FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

少し時期外れのコゴミ

タラノメ狙いの山菜ランの帰路、運良くコゴミの群生地を見つけた。時期的にはかなり遅い気もするが、何故かこの場所には程良いものが多かった。アク抜きも必要なく、茹でるだけで美味しく食べられるコゴミ(クサソテツ)は大変重宝する。マヨネ-ズを付けて食べれば、間違いなしに最高に美味い。僕自身コゴミを採る時期は完全に把握仕切れておらず、シダ系の判別を含め、未だ苦手分野ではある。気になる山菜が出始めた頃には毛がかった茶色のカスコゴミ(ジュウモンジシダ)しか目に入らず、真緑のコゴミは伸び過ぎていて、既に採り時は終わっているのがいつものパタ-ンだ。
IMG_0451_convert_20190506141712.jpg
コゴミ 2019.5.4収獲

≫ Read More

スポンサーサイト



| コゴミ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

図鑑を持って現地でシダ調べ

DSC00450_convert_20190507140338.jpg
山でよく見る光景

昨日見たあの”コゴミもどき”のことが頭から離れず、その正体を学ぶべく、二日続けて同じ山へと向った。”山へ向う”と言っても、ほとんど通り道なので、気軽な散歩感覚ではある。今日はポケットガイド(図鑑)を持ってきたので、じっくりと納得するまで観察するつもりだ。この時期どの山でも、どれだけでも勝手に目に入ってくる、あの気色悪い茶色のシダ系植物。見るからに不味そうだし、きっと誰にも見向きもされないのだろうと容易に察しは付く。しかし調べてみると、コゴミのようにアク抜きなしで食べれるそうだし、一度試してみる価値はありそうだ。コゴミは僕の大好物なだけに、その”何とかコゴミ”とやらに期待する。もしこれが予想外にヒットだったなら、敵無しの採り放題が待っている。そんな訳で現物と図鑑の写真とを見比べながら、じっくりと観察。・・しかし結局のとこ、よく分からないまま終わってしまう。おそらく全部『カスコゴミ(ジュウモンジシダ)』で間違いないのだろうが、今一自信が持てない。毛(茶色いりん片を”カス”と呼ぶ)の付き方、大きさ、葉の形など微妙に異なることが多過ぎて、1冊の図鑑(1枚の写真)くらいでは、確定には至らなかった。
DSC00436_convert_20190507140242.jpg
???
DSC00442_convert_20190507140309.jpg
葉の形からして、カスコゴミなんだろうけど
DSC00441_convert_20190507140258.jpg
毛が多いような・・
DSC00452_convert_20190507140351.jpg
これは葉が違うような・・
DSC00455_convert_20190507140411.jpg
毛並、葉の形からして、中3本(緑色)はカスコゴミだと一応確信したが・・

≫ Read More

| コゴミ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |