≫ EDIT

100-100への軌跡

100名山、100名城、100名水・・。日本人はどうやら100という区切りが好きなようだ。確かに大変分かり易いし、目標とするにも丁度いいのかもしれない。2015年3月から走り始めた僕、どうせならウルトラ(100㌔以上)を100回完走してみたい。長男岳登(当時小学生)と100高山を目指したのも、そんな分かり易さに魅了されたからだった。この先年間4本を25年続ければ、充分達成は見込めると思う。それに何年か走ればさすがに慣れてくるだろうし、その頃には250㌔の練習程度にしか思っていないだろう。25年後、僕は67歳。初めて走った能登では70代のランナ-が何人かいたし、最高齢(ゼッケン1番)の男性は77歳だった。いっそのこと、日本最高齢完走、最多完走・・なんて目指してみようかな。


以下、100-100(100㌔-100回)達成までの軌跡を随時更新していきます。


1第4回能登半島すずウルトラマラソン 2015.10.18(42歳) 102㌔ 13時間42分完走    235位/403人 完走率68.9%  ※初めての100km挑戦で見事完走
2第26回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2016.4.24(43歳) 100㌔ 12時間21分完走       498位/1363人 完走率74.1%  ※目標の13時間切りを大幅にクリア
3第5回飛騨高山ウルトラマラソン 2016.6.12(43歳) 100㌔ 12時間39分完走       582位/1708人 完走率71.6%  ※第2組最前列に並んだ末に自滅
4第4回白山白川郷ウルトラマラソン 2016.9.11(43歳) 100㌔ 12時間44分完走       215位/711人 完走率78.1%  ※復路の上り返しに完敗、この借りはもう返せない
5第5回能登半島すずウルトラマラソン 2016.10.16(43歳) 102㌔ 12時間53分完走     109位/289人 完走率70.2%  ※目標11時間半、最低11時間台と挑むも撃沈


走り始めて2年目のシ-ズンが終わった。100㌔という距離にも少しは慣れ、年4本完走の当初目標はクリアした。しかし後味が悪過ぎる。100㌔くらい屁でもない・・。富士五湖の快走で僅かに感じたこの感覚は、今年最後の能登すずで見失ってしまった。この先100㌔程度なら間違いなく完走は出来るだろう。しかしそれでは次へと進めない。何せタイムが遅過ぎる。来年は最低6本と決めた。タイム狙いは4月の富士五湖のみ。後は連戦を重ね、『中何週間』というこの情けない表現を早く取り除きたい。走れば走る程、さくら道ランナ-の凄さが身に染みて分かってくる。

6第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2017.4.23(44歳) 100㌔   ※エントリ-済
7第23回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2017.5.21(44歳) 100㌔   ※エントリ-済
8第6回飛騨高山ウルトラマラソン 2017.6.11(44歳) 100㌔  ※エントリ-済
9第12回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2017.9.16(44歳) 208㌔ ※エントリ-済
10第6回能登半島すずウルトラマラソン 2017.10.15(44歳) 102㌔ 
スポンサーサイト

| 100-100への軌跡 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リトル・アダムスピ-ク~スリランカ編(22)

2017年1月9日
ハプタレ-~エッラ~バドゥッラ~エッラ



023_convert_20170314145012.jpg
リトル・アダムスピ-ク頂上にて  ※正面(背後)にエッラ・ロックが聳えている


・・前回の続き

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジアで一番美しい車窓~スリランカ編(21)

2017年1月9日
ハプタレ-~エッラ~バドゥッラ~エッラ



063_convert_20170314120559.jpg
鉄道最高!


アジアで一番美しい車窓・・。
そんな称賛の言葉で称えられているのが、スリランカ鉄道、エッラ~バドゥッラの区間。
一面広がる茶畑の丘陵地帯を、汽笛を上げ蒸気機関車がゆったりと走る。
何とも贅沢なそんな一時が、疲れた旅人の心を優しく癒してくれる。

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

眺めの良い町~スリランカ編(20)

2017年1月8日
ヌワラエリヤ~バンダ-ラウェラ~ハプタレ-



025_convert_20170302114103.jpg
山間の町 ハプタレ-


標高1500m弱、山あいの町ハプタレ-。
近郊には紅茶王ト-マス・リプトンが来客の際によく利用したとされる展望ポイント(リプトンズ・シ-ト)があり、この町の観光名所となっている。
ダンバッテン・ティ-ファクトリ-は、1890年にリプトン卿によって建てられたコロニアル建築の紅茶工場で、リプトンの紅茶は現在でもここで製造を行っている。
ハプタレ-は眺めの良い峠に位置し、1年のうち多くの朝が深い霧に包まれているのだという。
しかしこの霧こそが、良い茶の葉を育てるものに他ならない。

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうしても捕りに行きたくて

002_convert_20170306115146.jpg
プロ級の捕り師はライトからして違う  ※まるで街灯のように眩しい

今年もホタルイカの季節がやって来た。昨年この道楽を覚え、これで2年目のシ-ズンとなる。数日前に新月(2/26)は過ぎていたけど、WEBの掲示板で前夜の爆湧き情報なんかを見ていると、行きたくて行きたくて仕方がなくなった。しかし僕は富山県民ではないので、遠路遥々向かうことになる。そうなると当然時間やお金(ガソリン代)のロスは避けたいので、可能性がないのに無駄に出陣する訳にはいかない。前回(昨年最終)の結果が散々だっただけに、そこは慎重にならざるを得ない。そうして迎えた3月4日(土)の夜、嶺花を引き連れ海へと向かった。ナナも行きたがっていたが、翌日ソロバンの大会(・・結果、読上算2位、総合惜しくも4位)がある為今回は諦めてもらう。自宅から1時間で富山市内、そこから30分で某海岸。海岸を目指している途中、綺麗な三日月が出ていた。ホタルイカと月。その相性はイカ自身にとっては好都合なのかもしれないが、ホタルイカを狙う僕ら人間にとってはこの時ばかりは月に用はない。新月の暗闇で身動きが取れないところを捕獲する。そんな卑怯な手法が、その理由としてある。『やべぇ!三日月が出とるし。そんな話聞いとらんぞ。なんで数日であんなにデカくなるんよ。今日は厳しいな・・』。一人ブツクサ言いながら、置かれた事態を逸早く飲み込み、状況の悪さに滅入ってきた。

某海岸には22時前着。時期的には少し早いかなと思っていたが、意外と人は多かった。しかしウェ-ダ-を着て海に入っている人は少なく、大概は海辺での偵察に呈していた。この月明かりではホタルイカがいるはずもない。それくらい、素人の僕でも分かっている。偵察を早々に切り上げ、一旦車へと戻る。今夜もし海に入るとしても、それは明け方だろう・・。最初からそう見込んでいただけに、躊躇わず直ぐに仮眠体勢に入った。ほとんど眠れないまま、0時起床。嶺花はそのまま眠らせ、一人海に偵察に出る。海に入る人は増えているような気はする。そして月は消えていた。海に入っている人の動きを観察しつつ、皆の捕れ高を横目で確認しながら浜辺を歩く。2時間で1匹・・。良くて、それくらいだった。しかし実際ホタルイカを1匹見れたことで、これから湧いてくるだろうと少しは期待が持てた。しかしこんな状況では、とてもじゃないがまだ海には入れない。だがこの海岸で朝を迎えることを、この時決意。車を走らせ、最寄りのコンビニへビ-ルとお菓子の買い出しに向かう。嶺花もちょうど目を覚ました。

海岸へと戻り、車内でワンセグ(ガラケ-)の深夜番組を見ながら宴会を開始。山登りなどで朝早いことはあっても、それを夜として迎えたことはまず記憶にない。しかしこれだけでも中々楽しい一時となった。そして2時半、意を決し出陣。ちょうど隣の車から若者グル-プも出てきて、皆考えることは同じようだ。ウェ-ダ-に着替え、ク-ラ-ボックスやバケツ等を手に取り海辺へ。入水後、1分かからず1匹目をゲット。これは幸先がいいかもと一瞬期待したが、それはやはり偶然だった。波はやや高く、僕が捕ったものは波打ち際で打ち上がる直前のものが大半。さすがに嶺花は眠いらしく、キャンピングチェアでうたた寝をしていた。結局僕らは最後まで海にいて、結果は13匹。数字だけを見れば惨敗に思えるが、1年ぶりの光る感触は楽しめたし、嶺花自身もそれを味わえた。全く獲れなかった人が多い中ではマシな方だろう。駐車場で着替えていると、空が明るくなってきた。朝だ・・。とても不思議な気分に包まれた。
008_convert_20170306115159.jpg
人は多いが、ホタルイカはいない
010_convert_20170306115218.jpg
やっと1匹捕れたよ!
009_convert_20170306115209.jpg
嶺花初物
013_convert_20170306115239.jpg
だけど眠い
015_convert_20170306115251.jpg
前回(昨年最終)のように捕獲ゼロだけは免れた

≫ Read More

| ホタルイカ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT