≫ EDIT

シ-ギリヤ伝説~スリランカ編(13)

2017年1月2日
ダンブッラ~シ-ギリヤ~ダンブッラ



058_convert_20170215152830.jpg
世界遺産 古代都市シ-ギリヤ (1982年登録)
050_convert_20170215152714.jpg
シ-ギリヤ・レディ(美女のフレスコ画)  ※本物は撮影厳禁。これは博物館のレプリカ


今からおよそ1500年前、シ-ギリヤの岩山の頂上に王宮を築いた王がいた。
遡ること5世紀の後半、僅か11年の間この地を統治し、壮大な岩山に傑作を残した狂気の王カ-シャパの伝説は、広くスリランカの人々に言い伝えられている。

カ-シャパは、459年から477年にアヌラ-ダプラを統治し広大な貯水池を建造したダ-ドゥセ-ナ王の長男だった。
カ-シャパには、腹違いの弟モッガラ-ナがいた。
弟の母親は王族の血筋の女性であり、カ-シャパの母親は平民の血筋の女性だった。
この為カ-シャパは弟モッガラ-ナに王位の継承権を奪われるのを恐れ、実父ダ-ドゥセ-ナ王を監禁して王位を剥奪。
モッガラ-ナは兄の行為に憎しみを抱きながらもインドへと亡命。

その後カ-シャパは父ダ-ドゥセ-ナ王に対し、『隠している財産を全部出せ』と要求。
しかし父はそれに応えず、自分が建設した貯水池カラ-・ウェワに息子を連れて行き、池を指さし『これが私の財産の全てだ』と言った。
怒りに震えたカ-シャパは、父に恨みを持つ家臣に命じ、父親を殺させてしまう。

その後カ-シャパは、弟モッガラ-ナの復讐を恐れた為か、父を殺してしまった後悔と苦しみの為か、神懸ったようにシ-ギリヤの切り立った岩山に宮殿の建造を始めた。
そして7年後、カ-シャパは自分の王座をその頂上においた。
それから11年、インドから戦いを挑んできたモッガラ-ナに破れ、カ-シャパは自ら命を絶つ。
モッガラ-ナはシ-ギリヤの王宮を仏教僧に寄進し、ただちに首都をアヌラ-ダプラへと戻したのだった。

埋没していたシ-ギリヤ・ロックの宮殿が発見されたのは、カ-シャパ王が死んでから約1400年も後のこと。
イギリス植民地時代に入った、19世紀も後半のことである。
zPutImg_convert_20170215153340.jpg
天空に浮かぶ岩上の王宮  ※写真はWEBより

≫ Read More

スポンサーサイト

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンブッラ石窟寺院 ~スリランカ編(12)

2017年1月1日
ポロンナルワ~ダンブッラ



046_convert_20170214151916.jpg
世界遺産 ダンブッラの黄金寺院 (1991年登録)
019_convert_20170214151245.jpg
第2窟(マハ-・ラ-ジャ・ヴィハ-ラ)


1991年に世界文化遺産に登録されたスリランカ最大の石窟寺院が、このダンブッラ石窟寺院である。
岩山の頂に、壁画や仏像が美しい5つの石窟寺院が並び建てられている。
入口から奥に進むにつれ新しくなり、最も古い手前の第1窟は、2100年前に造られたものだ。
そんな石窟寺院を抱える町としても有名なダンブッラではあるが、シ-ギリヤ観光の拠点としてもその滞在価値は高い。

『ダンブッラ』には『水の湧き出る岩』という意味があり、第2窟がその地名の由来となっている。
この石窟内では、どこから湧いてくるのか天井から湧水が滴り落ちている。
この水は聖水とされ、寺の宝として、重要な儀式の時のみ僧が飲むのだという。
雫の落ちる箇所には壺が置かれ、絶えず雫が落ちているにも関わらず減りもせず増えもしないという、正に不思議な水なのだ。

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高傑作ガル・ヴィハ-ラを前にして~スリランカ編(11)


・・前回の続き


064_convert_20170214134101.jpg
ガル・ヴィハ-ラ  ※ポロンナルワ遺跡を代表するスリランカの最高傑作


ガル・ヴィハ-ラ (Gal Vihara) 。
一つの岩に彫られた4体の石像は正に最高傑作と呼ぶに相応しい、そんな巨大なオ-ラに包まれていた。
向って左から瞑想にふける大きな座像、高さは4.6m。
その右には屋根付きの小さな座像、ここには花が添えられ、多くの人々が祈りを捧げていた。
そしてその右にはハスの台座に建つ立像、高さは7m。
仏陀が涅槃に入ったことで悲しみにくれている一番弟子ア-ナンダの姿だという説もある。

一番右には横たわる巨大な涅槃仏(ねはんぶつ)、全長は14m。
涅槃仏とは、釈迦が入滅する様子を表したもので、寝仏、寝釈迦像とも呼ばれている。
どの仏像も表情に特徴があり、実際に実在するモデルがいたと思える程、とても表情豊かな顔つきをしていた。
この大作を造り出すのに幾年もの歳月を要したのかは定かでないが、一目見た時の衝撃はぺトラにも匹敵するものがある。

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4夜連続かまくらで宴会

日曜日の昼にかまくらを作って以来、その夜から4日連続かまくらでの夜を楽しんだ。かまくらの寿命はとても短く、せいぜい持って1週間くらいだろう。かまくら自体は存続するが、天井が日々低くなり、当初のように安気に座ってはいられない。かまくらの中は意外と暖かく(厚着のせいかもしれないが)、不思議と寒さを感じたことはあまりない。ロウソクの灯りをともし、ラジオから音楽を流す。この例えようのない異次元の空間は、雪国限定での贅沢な楽しみ方の一つだろう。長男の岳登とも久々にゆっくり話をした。彼が小学生の頃は、山や外国にとほとんど休日を2人で過ごしていた。そんな長男との思い出は我が子の中でも飛び抜けて多いが、この春には彼も高校3年になる。頭は悪いが、人一倍体力だけはある。丈夫に産んでくれた母親に感謝し、是非お国の為に尽くしてほしいものだ。
007_convert_20170216104711.jpg
2日目の夜(2/13)  ※長男と将来について話し合う

そして火曜日の夜、帰宅後急いで夕食と入浴を済ませ、大志と2人かまくらに入った。次男坊の大志には寄せる期待も大きい。血液型も僕と一緒だし、ジャスト出産予定日に生まれるくらいだから余程何かを持っているんだろう。岳登の後釜として、山に旅にと親父の相手を願いたいところだ。そう考えると、岳登の成長とともに僕の中での一つの時代は終わったが、大志がいることで又振り出しに戻ったような気分である。だてに7人も作ってはいない。
009_convert_20170217142556.jpg
3日目の夜(2/14)  ※今夜は大志と2人で
005_convert_20170217143010.jpg
可愛い奴だ
[広告] VPS


そして水曜日の夜、再び大志と2人かまくらに入った。昨年は雪が少なかったのでかまくらは作っていないし、2年前の大雪の時は大志はまだ2歳でかまくらのことは全く覚えていないだろう。そう考えると大志にとって今年味わうかまくらが初体験となり、それが余程楽しいのだと思う。保育園お疲れ!グラスを上げ、そう言って大志に乾杯を求めると、大志は一瞬考え、仕事お疲れ!と上手く返してくれた。天井は一気に低くなり、一応まだ座れるが、頭の上に余裕がなくなってきた。このかまくらも今夜で最後だな・・。少し感慨深くなったけど、今年もいい思い出が出来た。
002_convert_20170216104649.jpg
4日目の夜(2/15)  ※今夜も大志と2人で
008_convert_20170217140757.jpg
天井がもう限界か

| | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古代都市 ポロンナルワ~スリランカ編(10)

2016年12月31日
ポロンナルワ



015_convert_20170214114239.jpg
世界遺産 古代都市ポロンナルワ (1982年登録)  ※円形の仏塔遺跡ワタダ-ゲ
033_convert_20170214114618.jpg
遺跡巡りは自転車で

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT