FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな『令和』時代が始まる

2019年5月1日、『令和』という新たな時代が幕を開けた。『昭和』に生まれた僕は、『平成』、『令和』と、これで3つ目の元号となる。年齢で単純に考えても後2つの元号は経験しそうに思えるし、5つの元号を生き抜くなんて何か凄いことのようにも感じる。ところで菅官房長官が新元号発表の会見で掲げていた墨書『令和』を揮毫したのは、実は内閣府の辞令専門職である飛騨市古川町出身の書家・茂住修身さんだった(国民栄誉賞の表彰状なんかも書いている)。ちなみに僕の母は長いこと書道をやっていたので、あの墨書『令和』を一目見て、茂住先生の字だと直ぐに分かったそうだ。そんな時代の大仕事を成し遂げた茂住さんが令和初日となる5月1日に飛騨市役所を訪ね、書家『茂住菁邨』の名で改めて書き上げた『令和』の書と、新元号の出典となった万葉集の序文を書いた色紙の2点を市に寄贈した。同じ飛騨人として僕も大変誇らしく思うし、ノ-ベル物理学賞受賞の梶田教授(ス-パ-カミオカンデ)から始まり、映画『君の名は。』の聖地巡礼、昨年の根尾君フィ-バ-に続き、飛騨は今かなり盛り上がっている。
中日新聞Web

image1_convert_20190503155234.jpeg
茂住菁邨書『令和』と都竹市長(右)  ※飛騨市役所市長室にて


≫ Read More

スポンサーサイト



| 未分類 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛騨の土偶

休日の昼下がり、子供達を連れて散歩がてら土偶を見てきた。僕はこういった分かり易い展示品が結構好きで、『縄文時代』という響きからもロマンを感じ、凄く興味をそそわれる。それに”無料”ということも相まって、是非とも見ておきたいと数週間前からチラシは見易い場所(トイレ)に置いておいた。初めて中に入った狭い館内には、コの字型に並んだテ-ブルに飛騨各地の遺跡から出土した土偶が、丁寧にレイアウトされて並んでいた。しかし生憎子供達には全く興味がないようで、数秒で早々と退散。おかげで僕一人、ゆっくりじっくり鑑賞することが出来た。
DSC06013_convert_20181105185057.jpg
岐阜県文化財保護センタ- 飛騨国府事務所
DSC06011_convert_20181105185042.jpg
広報チラシ
DSC06010_convert_20181105185032.jpg
縄文土器(深鉢、浅鉢)  ※荒城神社から出土
DSC05989_convert_20181105184818.jpg
ひっそりとした館内は子供には退屈

西田遺跡。高山市丹生川町折敷地、平成5・6年に発掘調査。20万点にも及ぶ遺跡が出土し、土偶の出土も破片数で100点、個体数で73体以上になり、県内でも有数の出土数を誇る。山形土偶は土偶としては珍しい完体であることなどから、今年の夏に東京国立博物館で開催された『縄文の美-1万年の鼓動』展に、岐阜県の遺物として唯一展示された。
DSC05992_convert_20181105184838.jpg
西田遺跡の山形土偶
DSC05990_convert_20181105184827.jpg
その気になれば30分くらいは眺めていられる

岩垣内遺跡。高山市丹生川町板殿、平成10年に発掘調査。縄文時代中期から後期にかけての住居跡が45軒確認され、約30万点もの遺物が出土した遺跡。120点の土偶の破片が出土し、この数は飛騨地方で最多となる。顔の土偶(仮称)は沈線で表された目や鼻、口がユニ-クな表情を作っているのが特徴的。他に赤色顔料が塗られた土偶もある。
DSC06007_convert_20181105185016.jpg
岩垣内遺跡
DSC06004_convert_20181105184951.jpg
顔の土偶
DSC06005_convert_20181105185001.jpg
バンザイ土偶

そもそも土偶とはなんぞや・・。そんな疑問が出始めた頃、丁度順路は説明パネルに達していた。後にウィキペディア(Wikipedia)でも調べてみると、土偶とは人間(特に女性)を模して、あるいは精霊を表現して作られたと考えられる土製品で、日本では縄文時代に沖縄県を除く地域で製作された。動物をかたどったものは動物土偶と言い、古墳時代に製作された埴輪はかつては埴輪土偶とも呼ばれていた。発掘調査している現場は以前からたまに目にしていたが、そこで何が行われていたのかはよく分かっていなかった。しかしこうして出土品を目にしたことで、謎がまた一つ解けた気がする。
DSC06000_convert_20181105184938.jpg
土偶とは何か?
DSC06001_convert_20181105184930.jpg
土偶の形の変化
DSC06002_convert_20181105184917.jpg
展示した土偶が出土した遺跡の位置
DSC05995_convert_20181105184850.jpg
荒城神社遺跡  ※高山市国府町宮地、平成5年に発掘調査
DSC05997_convert_20181105184859.jpg
上岩野遺跡  ※高山市清見町牧ヶ洞、平成13年に発掘調査

| 未分類 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいちゃん発祥の店

仕事で直ぐ近くまで来たので、前から一度来たかった下呂市野尻の『まるはち食堂』へ行ってきた。度々テレビの番組で紹介される程の有名店のようで、昼時には行列が出来るそうだ。僕は現場が終わり15時過ぎに入店したが、時間的に客は他にいなかった。席に着くなり、迷わず『けいちゃん定食(1050円)』を注文。味は当然美味しいが、けいちゃん自体、店だろうが市販品だろうがどこで食べても美味しいに決まっている。値段は当初高いと感じていたが、食事を終え、その思いは一層高まった。量は一見多く見えるが、プレ-トの中央が盛り上がっている為の錯覚で、実際はかなり少ない。紙を引く理由は分からないが、肉が程良く焼き上がる頃には、キャベツは縮み過ぎてほとんど消えて無くなっている。焦げ目の付いた美味しそうな肉は紙にくっ付き、取り難くて難儀する。『発祥』と言う気になるフレ-ズと評判を聞いて楽しみにしていたが、萩屋ケイちゃんで充分だと思った。
DSC04507_convert_20180507204001.jpg
けいちゃんの まるはち食堂
DSC04502_convert_20180507203906.jpg
メニュ-
DSC04497_convert_20180507203747.jpg
けいちゃん定食(1050円)
DSC04504_convert_20180507203918.jpg
まるはち規則
DSC04496_convert_20180507203831.jpg
規則を読み、慌てて混ぜ始める
DSC04501_convert_20180507203854.jpg
有名人も多く訪れている  ※中日の岩瀬選手や堂上選手など
DSC04499_convert_20180507203842.jpg
当然美味しいが値段がな  ※せいぜい600円くらいが妥当だろう

| 未分類 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩崎宏美コンサ-ト

地元の金融機関”ひだしん”が主催する、『岩崎宏美コンサ-ト』に行ってきた。来年赤いドレスを着るというお歳らしく、僕とは一回り以上の歳の差がある。当然僕はリアルタイムでは知らず、代表曲は『タッチ』くらいしか思い浮かばない。銀行の担当者に手配してもらったチケットは、ほぼ真正面で前から6列目と8列目という中々のポジション。今夜は嶺花(中2)を誘いやって来た。公演10分前に行われた抽選会。20枚用意されたサイン入りの最新アルバムが、その場でくじ引きされ、当選者に配られていく。ステ-ジ上の司会者から順に席番号が呼び挙げられ、当選者にCDが渡される。僕の2枚は共に惜しかったが、結局運はなかった。隣のご夫人は見事当選して喜んでいたが、その後の公演でも終始リズムを取りながら聞き惚れていた程なので、やはりこういう熱心なファンの方に当たって良かったと思う。客層は当然年配の方がほとんどで、40代以下はほとんど見かけなかった。
002_convert_20171013163301.jpg
ひだしん お客様謝恩コンサ-ト  ※勿論フリ-

娘も公演後言っていたが、ドラムの演奏が一際目立っていた。確かに僕もドラムに目が行き、一度見てしまうと、歌い手そっちのけで釘付けになってしまった。音が大き過ぎるのかなとも思ったが、ドラムの演奏には惹きつけるものがあった。意識して顔を歌い手に戻し、熱唱に聞き入る。自身も声優で参加したというディズニ-映画『美女と野獣』のテ-マ曲や、NHKの朝ドラの主題歌などを交え、自身の曲を若い頃のヒット曲や最新アルバムの中からメドレ-で熱唱。持ち歌のヒット曲ですらほとんど知らなかったけど、どれもが名曲で、何より歌唱力が本当に素晴らしかった。歳は重ねても、変わらない歌声に感動しきりだった。時折交えるMCも上手で、さすがはキャリアが長いだけはあるなと感じた。そして最後に歌ったのが、聖母(マドンナ)たちのララバイ・・。熱唱にも更に輪がかかり、僕にとっても忘れられぬエンディングとなった(この後、アンコ-ルも1曲あった)。




あれ??、ところで代表曲のタッチは・・。家に帰り妻に訊いたところ、『それは確か妹の岩崎良美じゃなかったっけ・・』と驚きの発言。その程度の僕でも楽しめた、実に素晴らしいコンサ-トでした。ひだしんさん、有難うございました。そう言えばスク-ルウォ-ズで献身的なマネ-ジャ-役(イソップに告白されたが、彼女はひそかに滝沢賢治に恋していた)をしていたのは、どっちだっけ・・。僕には未だに二人の違いがよく分からない(結局スク-ルウォ-ズに出ていたのは岩崎良美の方だった)。

≫ Read More

| 未分類 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ト-クセッション&はなわミニライブ

『ト-クセッション&はなわミニライブ』に娘2人(嶺花、ナナ)を連れて行ってきた。MCを務めたヒッツFMナビゲ-タ-の遠藤さん、スペシャルゲストのはなわさん、さすがは共にプロの喋り手だけはあり、聴き手を引きつける話術は絶妙であった。『佐賀県』の熱唱で開演し、ト-クセッションテ-マ『子育てってなに?』では、はなわさんが子育て論を展開。4年に1度しか怒らない・・という話を聞き、毎日怒ってばかりの僕とは正反対だなと思った。はなわさんの3人の息子は柔道をやっており、その実力は全国レベル。誰一人として、親が無理やりやらせている訳ではない・・という話を聞いた時、隣に座る娘2人は顔を合わせて僕の方をじっと見つめていた。私らはパパがうるさいで、仕方なしに嫌々柔道をやっている・・。そう言いたいのだろう。楽しいト-クも終わり、いよいよミニライブの始まり。ハプニングによる歌い直しもあったが、2曲を終え、最後にはもちろん名曲『お義父さん』。この歌を初めてテレビで聴いた時、思わず涙ぐんでしまった。実際今こうして目の前で聴いて、感動したことは言うまでもない。出来ればこの時も、後ろのスクリ-ンで映像を流してほしかった。
003_convert_20170901105734.jpg
前から3列目の中央左寄り
002_convert_20170901105749.jpg
無料チケット


≫ Read More

| 未分類 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT