| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ト-クセッション&はなわミニライブ

『ト-クセッション&はなわミニライブ』に娘2人(嶺花、ナナ)を連れて行ってきた。MCを務めたヒッツFMナビゲ-タ-の遠藤さん、スペシャルゲストのはなわさん、さすがは共にプロの喋り手だけはあり、聴き手を引きつける話術は絶妙であった。『佐賀県』の熱唱で開演し、ト-クセッションテ-マ『子育てってなに?』では、はなわさんが子育て論を展開。4年に1度しか怒らない・・という話を聞き、毎日怒ってばかりの僕とは正反対だなと思った。はなわさんの3人の息子は柔道をやっており、その実力は全国レベル。誰一人として、親が無理やりやらせている訳ではない・・という話を聞いた時、隣に座る娘2人は顔を合わせて僕の方をじっと見つめていた。私らはパパがうるさいで、仕方なしに嫌々柔道をやっている・・。そう言いたいのだろう。楽しいト-クも終わり、いよいよミニライブの始まり。ハプニングによる歌い直しもあったが、2曲を終え、最後にはもちろん名曲『お義父さん』。この歌を初めてテレビで聴いた時、思わず涙ぐんでしまった。実際今こうして目の前で聴いて、感動したことは言うまでもない。出来ればこの時も、後ろのスクリ-ンで映像を流してほしかった。
003_convert_20170901105734.jpg
前から3列目の中央左寄り
002_convert_20170901105749.jpg
無料チケット


≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浜田省吾~国連難民支援チャリティ-コンサ-ト

浜田省吾 ON THE ROAD 2016 SPECIAL 国連難民支援プロジェクト サポ-トの為のチャリティ-コンサ-ト。昨年11月のコンサ-トは凄過ぎた。さすがは浜省、とその余韻はいつまでも僕の中で衰えることはない。そんな折、又も名古屋でコンサ-トが行われるという情報を得た。自分ばかりズルいと娘には不評だが、聴くこともチャリティ-につながると申し込みを決断。そして申込初日を待ち、早速WEDで申し込む。しかし数日後、届いた結果は見事『落選』。昨年散々落選していただけに、今更驚きもしない。まぁ、そんなもんだろう・・。実際昨年のコンサ-トだけで十分満足していたので、当選したら儲けもんくらいの軽い気持ちだった。しかし展開は思わぬ方向へと進んでいく。当選者にキャンセルが出たからか、何故か僕が繰り上げ当選となった。

そして迎えた2017年4月19日。ここは名古屋、日本ガイシホ-ル。17時の開場より1時間早く会場に到着。そこでは何やら路上ライブが行われていた。自身も浜省が好きだと言う藤本僚(シンガ-ソングライタ-)が浜省の歌を数曲歌っていた。とても上手い。それに一生懸命歌う姿に僕は感動し、開演前から胸が熱くなってきた。多くの聴衆が彼を囲んでいる中、彼は突然夢を言い出した。大きな夢を公言することで、きっと自分自身を奮い立たせているのだろう。夢を持った人間ほど、かっこいい者はない。浜省を好む同じ感性の持ち主として、是非とも夢を実現させて欲しいと心から思った。
007_convert_20170421152251.jpg
頑張れ!藤本僚
008_convert_20170421170412.jpg
アンコ-ルも良かった
012_convert_20170421152306.jpg
ツア-トラック
013_convert_20170421152316.jpg
客の年齢層は高い

今回僕の座席は、2階スタンドHブロック13列14番。前回のように1階正面のアリ-ナ席ではなかったが、意外と好位置だった。今回のチャリティ-コンサ-ト、前回と全く違う構成を期待していたが、曲目はほぼ前回と同じで少し残念。しかしそれでも今回も3時間半、浜省は満員の聴衆を熱唱の渦に包んでくれた。恒例の年齢調査ではやはり50歳代が最も多く、続いて40歳代。60歳代、70歳代の先輩方も立ち上がり、懸命に腕を上げていた。やっぱり何度見ても浜省はかっこいい。せめて髪型くらいは真似しようかな・・。僕の髪も早く白くならないかな・・。浜省を見る度に僕はそう思っている。興奮さめ止まぬまま、駐車場を後に。しかし帰路とは反対方面の車線に出てしまい、意を決してUタ-ン。まさか居ないだろうと思っていたパトカ-にちゃっかり追われ、テンションは急降下。確かにあえてル-ルを破った僕が悪いのだが、ここでUタ-ンを禁止することに何の意味がある。誰かが勝手に決めた無意味なル-ル自体に納得のいかないことも多い。ウルトラ初完走の帰りにも捕まったが、何かしら嫌な思い出が僕には付きまとう。
014_convert_20170421152326.jpg
2階スタンド席
016_convert_20170421152335.jpg
横綱でラ-メン大盛りとライス大  ※ネギは容器丸々2個完食
002_convert_20170421152450.jpg
罰金6000円が痛い  ※2度とUタ-ン禁止では転回しないぞ

| 未分類 | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ON THE ROAD 2016

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016 ”Journey of a Songwriter”。2005年リリ-スのアルバム『My First Love』以来10年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム『「Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』を引っさげての、浜田省吾コンサ-トツア-。浜省の大ファンの僕としてはこの新作CDは即購入し、毎日耳にタコが出来るくらい繰り返し聞き込んできた。10年ぶり(その間にもあったことは後で知った)のコンサ-トがとても楽しみで、即刻ツア-サイトの抽選に申し込んだ。しかし運悪く、まさかの3連敗。昨年は一般2次販売(富山)、直前販売(富山)、直前販売(愛知)と尽く落選し、僕の浜省は幻に終わった。・・しかし運良くツア-は今年も続いていた。これは嬉しい想定外。今年こそは絶対に行きたいと、早速中日新聞先行受付に申し込む。しかし敢え無く、両日ともに落選。しかしめげない僕は、一般販売でついに念願のチケットをゲットした。凄すぎるぜ浜省、どれだけ人気があるんだよ。
008_convert_20161128163156.jpg
SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter”

そして迎えた2016年11月27日(日)、日本ガイシホ-ル(旧レインボ-ホ-ル)。夢の中に舞いこんでいたかのような最高に素晴らしい、感無量のステ-ジだった。『路地裏の少年』から始まり、『今夜こそ』、『モダンガ-ル』、『バックシ-トラブ』、『片想い』、『愛の世代の前に』、『星の指輪』、『ミッドナイト ブル-トレイン』、『こんな夜はI MISS YOU』等々。新作アルバムを中心としつつも、古い歌もたくさん交えての3時間半超。浜省の歌は新旧問わず全て好きだが、『アメリカ』を聞いた時は実際涙が出た。この曲には僕も思い入れがあり、イントロを聞いた瞬間鳥肌が立った。『J.BOY』での盛り上がりも凄かったけど、この日一番の盛り上がりはやはり『I am a father』だろう。到底63歳とは思えないかっこよすぎる浜省だけど、自ずとファンも同じく歳をとってくる。客層は20歳代から70歳代までと幅広くいたが、一番多かったのが50歳代。続いて40歳代。その誰もが両手を高く上げ、腰を振り、大声で歌っていた。ここにいる誰しも、同じ感性を持ったロマンチストばかり。浜省の詩に惹かれ、浜省の世界にどっぷりはまっている。あんな歳の重ね方をしたいな・・。例外なく、皆そう思っただろう。
001_convert_20161128162711.jpg
雨の公演日当日
003_convert_20161128170514.jpg
ツア-トラック
007_convert_20161128163145.jpg
グッズ販売にも長蛇の列
009_convert_20161128163207.jpg
ツア-ポスタ-
011_convert_20161128163220.jpg
アリ-ナ35列47番
012_convert_20161128163231.jpg
余韻冷め止まぬ

| 未分類 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての授業参観

この春、小学生となった我が家の第5子ナナ。時折屈託のない笑顔を見せ、先生や友達と楽しそうに話をしていた。前歯の抜けたこの時期特有の顔立ちが、特に初々しく場を和ませている。国語の教科書を机の上に立て、大きな口を開けて一生懸命朗読している姿は、中々様になっていた。
ナナもお姉ちゃんになったな。勉強はホント楽しいろ。給食はとっても美味しいろ。友達も一杯おるしいいなぁ。学校はホント楽しいろ。これからも、頑張って通ってな。
CIMG0203_convert_20140502175357.jpg
初めての授業参観

≫ Read More

| 未分類 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


すぐ怒る弟
やんちゃな弟
アイスとパン
おかしが好きな弟
いっぱい食べる弟
犬がきらいな弟
ネコが好きな弟

小さい弟
すききらいが多い弟

でも
大好きです

≫ Read More

| 未分類 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT