≫ EDIT

パシャバ-のキノコ岩~東欧周遊編(6)

2017年12月25日
ギョレメ~



038_convert_20180220174030.jpg
パシャバ-のキノコ岩  ※世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキア(1985年登録)
050_convert_20180220174319.jpg
ゼルヴェ屋外博物館
078_convert_20180220175053.jpg
ギョレメの町


見れば見る程、考えれば考える程、自分の中で謎は深まってくるばかりだ。
高さ20mはある長細い岩の土台の上に乗った白の躯体、更にその上には赤茶けた三角屋根の岩がポッコリと乗っかかっている。
その風貌は『キノコ』と言うよりも、岩の上に立つ『住居』と言った方がしっくりとくる。
これら3つのパ-ツは明らかに別のものだろうに、如何にしてそんな高い所にあるというのか。
到底、人力で成せる業ではないだろう。
仮に自然の造形だとした場合、何故に決まって同じ色の組み合わせなのか。
又、何故に一番上の岩だけ、決まって三角に尖がっているのか。

何万年という長い歳月をかけ地層が削られ、周囲が雨で洗われ、今の部分のみ残ったとしか考えようがない。
もしこの推測が正しければ、その組み合わせ、各パ-ツの長さが均一であることの証明はつく。
頂部の三角岩は、どうせ雨で削られたとでも言いたいのだろう。
それにしても、よく落ちないもんだな。
確かにカッパドキアは凄まじく、何度でも感動を与えてくれる。

ここにはギョレメで見た奇岩とは違った、別のカッパドキアが存在した。
ツア-バスが到着する度に、屋台のアイスクリ-ム屋が、トルコアイスを大袈裟に伸ばしながら大声を張り上げている。
『アンニョハセヨ、アイスクリ-ムオイシイヨ!』
よくもまぁ、あれが韓国人だと分かったもんだな。
それにしてもその掛け声、何かおかしくないかい。

≫ Read More

スポンサーサイト

| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬のカッパドキア~東欧周遊編(5)

2017年12月24日
~ギョレメ


069_convert_20180220114820.jpg
世界遺産 ギョレメ国立公園とカッパドキア (1985年登録)
023_convert_20180220115742.jpg
様々な風景に出会うには歩きがベスト
087_convert_20180220115657.jpg
夜景も素晴らしい


朝8時、ミニバスで到着した小さなギョレメの町は、辺り一面が雪景色に覆われていた。
それは僕の地元飛騨の冬景色にもよく似ている。
しかしただ、明らかに何かが違う。
それは町の至る所で聳えている奇岩群の存在だ。
ここは世界中の観光客を魅了する、世界遺産カッパドキア。
その中心地が、ここギョレメとなる。

奇岩を目の辺りにし、僕は思わず言葉を失っていた。
興奮の度合いはカメラの撮影枚数に比例するものだが、その兆候が久々に終始現れていた。
これだけ興奮したのは、いつ以来だろうか。
僕の中での世界3大遺産マチュピチュ(ペル-)、ぺトラ(ヨルダン)、アンコ-ルワット(カンボジア)の中に割り込む程、僕はカッパドキアに釘付けになっていた。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1600年の都を歩く~東欧周遊編(4)

2017年12月23日
イスタンブ-ル~



012_convert_20180216151750.jpg
ビザンツ建築の最高傑作 アヤソフィア
039_convert_20180216152123.jpg
トルコと言えば、ケバブ
061_convert_20180216152443.jpg
イスタンブ-ルではサバサンドも食べておきたい


昨晩はエアコンとオイルヒ-タ-のダブル暖房のおかげで、心地良い睡眠をとることが出来た。
宿での朝食は8時から、屋上の食堂にて食べ放題のバイキング。
内容はパンにパンケ-キ2種、チ-ズやハムはともに2種、それにコ-ンフレ-クやサラダ、フル-ツにヨ-グルトなど。
どれも美味しかったが、その中でもイモとナスの煮物がやけに美味かった。
飲み物はミルクにオレンジジュ-ス、グレ-プジュ-ス、そしてコ-ヒ-に紅茶。

内容的には充分満足出来ていたのだが、何せ厨房に立つ世話人の親父がこの朝食を一気に台無しにした。
取るところをじっと見つめ、食べ放題のはずなのにおかわりする度にブツブツ文句を言い、明らかに不機嫌な顔をする。
何だこのクソ親父、お前のせいで印象は最高に悪いゾ!
食堂を出て階段を上ると、夜明け前のブル-モスクが輝いて見えた。
日本の本(るるぶ、ナナはバカボン)を読みながら、食堂で1時間半のんびりと過ごす。
次第に雨は強まり、今日一日の町歩きが不安になってきた。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨のイスタンブ-ル~東欧周遊編(3)

2017年12月22日
北京~アブダビ~トルコ・イスタンブ-ル



026_convert_20180215135751.jpg
世界遺産 イスタンブ-ル歴史地区 (1985年登録)


イスタンブ-ルは生憎の雨だった。
小雨程度ではあるが、強い風により持参した折り畳み傘は既に関節が1本折れてしまった。
その上ナナは水溜りに足を落としたようで、靴や靴下まで既にびしょびしょになっている。
更に、ナナにガイド本を預けた途端水溜りに落とされ、歩き方までもが中までずぶ濡れ状態。
旅先での雨はテンションが下がるが、東南アジアでのスコ-ルくらいしか雨の記憶はない。
しかし今回は気温が低い分、自然と乾くことは期待出来ない。
幸い部屋にはオイルヒ-タ-がある為、上に載せておけば翌朝には乾いているので一応は助かっているが、いずれにせよ観光に雨だけは余計だ。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100-100への軌跡

100名山、100名城、100名水・・。日本人はどうやら100という区切りが好きなようだ。確かに大変分かり易いし、目標とするにも丁度いいのかもしれない。2015年3月から走り始めた僕、どうせならウルトラ(100㌔以上)を100回完走してみたい。長男岳登(当時小学生)と100高山を目指したのも、そんな分かり易さに魅了されたからだった。この先年間4本を25年続ければ、充分達成は見込めると思う。それに何年か走ればさすがに慣れてくるだろうし、その頃には250㌔の練習程度にしか思っていないだろう。25年後、僕は67歳。初めて走った能登では70代のランナ-が何人かいたし、最高齢(ゼッケン1番)の男性は77歳だった。いっそのこと、日本最高齢完走、最多完走・・なんて目指してみようかな。


以下、100-100(100㌔-100回)達成までの軌跡を随時更新していきます。


1第4回能登半島すずウルトラマラソン 2015.10.18(42歳) 102㌔ 13時間42分完走    235位/403人 完走率68.9%  ※初めての100km挑戦で見事完走
2第26回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2016.4.24(43歳) 100㌔ 12時間21分完走       498位/1363人 完走率74.1%  ※目標の13時間切りを大幅にクリア
3第5回飛騨高山ウルトラマラソン 2016.6.12(43歳) 100㌔ 12時間39分完走       582位/1708人 完走率71.6%  ※第2組最前列に並んだ末に自滅
4第4回白山白川郷ウルトラマラソン 2016.9.11(43歳) 100㌔ 12時間44分完走       215位/711人 完走率78.1%  ※復路の上り返しに完敗、この借りはもう返せない
5第5回能登半島すずウルトラマラソン 2016.10.16(43歳) 102㌔ 12時間53分完走       109位/289人 完走率70.2%  ※目標11時間半、最低11時間台と挑むも撃沈


走り始めて2年目のシ-ズンが終わった。100㌔という距離にも少しは慣れ、年4本完走の当初目標はクリアした。しかし後味が悪過ぎる。100㌔くらい屁でもない・・。富士五湖の快走で僅かに感じたこの感覚は、今年最後の能登すずで見失ってしまった。この先100㌔程度なら間違いなく完走は出来るだろう。しかしそれでは次へと進めない。何せタイムが遅過ぎる。来年は最低6本と決めた。タイム狙いは4月の富士五湖のみ。後は連戦を重ね、『中何週間』というこの情けない表現を早く取り除きたい。走れば走る程、さくら道ランナ-の凄さが身に染みて分かってくる。


6第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2017.4.23(44歳) 100㌔ 11時間48分完走     408位/1508人 完走率72.4%  ※一応12時間は切ったけど何か物足りず
7第23回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2017.5.21(44歳) 100㌔ 13時間12分完走     532位/1953人 完走率50.6%  ※膝痛を抱えながらも猛暑の野辺山を走り切った
8第6回飛騨高山ウルトラマラソン 2017.6.11(44歳) 100㌔ 12時間9分完走        548位/1831人 完走率75.2%  ※風邪、膝痛とコンディションは最悪だった
9第12回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2017.9.16(44歳) 208㌔ 38時間19分完走              42位/156人 完走率80.7%  ※超ウルトラ初挑戦、無事完走するも1週間病院送り
10第6回能登半島すずウルトラマラソン 2017.10.15(44歳) 102㌔ 13時間14分完走              194位/432人 完走率70.6%  ※佐渡以降瀕死状態だったので、完走だけで満足
  

3年目のシ-ズンが終わった。これまでは100㌔サブ11くらい(まだ達成していないが・・)でのさくら道エントリ-を目指していた。しかし今年さくら道に100㌔実績で選ばれたのは、たった2名。それもサブ9(1人はサブ8に迫る)。これでは俺には一生無理だ!一瞬、目標を見失ってしまった。しかし参加者名簿を見ていて、同時に目に付いたのが、『佐渡一周208㌔』の文字。スピ-ドのない僕は、実績作りの目標を100㌔から佐渡へと切り替えた。人生初となる月400㌔を走り込み、台風に合わせるかのように佐渡へと海を渡る。そして迎えた、初めての超ウルトラ。意外にも190㌔までは脚は動いてくれた。しかし超ウルトラの世界はやはり厳しかった。無事ゴ-ル出来たのはいいが、その後1週間瀕死状態が続く。来年何とかリベンジ(目標32時間、かつ大会後の打上参加)を果たした暁には、是非とも翌春のさくら道にエントリ-したいと思っている。
100_convert_20171218134851.jpg


11第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2018.4.22(45歳) 100㌔  ※エントリ-済
12第24回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2018.5.20(45歳) 100㌔  ※エントリ-済
13第7回飛騨高山ウルトラマラソン 2018.6.10(45歳) 100㌔  ※エントリ-済
14第13回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2018.9.22(45歳) 208㌔  ※エントリ-済



| 100-100への軌跡 | 11:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT