≫ EDIT

第12回佐渡島一周エコ・ジャ-ニ-208km(1)~受付、説明会、夕食懇談会

ついに、この日がやって来た。人生初の200㌔超ウルトラマラソンに挑む為、これから佐渡へと向かう。朝早くから申し訳ないが、妻に付き合ってもらい末子2人と共に車で富山入り。普段遠征の際の移動は全て車で行っているが、さすがに今回ばかりは帰りの運転に自信がない。完走の可否はともかく、脚がどうなっているか全く見当もつかない。無難にここは公共交通機関で向かうことにした。大志に停留所で見送ってもらい、富山高速バスにて一路新潟を目指す。約250㌔、バスだと3時間40分の道のりとなる。
001_convert_20170925131048.jpg
富山高速バス 西上袋(アピタ前)停留所  ※富山~新潟往復7410円、便指定

終点の万代シティバスセンタ-(路上)にてバスを下車。ここから港までは、おそらく2㌔ない。いつ来るか分からないバスを待つようなことはせず、下車後直ちに港方面へと歩き始めた。荷物は重いが頑張って早足で歩き、30分かからずしてフェリ-タ-ミナルに到着。乗船券は往復で買っておいたが、値段は片道と変わらないようだ。カ-フェリ-の船内は、大半がランナ-で埋め尽くされていた。この大会はリピ-タ-が多いらしく、常連の団体さんは2等船内で楽しそうに宴会をして盛り上がっていた。
005_convert_20170925131121.jpg
佐渡汽船 カ-フェリ-ときわ丸  ※新潟~両津2等往復4500円、有効期間7日
006_convert_20170925131132.jpg
2等船室  ※常連のグル-プは大概宴会している
008_convert_20170925131143.jpg
海を見に甲板に出たら
009_convert_20170925131154.jpg
佐渡が迫っていた
014_convert_20170925131929.jpg
この航路は国道350号線らしい

そして、佐渡上陸。佐渡に来るのは、これで4回目となる。若い頃よくヒッチハイクして遠出していたが、富山インタ-で車を拾い上越まで行き、フェリ-で2度小木へ渡ったことがある。さすがにフェリ-まではヒッチハイク出来なかったが、小木港でテントを張って黄昏ていたことを覚えている。もう一度は、調査士補助者時代の友人と。若い頃はロ-ラ-ブレ-ドにも凝っていて、能登島を1周したのをいいことに、佐渡島にも出かけた。確かあの時もマラソン大会がやっていたが、あれがエコ・ジャ-ニ-だとすると、若干計算が合わない。
015_convert_20170925131954.jpg
佐渡島 両津港

船を降り、皆ぞろぞろと歩く。タ-ミナルを出ると送迎バスが2台、分かり易いポジションで待機していた。初めて見る佐渡の町は、当たり前だが普通の町だった。明日から走るコ-ス上にはコンビニが1ヶ所しかないと散々聞かされていたので、余程何もない島なのかと思っていた。しかしそれはあくまでコ-ス上でのこと。街道沿いには普通にホ-ムセンタ-があり、車屋があり、店があった。船賃が嵩張る分、何でも高いのかな・・。何かと麓の倍はする山小屋の物価の理屈を応用して考えてみると、当然高くなってもおかしくはない。
016_convert_20170925132005.jpg
エスカレ-タ-上に出迎えがいて
017_convert_20170925135028.jpg
タ-ミナルを出ると送迎バス(無料)が2台待機

1時間程で、今大会の拠点となる『ホテルめおと』に到着。今大会の参加者は申込み時点で180名(男性122名、女性58名)。皆普通のオジサンおばさん、お兄さんお姉さんに見えるが、間違いなくその誰もが僕より遥かに強いのだろう。ウルトラは一見見た目では判断が出来ない。アスリ-トのように鍛え上げた若者よりも、細々としたどこにでも居そうな中年女性の方が圧倒的に強い、そんなことが普通にあるのがウルトラの世界。目の前には佐渡七浦海岸のシンボル、夫婦岩。『古事記』の国生み神話に由来するとされる大きな二つの岩で、向かって右側が夫の岩(高さ22.6m)、左側が妻の岩(高さ23.1m)。七浦海岸の波を受けて寄り添うように立ち、縁結びのご利益も期待出来るという。
021_convert_20170925132054.jpg
ホテルめおと  ※1泊2食付き8000円
023_convert_20170925132104.jpg
七浦海岸 夫婦岩

宿に着いたら、先ずはチェックイン。参加者のほとんどが、今晩(前泊)とゴ-ル後(後泊)はこの宿に泊まる。階段には直ぐに長い行列が出来たが、意外とスム-ズに手続きは進んでいく。しかし、ここで大問題が発生!事前にホテルに問い合わせていたところ、クレジットカ-ド払い可能との回答を得ていた。しかしこの場に及んで、カ-ド払い不可との信じられない返答。なんだ、全然話が違うじゃないか!現金はあまり持ってこなかったのでこれはヤバイと焦ったが、何とか手持ち金で足りた。支払い手続きを大会主催者がやっていたことから察しても、おそらく通常の宿泊とは要領が違ったのだろう。
024_convert_20170925132120.jpg
明後日(最悪その翌日)は、ここを越えてゴ-ル  ※ロビ-は2階にある為、ここが1階として考えられている
002_convert_20170926104842.jpg
大会中はランナ-貸し切り
025_convert_20170925132129.jpg
選手受付  ※地図とゼッケンを受け取る

3階最上階(実質4階)の大部屋に移動し、荷物を置く。レ-ス後のことを考えても部屋は1階が良かったが、おそらくゼッケン番号(申込み)順なのだろう。ゆっくりする間もなく、直ぐに地下1階(実質1階)のレストランにて説明会が行われた。先程チェックイン後に受け取った25枚のA4地図。予め送って欲しかったと思うのは、初参加者の誰もが思うところ。説明会はこの地図を1枚1枚見ながら行われた。しかしその説明はかなり大雑把で、笑いが出た程。基本左に海を見ながら走れば問題ないという。この大会エコジャ-ニ-というだけあって、通常のウルトラの大会のように人の助けはあまり期待出来ない。エイドは、仮眠所を入れて5ヶ所のみ。エイド間隔は30㌔~50㌔開いており、食料を買い出し出来る店は無いに等しい(自販機は多い)。”必要な物は背負ってゆく”という基本スタンスのもと、スタッフ3名、島内ボランティア15名(居たかな?)が運営にあたってくれる。
026_convert_20170925132141.jpg
説明会  ※テ-ブルの上には参加賞の日本酒『北雪』、『越乃寒梅』でなく残念
029_convert_20170925132152.jpg
決起大会  ※シャンパンをグラス半分程

説明会を終え、一旦部屋に戻る。そして間もなく、地下1階大広間にて夕食懇談会が始まった。この懇親会(いわゆる飲み会)は大会後にも設けられているが、こういうアットホ-ムな催しがこの大会の人気の要因となっているようだ。事前に過去の参加者のブログで調べていた情報によると、この宴で一人一人前に出て自己紹介するはずだったが、参加者が増えたからか結局なくて安堵した。既に盛り上がっている常連グル-プは避け、お一人様の集う席に着く。料理は蟹1匹をメインに、陶板焼き(中身は忘れた)、刺身やサザエ、焼き魚、茶碗蒸し、柿シャ-ベット・・。ご飯はおそらく佐渡産コシヒカリ。お代わりは自由だが、正面ステ-ジまで盛りに行く必要がある。ご飯は明日の貴重な活力源になるので、てんこ盛りで3杯を軽く完食。ビ-ルも飲み放題で、ワインもあった。さすが皆さん、酒に強い。超ウルトラに出るようなランナ-の胃は、さすがに超人離れしている。何せ超長距離ともなれば、胃が相当強くないと最後までとても持たない。僕も酒にはかなり強い方だが、皆さん同等かそれ以上のようだった。しかしここは明日に備え、2時間程で席を立つ。まだ盛り上がっている方がそこそこいたが、船内での宴会から始まり、出走前日にどれだけ酒を飲んでいるのだろう。
034_convert_20170925132223.jpg
夕食懇談会  ※さすが超ウルトラに出る方々、皆胃が頑丈そう
033_convert_20170925132214.jpg
席は適当に 
032_convert_20170925132203.jpg
コシヒカリ?、味噌汁、ビ-ルは好きなだけ  ※追加料金なし 
035_convert_20170926104459.jpg
相川温泉夫婦岩の湯
036_convert_20170925132234.jpg
3階330号室の7人部屋


つづく・・

スポンサーサイト

| 2017 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

INDEX~~スリランカ編

旅の概要~スリランカ編(1)
異国で迎える初めての夜~スリランカ編(2) 名古屋~中国/上海~スリランカ/コロンボ
ロックな光景~スリランカ編(3) コロンボ~クルネ-ガラ
BERLIN Tourist Rest~スリランカ編(4) クルネ-ガラ~アヌラ-ダプラ
最古の都 アヌラ-ダプラ~スリランカ編(5) アヌラ-ダプラ
仏教伝来の地 ミヒンタレ-~スリランカ編(6) アヌラ-ダプラ~ミヒンタレ-~アヌラ-ダプラ
潮風に吹かれて~スリランカ編(7) アヌラ-ダプラ~トリンコマリ-
スリ-ウィ-ラ-~スリランカ編(8) トリンコマリ-
宿から宿へ~スリランカ編(9) トリンコマリ-~ポロンナルワ
古代都市 ポロンナルワ~スリランカ編(10) ポロンナルワ
最高傑作ガル・ヴィハ-ラを前にして~スリランカ編(11)
ダンブッラ石窟寺院 ~スリランカ編(12) ポロンナルワ~ダンブッラ
シ-ギリヤ伝説~スリランカ編(13) ダンブッラ~シ-ギリヤ~ダンブッラ
シンハラ王朝最後の都 キャンディ~スリランカ編(14) ダンブッラ~キャンディ
エレファント・ライド~スリランカ編(15) キャンディ
ライス&カリ-~スリランカ編(16) キャンディ~ハットン~ナラタニヤ
あの聖なる頂を目指せ!~スリランカ編(17) ナラタニヤ~スリ-パ-ダ(アダムスピ-ク)
神聖なる御来光~スリランカ編(18) スリ-パ-ダ~ナラタニヤ~ヌワラエリヤ
紅茶たる一日~スリランカ編(19) ヌワラエリヤ
眺めの良い町~スリランカ編(20) ヌワラエリヤ~バンダ-ラウェラ~ハプタレ-
アジアで一番美しい車窓~スリランカ編(21) ハプタレ-~エッラ~バドゥッラ~エッラ
リトル・アダムスピ-ク~スリランカ編(22)
エッラ・ロック登山~スリランカ編(23) エッラ
凄いぞ、ウェッラワ-ヤ!~スリランカ編(24) エッラ~ウェッラワ-ヤ
満月のカタラガマ~スリランカ編(25) ウェッラワ-ヤ~カタラガマ
眠ることを諦めた~スリランカ編(26) カタラガマ~マ-タラ
インド洋に陽が沈む~スリランカ編(27) マ-タラ~ゴ-ル
膝丈程のスイミング~スリランカ編(28) ゴ-ル
安食堂の裸親父~スリランカ編(29) ゴ-ル~ヒッカドゥワ
初めて見る海の世界~スリランカ編(30) ヒッカドゥワ
初めてのお使い~スリランカ編(31) 
悪魔の仮面~スリランカ編(32) ヒッカドゥワ~アンバランゴダ~ヒッカドゥワ
大都会コロンボ~スリランカ編(33) ヒッカドゥワ~コロンボ
最後の町歩き~スリランカ編(34) コロンボ~
感動のフィナ-レ!~スリランカ編(35) ~中国/上海
上海ディズニ-ランド~スリランカ編(36) 
終わりのない旅~スリランカ編(37) 上海~名古屋
旅のまとめ~スリランカ編(38) 
 

| '17スリランカ編 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅のまとめ~スリランカ編(38) 

地球紀行'17~スリランカ編
旅のまとめ


【正式国名】スリランカ民主社会主義共和国、中華民国
【訪問都市】スリランカ/コロンボ~クルネ-ガラ~アヌラ-ダプラ~ミヒンタレ-~トリンコマリ-~ポロンナルワ~ダンブッラ~シ-ギリヤ~キャンディ~ナラタニア~スリ-パ-ダ~ヌワラエリヤ~バンダ-ラウェラ~ハプタレ-~エッラ~バドゥッラ~ウェッラワ-ヤ~カタラガマ~マ-タラ~ゴ-ル~ヒッカドゥワ~アンバランゴダ~コロンボ~中国/上海
【日  程】平成28年12月23日~平成29年1月22日  31日間
【旅  人】ナナ(小3)、僕
【旅行費用】航空券一式(LTK):96200円、スリランカビザ(ETA):4105円、海外旅行保険(損保ジャパン):18450円、日本国内交通費(名鉄、JR):7780円、現地滞在費:109668円     合計:236,203円(2人分)
【現地情報】①現地通貨と為替レ-ト Rs.1(スリランカ・ルピ-):0.79円~0.81円(空港)。1元(中国・ゲン):17.1円(カ-ド払い)~19.8円(空港)。※中国空港内での両替は絶対にやめた方がいい。 ②空港から市内へ ロ-カルバスでコロンボ市内へ行けるが、バスタ-ミナルは空港から離れていて分かり難い。他のバスは高い。 ③安宿情報 Rs.780(カタラガマ巡礼宿)~Rs.2750(エッラ)。予算(Rs.1500~Rs.2000)内でだいたい泊まれる。外看板には大概『ROOMS』と表示されている。天井ファン又は扇風機があり、蚊帳は有ったり無かったり。水シャワ-・トイレは基本部屋内にある。別料金で食事もとれるがやや高い。だけど家庭料理が味わえるので試す価値あり。トリンコマリ-の宿は評判を気にしている為サ-ビスが良かった。料金はダブルル-ムの最安クラス。どこもテレビはない。尚最近のバックパッカ-は町に着く前に宿の予約をしているが、現地で汗を流し探すことこそ宿探しの神髄。 ④食事情報 スリランカの国民食はライス&カリ-、それを右手で食べる。基本ベジタブルのおかずが数種付く。肉や魚は別料金で高い。知らないと注文が難しく当初ショ-ケ-スの料理を指さし注文していたが、実際はそうでなくライス&カリ-(ノ-マルなベジ)を頼むと肉や魚(オプション)を除き全て盛られてくる。朝はライスの代わりにロティがほとんど。マンゴ-の形をした島国だけあってマンゴ-が非常に安く、1個Rs.10程。熟していない青マンゴ-に塩を付けて食べる習慣もあるが美味くない。水は安食堂で出される水道水で問題なし。紅茶の国だが普通に紅茶を頼むと高い。結局はミルクが高いので、砂糖だけ入ったプレ-ンティ-を頼むと庶民感覚で飲める。アルコ-ルは異常に高く、せいぜい飲めて安物のアラックくらい。しかしそれでも高いのでチビチビと。ヒッカドゥワの裸親父のボロ食堂は最高の思い出。裸親父よ、本当に有難う。 ⑤観光情報 世界遺産は全部で8つ。そのうち自然遺産以外の6つは全て制覇。シ-ギリヤが観光のメインだが、期待し過ぎた。アヌラ-ダプラやポロンナルワの広い遺跡は自転車で巡るのがお勧め。キャンディ郊外では象に乗れる。ビ-チならやはりヒッカドゥワが断然一番いい。水中メガネ持参で海の世界を堪能したい。スリ-パ-ダ登山は是非。夜間登山でも街灯があるので心配ない。山頂で見た日の出は一生の思い出。上海経由なら乗り継ぎを一日ずらし、開園から閉園までディズニ-ランドで楽しみたい。持ち込み可なので食事の心配は不要だし、宿は空港のベンチで充分。 ⑥両替情報 スリランカ市内の銀行で可能だがレ-トはバラバラ。銀行選びは慎重に。休日はオ-ルクロ-ズなので連休前に替えておきたい。中国の空港はとにかく酷い。あの手数料は完全にボリ。やはりカ-ド払いかATMしかない。両国とも日本円で通用する。 ⑦治安情報 スリランカ入国時に空港で野宿したが何ら問題はなかった。周りにもそんな人が沢山いて安心だ。ちなみに石上さんも入国時空港のベンチに座り一夜を明かしたらしい。人々は至って親切。強いて挙げるなら、トリンコマリ-の高波とマ-タラのダニ宿だけには気を付けたい。

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わりのない旅~スリランカ編(37) 

2017年1月22日
上海~名古屋



001_convert_20170911161736.jpg
贅沢を言わないこと、どこでも寝られることが、旅の最低条件


JR高山線の鈍行列車。
各駅停車のこのロ-カル車両は、線路が一本しかない為、格の高い『ワイドビュ-ひだ』が通過するのを、じっと何十分も待たなければならない。
そして今回、ワイドビュ-の遅れが、僕らのワンマン列車にまで影響を及ぼしていた。
別に急ぐ旅なんかしていないので、僕らの旅は最後まで最安の手段に尽きる。

自分が一番のスリランカのバスに比べたら、何と呑気なことだろう。
スリランカのバスの運転手は前に遅いトゥクトゥクがいたものなら、反対車線から対向車が迫っていようが、おかまいなしに反対車線に大きくはみ出る。
相手が危機を察し減速してくれるからまだいいが、いつも間一髪のところで命拾いし、最悪の事態だけは免れている。
そして自分の車線に戻る時も強引で、死にたくなかったらどきやがれ!とでも言いたげに態度がデカい。
これが日常なので運転手は特に冷や汗を流すこともなく、見ている僕だけがビビッている。

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上海ディズニ-ランド~スリランカ編(36) 

024_convert_20170911143902.jpg
上海ディズニ-ランド


・・前回の続き


上海浦東国際空港へは、夜明け前の5:30に到着した。
これまで散々顔を合わせてきた石上さんとは、いよいよこれで本当のお別れとなる。
僕らにとって、ましてや初海外となる娘にとっては、行く先々で石上さんに出会えたことは何よりも意味があった。
スリランカは国土が狭く、観光ル-トも限られてくる為、長く旅をしていると出会う可能性は必然的に増してくる。
しかしこれだけ会うだなんて、ただの偶然とは思えない。
ポロンナルワ、ダンブッラ、シ-ギリヤ、キャンディ、アダムスピ-ク、ヌワラエリヤ、ハプタレ-、エッラ、ゴ-ル、ヒッカドゥワ、コロンボ・・。
おまけにスリランカを出国する日も、フライトも同じだなんてほとんど奇跡に近い。
003_convert_20170911143343.jpg
空港(上海浦東)にて石上さんと最後の別れ

≫ Read More

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT