FC2ブログ

≫ EDIT

100-100への軌跡

100名山、100名城、100名水・・。日本人はどうやら100という区切りが好きなようだ。確かに大変分かり易いし、目標とするにも丁度いいのかもしれない。2015年3月から走り始めた僕、どうせならウルトラ(100㌔以上)を100回完走してみたい。長男岳登(当時小学生)と100高山を目指したのも、そんな分かり易さに魅了されたからだった。この先年間4本を25年続ければ、充分達成は見込めると思う。それに何年か走ればさすがに慣れてくるだろうし、その頃には250㌔の練習程度にしか思っていないだろう。25年後、僕は67歳。初めて走った能登では70代のランナ-が何人かいたし、最高齢(ゼッケン1番)の男性は77歳だった。いっそのこと、日本最高齢完走、最多完走・・なんて目指してみようかな。


以下、100-100(100㌔-100回)達成までの軌跡を随時更新していきます。


1第4回能登半島すずウルトラマラソン 2015.10.18(42歳) 102㌔ 13時間42分完走    235位/403人 完走率68.9%  ※初めての100km挑戦で見事完走
2第26回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2016.4.24(43歳) 100㌔ 12時間21分完走       498位/1363人 完走率74.1%  ※目標の13時間切りを大幅にクリア
3第5回飛騨高山ウルトラマラソン 2016.6.12(43歳) 100㌔ 12時間39分完走       582位/1708人 完走率71.6%  ※第2組最前列に並んだ末に自滅
4第4回白山白川郷ウルトラマラソン 2016.9.11(43歳) 100㌔ 12時間44分完走       215位/711人 完走率78.1%  ※復路の上り返しに完敗、この借りはもう返せない
5第5回能登半島すずウルトラマラソン 2016.10.16(43歳) 102㌔ 12時間53分完走       109位/289人 完走率70.2%  ※目標11時間半、最低11時間台と挑むも撃沈


走り始めて2年目のシ-ズンが終わった。100㌔という距離にも少しは慣れ、年4本完走の当初目標はクリアした。しかし後味が悪過ぎる。100㌔くらい屁でもない・・。富士五湖の快走で僅かに感じたこの感覚は、今年最後の能登すずで見失ってしまった。この先100㌔程度なら間違いなく完走は出来るだろう。しかしそれでは次へと進めない。何せタイムが遅過ぎる。来年は最低6本と決めた。タイム狙いは4月の富士五湖のみ。後は連戦を重ね、『中何週間』というこの情けない表現を早く取り除きたい。走れば走る程、さくら道ランナ-の凄さが身に染みて分かってくる。


6第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2017.4.23(44歳) 100㌔ 11時間48分完走     408位/1508人 完走率72.4%  ※一応12時間は切ったけど何か物足りず
7第23回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2017.5.21(44歳) 100㌔ 13時間12分完走     532位/1953人 完走率50.6%  ※膝痛を抱えながらも猛暑の野辺山を走り切った
8第6回飛騨高山ウルトラマラソン 2017.6.11(44歳) 100㌔ 12時間9分完走        548位/1831人 完走率75.2%  ※風邪、膝痛とコンディションは最悪だった
9第12回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2017.9.16(44歳) 208㌔ 38時間19分完走              42位/156人 完走率80.7%  ※超ウルトラ初挑戦、無事完走するも1週間病院送り
10第6回能登半島すずウルトラマラソン 2017.10.15(44歳) 102㌔ 13時間14分完走              194位/432人 完走率70.6%  ※佐渡以降瀕死状態だったので完走だけで満足
  

3年目のシ-ズンが終わった。これまでは100㌔サブ11くらい(まだ達成していないが・・)でのさくら道エントリ-を目指していた。しかし今年さくら道に100㌔実績で選ばれたのは、たった2名。それもサブ9(1人はサブ8に迫る)。これでは俺には一生無理だ!一瞬、目標を見失ってしまった。しかし参加者名簿を見ていて、同時に目に付いたのが、『佐渡一周208㌔』の文字。スピ-ドのない僕は、実績作りの目標を100㌔から佐渡へと切り替えた。人生初となる月400㌔を走り込み、台風に合わせるかのように佐渡へと海を渡る。そして迎えた、初めての超ウルトラ。意外にも190㌔までは脚は動いてくれた。しかし超ウルトラの世界はやはり厳しかった。無事ゴ-ル出来たのはいいが、その後1週間瀕死状態が続く。来年何とかリベンジ(目標32時間、かつ大会後の打上参加)を果たした暁には、是非とも翌春のさくら道にエントリ-したいと思っている。
100_convert_20171218134851.jpg


11第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2018.4.22(45歳) 100㌔ 12時間4分完走                          394位/1689人 完走率61.2%  ※初めて50㌔5時間を切るも終盤大失速  
12第24回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2018.5.20(45歳) 100㌔ 12時間43分完走                        558位/1986人 完走率71.2%  ※『要はハ-ト』の応援メッセ-ジが心に響き復活
13第7回飛騨高山ウルトラマラソン 2018.6.10(45歳) 100㌔ 12時間27分完走                  580位/1887人 完走率74.2%  ※予期せぬ応援幕の期待に応えられず無念   
14第13回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2018.9.22(45歳) 208㌔ 36時間54分完走          23位/164人 完走率75.6%  ※ゴ-ル後の宴会まで楽しめたが目標の32時間は程遠く 
15第7回能登半島すずウルトラマラソン 2018.10.21(45歳) 102㌔ 12時間54分完走              132位/333人 完走率73.8%  ※佐渡で痛めた右膝の激痛に耐え無事完走


4年目のシ-ズンが終わったが、あまり進歩がないような、収穫の少ない1年だった。昨年の自分に対して辛うじて勝ち越したのがせめてもの救いとなるが、100㌔の記録は更新出来なかった。仮眠なしで挑んだ佐渡も目標の32時間とは程遠く、辛うじて36時間台をキ-プするので精一杯。目指すさくら道には40㌔及ばず、この差はかなり大きいものと痛感した。今の僕にはさくら道を走るイメ-ジが全くつかない。来年は是が非でも練習で名古屋~高山(160㌔)の24時間走をやり、何とか佐渡へとつなげたい。今の僕の一番の目標は、取りあえず24時間で最低160㌔。これくらい楽に出来ないと、間違いなく僕に未来はないだろう。


16第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 2019.4.21(46歳) 100㌔  ※エントリ-済
17第25回八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 2019.5.19(46歳) 100㌔  ※エントリ-済
18第2回南砺100㌔マラニック 2019.6.2(46歳) 100㌔  ※エントリ-済
19第8回飛騨高山ウルトラマラソン 2019.6.9(46歳) 100㌔  ※エントリ-済
20第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足 2019.9.21(46歳) 208㌔  ※エントリ-済

スポンサーサイト

| 100-100への軌跡 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの時の足跡

これは僕が走り始めて何年か経った頃の話である。
僕は毎朝近所の峠を走っているが、大雨が降ろうと大雪が積もっていようと大概は走っている。
そしてある冬の朝、ふと記憶にない奇妙な足跡を見つけた。

車すら滅多に通らないこの峠、それも冬の寒い朝に走る者など僕以外いるはずがない。
常識から考えれば、それは真っ当な考えではあった。
どう考えたって、何度考えたって自分の足跡としか思えない。
しかしその奇妙さは、日に日に増していくことになる。

そこである日、僕は試してみることにした。
普段は絶対に走らない道路脇だけを走り、あえて車道には足跡を付けなかった。
そして翌朝、峠前後の雪面の状況を伺う。
やはり、何かがおかしい・・。

何故、道路中央に足跡があるんだ・・。
それにこの雪は昨晩降り積もったばかりの新雪のはず。
僕以外の誰かが、夜明け前にこの峠を走っているとでもいうのか。
絶対に有り得ない・・。

そして、それからどれくらい経っただろうか、
僕と瀧さんの出会いをきっかけに、国府ウルトラ(ただの飲み会)なるものが発足した。
皆さんそれぞれ面識があったようだが、走歴の浅い僕は当然初めて見る方ばかり。
そこでたまたま僕の隣に座っていた青年と瞬時にして意気投合。
つながりは、互いに元バックパッカ-だったこと。
そしてあの足跡の正体は実は彼だった、という衝撃の事実もその時に判明した。

その後も何かにつけてメンバ-は集い、日付が変わるまで語らい、浴びる程酒を飲んだ。
そんな中、足跡の彼は日本一過酷な山岳レ-スを目指していると知る。
僕もずっと気になっていた大会だが、こんな近くに本気でそれを目指していた人がいたなんて・・。
彼には再度驚かされた。

2年毎に開催されるこの大会は、厳しい予選の末に抽選という理不尽な要素が待っている。
そしてこの年彼は難なく予選を突破し、運良く抽選も通った。
そして迎えた、2018年の夏・・。
僕は仲間とともに彼の完走を願い、山にも応援に行った。
しかし彼は僕らの予想に反し、いつしか大会の主役に躍り出てしまった。
・・そしてそのまま、彼は誰よりも先に太平洋へと飛び込んだ。

確かにあの足跡を最初に目にした時、これはなんかヤバいな・・と思ったことを覚えている。
今年の冬も、僕は毎朝峠の雪道に自分の足跡を付けている。
そしてたまに彼の足跡を見つけると、何だか無性に嬉しくなってしまう。
こんなクソ寒い雪の中、あいつも頑張ってるんだ・・。
彼の足跡を見る度に、僕の脳裏にはあの夏のシ-ンが蘇ってくる。

≫ Read More

| 思い出 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲上にて~東欧周遊編(32)

2018年1月18日
アテネ~アブダビ~



024_convert_20181214151842.jpg
雲上にて

現在、イラクの首都バグダッド上空を、僕らを乗せたエティハド航空EY090便は飛んでいる。
後2時間程で、乗り継ぎ地のアブダビへと到着する予定だ。
ギリシアの首都アテネからUAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビへのフライトは4時間40分、そしてアブダビ到着は20:15となる。
日本との時差は7時間から5時間に縮まり、アテネから時計を2時間進めることになる。

そして先程、ようやく機内食が配られた。
離陸してから既に2時間近く経っていたので、随分と待ちくたびれた頃の提供となる。
窓側席の眼下には、赤茶けた大地が広がっている。
何だか少し眠くなってきた。
アブダビまでの残りの時間、音楽でも聴きながら少し眠っておこうと思う。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マラソン発祥の地を訪ねて~東欧周遊編(31)

2018年1月17日
アテネ~マラトン~アテネ



122_convert_20181213133056.jpg
マラトンの戦い
119_convert_20181213133031.jpg
当時の戦死者を祀る塚、ティムボス


マラソン競技発祥の地、マラトン(Marathon)。
紀元前490年夏、アテネに向けて進撃しようとしたペルシアの大軍をギリシア人とプラタイア人の連合軍が打ち破った。
このマラトンでの戦いの勝利をアテネに伝える為、一人の伝令が選ばれた。
彼は約42kmの距離を力走し、アテネに着いて勝利を伝え終わると、疲れ果てて息を引き取ったという。
その伝令の功績を記念し、第1回近代オリンピック大会にマラソン競技を約40kmの規定距離で採用したと言われている(作り話と言う説もあるが・・)。

そして2004年、アテネオリンピックのマラソン競技はここマラトンからスタ-トした。
ゴ-ルは戦争当時と同じくアテネ、1896年に第1回近代オリンピック大会が開かれたパナティナイコ・スタジアムである。
そして号砲が鳴り2時間26分、気温30度を超える酷暑の中、スタジアムに最初に現れたのが、
日本人、野口みずき選手である。

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国立考古学博物館~東欧周遊編(30)

2018年1月17日
アテネ



016_convert_20181213184917.jpg
馬に乗る少年  ※エヴィア島アルテミシオンの沖で発見されたブロンズ像
025_convert_20181213185024.jpg
ポセイドンのブロンズ像


国立考古学博物館。
ここはギリシア全土(クレタ島を除く)の遺跡からの出土品のほとんどが収められているという、国内最大規模の博物館。
展示品は先史時代(紀元前31~紀元前12世紀)から後期ロ-マ時代に亘る彫刻やブロンズ像など各コレクションでまとめられ、更に年代ごと計56の部屋に分けて展示されている。

ポセイドンのブロンズ像。
1928年、エヴィア島アルテミシオンの海底から偶然発見された。
なぜ海底から見つかったのかは判明されていないが、国外へ持ち出そうとした船が難破した為とも言われている。
エギナ島の彫刻家オナタの作品とされ、その均整の取れた筋肉質の体と威厳のある顔、美しくまとめられた髪など美の極致とも言われている。

黄金のマスク。
ミケ-ネ遺跡の円形墓地で発掘され、ドイツ人考古学者シュリ-マンがアガメムノン(ギリシア神話の英雄)のものであると主張した為、別名”アガメムノンのマスク”と呼ばれていた。
しかし、後にアガメムノンの時代よりも以前のものであると判明した。
010_convert_20181213184750.jpg
黄金のマスク

≫ Read More

| '18東欧周遊編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT