FC2ブログ

≫ EDIT

とっても美味そうな毒キノコ

先日妻と上宝の山奥で測量をした時のこと。林道2㌔にも及ぶ測量を数日かけてようやく終えようとした矢先、山斜面に入った妻が何やらキノコを見つけた。僕はこの現場に通い出した頃、キノコを意識してポケットガイドを持ってこようかと思ったが、荷物になるので携行はやめ、じっくり一読し頭に叩き込んでおいた。そしてその瞬間はふいに訪れた。目の前には点々と群がるキノコ達。きっとこれは『ナメコ』ではなかろうか・・。キノコの知識は全くないが、『野生のナメコ(成菌)は完全に傘を広げ、市販品との違いに驚く』と書かれていたガイド本のフレ-ズが頭に残っており、これこそがナメコだ!と僕は半ば強引に決めつけた。見るからに美味しそうな茶色をしているし、匂いもキノコ独特のいい香り。仮にナメコでないとしても、食べれることは間違いないだろう。以前ス-パ-で天然ナメコを見たと言う妻も、僕の意見に同調した。そして僕らは誰もいない深い山奥でしばし夢中になってキノコを採取した。現場での用事を全て済ませ、測量道具を背中に担ぎ、林道を30分歩いてゲ-ト手前の車へと戻ってくる。やっぱ、山の現場は楽しいな!昨年はアケビむかごが沢山採れたし、今年は山椒とナメコが採れた。今日はキノコ鍋で決まりだな。僕は一人舞い上がっていた。
DSC01779_convert_20191107124903.jpg
現場で美味しそうなキノコを発見!
DSC01780_convert_20191107124914.jpg
それもたくさん
DSC01783_convert_20191107124924.jpg
きっとナメコだろう・・と僕は半ば確信

自宅に戻り、母に収穫したナメコを自慢げに見てもらう。しかし予想外のリアクションが返ってきた。昔爺ちゃん(母の父)がよく山でナメコを採って来たそうだが、それとはどこか違うような・・と母は言う。当然食べる前には調べるつもりではいたが、一気に不安になり、早速図鑑の写真と見比べてみる。しかし未だに、これだ!という確信には至れていない。『ナメコ(労菌)』だという希望も捨てきれないでいるが、おそらく『カキシメジ』だろうと思う。だとすると毒キノコであり、中毒事故の多い代表格となる。確かに美味しそうだし、これは騙されてもおかしくはない。図鑑の写真では『ナラタケ』や『エノキタケ』にも似ており、だとすれば、このキノコは食べることが出来る。或いはこれが『チャナメツムタケ』だとすれば食用だが、『キヒダマツシメジ』だと有毒。マツタケくらいなら僕でも容易に見分けがつくが、今回採ってきたキノコは図鑑やWEB情報の力を借りてもさっぱり分からない。特定出来ない以上、一か八かで食べてみるなんて恐ろしいことは出来ず、心惜しいが敢え無く処分することにした。
DSC01800_convert_20191107124934.jpg
よし今日はキノコ鍋だ!と意気込んでいたが
DSC01801_convert_20191107124946.jpg
どうやらこのキノコ、毒っぽい
スポンサーサイト



| キノコ | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レゴランド JAPAN

DSC01452_convert_20191022114337.jpg
LEGOLAND JAPAN

名古屋市港区にある、レゴランド・ジャパン(LEGOLAND JAPAN)。休日は混み合うようなので、あえて平日を狙い、子供3人を連れてやって来た。いつか行きたいとは以前より思っていたが、先日新聞で東海4県限定チケットがあるということを知り、息抜きも兼ねて今回思い切って訪れることにした。それに今年の冬の旅ではマレ-シアのレゴランドにも足を延ばす予定なので、その予行にも丁度良い。今は”オフピ-ク”ということで、1日入場券は5100円(ピ-ク時は7100円)。東海4県在住者はこれが4500円(小学生3300円)となるが、7日前までにオンラインでチケットを買うと誰でも4600円になるそうで、これに関してはそれ程お得感はなかった。しかし娘の療育手帳のお蔭で、付き添いの僕は入場料が無料になり、その上、駐車料金1000円までもが無料になった。
DSC01455_convert_20191022114353.jpg
象と猿がお出迎え
DSC01473_convert_20191022114452.jpg
ドラゴン
DSC01516_convert_20191022115745.jpg
スフィンクス
DSC01517_convert_20191022115758.jpg
かなりリアル
DSC01520_convert_20191022115812.jpg
ベンチ

入場チケットはブ-スで待ち時間なしで買え、購入後入場ゲ-トの列に並び、開園10時を待たずして入場。先ずは目玉の『ザ・ドラゴン(ジェットコ-スタ-)』に、待ち時間なしで乗っておく。その後アトラクションは次第に混み出し、30分から60分程の待ち時間が大半となってきた。明日が祝日の為(知らなかった)、休日に挟まれた平日(本日10/21)は混み合うと、インフォメ-ションへの問い合わせで事前に聞かされてはいた。比較的待ち時間の短いアトラクションを回り、内容より数に重きを置く。乗り物は大人や中高生には若干物足りず、せいぜい小学校中学年くらいまでがいいとこだろう。しかし至るところに配置されたレゴのモニュメントが好奇心をそそり続けてくれ、意外と飽きることはなかった。午後は生憎雨がぱらつき、休止するアトラクションも出てきた。そんな中、60分待ちは間違いないと敬遠していた『ザ・ドラゴン』が予想外に空いており(回転率がいい)、閉園間際の駆け足3連荘を含め計5度搭乗。その他印象に残ったものとして、水しぶきや風まで感じられる『パレス・シネマ(4Dム-ビ-)』、実際に自由に運転出来る子供対象の『ドライビング・スク-ル(ゴ-カ-ド)』など。
DSC01464_convert_20191022114436.jpg
ロイド・スピン術・スピナ-  ※ボタンを押すと360度、前に後ろに回転する
DSC01524_convert_20191022115824.jpg
ドライビング・スク-ル(6~13歳対象)

僕的に最も感動したのが『ミニランド』で、穂乃花も興味深く写真を撮っていた。出来ればゆっくり鑑賞していたかったが、『早く何か乗ろうよ・・』と小1の大志(初遊園地)にせかされ、思うように見学させてもらえなかった。ここには名古屋だけでなく日本各地の観光名所がレゴブロックで見事に再現され、さながら日本全国を旅した気分に浸ることが出来た。外観をざっと見ただけでも充分楽しめたのだが、その凄さは細部に施された表現にあることを後に知ることになる。4、5年後、一花が小学生になった頃、今度は是非妻も連れて来たいと思った。開園は10時と遅いが、閉園は17時と早い。しかし結局アトラクションの終了が17時なのであって、ギフトショップ(滅茶苦茶高い)なんかは17時以降から逆に繁盛し始め、実際18時頃まで結構な賑わいが続いていた。ライトアップされたミニランドも中々見応えがあるが、その夜景は閉園時刻を過ぎてからでないと見ることは出来ない。
DSC01479_convert_20191022114520.jpg
札幌テレビ塔
DSC01490_convert_20191022115016.jpg
東京駅
DSC01502_convert_20191022115622.jpg
レインボ-ブリッジとスカイツリ-
DSC01510_convert_20191022115704.jpg
ナゴヤド-ム
DSC01494_convert_20191022115028.jpg
オアシス21(名古屋・栄)
DSC01495_convert_20191022115118.jpg
フェリ-
DSC01499_convert_20191022115132.jpg
セブンイレブン
DSC01512_convert_20191022115717.jpg
大阪道頓堀
DSC01514_convert_20191022115733.jpg
平安神宮
DSC01475_convert_20191022114505.jpg
姫路城
DSC01503_convert_20191022115643.jpg
厳島神社
DSC01540_convert_20191022115912.jpg
浅草雷門
DSC01542_convert_20191022115925.jpg
お台場のガンダム
DSC01548_convert_20191022120022.jpg
渋谷スクランブル交差点  ※後ろには東京タワ-とスカイツリ-
DSC01553_convert_20191022120102.jpg
東京の夜景
DSC01557_convert_20191022120120.jpg
スカイツリ-
DSC01543_convert_20191022115941.jpg
フジテレビ社屋
DSC01549_convert_20191022120034.jpg
かに道楽
DSC01537_convert_20191022115901.jpg
通天閣
DSC01546_convert_20191022120008.jpg
金閣寺
DSC01560_convert_20191022120141.jpg
一応17時閉園だが、18時頃まで滞在

≫ Read More

| 日本の旅 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アウシュヴィッツ強制収容所~中欧周遊編(23)

・・前回の続き


DSC08610_convert_20190816171044.jpg
世界遺産 アウシュヴィッツ、ナチス・ドイツの強制絶滅収容所1940-45 (1979年登録)


ナチス・ドイツの強制収容所、アウシュヴィッツ。
第二次世界大戦が始まり、ポ-ランドがナチス・ドイツの支配下に置かれていた1940年、この収容所はポ-ランド人の政治犯を収容する為に造られた。
次第にユダヤ人やロマ、ソ連軍捕虜をも収容し、施設は拡大され、一大殺人工場と化していく。
今回の旅で僕が最も訪れたかったのが、この”アウシュヴィッツ”となる。
実際この場所に来てみると、想像を遥かに超える、言葉では言い表せない衝撃に包まれた。
それは子供のナナにしても同様である。

何故『ユダヤ人』というだけで、何の罪もない人たちが、散々苦しめられた挙句、無惨にも殺されなければならないのか。
人を人と扱わないナチスの残酷な行動に腹が立ち、言葉を失い、吐き気すら感じていた。
二度と戦争を起こしてはならない・・。
1940年代の、たった74年前の出来事とはとても思えなかった。
もし日本も南京大虐殺で似たようなことをしていたとすれば、これは他人事では済まされない。
DSC08662_convert_20190816172005.jpg
痩せ細った少年
DSC08689_convert_20190816172704.jpg
ここに連行されたら、もう逃げ場はない

≫ Read More

| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-208km(1)~今を飲みまくれ!

今年もこの季節がやってきた。第14回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-ウルトラ遠足208km。『えんそく』と書いて『とおあし』と読む佐渡ジャ-ニ-も、これで3回目の出場となる。今の僕の中ではこの大会が1年のメインであり、100㌔の大会数本は僕にとっては単なる練習に過ぎない。自分一人で100㌔くらい走れればわざわざ高い参加料を払う必要もないのだが、それだけの強い精神力が無いが為、仕方なく大会の力を借りている。今年は超ウルトラ初挑戦となる仲間の瀧さんとともに参加。瀧さんは今年飛騨高山100㌔の翌週に太平洋-日本海120㌔を走り、だんだんとこっち系になってきた。朝6時前に自宅を出て瀧さん宅に寄り、妻の車にて一路富山へと向かう。富山からは高速バスで3時間40分かけ新潟へ。新潟到着後は徒歩20分でフェリ-タ-ミナルへと移動。そしていよいよ佐渡汽船にて佐渡島へと向かう。
001_convert_20190926091801.jpg
富山高速バス 西上袋(アピタ前)停留所
003_convert_20190926091819.jpg
僕のバック(右)は重さ4.6kg  ※瀧さん、バック大き過ぎないか
006_convert_20190926091830.jpg
佐渡島が見えてきた
008_convert_20190926091840.jpg
両津港では貸し切りバスがお出迎え

自宅を出た時から既にジャ-ニ-は始まっているが、宿に付くと気分は一段と高まってきた。部屋はロビ-近くの103号室。部屋はおそらく申し込み順に振り分けられるので、どうせ申し込むなら断然早い方がいい。ロビ-が近いということは浴場や宴会場も近いということで、それにゴ-ル後疲れた脚での階段の上り下りは極力避けたいところだ。部屋は5人部屋で、今年は年齢層の近い楽しいメンツに恵まれた。一昨年一緒に走った福井の佐藤さんとも同部屋で、隣同士布団を並べた。10分で急いで入浴を済ませ、17時からは説明会。今年はA3地図1枚となる気がしていたが、その予感は見事的中。僕は昨年のA4地図24枚を持参しているので問題はないが、あの簡素な地図で果たして初参加のランナ-は無事進むことが出来るのか心配になった。シャンパンによる乾杯で説明会は締められ、引き続き18時から会場を大広間へと移し宴会(夕食懇談会)が始まる。
009_convert_20190926091850.jpg
説明会、決起大会  ※毎年、参加賞として地酒が頂ける

宴会場では部屋のメンバ-と席に着いた。今年は蟹が復活し、豪華さに華を添えていた。明日の朝食を含め、これで1泊2食付き8500円(昨年より500円値上がり)というのはかなりお得だと思う。今更遅いカ-ボロ-ディングに励み、佐渡のコシヒカリを茶碗山盛り3杯、味噌汁とともに頂く。明日のことは気にせず、ビ-ルも浴びる程飲んだ。僕の中では208㌔走ることと同じくらい、前後の宴会にも重きを置いている。その為一切妥協する気はなく、『程々に』という考えは全く持ち合わせていない。部屋のメンバ-も皆酒が強く、僕らの前にだけ瓶が何本も集まっていた。昨年少し一緒に走った新潟の岩野さんも加わり、宴は刻々と進んでいく。昨年はスタッフと最後二人きりになるまで飲んでいたが、今年はどこか追い払われるような雰囲気があった。
011_convert_20190926091900.jpg
夕食懇談会  ※ご飯、味噌汁おかわり自由、ビ-ルやワイン飲み放題
012_convert_20190926091907.jpg
翌朝のことは考えず、アホみたいに飲む
IMG_20190920_194650_convert_20190927170900.jpg
瀧さんと


つづく・・

| 2019 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タツノオトシゴ(3)~人の群れ、避けるが無難

DSC01411_convert_20190924194636.jpg
青空を駈け下りる


・・前回の続き


天空尾根の終点、槍ヶ岳。しかし今さっきまで目指してきた槍の穂先には、尋常でない数の登山者が張り付いていた。先程槍ヶ岳山荘に着く直前、大きな叫び声が、大きな濁音とともに静寂の山域に響き渡った。『ラ~クッ~!』。穂先上部から下へと転がり落ちる落石。その転げ落ちる一つの浮石が、岩肌にぶつかり大きな音が生じる。『ラク~!』の注意喚起は何人もの登山者によって山びこのように下の者に伝えられていく。あれだけの数の登山者がいれば、誰か巻き添えを喰らっても何ら不思議ではなかったが、石の転げ落ちる方向が幸いしたのか、事故は発生しなかったようだ。登山者の最後尾は肩(稜線)まで延び、時間が経てど全く進んでいないように見える。おそらく少なく見積もっても、往復に2時間はかかるだろう。とてもそんな時間はないので既に登頂する気はなかったが、それ以上に今日は危うさが際立っていた。
DSC01391_convert_20190924215637.jpg
大混雑の穂先は登らない方が無難  ※画像クリックで拡大

一般ル-トには無数の登山者が身動きの取れないまま停滞し、今日は他面(写真左端)にまでクライマ-が点々と張り付いていた。一般登山者とクライマ-の共存は初めて見たが、これはかなり危ないことだと思った。クライマ-が登山者のいない岩峰を好き勝手に登る分にはいいが、これだけ登山者が群がっている密集地帯でのクライミングは避けるべきだったのではないだろうか。クライマ-がふいに落とした石ころが一般登山者の大行列へ転がったものならおそらく大事故は避けられないし、これはある意味充分予測出来ることだろうとも思う。石はどの方向に落ちていくか分からないし、当り所によっては方向は簡単に変わる。今回はたまたま事故が起きなかっただけのことであり、改めて写真を眺めていて恐ろしくなってきた。特に山頂直下のクライマ-(緑ウェア)の立ち位置が宜しくない。真下には一般登山者が多数おり、もしこのクライマ-が石を落とせば確実に2、3人は死傷する。
DSC01390_convert_20190924193916.jpg
クライマ-の中には子供の姿も
DSC01392_convert_20190924194044.jpg
一般ル-トに張り付く無数の登山者  ※山頂往復は推定2時間以上

西鎌分岐で腰を下ろし少し休みながら、相変わらず進んでいない最後尾を眺め、行かなくて大正解だったと改めて自分らの判断に納得。当初の計画では、槍の後は双六小屋へと向かうつもりでいた。しかしこの時点で僕の気持ちは既に奥丸山へと傾いていた。西鎌尾根を慎重に進み、千丈乗越まで下る。ここで主稜線から外れ、一旦飛騨沢方面へと下山。重荷を背負って登ってくる登山者が数名いたが、一体どこに行くのだろうかと気になった。滅多に見かけない光景だが、わざわざ西鎌から回り込むように槍を目指すというのか。或いは槍へは向わず、ここから西鎌尾根を縦走して双六へと向かうのだろうか。荷物の重さは30㌔程はあったようだ。
DSC01401_convert_20190924194152.jpg
西鎌尾根
DSC01403_convert_20190924194207.jpg
飛騨沢と奥丸山
DSC01407_convert_20190924194545.jpg
千丈乗越
DSC01408_convert_20190924194556.jpg
硫黄尾根
DSC01409_convert_20190924194608.jpg
小槍(左)の鞍部にもクライマ-がいた
DSC01410_convert_20190924194624.jpg
ここを詰めるのは珍しい

奥丸山への分岐道標は倒れていた。ここから先は一気に登山者が激減し、この日は結局誰とも出会わなかった。若干雲が出てきたが、眺望は未だ残っている。奥丸山が『飛騨の展望台』と言われる所以は、この辺りを進んでいれば充分感じ取ることが出来るだろう。弓折稜線や鏡平から眺める槍穂高も確かに素晴らしいが、中崎尾根は槍穂高に近い分、一層迫力があり、鮮明に細部まで捉えることが出来る。奥丸山でこの日最後の眺望をゆっくりと満喫したかったが、羽の生えた蟻が大量に飛び回り、とても寛げるような状況ではなかった。
DSC01412_convert_20190924194647.jpg
奥丸山分岐
DSC01414_convert_20190924194706.jpg
静かな中崎尾根
DSC01417_convert_20190924194720.jpg
大キレットと穂高連峰
DSC01421_convert_20190924194736.jpg
奥丸山(標高2440m)

奥丸山以降の登山道は結構荒れていた。今年の台風の影響か登山道には倒木がやたら多く、あれだけの巨木を根こそぎ捲りとる自然の驚異に心底驚かされた。多少時間的に余裕もあるので、中崎山分岐から中崎山を目指そうとも思ったが、仲間の水切れが心配で、ここは素直に左俣へと下る。奥丸山を目的地とする右俣左俣の周回コ-スは、程良い距離も稼げ、夏場のランニングにはいい練習場になる。
DSC01422_convert_20190924195016.jpg
たまに藪漕ぎ
DSC01424_convert_20190924195030.jpg
倒木多し
DSC01425_convert_20190924195043.jpg
中崎山分岐
DSC01426_convert_20190924195054.jpg
谷水

橋を渡り、いよいよ最後の区間、左俣林道(CT1時間25分)の登場となる。ただランナ-にとっては実質この区間は無いに等しいので、それ程気落ちすることはない。今日はさすが3連休の中日とあって、林道で見かけた登山者はかなり多かった。㌔5分程のペ-スで快調に飛ばし、わさび平小屋は脇目も振らずスル-。前の登山者が横に並んで道を塞いでいれば、早めに声掛け(挨拶)をして、自らの存在を知らせる。以前熊と間違われて驚かれたことからの教訓であるが、お互い快く擦れ違えるよう一応僕も心掛けている。林道も終わりに差し掛かった頃、メンバ-がいつしか4人に増えていることに気付いた。どうやら僕らの走る姿に触発された登山者が、大きなザックを背負い、知らぬ間についてきていたのだ。ゲ-トを抜け、更にペ-スを上げる。後を走っていたほっしゃんはどこからか逸れ、僕と波ちゃんに勝負をかけてきた。しかし僕らは更にスピ-ドを上げ、㌔4分半のスパ-トをかける。そして、ほっしゃんより一足先に新穂高に到着。
DSC01427_convert_20190924195110.jpg
小池新道分岐
DSC01429_convert_20190924195123.jpg
新穂高登山指導センタ-

左俣林道を気持ち良く走れたことで、少しは先週の無念を晴らせたかなと思う。しかし波ちゃんは今日も潰れなかった。最後の林道は結構スピ-ドを上げて追い込んだつもりだったが、一切離れることはなかった。持久力に加えてスピ-ドまでついてきたとすれば、もはや僕の手には負えない。是非とも3週間後の峨山道トレイルラン(77㌔)では上位入賞を果たしてほしいと思う。ちなみに今回辿ったこのコ-ス、前にも辿ったことがあるが、どう見ても『タツノオトシゴ』にしか見えない。
DSC01432_convert_20190924195138.jpg
中尾橋
KIMG2828_convert_20191001121346.jpg
下山後の夕食

≫ Read More

| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT