(14:52)  身軽になり双六岳を目指す、がとてもしんどい。視界の効かない中、先行する岳登を追いかける。雷鳥も多く見かけた。

双六岳(16:01、16:11)  ようやく到着。なぜだが相当疲れ、岳登に随分助けられた。
P1020796_convert_20090923153112.jpg
双六岳

双六キャンプ地(16:48)  下りはあっさりだった。風も強く直にテントに潜り込む。テントの中で温かい夕食を取り、宴会をし、岳登と山や旅について色々語った。  
P1020799_convert_20090923153200.jpg
双六キャンプ地
P1020802_convert_20090923153243.jpg
宴会

3日目へつづく・・・



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| '09山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛騨山脈(1)

【山域】南岳(3032m)、中岳(3084m)、大喰岳(3101m)、槍ヶ岳(3180m)、樅沢岳(2755m)、双六岳(2860m)、弓折岳(2588m)、大ノマ岳(2662m)、抜戸岳(2812m)
【日時】平成21年9月20日~9月22日
【天候】晴れ、晴れ後曇り、雨
【岳人】岳登(小4)、僕

1日目

新穂高(5:18)  病み上がりの久々の山、7月白出撤退のリベンジだ。早朝自宅発、1時間で現地入り。深山荘奥の無料駐車場は既に満杯、強引に最奥に車を突っ込み駐車。天気は良好、体調も万全、いざスタ-ト。

穂高平避難小屋(6:10、6:22)  目指す南岳が望めた。右俣林道を登山者と会話しつつ歩く。

白出沢出合(7:00、7:10)  因縁の沢に到着するがビックリ仰天。治山工事により水が消えた。7月に来た時には沢が増水し渡渉断念、撤退に追い込まれた。気が抜けた白出沢でしばし休憩。次の出合目指し再び歩く。しばらくすると先程の登山者が単独で追いついてきた。相方は体調不良で撤退したとの事。再び会話しながら距離を稼ぐ。会話も進みビックリ大仰天。その登山者は母の実家の隣りの人だった。
P1020694_convert_20090923125802.jpg
白出沢出合 

滝谷出合(8:13、8:18)  岳登が沢の急流に布手袋の片方を落とす。山では水や道具は命取りになる。粗末に扱うと直に父の拳骨が飛ぶ。 

槍平小屋(9:00、9:27)  ここで槍方面に行く稔さんとお別れ。有難うネ、お蔭様でここまであっさり来れました。ここが最後の水場、後は双六まで無い。水を満タンにし僕が4L、岳登が2L担ぎ上げる。
P1020695_convert_20090923130747.jpg
南岳新道

2700m標識(11:55、12:12)  急登に加え、荷物がギッシリ肩に圧し掛かる。展望が開け、笠ヶ岳が後方にそびえている。
P1020698_convert_20090923125912.jpg
2700m標識
P1020701_convert_20090923130216.jpg
槍の穂先

南岳キャンプ地(13:16)  きつい登りに耐え何とか登り切った。時間的に槍岳山荘まで行こうか迷った。だが夕方到着ではテントを張る場所はないな。南岳でゆっくり過ごす事にした。
P1020706_convert_20090923130308.jpg
大キレット
P1020707_convert_20090923130346.jpg
稜線と岳人
P1020712_convert_20090923130436.jpg
南岳キャンプ地
P1020721_convert_20090923130559.jpg
夕日

2日目につづく・・・



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| '09山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒島岳

【山域】荒島岳(1523m)
【日時】平成21年9月6日
【天候】晴れ
【岳人】嶺花(年長)、穂乃花(小2)、岳登(小4)、僕

カドハラスキ-場駐車場(7:00)  僕の体調が心配だったが、軽めの登山に出かけた。早朝車で自宅を出発、約2時間で現地到着。準備を済ませ早速歩き始める。いきなり急登の連続に汗ダラダラ。
朝日_convert_20090909155100
車で移動中、朝日が昇った
カドハラスキ-場_convert_20090909155424
カドハラスキ-場

リフト終点(7:49、7:59)  なかなかの登りだった。ここからは森歩き。最初の道標『荒島岳→』の矢印が明後日の方角を向いている、騙されないように。
トトロの木_convert_20090909155325
トトロの木
白山
白山

シャクナゲ平(9:35、9:45)  広場となっており、分岐標識もある。ここから最後の急登だ。昭文社の山と高原地図には『危険』と記されているがそれ程ではない。どこの事を指しているのか分からない程だ。クサリ、ロ-プの連続する箇所を過ぎると山頂も近い。頑張れ、嶺花! 
もちがかべ_convert_20090909154642
もちがかべ
 
荒島岳(10:40、11:12)  岳登と穂乃花に遅れること数分、嶺花も見事登り切った。この山は標高こそ1523mと低いが、登山口からの標高差が1200m近くあり終始急登の連続だった。眺望はイマイチだったが、子供達の頑張りに大満足であった。ジュ-スとお菓子で登頂を祝い、いざ下山。下りは登りより慎重に。木の根や石が濡れていて滑りやすい。僕も2度程滑り転げた。そうかこれが『危険』なのか、と妙に納得。
荒島岳_convert_20090909154950
荒島岳
慎重に_convert_20090909155207
慎重に

シャクナゲ平(12:07、12:17)  穂乃花に毎度の睡魔が襲ってきた。彼女は難病を抱えており、幾つもの薬を服用している。その為その副作用もあり、疲れが溜まった下山時はいつも睡魔が襲ってくる。彼女の手を取り歩く。頑張れ、穂乃花!

リフト終点(13:27、13:32)  ここまで来れば安心だ。穂乃花が完全に眠りの世界に入る前に一気に行くゾ!
睡魔_convert_20090909154455
睡魔

カドハラスキ-場駐車場(14:05)  だいたい予定時刻通りに全ての行程を終えた。この山は標高も低くとても地味な印象を受けた。だが百名山というだけで、駐車場には全国各地のナンバ-が集結していた。おそろしき百名山ブランド・・・
駐車場_convert_20090909155624
駐車場

体調万全でなく挑んだ代償は大きかった。翌月火と39度を越える高熱を発しダウン。



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


| '09山行記録 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT