FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タツノオトシゴ(3)~人の群れ、避けるが無難

DSC01411_convert_20190924194636.jpg
青空を駈け下りる


・・前回の続き


天空尾根の終点、槍ヶ岳。しかし今さっきまで目指してきた槍の穂先には、尋常でない数の登山者が張り付いていた。先程槍ヶ岳山荘に着く直前、大きな叫び声が、大きな濁音とともに静寂の山域に響き渡った。『ラ~クッ~!』。穂先上部から下へと転がり落ちる落石。その転げ落ちる一つの浮石が、岩肌にぶつかり大きな音が生じる。『ラク~!』の注意喚起は何人もの登山者によって山びこのように下の者に伝えられていく。あれだけの数の登山者がいれば、誰か巻き添えを喰らっても何ら不思議ではなかったが、石の転げ落ちる方向が幸いしたのか、事故は発生しなかったようだ。登山者の最後尾は肩(稜線)まで延び、時間が経てど全く進んでいないように見える。おそらく少なく見積もっても、往復に2時間はかかるだろう。とてもそんな時間はないので既に登頂する気はなかったが、それ以上に今日は危うさが際立っていた。
DSC01391_convert_20190924215637.jpg
大混雑の穂先は登らない方が無難  ※画像クリックで拡大

一般ル-トには無数の登山者が身動きの取れないまま停滞し、今日は他面(写真左端)にまでクライマ-が点々と張り付いていた。一般登山者とクライマ-の共存は初めて見たが、これはかなり危ないことだと思った。クライマ-が登山者のいない岩峰を好き勝手に登る分にはいいが、これだけ登山者が群がっている密集地帯でのクライミングは避けるべきだったのではないだろうか。クライマ-がふいに落とした石ころが一般登山者の大行列へ転がったものならおそらく大事故は避けられないし、これはある意味充分予測出来ることだろうとも思う。石はどの方向に落ちていくか分からないし、当り所によっては方向は簡単に変わる。今回はたまたま事故が起きなかっただけのことであり、改めて写真を眺めていて恐ろしくなってきた。特に山頂直下のクライマ-(緑ウェア)の立ち位置が宜しくない。真下には一般登山者が多数おり、もしこのクライマ-が石を落とせば確実に2、3人は死傷する。
DSC01390_convert_20190924193916.jpg
クライマ-の中には子供の姿も
DSC01392_convert_20190924194044.jpg
一般ル-トに張り付く無数の登山者  ※山頂往復は推定2時間以上

西鎌分岐で腰を下ろし少し休みながら、相変わらず進んでいない最後尾を眺め、行かなくて大正解だったと改めて自分らの判断に納得。当初の計画では、槍の後は双六小屋へと向かうつもりでいた。しかしこの時点で僕の気持ちは既に奥丸山へと傾いていた。西鎌尾根を慎重に進み、千丈乗越まで下る。ここで主稜線から外れ、一旦飛騨沢方面へと下山。重荷を背負って登ってくる登山者が数名いたが、一体どこに行くのだろうかと気になった。滅多に見かけない光景だが、わざわざ西鎌から回り込むように槍を目指すというのか。或いは槍へは向わず、ここから西鎌尾根を縦走して双六へと向かうのだろうか。荷物の重さは30㌔程はあったようだ。
DSC01401_convert_20190924194152.jpg
西鎌尾根
DSC01403_convert_20190924194207.jpg
飛騨沢と奥丸山
DSC01407_convert_20190924194545.jpg
千丈乗越
DSC01408_convert_20190924194556.jpg
硫黄尾根
DSC01409_convert_20190924194608.jpg
小槍(左)の鞍部にもクライマ-がいた
DSC01410_convert_20190924194624.jpg
ここを詰めるのは珍しい

奥丸山への分岐道標は倒れていた。ここから先は一気に登山者が激減し、この日は結局誰とも出会わなかった。若干雲が出てきたが、眺望は未だ残っている。奥丸山が『飛騨の展望台』と言われる所以は、この辺りを進んでいれば充分感じ取ることが出来るだろう。弓折稜線や鏡平から眺める槍穂高も確かに素晴らしいが、中崎尾根は槍穂高に近い分、一層迫力があり、鮮明に細部まで捉えることが出来る。奥丸山でこの日最後の眺望をゆっくりと満喫したかったが、羽の生えた蟻が大量に飛び回り、とても寛げるような状況ではなかった。
DSC01412_convert_20190924194647.jpg
奥丸山分岐
DSC01414_convert_20190924194706.jpg
静かな中崎尾根
DSC01417_convert_20190924194720.jpg
大キレットと穂高連峰
DSC01421_convert_20190924194736.jpg
奥丸山(標高2440m)

奥丸山以降の登山道は結構荒れていた。今年の台風の影響か登山道には倒木がやたら多く、あれだけの巨木を根こそぎ捲りとる自然の驚異に心底驚かされた。多少時間的に余裕もあるので、中崎山分岐から中崎山を目指そうとも思ったが、仲間の水切れが心配で、ここは素直に左俣へと下る。奥丸山を目的地とする右俣左俣の周回コ-スは、程良い距離も稼げ、夏場のランニングにはいい練習場になる。
DSC01422_convert_20190924195016.jpg
たまに藪漕ぎ
DSC01424_convert_20190924195030.jpg
倒木多し
DSC01425_convert_20190924195043.jpg
中崎山分岐
DSC01426_convert_20190924195054.jpg
谷水

橋を渡り、いよいよ最後の区間、左俣林道(CT1時間25分)の登場となる。ただランナ-にとっては実質この区間は無いに等しいので、それ程気落ちすることはない。今日はさすが3連休の中日とあって、林道で見かけた登山者はかなり多かった。㌔5分程のペ-スで快調に飛ばし、わさび平小屋は脇目も振らずスル-。前の登山者が横に並んで道を塞いでいれば、早めに声掛け(挨拶)をして、自らの存在を知らせる。以前熊と間違われて驚かれたことからの教訓であるが、お互い快く擦れ違えるよう一応僕も心掛けている。林道も終わりに差し掛かった頃、メンバ-がいつしか4人に増えていることに気付いた。どうやら僕らの走る姿に触発された登山者が、大きなザックを背負い、知らぬ間についてきていたのだ。ゲ-トを抜け、更にペ-スを上げる。後を走っていたほっしゃんはどこからか逸れ、僕と波ちゃんに勝負をかけてきた。しかし僕らは更にスピ-ドを上げ、㌔4分半のスパ-トをかける。そして、ほっしゃんより一足先に新穂高に到着。
DSC01427_convert_20190924195110.jpg
小池新道分岐
DSC01429_convert_20190924195123.jpg
新穂高登山指導センタ-

左俣林道を気持ち良く走れたことで、少しは先週の無念を晴らせたかなと思う。しかし波ちゃんは今日も潰れなかった。最後の林道は結構スピ-ドを上げて追い込んだつもりだったが、一切離れることはなかった。持久力に加えてスピ-ドまでついてきたとすれば、もはや僕の手には負えない。是非とも3週間後の峨山道トレイルラン(77㌔)では上位入賞を果たしてほしいと思う。ちなみに今回辿ったこのコ-ス、前にも辿ったことがあるが、どう見ても『タツノオトシゴ』にしか見えない。
DSC01432_convert_20190924195138.jpg
中尾橋
KIMG2828_convert_20191001121346.jpg
下山後の夕食

≫ Read More

スポンサーサイト



| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(2)~天空尾根を突き進め!

DSC01373_convert_20190918181657.jpg
これぞ、スカイランニング


・・前回の続き


南岳小屋のベンチに座り、少し休ませてもらう。補給物を摂りながら、昨夜のことを思い出し、3人でヘラヘラ声を出して笑う姿は明らかに浮いていた。先ずは南岳山頂へ。僕曰く、ここが天空尾根の始まりだ。”天空尾根”とは位山の”天空遊歩道”に対抗して僕が勝手に付けた呼称だが、これ程しっくりくる呼び方もないだろうと自負している。天空尾根を辿る(走る)なら、断然南岳から北に向かう方がいいだろう。槍を背に向けて走るのと、槍に向って走るのとでは、何せ気分の高まり感が違う。眺望の利かない日にわざわざ来る意味もないだろうし、快晴の日限定で訪れ、青空に映える槍ヶ岳目掛けて駆け抜けていきたい。今日はとても眺望がよく、遠くは富士山から、大概の山が一望出来た。来週は佐渡一周(208㌔)があるので来れないが、出来れば毎週山に登り、『先週あそこ登った』、『その前はあの山』と繋げていければ楽しいだろう。
DSC01362_convert_20190918193347.jpg
南岳(標高3033m)
DSC01364_convert_20190918193407.jpg
富士山
DSC01365_convert_20190918193419.jpg
常念岳(右)
DSC01367_convert_20190918193440.jpg
燕岳
DSC01368_convert_20190918193801.jpg
笠ヶ岳
DSC01369_convert_20190918193825.jpg
穂高連峰と南岳小屋

天空のスカイトレイルは、正に飛騨人だけの特権だ。長野県側は自家用車の入れない上高地があるが故、僕ら程気軽に来ることは出来ない。この尾根より左側(西側)は高山市であり、所詮市内、別段遠い所に来たという感覚はまるでない。自宅から5時間もあればこの場所に立つことが出来るので、『ちょっと天空まで行ってくるさ!』的な軽い感覚で、思いついたように足を運んでいる。元々僕は波ちゃんにこの景色を見せてあげたかった。彼女は昨年まで飛騨の稜線を知ることなく、天空遊歩道ばかり走っていた。同じ体力をかけるなら、どう考えたってこちらの方が楽しいに決まっている。トップの写真はほっしゃんに譲ったが、僕の走る姿も珍しく様になっている。ここに来れば最高のステ-ジが約束されているだけに、結局は誰が走っても様になるのだろう。
IMG_3695_convert_20190925105827.jpg
天空尾根を突き進め!  ※画像クリックで拡大

DSC01375_convert_20190918193851.jpg
ここは3000mの稜線
DSC01376_convert_20190918193903.jpg
中岳目指し
DSC01378_convert_20190918193926.jpg
槍へと続く一本道

中岳への登り返しが、この区間唯一の踏ん張りどころ。先程からほっしゃんに少し高山病の気が出ている。昨夜酒を飲み過ぎたので二日酔いかとも思ったが、様子を見ながら慎重に高山帯を進む。槍まで行けば、後は標高は下がるだけだし、最悪高山病の症状が重くなれば、飛騨乗越から下ればいい。高山病の対処法は唯一標高を落とすことだ。大喰(おおばみ)岳まで来れば、槍山荘は近い。この天空尾根には3000m峰が4座連なっているが、南アルプス程アップダウンがない為、スカイランニングには最適で、その上景色も抜群に良い。そして至福のトレイルも、いよいよ終盤へと入ってきた。これで雷鳥の親子でも出てきてくれたら最高だったが、二人は天空尾根を存分に楽しんでくれただろうか。ただ二人は明日、3週間後に迫った峨山道(77㌔)に向け、天空遊歩道の30㌔コ-スを2周するのだと言う。そらまた凄いな!と距離に対しては驚いたが、結局はやっぱそっちかよ・・とも思った。
DSC01379_convert_20190918193937.jpg
中岳(標高3084m)
DSC01380_convert_20190918193950.jpg
焼岳
DSC01381_convert_20190918194021.jpg
鷲羽岳(中)、水晶岳(右)
DSC01382_convert_20190918194035.jpg
大喰岳山頂部
IMG_3700_convert_20190918194402.jpg
大喰岳(標高3101m)
DSC01385_convert_20190918194108.jpg
岩稜帯を抜け
DSC01389_convert_20190918194126.jpg
槍ヶ岳山荘


つづく・・


| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(1)~待て、このエロ親父!

DSC01329_convert_20190916195757.jpg
お願い、たまには歩いてくれ!


・・前回の続き


昨夜は調子に乗って飲み過ぎ、日付が変わり本日未明1時に就寝。3時前後にアラ-ムを複数設定し眠りについたが、やはりその音に気付くことはなかった。突如携帯の音が車内で鳴り響き、しばらく鳴った後、音はパタッと止まった。間髪入れず再び鳴り出し、腕時計を見ると3時半を示している。きっと仲間からのモ-ニングコ-ルだろうと、のそのそとバックの奥底からガラケ-を取り出した。電源を切っていなくて幸いしたが、発信元は波ちゃんだった。僕は電話に出るなり『4時まで寝させて・・』と消えそうな声で一言呟き、その反応を待つでもなく、再び布団に倒れ込む。そして4時、再びモ-ニングコ-ルが鳴った。酒は抜けていないし、眠いし、余程今日の山行はドタキャンしようかと思った。勝手に2人で行ってくれ!と余程言いたかったが、そんな訳にもいかず嫌々起床。車から出て2人のもとへ行くと、既にやる気満々の顔つきで出発の支度をしていた。5時発を目指し、僕も早速準備にとりかかる。全員の準備が整った後、中尾まで各々の車で行き、そこから僕の車1台で新穂高の無料駐車場へと向かう。3連休の中日、混んでいることは承知していたが、1台くらいなら運が良ければ停めれるだろうと思っていた。しかし国道から駐車場入口へと入り、警備員の姿を目にした時点で新穂高発は諦めた。ここに警備員がいる時点で既にアウトで、たとえ空があったとしても中には通してもらえない。仕方なく中尾に戻り、5:15、中尾橋をスタ-トした。
DSC01326_convert_20190918134017.jpg
新穂高登山指導センタ-

中尾から新穂高へは2.5㌔の道のりとなる。きつい右俣林道の上りに備え、この事前ランは足慣らしには丁度いい。新穂高登山指導センタ-で登山届を提出し、右俣林道へと進む。この林道にいい思い出はないが、走れるようになった今では味わう苦しみは半分以下で済む。新穂高から林道終点となる白出までは標準コ-スタイム(CT)2時間。これまで何度も走っているが、おそらく一度も歩かず(当然休まず)走り切ったという経験はない。大概途中の穂高平辺りで休まないとしても歩きくらいは一度入れるが、今日はほっしゃんにかなりしごかれた。『穂高平で一旦歩くぞ!』と確かに僕は言ったはずなのに、その声が届いていなかったのか、或いは軽く無視されたのか、穂高平も完全スル-。おいおい、マジかよ・・。ほんと勘弁してほしかったが、僕は半べそをかきながら休憩代わりに写真を1枚撮り、直ぐにほっしゃんを追いかける。何だアイツ、昨夜のエロ親父とは全く別人じゃないか!待ってくれ、ほっしゃん。待ってくれ、ス-パ-エロ親父!
DSC01327_convert_20190918153940.jpg
穂高平

何とかほっしゃんのしごきに耐え、ようやく待望の白出沢に到着。新穂高からここまで46分だった。ほっしゃんにせよ、タッちゃんにせよ、先に行かせるとロクなことはない。しかしここからは完全に僕のテリトリ-。一切主導権を譲るつもりはない。等間隔の隊列を組み、僕、波ちゃん、ほっしゃんの順で黙々と進む。途中横切る滝谷は、大雨の際は注意しなければならない。過去には増水した川を渡ろうとして3人が流され死亡する事故が起きている。ちなみに僕は以前、白出沢の増水で川が渡れず、ストックが流された挙句、止む終えず撤退に追い込まれたことがあった。先程の林道は歩くことすら許されず、精神的にも肉体的にもかなり苦労したが、登山道では岩場は気兼ねなしに歩けるし、ランナ-からすればそこら中が休憩ポイントだ。ハイペ-スでじわじわと高度を詰め、新穂高から1時間55分で槍平に到着。
DSC01333_convert_20190918134037.jpg
ヒカリゴケ
DSC01335_convert_20190918134050.jpg
滝谷
DSC01337_convert_20190918134103.jpg
ハイペ-スで進む
DSC01340_convert_20190918134116.jpg
槍平小屋到着

槍平小屋で初めての休憩を取る。朝食におりぎりを食べ、水筒の水も満タンにしておく。この先稜線に上がると双六小屋まで水場はないので、僕は通常の750ml、500mlだけでなく、今日は1㍑の予備水筒も持ってきた。ここから始まる南岳新道は中々の急登だが、やはりこういう急登は下りで使うより登りで使う方が理にかなっていると思う。ガンガンと飛ばし、高度を上げていく。やがて笠ヶ岳の眺望が見えてきた。その右手前には飛騨の展望台・奥丸山も見える。その2つの山は当初同じ目線の高さに見えていたが、高度が上がるにつれ、その上下関係は明らかになってきた。しばらく頑張って登り、振り返る度にその見え方が変わってきて面白かった。
DSC01344_convert_20190918134132.jpg
笠ヶ岳(左)と奥丸山(手前)

樹林帯を抜けると、一気に高度感が増してくる。ほっしゃんが岩肌を登ってくる姿は、さながらTJARのワンシ-ンのようだった。太陽がもう少し高い位置にいれば、もう少しいい写真が撮れたのに残念だ。右の方向には穂高の峰々や、焼岳なんかもよく見える。大キレットは直ぐそこに迫り、中々見れない角度からその全貌を眺めては楽しんだ。南岳新道のこの辺りを歩いていると、左下に道筋が見えてくる。見るからに登山道のようだが、おそらくこれは旧道なのだろうなと思う。新道から取り付く箇所はないので、危うく迷い込むことはなさそうだ。今では使われていない旧道ではあるが、遠くからでも確認出来る道筋を見て、ナスカの地上絵(ペル-)を思い出した(見たことはないが)。
DSC01350_convert_20190918134319.jpg
樹林帯を抜け
DSC01354_convert_20190918134333.jpg
稜線を捉えた
DSC01355_convert_20190918134358.jpg
中腹をトラバ-ス
DSC01356_convert_20190918134425.jpg
笠ヶ岳
DSC01357_convert_20190918134502.jpg
目指せ、最強女子!
DSC01358_convert_20190918134529.jpg
大キレット全貌

そしてようやく稜線まで登り上げた。新穂高から約4時間、だいたいいつもこんな感じだ。波ちゃんは林道の上りランでも、登山道の急登でも少々離れてはいるが、大きく離れないのが本当に凄いと思う。あまりにも距離が離れたら僕ら男性陣は波ちゃんを待ちながら少し休んでいるが、彼女が合流するなり直ぐに再始動。その為、結局は波ちゃんだけ道中は全く休めていない。ここまで強い女性は僕は今まで見たことがないし、そうそういないだろうと思う。そしてこの”亀戦法”は距離が延びる程威力を発揮することを、僕らは先週の白山白川郷で散々思い知らされた。そして今回もまた、彼女の強さを目の当たりにすることになる。
DSC01361_convert_20190918134619.jpg
南岳小屋


つづく・・



| | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(0)~山と酒、どっちがメイン?

先週の白山白川郷に続き、今週は地元山域に入った。日中は小学校の運動会があり、先週山旅を共にしたほっしゃんやタッちゃんだけでなく、康介なんかとも立ち話をした。康介は今、PTAの広報委員長を任されているようで、昨年のヒラから見事昇格したそうだ。来年TJAR連覇で引退した暁には、そのスピ-チ力を活かし是非PTA会長でもやってくれよと言っておいた。康介に先週の白山白川郷の話をすると、来年のTJARが終わったら是非一緒に連れて行って下さい!と目を輝かせてニコニコ言ってきたが、どうせ得意の社交辞令だろと僕は意に介していない。僕は彼らより若干年上だが、子供が7人もいると大学生から赤ちゃんまでその親とは幅広く対応出来る。明日は波ちゃんの希望もあり、中尾発着で焼岳~上高地~前穂高岳~奥穂高岳~涸沢岳~新穂高のCT24時間(+ロ-ド2.5㌔)をやろうと急遽コ-スを変更した。このまま予定通り焼奥穂に行くなら、2時起床、3時発のつもりでいた。しかし刻々と時は流れ、21時お開きの予定を過ぎても全く終わる気配がない。僕らは山に登りに来たのか、酒を飲みに来たのか、一体どっちがメインなんだ?全てを統括する僕ですら、何がしたいのかよく分からなくなってきた。ただコ-スは他に2つ用意していたので、ここは当初考えていた緩めのコ-ス(新穂発着、南・槍・双六周回、CT22)に戻そうと思い、気にせず宴をそのまま続けた。『既にもうジャ-ニ-は始まってますね!』とほっしゃんがニコニコしながら呟く。
DSC01311_convert_20190916172142.jpg
ほっしゃん曰く、『ここからがジャ-ニ-ですね!』

この場所は車中泊を好むキャンパ-にとっては都合がよく、僕らの宴の並びには似たような光景がずらり続いていた。新発売の僕のN-VANに2人の年配男性が各々反応し、使い心地や燃費、値段について色々と質問をしてきた。車中泊を好むアウトドア派にとって、維持費のかからない軽のN-VANはやはり気になる車種の筆頭格なのだろう。ちなみに僕としての感想は遊びとしては使えるが、仕事には全く使えない。荷台の横幅が極端に狭くなった為、測量道具一式が満足に積めず、いちいち後部座席を前に倒しフラットにする必要が出てくる。途中の高さで止まらない首当て、後部座席の背もたれが後ろに倒れない、助手席の前後移動が出来ない等、前車種バモスと比べ極端に劣り、不満を言い出せば切りがない。各自持参のビ-ルやチュ-ハイも無くなり始め、ホットワインに移行。少し肌寒い星空の下で飲むホットワインは正に格別だった。更に夜は更け、僕のフラスコを皆で飲み回す。初めて口にしたほっしゃんは、『ク-ッ、来た!一気に来ますね。やっぱ男って感じですわ!』と悪そうな顔で、何を今更的な発言をした。ウィスキ-やラム、ジンなど強い酒は、そのまま飲むのがやはり一番いい。水や氷、ましてや炭酸で割るような軟な飲み方は、格好悪過ぎて山男のするものではない。
DSC01312_convert_20190916172155.jpg
カップ麺で夕食  ※それにしても、ほっしゃん顔怖すぎ
DSC01317_convert_20190916172218.jpg
ほっしゃん曰く、『ク-ッ、来ますね!男って感じですわ』

フラスコ2本を3人で回し、日付けは日を跨いでしまった。それでも”山に登る”という本質だけは失わず、宴を強制終了した後温泉に入り、深夜1時各々の車へと戻った。明日はコ-スタイムが最も短いタツノオトシゴ(CT20時間半)にコ-スを落とすつもりで、僕の気持ちは既に固まっている。ただ、問題は出発時刻。このメンバ-なら10時間もあれば充分帰って来れるので、僕的にはスタ-トをどれだけでも遅らせたかった。しかし他の2人が譲らない。『俺らは寝ずにミラ-ジュランド~上高地~自宅を数日かけてやりましたから、寝んでも大丈夫っすわ!』とほっしゃんが完全に酔っぱらった逝った目つきで僕に訴える。『そうじゃなくて、俺は酒の話をしてるんだ!』と返すが、頑固者の2人は僕の主張を珍しく拒み続けた。これだけ酒を飲んで2時間で起きれる(酒が抜ける)はずがない・・。僕はそう思ったが、仕方なく3時起床、4時発で結局は僕が折れることになった。
DSC01316_convert_20190916172208.jpg
ウィスキ-(フラスコ飲み)訓練中
KIMG2811_convert_20190916202847.jpg
夜の宴


つづく・・



| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白山白川郷(4)~白川郷、そして平瀬へ

image4-.jpeg
白川郷散策


・・前回の続き


中宮道登山口に無事下山し、ようやく長い山の部が終わった。当初”絶景を眺めながらの爽快トレイル”を誰もが頭に想い描いていたが、結局は藪に苦しまされた荒行の部分が多数を占めた。登山口(下山口)から直ぐのところに水場があった。僕だけでなく、仲間も皆腕も脚も泥まみれで、見るからに汚ならしい。僕はこの後ヒッチハイクをすることに決めていた。ヒッチハイクは若い頃よくやっていたので、一応心得はある。上手くいけば数分、最低30分もあれば成功するだろうとかなりの自信もあった。ただ問題は、そもそも通行車両がいるかどうか。閉鎖時刻も迫っているし、出来れば用事で岐阜県側に抜けるような仕事車両に乗せてもらえればラッキ-だなと思っていた。ヒッチハイク(タダ乗り)を大前提とし、どうしても車がつかまらなければ『代わりに通行料金を僕らが支払うので、何とか乗せて下さい・・』という最終手段(タッちゃん発案)も備えてはいた。いずれにせよ泥だらけの格好では明らかに敬遠されるし、頼む側として大変失礼な話だ。少しでも印象を良くしようとする手法は、ドロンズの笑顔作戦にも似ている。そんな訳で僕はこの先に備え、仲間に泥を落とさせた。
DSC01255_convert_20190916102555.jpg
この後に備えて全身の泥を落とす
DSC01256_convert_20190916102619.jpg
中宮温泉

舗装路を力なく走り、白山白川郷ホワイトロ-ドの中宮料金所(石川県側)まで下りてきた。到着するなり、僕はゲ-トの数十m手前で早速一人ヒッチハイクを始める。仲間3人は料金所に出向き、何やら尋ねていた。しかしここでの係員(オバちゃん)とのやりとりが、後に僕らの運命を左右する。早速僕の方も車が1台止まった。・・と言うよりは半ば強引に止めた。こんな通行量の少ない場面で律儀に親指を立てていても、車が止まってくれる確率はほぼゼロに近い。以前岳登と中東を旅した時のヨルダンでのヒッチハイクの時程今回は切羽詰っていなかったが、僕は車の前に立ちはだかるように手を挙げ、確実に車を止めた。間違えて石川県側に下りてしまい、帰れなくて困っている旨を告げ、ドライバ-に懇願。しかしこの車は白川村へは行かないと断わられた。料金所から戻ってきた仲間は、『一先ず事務所に行ってみたら』というアドバイスを得ていた。僕はゲ-ト近くのこの場所でヒッチハイクを続けたかったが、車がつかまっても仲間が近くにいない・・では話にならないので、仲間を追うように歩きながらヒッチハイクを続ける。颯爽と無視されたスポ-ツカ-以外、やって来た車は全て止めた。見通しが悪い曲がりカ-ブでは、後続車の追突を避ける為、ほっしゃんらに交通誘導を任せた。ドライバ-は皆好意的に話を聞いてくれたが、これから中宮温泉に行く、乗せてあげたいが4人は無理だ、頂上の三方岩までなら乗せてあげられる等、条件が合わなかった。概ね印象は悪くないので、ゲ-ト前で粘れば確実に成功しそうな感じではある。
DSC01259_convert_20190916102636.jpg
中宮料金所(石川県側)  ※料金所で尋ねたことが、この後のタ-ニングポイントとなった
DSC01260_convert_20190916102653.jpg
白山林道(ホワイトロ-ド)石川管理事務所

料金所のオバちゃんから指示された管理事務所に着いた。話の概要はオバちゃんから伝わっていたようで、僕らの姿を見かけるなり、男性が建物から出てきてくれた。話によると、道路パトロ-ルが閉鎖の17時にあるのでそれに乗せてくれるという。僕らは乗せてもらえるなら何時でも嬉しかったが、事務所の男性は更に機転を効かしてくれ、何やら内部で調整をしてくれた。その結果、今から馬狩料金所まで僕らを運んでくれるという有り難き言葉が返ってきた。1日4回行われる道路パトロ-ルのおそらく3回目の便として、急遽僕らを乗せて発車するというのだ。助かりました。本当に有難うございます!皆喜び、しきりに感謝した。全く融通の利かない乗鞍スカイラインとは雲泥の差だ。紅一点の波ちゃんを助手席に乗せ、ヒッチハイクの鉄則に則り、終始ドライバ-との会話に努める。この道路は歩行禁止で登山者も釣り人も断じて通行出来ないと言う。それにしても今改めて通ってみて、この坂の上り下りはかなり大変だろうなと思った。それに水場もないし、そもそも携帯の電波も入らない。三方岩駐車場が岐阜管理事務所との管理境のようだったが、事前に先方に話を付けてくれていたのか、乗車人数の関係(中宮の車は最大5人、馬狩はおそらく最大4人乗り)で本来の管轄を越え終点の馬狩まで僕らを送ってくれた。やはり旅は融通の利く少数に尽きるが、本来は多くても2、3人がベストだろう。こうして僕らは無事、当初下山予定だった馬狩まで瞬時にしてワ-プした。
DSC01261_convert_20190916102706.jpg
馬狩料金所(岐阜県側)  ※ビザ(車)がないと通過出来ない、ある意味ここは国境

ゲ-ト前の空き地でしばし休憩。各自おにぎり等の補給を摂りながら、シナノキ平避難小屋からここまでの出来事を面白おかしく振り返る。結局これが旅なんですね・・とメンバ-の誰かが言った。強引な後付け感は否めないが、結局はアクシデントを含め道中起こる全てを楽しんでこそ、僕のジャ-ニ-、すなわち『山旅』は完結する。メンバ-もここまでの流れが余程新鮮だったようで、普段のアスリ-ト系ではなく、僕の旅系に少しは興味を抱いてくれたようだ。タッちゃんとほっしゃんはどこか調子が悪いのか、白川郷をゴ-ルにするので迎えに来て・・と言っている。当初(山行数日前)僕はそんな中途半端な仲間に、『最後まで来れないなら参加は見送ってくれ!』、『白川に迎えに行く気なんて更々ない!』と厳しく言ってきた。しかし今となっては試練を共に乗り越えて来たことで仲間感は一層増し、『仕方ない、迎えに行ってやるか』と僕もかなり温厚になっていた。ほっしゃんが後ろに送れている。先程のパト車の中では僕と波ちゃんだけが元気で、後の2人は笑う元気もなかった。
DSC01263_convert_20190916102956.jpg
白川郷に向けて、ラン再開

しかしほっしゃんはいつしか復活し、気付くと僕らの後ろについていた。4人揃って橋を渡り、荻町集落へと近付いていく。そして荻原の信号より徒歩に切り替え、世界遺産白川郷の散策を始める。大汗を垂らしながら歩く僕らの姿は、おそらく異様な光景だったと思う。飛騨人である僕らにとって白川は特に珍しい所ではないが、意外にもほっしゃんは初めてだと言う。しかしその記念すべき初白川を今こうして、それも考えられる最も困難な方法で訪れ、今日の思い出はほっしゃんの脳裏に深く刻まれたことだろうと思う。昔岳登と立ち寄ったソフトクリ-ム屋で、皆今日一番楽しみにしていた”どぶろく風ソフトクリ-ム”を堪能。中宮料金所で僕らを見かけたという夫婦が話しかけてきて、僕らが何故ここにいるのか不思議がっていた。締めはコ-ラで喉を潤し、メンバ-皆大満足。再び白川郷をゆっくり散策し、『僕らの白山白川郷』の証拠用に合掌家屋を背景に人力車の車夫に写真を撮ってもらう。そして集落散策を終え、再びラン再開。ゴ-ルとなる道の駅・飛騨白山までは残り12㌔程となっている。
DSC01264_convert_20190916103009.jpg
国指定重要文化財 和田家
DSC01267_convert_20190916134633.jpg
どぶろく風ソフトクリ-ム  ※1個350円
DSC01268_convert_20190916103023_2019091613470728e.jpg
コ-ラが美味い
DSC01274_convert_20190916103040.jpg
世界遺産 白川郷合掌造り集落 (1995年登録)
DSC01276_convert_20190916103053.jpg
白川郷散策を終え、いざ最終ロ-ドへ

ソフトクリ-ムを食べたことが余程嬉しかったのか、タッちゃんは完全に復活した。走り出すと直ぐに飛び出し、僕らとの差はみるみる広がっていった。あんなお調子者はほっといて、3人で確実にペ-スを刻む。このまま3人でゴ-ルすものと思っていた。ほっしゃんの復活具合はまだ見抜けないが、波ちゃんは今日まだ疲れた表情を見せていない。それは僕も同じで、馬狩から白川へのロ-ドも快調だった。そんな中、遅れたのは僕だった。国道156号に出て、最初の洞門辺りで走り続けるのが辛くなった。少し歩けばまた走れるような状態だったので、しばらくは離れ行く2人の姿を捉えながら、その後姿を視界から消さないように必死に食らいついていた。しかし走り続ける者と時折歩く者との差は顕著に現れ始め、いつしかその後姿は僕の視界から完全に消えた。そして僕の一人旅が始まった。
DSC01279_convert_20190916103202.jpg
野谷橋  ※既に皆に引き離され、最後尾を一人旅

予想に反し上り下りが多く、結構きついロ-ドだった。計画時点から僕が一番心配していたのは、この最終パ-トのロ-ドであった。この国道156号線は僕が目指す『さくら道』でも通るコ-スだが、『やっぱ俺には永遠に無理だな・・』とトボトボと坂道を進む。遥か前には仲間がいるはずで、その数㌔後ろを僕は歩いている。きっと擦れ違うドライバ-は、僕のことを随分遅い奴だと思ってるんだろうな。ネガティブにそう考えながらも、『俺が遅いんじゃない。アイツらが早過ぎるんだ!』とムキになり自分を慰めた。そしてようやく『平瀬』の文字が出てきた時は心底嬉しかった。タッちゃんはおそらく17:40頃にゴ-ルするだろう。続く2人も17:50頃には着くだろう。出来れば僕は18時には着きたかったが、相変わらず走り通せないし、時間的な目標は捨てた。ただ単に早くゴ-ルに着きたい・・。その一心だった。
DSC01280_convert_20190916103215.jpg
ようやく『平瀬』の文字が出てきてくれた

新平瀬トンネルを抜けて、ゴ-ルが近いことを悟った。そして待望の道路標識。道の駅・飛騨白山へは1㌔と表示されている。『ナイス看板!』と内心叫ぶ。この種の標識は大概残り2㌔が多かったような気もしていただけに、その僅か1㌔の差が疲れ果てた僕にはすごく嬉しかった。ラストスパ-トする力は残っていないが、一応歩かないように頑張って腕を振る。そして更に待望の次の道路標識が現れた。次の表示は道の駅・飛騨白山まで300m。またもラッキ-、200m得した。この標識を遠越しに見つけた時、僕はその距離に注目した。僕は視力が0.1前後と悪い為(運動時はメガネをかけない)、近付かないと小さい文字は判別出来ない。そして残り500mだと思っていた距離が残り300mだと知った時、またも『ナイス看板!』と心の中で叫んでいた。この距離表示は死にかけたランナ-には大変有り難い。
DSC01282_convert_20190916103234.jpg
ゴ-ルまで1㌔  ※表示が残り2㌔だったら、多分心は折れていた
DSC01283_convert_20190916103246.jpg
ゴ-ルまで300m  ※この表示も残り500mでなくて助かった

ゴ-ルに着くと、波ちゃんがニコニコしながら歩み寄ってきた。皆は17:50に揃ってゴ-ルしたようで、最後デットヒ-トで波ちゃんがスピ-ド系の2人を振り切り、トップでゴ-ルした。タッちゃんとほっしゃんには、僕は内心裏切られたと思っている。馬狩でのあの超弱気な発言は一体何だったんだ。何が迎えに来いだよ。それに対し波ちゃんはかなり強かった。あの子はどんな状態でも確実にマイペ-スを貫き、決して笑顔を絶やさない。男性陣はもっと鍛錬が必要ですね・・。タッちゃんは別れ際僕にそう言ったが、その言葉の意味は僕が一番重く受け止めている。今日のジャ-ニ-で株を上げたのは間違いなく、唯一波ちゃんだけ。しかし彼女の勢いはまだまだ止まらない。翌週のジャ-ニ-でも、僕とほっしゃんは彼女の強さを目の当たりにすることになる。
DSC01284_convert_20190916103259.jpg
仲間より20分遅れてゴ-ル
DSC01285_convert_20190916103310.jpg
皆強ぇな
2_convert_20190916151640.jpeg
道の駅・飛騨白山  ※左からほっしゃん、僕、タッちゃん、波ちゃん

≫ Read More

| | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT