FC2ブログ

≫ EDIT

TJAR応援(4)~No.13垣内康介、ついにアルプスを制覇!

井川の最終関門を難なくクリアし、尚も康介の独走は続いている。走る康介を車で前後しているが、車での先導や追従、増してやランでの併走はル-ル違反となり当然行っていない。単純な100㌔程度のウルトラマラソンでもそうだが、わざわざ高いお金を払ってまでも苦しむというこの種の大会は、普通の人からは中々理解されず、大概変態扱いされる。しかしこうも感じるが、そうだからこそ参加者は誰しも自分自身への納得の為、これらモラル(ル-ル)には特にこだわっている。たとえ神様以外絶対に誰も見ていないとした場合、仮にそこに自転車があっても誰も乗らないだろう。そんな簡単に自分を裏切るような人間は、そもそも大会に出ようと思うはずがない。康介もそのへんには十分こだわり、特に併走は頑なに拒んでいた。僕は数㌔先で康介を待ち、康介がやってくると声援を送る。康介に付きっ切りではない為、一度彼を見失ってしまった。しかし井川ダムで無事康介を発見し、事なきを得る。ダムのトンネル手前で珍しく休む康介。僕は駐車場からその姿を見守っていたが、目立ちまくりの僕の車に気付き、井川CPにいた大会スタッフが僕の元にやって来た。どうやら康介のGPSが起動していないようで、康介の元へ寄り電池で充電していた。今日は裏方を含めた色々な光景が見れ、僕も結構楽しめている。
068_convert_20180818193021.jpg
康介には是非とも最後まで楽しんでほしかった
069_convert_20180818193035.jpg
井川ダム到着

これは本当に大会なのか・・。そう思える程、レ-スは孤独との闘いだった。僕も頻繁に現れないよう注意しているし、トップを独走する康介をビデオやカメラに納める撮影スタッフも、長いロ-ドの間、ほとんど現れなかった。最後の難所、富士見峠への長い上りに差し掛かると、即座に走りから歩きに切り替えた。しかしその歩くスピ-ドも中々速い。峠中間辺りの青少年キャンプセンタ-分岐で待っていると、康介の従兄弟が東京から駆けつけてきた。話をしながらしばらく待っていたが、この後大阪へ足を延ばし、甲子園で大阪桐蔭の試合を見てくるのだと言う。ちなみにプロ注目の根尾君と僕の家系は遠い親戚のようだ(親の実家と根尾家は道向かい)。従兄弟さんのスマホを見せてもらい、後続の状況を伺う。しばらく待ち、ようやく康介が現れた。思わぬ場所で従兄弟の応援を受け、驚いて奇声を発す康介。脚は動かしたまま僅かな談笑を楽しんだが、併走(併歩)を自ら拒み、従兄弟に見送られた。
073_convert_20180818193054.jpg
たまに撮影スタッフが現れる
076_convert_20180818193106.jpg
東京から駆けつけた従兄弟一家と

富士見峠はかなり長く、僕は車で先回りしたが、ここを進む選手には辛いだろうなと安易に想像出来た。富士見峠には康介の奥さんや子供、父親や東京の従兄弟一家だけでなく、たくさんのギャラリ-がまだかまだかと康介の到着を待ち望んでいた。次第に寒くなってきたので、僕も上を羽織る。あまりにも到着しないので、康介の息子と歩いて峠を下り、偵察に行く。そこでもしばらく待つと、ついに康介の姿が見えてきた。自分の子供に対するその第一声からも、今の精神状態(余裕度)は見て取れた。そしてようやく長かった坂道を歩いて上り切り、家族らの待つ元へ。しかし驚いたことに康介はここでも脚を止めなかった。僕だったらここで間違いなく腰を下ろし荷を肩から下ろしそうだが、康介は一通りの声援を受け、脚を止めることなく直ぐに下りへと走り出した。この男すごい精神力だ・・。彼の強さに僕は衝撃を受けた。
078_convert_20180818193119.jpg
富士見峠手前で長男と  ※第一声は『宿題終わったか!』
082_convert_20180818193131.jpg
富士見峠で待つ家族、親戚、多くのギャラリ-  ※しかし康介はここすら素通り
087_convert_20180818193149.jpg
結局このランザックはゴ-ルでのみ使用

富士見峠を越え、今度は長い下りに入る。康介は前日30分しか寝ていないらしく、猛烈な睡魔と闘っていた。毎日だいたい3時間の睡眠を取り、後半はそれよりも長くなるだろう・・。彼は大会前、僕にそう言っていた。しかしレ-スの思わぬ展開に触発されたのか、睡眠時間を削り、ほとんど睡眠無しでここまで進んできたのだ。真暗闇の孤独のロ-ド。街灯もなく、時折猿か何かの野生動物の不気味な奇声が山の奥から聞こえてくる。下りで脚は逝ってしまっているようで、立ち止まれないと言い結構辛そうだった。『ここで眠ってしまったら、お前の優勝はないぞ!』と発破をかけ、僕は先に峠を下り、横沢観光トイレへと向かい彼を待った。そこにはGPSを見て駆けつけた多くのギャラリ-がトップの到着を待ち待機していた。ここでも居合わせた誰かのスマホを見せてもらい、後続の状況を伺う。完全に後続は絶え、康介の独走状態は広がるばかりだった。しばらくして康介到着。ここには塩見小屋の写真をFBに投稿していた女性もおり、再会出来たことを喜んでいた。手早く用事を済ませ、ギャラリ-の何人かの要望に応えツ-ショット写真に収まり、康介は再び孤独の闇ロ-ドへと消えていった。
089-_convert_20180818193202.jpg
暗くなり運転が危ないので、応援カ-のメッセ-ジはここで全て撤去
091_convert_20180818193604.jpg
オクシズの駅 横沢観光トイレ  ※トップを一目見ようと集まった多くのギャラリ-
093_convert_20180819100359.jpg
康介到着
094_convert_20180818193617.jpg
トイレを済ませ
096_convert_20180818193628.jpg
栄養ドリンクで補給

次第に家が見え始め、ついに孤独な森を完全に抜けた。集落があると大概住人が数人外に出て、路肩でトップの到着を待ってくれている。康介の脚はまだまだ動いており、未だに走り続けていることが信じられない。どんな練習をしたらそんなにも走れるんだ・・、今度彼にそう訊いてみたい。ただ僕が思うに、次第に応援者が増えたことで、おそらく康介は最高に気分が良かったのだろう。先程の峠の下り辺りからか、僕は康介のお父さんと行動を共にするようになっていた。お父さんはカメラの三脚を立て、息子の撮影に忙しそうだ(それに凄く嬉しそう)。そしていよいよラスト20㌔を切り、次第にトップの13番を待つ路肩駐車が目立ち始めてきた。これまでロ-ドの大半をたった一人で走り抜け、ここからゴ-ルまでは多くのギャラリ-に見守れながらのウィニングロ-ド。『どうよ康介、楽しいけ?』。そう訊いてみたら、微かな笑みを返してくれた。
102_convert_20180818193703.jpg
転々と集落が現れ始め、次第にギャラリ-も増えてきた

どこからか康介の別の従兄弟2人も駆けつけていた。しかしこの男性どこかで見たことがあると思ったが、最近僕の従兄弟が家を建てたが、その時の大工さんだった。訊けば康介の従兄弟だと言う。えっ、ちょっと待てよ・・。確か僕の従兄弟とこの大工さんは親戚関係にあったはず。この大工さんは康介の従兄弟。・・ということはもしかして、僕と康介は親戚だったのか。意外な繋がりに親戚一同驚き、ここからは僕も身内の一人として、親戚の方々と最後まで行動を共にした。奥さんや子供は富士見峠以降見ておらず、既に大浜海岸へと向かっているようだ。ギャラリ-は一気に増え出し、やがて康介の勤務先の方々も現れた。今日仕事を終えてから応援に駆けつけたそうで、ゴ-ル後は飛騨へとんぼ返りするそうだ。康介の姿を捉えようと撮影スタッフがどこからともなく出現。康介はコンビニに立ち寄り、腹が減ったとおにぎりを1個買っていた。コンビニで買い物をするその一部始終をドアの外から撮影班に捉えられ、その後ろには沢山のギャラリ-が押し寄せている。この頃から完全に康介は勝者の扱いを受け、ここからは初制覇の映像作りに向けての撮影が頻繁に行われるようになった。コイツ満更でもないだろうな・・と内心嫉妬しつつも、康介の足取りは衰えるどころか逆に増してきた。先程富士見峠の長い上りに入る前だったか、康介はどこで誰に聞いたか(はたまた幻聴か)17番の猛追に怯えていた。実際は全くそんなことはなかったのだが、折角ペ-スも上げてくれたことだし、僕も余計なことは言わず、『17番は直ぐそこだ。ペ-スを落としたら抜かれるぞ!』と発破をかけておいた。
104_convert_20180818193719.jpg
腹が減ったとコンビニでおにぎり補給  ※ドアの外には撮影中のスタッフや多くの見物者

康介のお父さんは僕に気を利かしてくれ、パンやおにぎり等を差し入れしてくれた。その後も康介の快走は衰えることなく、残り10㌔を切ったところのコンビニでの応援を最後に、3台の車で各々ゴ-ルへと向かった。康介のお父さん、従兄弟2人、叔父さん、そして僕。完全に僕も親族一員となっている。先程走る康介に『実はさ、俺とお前は親戚やったんや!』と告げると、『なに、そのカミングアウト!』と直ぐに返してくれた。ゴ-ルとなる大浜海岸には非常に沢山の観衆が詰めかけていた。初めて見るその光景に驚きながらも、ゴ-ル一つ手前の交差点まで行き、誰よりも手前で康介の到着を待つ。しかし中々姿を見せない。おかしいな、あのペ-スなら0時半にはゴ-ルするだろうと思っていたが、一体どうしたと言うんだ。あまりにも遅かったので、まさか別の道を通り既にゴ-ルしたのかと心配になり、ゴ-ルで待つ友人に2度ほど電話を入れた。信号の向こうに明かりが見える度にようやく来たかと安堵したが、その全ては自転車だった。

そしてついに明らかに上下に揺れるランナ-の明かりを察知。周りには他のライトもあり、さながら24時間テレビの24時間マラソンの撮影のようだった。康介の前に出て、抱き合い祝福。随分遅かったな・・と問いただしたら、静岡駅辺りで道に迷ったんだと言う。確かにあそこは分かりにくい、何だお前試走したんでなかったのかよ・・と内心思いながら、僕は全速力で海岸へと向かう。ヘッドライトをつけザックを背負い階段を駆け抜ける僕。康介と勘違いされるのも無理はない。フラッグの先に回り、ゴ-ルの瞬間を待った。康介は歩いて階段を上がり、沢山の観衆に祝福され、握手をしながらゆっくりと砂浜を歩いてきた。そしてフラッグを見上げ、手を差し伸べ、ついに長い旅に幕を閉じた。到着時刻が告げられ、スタッフに促され太平洋の海へと歩を進める。康介は海へと飛び込み、雄叫びを上げ、右手で軽くガッツポ-ズを決めた。新たなヒ-ロ-誕生の瞬間だった。やはりこの男、実に絵になる。その後はインタビュ-やら撮影会で、カメラのフラッシュは鳴り止まなかった。会社の祝福幕の前で撮影する時も、ちゃっかり会社の宣伝をするあたり、この男ただ者ではない。
109_convert_20180818194032.jpg
ようやく現れた  ※遅過ぎる思っていたが、静岡駅辺りでロストしていた
111_convert_20180818194053.jpg
この交差点を抜けたら
115_convert_20180818194335.jpg
ついに大浜海岸
117_convert_20180818194353.jpg
100人以上の大観衆の中
39346932_1968051606622861_2985508771918249984_n_convert_20180820150121.jpg
渾身のゴ-ル!  ※写真は公式FBより
123_convert_20180818194457.jpg
新チャンピオン誕生
131_convert_20180818194555.jpg
お前中々絵になるな
134_convert_20180818194624.jpg
それに、何でそんなに受け答えが上手いんだ
138_convert_20180818194739.jpg
康介一家  ※地元のラン友も堪らず駆けつけ、応援幕を持ってきてくれた
139_convert_20180818194750.jpg
お父さんも嬉しそう
140_convert_20180818194806.jpg
こっち見てる?
156_convert_20180818194848.jpg
勤務先の方も駆けつけた  ※何故か棒持ちしている康介の従兄弟

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TJAR応援(3)~康介の元へ

8/17(金)、朝2時過ぎに自宅を出発。慣れない高速道路を乗り継いで一路静岡へと向かった。先ずは事前にゴ-ル地点となる大浜海岸を確認しておこうと向かうが、僕はカ-ナビもスマホも持っていないので、インタ-から海への方角と何人もの聞き込みを頼りに、苦労の末、何とか辿り着いた。しかし公園に駐車場は無く、夜どうしようかなと考えながら公園を後にする。これからコ-スを逆に辿りながら、最奥の南アルプス登山口を目指して進んでいく。途中、道の駅や駐車場所も念入りに確認。地元で心配している仲間2人にも頻繁に連絡を入れ、GPSトラッキングでは分からない現地の情報を小まめに報告。この90㌔弱という最終ロ-ドは、車で走るだけでも気が遠くなるような距離だった。選手は3つのアルプス(その間にも長いロ-ド)を越えてきたその脚でこの最終ロ-ドを進む訳だから、考えるだけでも鳥肌が立つ。2時間近く走っただろうか、ようやく井川オ-トキャンプ場を右手に過ぎ、やがて白樺荘へ。ここから登山口目掛けて走ろうかとも思ったが(僕自身も来月大会がある為 ※決して併走はしない)、到着が遅れてしまった為、結局そのまま車で進むことに。畑薙湖のどこかで康介と擦れ違うだろうとは思っていたが、直ぐに康介が現れ吠えてくれた。とても順調そうで何よりだ。
015_convert_20180818160115.jpg
大浜公園入口
002_convert_20180818160017.jpg
ゴ-ル地点となる大浜海岸
014_convert_20180818160100.jpg
記念表示板
010_convert_20180818160044.jpg
歴代優勝者  ※ここに康介が載るというのか
020_convert_20180818160133.jpg
井川の英雄・望月選手
032_convert_20180818160149.jpg
白樺荘の先で康介発見  ※畑薙湖まで行くつもりだったが、思ったより進んでいた
034_convert_20180818160250.jpg
後に知ったが、このカメラマンは康介のお父さんだった
035_convert_20180818160302.jpg
順調そうだ
038_convert_20180818160335.jpg
上りは無理せず歩く

この『垣内康介』という男、僕が思っていたよりかなり凄い男だった。地元にはウルトラ仲間が何人かおり、年に何回か集まっては深夜日付が変わるまで酒を飲んでいる(康介とは自宅が同じ方向なので、ヘッドライトを灯し大概一緒に走って帰る)。だけど通常(僕のイメ-ジ上)のラン友のように一緒に練習で走ることはなく、一緒に山に行くこともない。各々自分のペ-スで自分の練習を積んでおり、康介の実力が如何ほどなのかは僕は実際ほとんど知らなかった。ただ毎週通っている山行の内容から、その力はかなり凄いだろうとは想像していた。しかし今回、車で康介を前後しながら応援し、その走りっぷりを目の当たりにして僕は度肝を抜かれた。その走りは僕のジョグ(全く疲れのない状態で)とたいして変わらず、連日雨風の中、アルプスを3つ越えてきたとは到底思えない。ここまで来ればさすがに歩きたくもなるだろうに、この男まるで歩かない。その上、要所では普通は休むだろうに、この男まるで休まない。後続とはただでさえ何時間も差が開いているのに、これでは康介に追いつくことは完全に不可能である。そして余裕の走りで最終関門の井川オ-トキャンプ場に到着。この調子なら優勝はほぼ100%間違いない。僕はメ-ルで地元の仲間にそう報告しておいた。ここで康介のお父さんや、奥さん、子供達(康介の上の子が僕の第5子と同じクラス、同じ班、席が前後ろ)と初対面。完全アウェ-の静岡の地で、迫る王者の猛進に怯えながら、飛騨ナンバ-の応援団が集結した。
039_convert_20180818160345.jpg
先は長い
041_convert_20180818160358.jpg
この男、ハ-トが強過ぎる  ※こんな言葉は無用だった
046_convert_20180818160530.jpg
足取りは軽い
048_convert_20180818160542.jpg
未だ普通に走れていることが信じられない
049_convert_20180818160554.jpg
井川オ-トキャンプ場CP到着
052_convert_20180818160606.jpg
脚は痛いが、まだまだ元気
057_convert_20180818160632.jpg
太平洋にドボンしよう
064_convert_20180818162036.jpg
8/17 13時現在
060_convert_20180818162024.jpg
康介(No.13)独走態勢
065_convert_20180818162049.jpg
茶臼出発は未だ3人で、既に約6時間差
066_convert_20180818162058.jpg
ここに出場しているだけでも凄いのに
056_convert_20180818160621.jpg
食事も早かった


つづく・・

| 未分類 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TJAR応援(2)~康介、ついにトップに立つ

康介(No.13)がついにトップに立った。槍山荘で別れて以来、レ-ス展開が常に気になって気になって仕方ない。僕は盆休みなしで事務所に出勤しているが、気になり過ぎて全く仕事が手につかない。中央アルプス宝剣山荘の時点では、1位近内京太選手(No.17)、2位吉藤剛選手(No.3)、そして3位に我らが康介。トップとの差は1時間半程だった。そして南アルプス入山口となる市野瀬には2位で到着。トップ近内選手との差は1時間前後。その後地蔵尾根を順調に登ったようだが、仙丈ヶ岳辺りで康介のGPSトラッキングが突如止まった。無事進んでいることとは思っていたが、トップ近内選手との差は開くばかり。康介のトラッキングだけが止まっていることが少し気がかりだった。そして昨夜19時半事務所を出る前に確認すると、康介のトラッキングは無事動き出していた。トップは変わらず近内選手で、現在安倍荒倉岳の辺りにいた。次いで2位に吉藤選手、3位に康介と続く。独走する近内選手を追いかける展開は、中央ア以降長らく続いている。耐えろ康介!離れるでないぞ!
蟶る㍽轢ャ_convert_20180816113954
2位で市野瀬到着(8/15 05:54)  ※写真はいずれも公式FBより
塩見小屋
塩見小屋(8/16 6:49)  ※元気に小屋を出発
荳我シ丞ウ_convert_20180816114015
三伏峠到着(8/16 08:34)  ※足のケアをし直ぐ出発。体調は良好のようだ

そして迎えた8/16(木)、大会も5日目となる。事務所で恐る恐るパソコンを開くと、なんと康介がついにトップに躍り出ていた。今大会初めてのトップ。この大会の出場はそれだけでも凄いことで、完走すればこの上ない最高の勲章となる。それなのに康介の野郎、そんな最高の夢舞台でレ-スをしてやがる。自信はあると言っていたが、結局はこういうことだったのか。この大会に限らず優勝することは実に単純明白ではあり、単に他の参加者の誰よりも努力していればいいだけのことである。結局は『得る成果は全て努力に比例する』と僕は常々思っている。ただ実際そうは頭で分かってはいても、僕のような凡人には決して真似が出来ない。康介のこれまでの努力が、ついに実を結ぶ時が来た。進め、康介!もう少し辛抱すれば後はお前の好きな下りだぞ。槍の時点で既に膝が痛いと言っていたが、何とか持ちこたえてほしい。今夜僕も静岡に向けて出発する。応援ル-ルをよく念頭に入れ、決して康介の邪魔をしないよう、最後のロ-ド90㌔を付き合いたいと思う。何としても康介を優勝させてやりたい。お前は僕にこうも言っていたな。『これが僕のハイライトだ・・』と。10年分の思いを全部ぶつけて、誰よりも先に太平洋に辿り着くんだぞ。
001_convert_20180816110804.jpg
ついに康介トップに立つ
011_convert_20180816110813.jpg
行け、康介!

≫ Read More

| 未分類 | 12:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TJAR応援(1)~雨の槍ヶ岳、行け康介!

いよいよ2018年TJARが開催された。8/12(日)深夜0時、厳しい審査・抽選を通過した30名の選手が富山湾をスタ-ト。馬場島までの長いロ-ドを走り抜け、剱、立山、薬師、黒部五郎、双六、槍と飛騨山脈(北ア)南部の稜線を歩んでゆく。そして大会2日目となる8/13(月)、地元の稜線で友人を迎えることにした。本来であれば先週の下見の結果、西鎌尾根の硫黄乗越辺りで迎えようと目論んでいた。しかしこの悪天候の為、尾根に進むのは断念。出発が前後した友人とは槍平で無事合流し、そこからは一緒に乗越を目指す。やはり一人で淡々と登るのとは違い、ペ-スのあった仲間がいれば話も弾み、飛騨乗越まではあっという間だった。今日は終日雨の予報(だったらしい)。僕は大雨でも台風でも行くつもりでいたので、天気予報は見ていなかった。雨は槍平以降から次第に降り始めていたが、稜線に出ると寒さがそれ以上に堪えた。トレランスタイルでの悪天はあまり経験していないので(登山での悪天は日常茶飯)、久々に地獄を見た感じだ。友人共々手足をガタガタ震わせ、手の指先には痺れが出始めた。そんなこともあって山荘からは安易に出られず、トップの男澤選手を始め、数人の選手(山荘に寄らない選手)は到着したことすら知らなかった。
013_convert_20180814121138.jpg
飛騨乗越  ※新穂高から3時間半で到着
014_convert_20180814121148.jpg
槍ヶ岳山荘  ※稜線上はかなり寒く、外に居るのが辛い
016_convert_20180814121204.jpg
堪らず食堂でカップ麺(400円)
018_convert_20180814121229.jpg
2日目途中までトップだった石田選手

そして僕らが待つのは、我らが垣内康介(No.13)、飛騨人発のTJAR選手(内心かなり悔しい)。彼と知り合ったのはここ数年のことだが、何せこれまで歩んできた人生が僕にそっくりで、とても他人とは思えず勝手に親近感を抱いている。彼はもともと消防士だったが職を捨て、海外へと長い旅に出た。そして海外を40ヶ国以上放浪し、やがて地元飛騨に腰を据える。海外を旅したバッグパッカ-の大半がそうであるように、彼もまた日本での非日常を求め山に通う。更には脚力をつけ、どこまでも遠くへ・・というロマンを求め長い距離に転じた。結局今していることは、旅の延長・・。大会前、岐阜新聞や中日新聞には彼の挑戦や走り始めたいきさつを記した特集が組まれ、みなぎる自信にも驚かされた。しかし何だお前、それって全部俺のパクリやんけ!今年の国府ウルトラの新年会の時、僕が偉そうに言っていた内容そのままだった。特に引っかかったのが、『旅の延長・・』って言うあの絶妙なフレ-ズ。あれは完全に俺が絞り出した渾身の名言やぞ。確かに彼はニコニコしながら僕の話に終始相づちを打っていた。先程から友人の姿が見えない。完全に体が冷え切り、会えずして緊急下山・・も頭を過ぎる情けない僕。山荘の中で他の登山者の邪魔にならないように立ち、窓の外の動きをじっと見守ることしか出来なかった。手に持ったホワイトボ-ドの両面には選手へのメッセ-ジを記しており、居合わせた登山者もその内容が気になったようだ。ちなみに先程登ってくる時も選手と間違われて(明らかにコ-スが違うのに・・)、数人から声援を受けた。
019_convert_20180814121220.jpg
完全に冷えてしまい手足がガタガタ震える

心配になり外に出てみると、友人が駆け寄ってきた。来たよ・・。僕はどう驚かせてやろうかとシチュエ-ションを考え、後に現れることにし、最初は遠くから友人と康介の再会を眺めていた。しかし僕も直ぐに我慢出来なくなり、康介に近付いていく。僕は毎朝走っているが、いつも峠辺りでバイクで通勤途中の康介に出会う。大概はハイタッチをして別れるが、大会が近付くにつれ、立ち止まり話をすることが多くなった。しかし既にスイッチの入っていた僕は(スイッチが入りやすい)、大会3日前にはもはや康介の前で泣いていた。自分でも思うがゴ-ル後ならともかく、大会前から面と向かって泣く男なんて前代未聞だろう(ただこれが僕の原動力となっている)。そして康介最後の通勤日となる金曜の朝。まともに喋れないことは分かっていたので、一言添えた紙切れを握手の際さりげなく渡した。ここまで来たら『頑張れ』なんてありきたりの言葉は贈れない。誰にも負けない努力をしたことは分かっているし、今更言われなくても頑張るだろう。後はこの10年分の思いをぶつけて、喜びも苦しみも、痛みも眠たさも、幻覚も幻聴も、景色も応援も、雨も青空も満天の星も全部楽しでこい!伝えたいのはそれだけだった。

そして槍の肩(西鎌乗越)で康介と再会。彼の目を見た途端、やはり涙が溢れてしまった。一緒に応援に来た友人には先程飛騨乗越への登りの際に、予め白状しておいたので驚かれる心配はない。『おめぇ遅ぇよ。どれだけ友達を待たせるんよ!』と文句を言いながら、大泣きして抱き合った(康介は未だ泣いてくれない)。『寒くて死ぬかと思ったぞ。余程下山しようかと思っとったさ』。ここまで雨風に耐え苦しみながらも稜線を辿ってきた選手に比べれば、僕の辛さなど無いに等しいことは当然分かっている。幸いにも僕の涙は直ぐに収まり、その後は冷静になって別モ-ド(通常モ-ド)で康介を迎えれた。初めて見た康介のビブス姿は、悔しいが実に様になっている。康介自身も言っていたが、やはり魔法のビブスの効果は絶大のようで、これを来ているだけで大モテだそうだ(バングラへ行けば、ただ外国人と言うだけでスタ-気分は味わえるが・・)。TJAR専属のカメラマンの方も応援の僕らにまで気を遣ってくれ、3人並んでロゴの前で写真に収まった。じゃあな、康介!上高地には船場さんがいるぞ。康介は霞む登山道の中を一人消えていった。
2018_0813_11441900_convert_20180814121114.jpg
『おめぇ遅ぇよ。どれだけ友達を待たせるんよ!』と文句を言い
2018_0813_11442300_convert_20180814121048.jpg
泣きながら迎える  ※大会3日前から既に康介の前で泣いていた
023_convert_20180814121257.jpg
既に感無量な僕
026_convert_20180814121309.jpg
ここは彼にとって10年越しの舞台
028_convert_20180814121323.jpg
『全部楽しんでこい!』と大会前最後に言葉を贈った
2018_0813_11512300_convert_20180814121058.jpg
飛騨人の底力を見せてやれ
029_convert_20180814121335.jpg
メディカルチェックを受け
031_convert_20180814121346.jpg
出発のサイン
033_convert_20180814121359.jpg
かっこいいぞ!
034_convert_20180814121409.jpg
霞む上高地へ  ※この後の凄い展開は僕も予想していなかった・・

そして翌日、大会3日目の8/14(火)。槍ヶ岳山荘で8位だった康介は現在中央アルプスに入り2、3位まで上がり、檜尾辺りでトップ(差はあまりない)を追いかける。あまりに速過ぎて、こちらも思うような行動が組めない。南アルプスの聖、茶臼辺りで再度活を入れて来ようと考えている。おめぇ遅ぇよ、何ちんたら走っとるんよ!彼は実に友達思いだ。僕が最終日と前日に用事があって来れないことを本能的に察知したのか(さすがバックパッカ-)、その前日にでもゴ-ルしそうなかなりヤバイ勢いである。こうなったら、狙うものはもう一つしかない。そう周りが口にしなくても、彼はずっとこの展開を想定していたようにも思う。そうでもなければ、普通、大会の2週間前にミラ-ジュランドから釜トンネルはやらないだろう。それも暴風警報が出ていたのに・・。あの日をもって(実際はその前から)康介の並々ならぬ覚悟は感じていた。行け、康介!お前は誰よりも努力したんだ。そして最後のロ-ドを含め、誰よりも早い大浜海岸への到着を旅仲間としてこの目で見届けてやる。ただ一つ言わせてくれ。確か君はショ-トメ-ルで僕にこう言ったよね。『俺に続けぇーっ!』って。そんなの無理に決まっとるやん。
2018_0813_12260500_convert_20180814121106.jpg
TJAR 感動を有り難う

≫ Read More

| 未分類 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キュウリに蟻が群がっていたら・・

今年はキュウリやトマトが不作と言われている。確かにス-パ-でもトマト1個100円だったりして、驚くほどの高値に目が点になっている。日替わりの特売で”1家族2個迄に限り、なんと1個80円!”なんて見ると、『ケッ、これのどこが特売なんだ・・』と内心笑ってしまう。しかしそんなご時世の中、我が家では今年もキュウリとトマトはアホみたいに出来ている(今年はナスが全然成らない)。苗として買った市販品はもちろん、母が昨年の収穫分の種から育てた回し者までが、形は不格好だが非常にたくさんの実をつけてくれる。キュウリは毎朝大抵5本以上。トマトは2、3個くらい、ミニトマト(赤、黄)は大概10個程は毎朝採れている。トマトは冷凍にしておいて、溜まったところで妻がトマトスパゲティを作ってくれる。キュウリは少々飽き気味だが、母がキュウちゃん(漬け物)を大量に作ってくれ保存している。

そんな大豊作の我が家のキュウリだが、ある朝、一畦のキュウリだけに大量の蟻が発生していることに気付く。しかし見た感じでは、葉にも茎にも、ましてや実にも全く影響はないようで、あまり心配はしていなかった。しばらくの間は様子見とし、そのうちに居なくなるだろうと安易な考えでいた。しかし毎朝これだけの蟻を見ていたら、さすがに心配になってきた。念の為、早速WEBで調べてみることに。『何、まさか奴だと・・』。そして翌朝、問題のキュウリをじっくりと観察する。『葉はどう見ても綺麗だし、実も花も犯されていない。やはり気のせいか・・』。ふと葉の裏を見てみると、やはりそこに奴がいた。出たな、アブラムシ!毎年庭の紅葉(3本)には必ず大量発生しており、今年も春先だったかに既に退治している。そして次の翌朝、早速スミチオンを5リットル散布しておいた。
047_convert_20180809171744.jpg
ある日、我が家の菜園の一畦のキュウリに
040_convert_20180809171724.jpg
突如大量の蟻が発生していた
050_convert_20180809171815.jpg
しかし見た感じキュウリには影響はないようで
036_convert_20180809171645.jpg
しばらく放っておいた
037_convert_20180809171654.jpg
しかし念の為WEBで調べるてみると嫌な予感が
045_convert_20180809171735.jpg
出たな、アブラムシ!
056_convert_20180809171825.jpg
翌朝、早速スミチオンで撃退!
059_-_繧ウ繝斐・_convert_20180809172034
登園前のちび達(第6子、第7子)も興味津々

そして、散布の翌朝。問題のキュウリを見てみると、アブラムシはまだ付いているものの(たぶん死んでいる)、蟻は見事に1匹残らず綺麗に退散していた。蟻は現れ始めると何十匹でも気持ち悪いくらい出てくるが、用事がなくなると消えるのも早い。では、蟻とアブラムシはどのような間柄なのか。アブラムシは植物の汁を吸い、排泄物として甘い汁を出す。そして蟻はこの甘い汁が大好物なのだ。つまり、『蟻がいればアブラムシを疑え!』と言うこと。紅葉で散々体験しているくせに、この知識を援用出来ていなかった。蟻はアブラムシから甘い汁をもらう代わりに、アブラムシの天敵であるテントウムシを追い払い、互いにWinWinの関係を保っている。
061_convert_20180809172108.jpg
散布の翌朝、蟻は退散していた

ところで、今年もトマトにはテントウムシダマシが大発生した。このダマシはアブラムシ以上のくせ者で、放っておくと必ずトマトは痩せ細り破滅する。これは既に経験済みなので、今年も毎朝のダマシ潰しがランニング後の日課となっていた。毎朝20、30個は手で潰す。指は黄色く汚れるが、そんなことを気にしていてはトマトは守れない。ダマシも実にセコイ生き物で、僕が手を差し伸べると、死んだふりをして自ら土に落下する。その見え見えの根性も気にくわない。毎朝の駆除を数週間続けたことが功を奏し、今ではテントウムシダマシの姿は見かけなくなった。ひどい時には幼虫まで付き始めたら、いよいよ手作業だけでは手に負えない。そんな時はスミチオンの出番となるが、そのまま摘んで食べたいトマトやキュウリには出来れば農薬は使いたくない。

| 家庭菜園 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT