FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コゴミ祭り

前日(土曜)は雨の天候と体調を崩していることもあり、走りたいのに走れなかった。そしてこの日曜も体調は優れないが、風邪薬を飲み、念の為バファリンとロキソニンを携行して山奥へと向かう。出だしから仲間の康介タッちゃんと会い自ずとテンションも上がり、いざ山奥へと突き進む。いつもは林道の本道を走っているが、本道沿いの山菜は採り尽くしているので、何本もある支道の内1本に狙いを定め、道が果てるまで詰めてみることにした。初めて通る道はかなり新鮮で、この先何が出て来るのか大変興味深かった。坂は超激坂の部類で、走っていても歩くのと速度はたいして変わらない。どれだけ進んでもたいした山菜は見当たらず、今日はリョウブくらいしか採れないかもなと心配になっていた。しかし標高1000mを超えると、次第にコゴミの姿が現れた。程なく林道終点に到着。どこまで続いてくれても一向に構わなかったが、意外と早く折り返し地点となる。自宅を出て1時間強。標高にして1100m程であった。
IMG_3591_convert_20200518150744.jpg
今日は未舗装の支道を詰めてみた  ※自宅発のランニング
IMG_3577_convert_20200518150613.jpg
標高1000mを超えた辺りからコゴミが出現

往路での収穫はなく、林道終点でワラビを少々採ったくらいと全く芳しくなかった。往路は左を見ていたので、復路はその反対側(左)をゆっくりと探しながら走る。時期的にウコギ系は当てにしていないが一応捨てている訳ではないので、上や下や見るべき範囲が多過ぎて探すのが大変だった。そして、ふいにコゴミの群生地が現れた。走る時はスマホから大音響の音楽を流しているが、熊除けには丁度良い。このポイントの旬には1週間以上遅かったようだが、さすがにこの標高まで来るとまだ採取可能なものが多い。蚊に刺され、脚が傷だらけになろうとも(毎度のこと)、ただひたすら採取に励んでいた。その気になればまだどれだけでも採れそうだったが、バックの容量的に限界が近付いてきたので、適当なところで已む無く終わりとした。
IMG_3584_convert_20200520114302.jpg
ついにコゴミの群生地を発見
IMG_3581_convert_20200518150623.jpg
今日はコゴミ祭りだ!  ※この標高まで来て、辛うじてまだ採れる大きさ
IMG_3582_convert_20200518150633.jpg
新芽は少ない
IMG_3588_convert_20200518150729.jpg
コゴミを袋一杯採取  ※本当はもっと採りたかったが、これ以上は持って帰れない。右はポケットガイド

帰り際、ワラビの群生地も見つけた。来年からはこの支道もテリトリ-に入れようと決意。いつもの水場でふとテイレギを見つけた。テイレギは今年覚えた山菜で、採るのは2度目となる。しかし前回はワサビのつもりで採っており(花が一見同じ)、帰宅後本を見て間違いだと気付く。生でかじるとワサビの味がしたし、ワサビの一種だろうとは思っていたが、この時は山菜名が特定出来なかったので全て捨ててしまった。その後それがテイレギ(オオバタネツケバナ)であったことが判明し、今回は迷わず採取に至る。生でかじると辛子(からし)の味がして、とても美味しい。ワサビや辛子は通常は練り状のものだし、普段は食べるという感覚はない。ちなみにワサビと辛子の違いはなんなのか・・。早速WEBで調べてみたら、衝撃の事実が判明した。成分自体はともに同じで、目隠しして食べ比べたら誰も気付かないらしい。今度納豆や豚カツ、おでんにワサビ、寿司や刺身に辛子をつけて試してみようと思う。更に、チュ-ブワサビの原料が大根だというのにも驚いた。
IMG_3601_convert_20200518151118.jpg
5/17の収穫  ※リョウブ、コシアブラ、ワラビ、テイレギ、タラノメ、コゴミ   ↑画像クリックで拡大
IMG_3603_convert_20200518151144.jpg
ワラビ  ※帰り際、ワラビの群生地も見つけた
IMG_3609_convert_20200518151217.jpg
オオバタネツケバナ(大葉種漬花)  ※四国では『テイレギ』の名で売られており、辛子の一種
IMG_3613_convert_20200518151452.jpg
コゴミ  ※僕が一番好きな山菜
IMG_3624_convert_20200518151628.jpg
コゴミの下処理  ※長い末端をハサミで切り、揃えるだけ。軸のひらひらは茹でれば自然と取れる
IMG_3625_convert_20200518151638.jpg
塩水で茹でる  ※軸の下の方が固いので、上向きに揃えて茹でるといい
IMG_3629_convert_20200518152046.jpg
下処理が完了した天婦羅の具材  ※コゴミ、タラノメ、コシアブラ
IMG_3633_convert_20200518152059.jpg
茹で上げたリョウブ  ※これから油揚げと炒めた後、ご飯に混ぜる

≫ Read More

スポンサーサイト



| コゴミ | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はコゴミDAY

山菜採りにも多少は飽きてきたが、一先ず今日も峠を目指して走り出す。今日は山中で、珍しく山菜採りの車を何台か見かけた。林道を奥へ進むと、やがて舗装は途絶え、完全にトレイルランナ-だけの世界に。・・そのはずだったが、今日はそのダ-トなオフロ-ドに至っても数台の車を見かけ、今が山菜狩りシ-ズン真っ只中なのだと痛感させられた。前回のランで目を付けていたあるポイントのタラノメは生憎採られていたが、その有り得ない採り方に内心腹が立った。山菜を求めて一見さんが山に入るのはいいが、タラノメをナイフで切り取るという行為は、ただの犯罪行為でしかない。これで息の音は完全に断たれ、貴重なタラノキはただの廃木となってしまった。帰り際、斜面で何やら精を出していた老婆の姿。あそこでゼンマイでも採れるのだろうかと、僕はその場所を密かにインプット。毎年この時期を楽しみにしている採り人は、誰しも自分だけの秘密の場所を持っている。人に悟られないよう、気付かれないよう、ひっそりと採取に励むのだ。
IMG_3395_convert_20200511170352.jpg
コシアブラは丁度採り頃
IMG_3415_convert_20200511170425.jpg
タラノメにアブラムシが群がっていた
IMG_3418_convert_20200511170438.jpg
アブラムシ
IMG_3421_convert_20200511170457.jpg
同じ場所だが、こちら(のタラノメ)にはアブラムシはいない

今日は本格的なコゴミDAYとなってきた。当初当てにはしていなかったが、探さずとも嫌でも目に飛び込んでくる。林道の下の方では伸び切ってしまい、先端の丸みは既に無い状態だったが、林道を奥に進み標高が上がるにつれ、手頃なサイズが目立ち始めた。コゴミの新芽は探し難い印象があったが、この時期は他のシダが幾分大人しくなっており、コゴミがその分よく目立つ。その姿はまるで、全校集会で全員床に座っている中で、一人だけ起立している生徒にも似ている。コゴミは我が家では皆が好きなので、どれだけ有っても大歓迎。コゴミに足を止めた斜面に、先日覚えたハンゴンソウが沢山群生していた。知らないとただの雑草にしか見えないが、一度覚えたら忘れることはない。
IMG_3425_convert_20200511170528.jpg
自宅から走り始めて1時間11分13秒経過  ※片道1時間半(約14㌔先)の峠を目指している。道の両脇はコゴミ
IMG_3428_convert_20200511170541.jpg
コゴミの群生が止まらない  ※既にバックはパンパン
IMG_3429_convert_20200511170553.jpg
若芽はそっとそのままに  ※子孫を沢山増やしてね
IMG_3430_convert_20200511170604.jpg
峠に近付くにつれ、採り頃のコゴミが多くなってきた  ※最近、採りたてのコゴミを生でかじりながら走っている
IMG_3431_convert_20200511170616.jpg
ハリギリもいい感じ
IMG_3433_convert_20200511170702.jpg
ハンゴンソウ(反魂草)  ※峠手前の斜面に沢山張り付いていた
IMG_3436_convert_20200511170631.jpg
ハンゴンソウは摘むとゴボウのような香りがする

≫ Read More

| コゴミ | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GWと言えば、山菜ランニング

IMG_3014_convert_20200504162436.jpg
カンゾウ  ※時期は既に過ぎているが、天婦羅には欠かせない
IMG_3017_convert_20200504162447.jpg
ダイモンジソウ  ※栽培にも適した山野草。ユキノシタのような白い花が咲く
IMG_3018_convert_20200504162457.jpg
タラノメ  ※林道下部はほぼ採られ、上部の群生地はまだ蕾だった
IMG_3032_convert_20200504162510.jpg
コゴミ  ※支道に入ると数ヵ所で群生地を発見。来年からが楽しみだ
IMG_3039_convert_20200504162711.jpg
ネマガリダケ  ※この程度の山深さでは、食べれるようなサイズは期待出来ない
IMG_3045_convert_20200504162633.jpg
ハリギリ  ※今年は相当寒かったらしく、全般的にウコギ科の成長は遅い
IMG_3050_convert_20200504162646.jpg
???  ※リョウブと間違えて採取してしまったが直ぐに気付く。ハナイカダでもないと思う
IMG_3052_convert_20200504162656.jpg
リョウブ  ※今年はリョウブも遅い
IMG_3058_convert_20200504162853.jpg
ノビル  ※里では道端にどれだけでもある
IMG_3061_convert_20200504162904.jpg
コシアブラ  ※城跡尾根のもので、辛うじて食べれるくらい

≫ Read More

| コゴミ | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少し時期外れのコゴミ

タラノメ狙いの山菜ランの帰路、運良くコゴミの群生地を見つけた。時期的にはかなり遅い気もするが、何故かこの場所には程良いものが多かった。アク抜きも必要なく、茹でるだけで美味しく食べられるコゴミ(クサソテツ)は大変重宝する。マヨネ-ズを付けて食べれば、間違いなしに最高に美味い。僕自身コゴミを採る時期は完全に把握仕切れておらず、シダ系の判別を含め、未だ苦手分野ではある。気になる山菜が出始めた頃には毛がかった茶色のカスコゴミ(ジュウモンジシダ)しか目に入らず、真緑のコゴミは伸び過ぎていて、既に採り時は終わっているのがいつものパタ-ンだ。
IMG_0451_convert_20190506141712.jpg
コゴミ 2019.5.4収獲

≫ Read More

| コゴミ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図鑑を持って現地でシダ調べ

DSC00450_convert_20190507140338.jpg
山でよく見る光景

昨日見たあの”コゴミもどき”のことが頭から離れず、その正体を学ぶべく、二日続けて同じ山へと向った。”山へ向う”と言っても、ほとんど通り道なので、気軽な散歩感覚ではある。今日はポケットガイド(図鑑)を持ってきたので、じっくりと納得するまで観察するつもりだ。この時期どの山でも、どれだけでも勝手に目に入ってくる、あの気色悪い茶色のシダ系植物。見るからに不味そうだし、きっと誰にも見向きもされないのだろうと容易に察しは付く。しかし調べてみると、コゴミのようにアク抜きなしで食べれるそうだし、一度試してみる価値はありそうだ。コゴミは僕の大好物なだけに、その”何とかコゴミ”とやらに期待する。もしこれが予想外にヒットだったなら、敵無しの採り放題が待っている。そんな訳で現物と図鑑の写真とを見比べながら、じっくりと観察。・・しかし結局のとこ、よく分からないまま終わってしまう。おそらく全部『カスコゴミ(ジュウモンジシダ)』で間違いないのだろうが、今一自信が持てない。毛(茶色いりん片を”カス”と呼ぶ)の付き方、大きさ、葉の形など微妙に異なることが多過ぎて、1冊の図鑑(1枚の写真)くらいでは、確定には至らなかった。
DSC00436_convert_20190507140242.jpg
???
DSC00442_convert_20190507140309.jpg
葉の形からして、カスコゴミなんだろうけど
DSC00441_convert_20190507140258.jpg
毛が多いような・・
DSC00452_convert_20190507140351.jpg
これは葉が違うような・・
DSC00455_convert_20190507140411.jpg
毛並、葉の形からして、中3本(緑色)はカスコゴミだと一応確信したが・・

≫ Read More

| コゴミ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |